株式会社iwakuraのモデルは実在のネジ会社?【舞い上がれ】

NHK朝ドラ・連続テレビ小説「舞いあがれ!(まいあがれ!)」ヒロインの福原遥(ふくはらはるか)さん演じる岩倉舞(いわくらまい)は、ものづくりの町、東大阪で生まれました。

父親の岩倉浩太(高橋克典)は亡くなった父親が経営していた「岩倉螺子製作所(いわくららしせいさくじょ)」を継ぎ、会社を成長させ社名も「株式会社iwakura(株式会社イワクラ)」に変更!

ネジ工場から自動車の部品を取り扱うことになりそうなのですが、3億の融資を受けるということで、何やら不安の声も。

しかし、成功すれば更に、「株式会社iwakura(イワクラ)」は大きくなっていきそうです。

そこで気になるの「株式会社iwakura」のモデルではないでしょうか?ネジ会社にモデルは実在するのでしょうか?

今回は朝ドラ「舞い上がれ」に登場する舞の実家の会社「株式会社iwakura」の実在モデルについて考察していきます!

目次

株式会社iwakuraとは?東大阪のネジ工場で父親が経営!

舞い上がれ山下教官役の俳優は板倉チヒロ!クセが強すぎ?

舞いあがれとは?

ヒロイン・舞は、ものづくりの町・東大阪で町工場を営む父・浩太(こうた)と母・めぐみ、そして兄・悠人(はると)との4人暮らし。引っ込み思案だった舞ですが、自然豊かな長崎の五島列島にいる祖母・祥子(しょうこ)の元を訪れ、五島列島の広い空に風を受けて力強く舞いあがる「ばらもん凧」に魅入られます。

あんなふうに空高く飛びたい──空へのあこがれは、パイロットになる夢へとふくらんでいきます。本物のパイロットになるべく努力を重ねる舞ですが、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。

東大阪で実感する「ものづくり」の喜びと、自然とともに生きる離島での暮らし。2つの故郷である東大阪と五島、それぞれの土地に暮らすさまざまな人との絆を深めた舞は、やがて新しい形で空への夢を見つけていきます。それは仲間たちの力を集め、島を行き来できる電動小型飛行機を飛ばすこと。夢の飛行機作りに情熱を燃やす仲間たちとともに、舞の夢は、みんなの夢をのせた新しい翼となって大空へ飛び立ちます!!

引用元 NHK公式サイト

「舞いあがれ!」ヒロインの岩倉舞(福原遥)は東大阪の町工場を営む家に生まれました。父親の浩太(高橋克典)は飛行機を作るのが夢で重工メーカーで働いていましたが、ネジ工場を経営する父親が他界したため、父親の工場「岩倉螺子製作所」を継ぐことにしました。

でも飛行機の部品を作るという夢をずっと持っています。舞の飛行機好きはそんな浩太の影響もありそうですね♪

そんな浩太を支えるのが舞の母親、めぐみ(永作博美)。浩太とは大学生のときに恋に落ち、母親の祥子(高畑淳子)に反対されたことで駆け落ち。以来故郷の五島には帰っていませんでした。

病弱だった舞のこともあり、自然豊かな五島で生活させようと帰郷しためぐみと舞。舞はそこで祥子から強く生きることを教わり、元気になって東大阪に戻ります。

そして舞は大学で人力飛行機のサークルでパイロットになったことから、夢は飛行機を作ることからパイロットに♪めぐみの反対を押し切って、航空学校に進学し奮闘しています。

螺子(らし)とは?

「岩倉螺子製作所」はネジ工場。なので螺子とはネジや釘ネジのこと!

「ねじ」「くぎ」 のことを指します。 

お客様からよくご質問を頂いております。とても難しく読みづらい漢字ですが、調べますと「ねじ」 で変換もされ、また「螺子」で調べますと 「ねじ」 とでてきます。

螺旋階段(らせんかいだん)の 「ラ」 と、ご説明させていただいております。

引用元 墨田螺子産業株式会社

ネジの溝が螺旋状になっているので「螺子」なんですね!

岩倉螺子製作所とは?

「岩倉螺子製作所」は浩太(高橋克典)が父親から引き継いだ、東大阪にあるネジ工場です。舞が小学生だったときには従業員は2人しかいませんでした。

1人はベテランの笠巻久之(かさまき ひさゆき)。古舘寛治さんが演じています。先代のときから働いています。

もうひとりは葵揚さん演じる結城章(ゆうき あきら)。小学生だった舞が模型飛行機を作るとき、お手伝いしてくれました♪

そしてめぐみが経理などを担当し、浩太を支えています。

舞が小学生で兄の悠人(横山裕)が受験を控えていたとき、大手の取引先から仕事を断られ、このままでは倒産?といった危機がありました。

機械も古く規格品しか作れなかったため、受注がどんどん落ち込んでしまいます(>_<)このままでは悠人が希望する私立の学校に行かせられない!

浩太とめぐみは悠人に公立を勧めますが、東大にどうしても行きたい悠人は断固拒否。

浩太は何度も断られた大手取引先にまた向かうと、そこで難しすぎてどこも引き受け手がないネジの注文を打診されます。

金型がないと生産できないため、ベテランの笠巻には無理だと言われてしまいます。浩太は知り合いの金型職人に頼み込み、なんとか引き受けてもらいました。

難しいネジづくりは無事成功し、浩太は舞と悠人に「好きなことをやったらええ」と伝えます。

株式会社iwakuraとは?

2004年岩倉螺子製作所は従業員が18人に増え、工場も2つ持つ企業に成長。社名を「株式会社iwakura」に変更しました。

舞は飛行機を作るため浪速大学の航空工学科に進学。悠人は名門中学、高校から東大に合格し、就職活動をしていました。

舞が大学の人力飛行機のサークル「なにわバードマン」で奮闘しているとき、悠人は優良企業に就職が決まり、浩太とめぐみも喜びます。ですが悠人は3年でやめて株で大儲けすると宣言。

反対する浩太とぶつかり合いになります。

2007年。浩太に自動車部品の依頼が舞い込みます。その仕事を受けるには新工場を建てる必要があり、多額の借金を背負うことになります。

浩太は迷いますが、思い切って新工場を建てることに!

ということで、株式会社iwakuraはこのあと自動車部品を作ることになります。浩太の夢である、飛行機の部品を作れるようになると良いですね♪

そんなiwakuraですが、モデルは実在するのでしょうか?

株式会社iwakuraモデルは実在のネジ会社・北螺子製作所?

舞い上がれ柏木弘明役は目黒蓮!結婚相手役の可能性?

「舞いあがれ!」は脚本家、桑原亮子さんによるオリジナル作品なので、原作やモデルは存在しません。ですがモデルとして参考にされたであろう企業は存在します。

「舞いあがれ!」ガイドブックに撮影協力として2つの企業が掲載されていました。

そのひとつが「北螺子製作所(きたらしせいさくじょ)です。

【北螺子製作所】とは?

住所:〒578-0903 大阪府東大阪市今米2丁目5−24

社長の北喜次さんは、「舞いあがれ!」の特別番組にご出演されたそうです!

北螺子製作所は1972年創立で従業員は16人。町工場ならではのアットホームな会社とのこと。

「舞いあがれ!」では岩倉螺子製作所がどん底だったとき、難しいネジを受注して乗り切りましたが、北螺子製作所はそんな難しい「特殊・異形ねじ」を請け負っているそうです。

北螺子製作所は2016年、生産対応領域の拡大に3D3B機を新規導入されました!詳しいことはわかりませんが(;^^)加工技術の高度化などに向けてとのこと。

参考元 ファスニングジャーナル

株式会社iwakuraも新工場で新しい機械が導入されるかもしれませんね。

【北螺子製作所】は舞い上がれの技術指導も!

北螺子製作所の北社長は工場でネジを作るシーンの撮影協力や、笠巻役の古舘寛治さんに特別な技術指導もされたそうです!

人力飛行機のサークル「なにわバードマン」から、ちょっと変わったネジの依頼をされたことがあり、笠巻が作ったことがありました。そんなシーンなどもご指導されたのかもしれませんね。

ということで「舞いあがれ!」株式会社iwakuraのモデルに一番近いのは「北螺子製作所」といってもいいでしょう!

株式会社iwakuraモデルは実在の大阪精工株式会社?自動車部品で参考に?

舞い上がれ航空学校のキャストの生徒一覧!ジャニーズから戦隊ヒーローまで

「舞いあがれ!」ガイドブックに撮影協力として掲載されていた、もうひとつの企業は「大阪精工株式会社」です!

大阪精工株式会社とは?自動車部品を扱う会社?

【大阪精工株式会社】本社

住所:〒579-8014 大阪府東大阪市中石切町5-7-59

公式サイト 

大阪精工株式会社

大阪精工株式会社は1960年に冷間圧造用鋼線の専業メーカーとして創業。現在地に「ねじ用鋼線専門工場」を設立しました。

その後、冷間圧造用鋼線や冷間鍛造部品を製造する線材二次加工メーカーとして拡大していき、現在はおもに自動車部品の製造、加工をおこなっています。

工場は東大阪本社のほか、奈良と九州にあります。関連会社はアメリカや中国などの海外にも!

大阪精工株式会社が撮影協力しているので自動車部品は成功する?

「舞いあがれ!」では株式会社iwakuraが自動車部品を受注するため、新工場を建設しています。会社は大きくなりますが、借金を背負うというリスクもあります。

この大阪精工株式会社が撮影協力しているということは、自動車部品を作ることによって会社も大きく成長するのでは?(≧∇≦)

そうなると浩太の夢だった飛行機部品の製造も夢ではないかも!そして大阪精工株式会社は海外にも関連会社があるので、iwakuraもそんな成長を遂げるかも!

もしかしたら舞が操縦する飛行機で、浩太やめぐみが海外に行く、なんてことが描かれるかもしれませんね♪

株式会社iwakuraモデルでロケ地はWIN MOLDで北螺子製作所?

舞い上がれ航空学校のモデルは航空大学校で実在?

「舞いあがれ!」株式会社iwakuraの新工場のロケ地として使われたのが、北螺子製作所の向いに位置する「WIN MOLD」という建物です。

【WIN MOLD】

住所:〒578-0903 大阪府東大阪市今米2丁目6−11

「WIN MOLD」は建物の名前のようで、よ~く見ると、表札に「北螺子製作所」の名前が!北螺子製作所も株式会社iwakuraのように、工場を増やしたのかもしれませんね!

上と下の画像を見ると、同じ建物だとわかります。

このように北螺子製作所は工場の外観のロケ地にもなっていました!

【舞いあがれ】株式会社iwakuraモデルは実在のネジ会社?のまとめ

浪速大学のロケ地は旧・大阪府立大学【舞い上がれ】

「舞いあがれ!」はオリジナル作品なので、ヒロインにモデルは実在しません。ヒロインの実家となる株式会社iwakuraにもモデルは実在しないと思われます。

iwakuraはヒロイン舞の父親、浩太が亡き父親の跡を継いだネジ工場。岩倉螺子製作所という名前でしたが、浩太が大きくして2人だった従業員が18人に。新工場も新しくできました!

ガイドブックによると、ねじ工場の撮影に協力された企業が2社ありました。「北螺子製作所」と「大阪精工株式会社」です。「北螺子製作所」の真向いにある「WIN MOLD」の外観は、株式会社iwakuraのロケ地として使われたと思われます。

「WIN MOLD」は「北螺子製作所」の工場なので、技術指導やロケ現場としても協力されているんですね!

「株式会社iwakura」は自動車部品の製造のため、借金をして新しく向上を建設しています。撮影協力をした大阪精工株式会社は自動車部品を製造している企業なので、これから自動車部品を作る過程も描かれるのかな?と思います。

「株式会社iwakura」が大きくなって、飛行機部品も作れる企業になれると良いですね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる