離婚しない男原作ネタバレ最終回!マサトの衝撃の正体と妻・綾香との対決とは?

  • URLをコピーしました!
#ad #PR #スポンサー

伊藤淳史さん主演のドラマ「離婚しない男」はサレ夫が愛娘の親権確保のため妻と不倫相手のマサトに挑む漫画が原作の物語。「離婚しない男」原作のあらすじネタバレを最終回結末までご紹介。マサトの衝撃の正体と妻・綾香との離婚対決の最終回のネタバレとは?

↓31日無料トライアル&600ポイント付き↓

▼今なら31日間無料トライアルキャンペーン中にドラマ「離婚しない男」1話~最終回までの見逃し配信動画をお得に視聴できます!▼1話 220ポイント

以下の作品は見放題で視聴可能です。

またU-NEXTでは「離婚しない男」の原作漫画を1巻を無料期間内に見放題で読むことが可能です!(2024年1月19日現在)

※7月1日から「Paravi」とサービスが統合したことから、TBS・テレビ東京などの人気番組もU-NEXTで見放題で31日間無料トライアルキャンペーン中に見放題で視聴することが可能です!

◆さよならマエストロ

◆ジャンヌの裁き

◆リビングの松永さん

◆義母と娘のブルース(2020年と2024年に放送された新年スペシャルやオリジナルストーリー)

◆日曜劇場「ラストマン」

◆アンナチュラル

◆MIU404

◆日曜劇場「とんび」

◆たとえあなたを忘れても

◆マイセカンドアオハル

◆下剋上球児

◆日曜劇場「VIVANT」

◆隣の男はよく食べる

◆日曜の夜ぐらいは

◆エルピス

◆Sister(シスター)

◆魔法のリノベ

◆アバランチ

◆大豆田とわ子と3人の元夫

他にも以下などの作品もポイントでお得に視聴可能です。

◆単身花日

◆家政夫のミタゾノ

◆ハヤブサ消防団

◆刑事7人シリーズ

◆特捜9シリーズ

◆ドライブ・マイ・カー インターナショナル版

◆花束みたいな恋をした

◆連続テレビ小説「ブギウギ」「らんまん」「舞いあがれ!!」「ちむどんどん」「おかえりモネ」「おちょやん」「花子とアン」「エール」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」など

◆大河ドラマ「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

U-NEXThttps://video.unext.jp/

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2024年1月30日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

目次

【離婚しない男】原作は漫画で完結?続編が決定してる!

【離婚しない男】子役の娘ここね役キャストは磯村アメリ!出演作品は?

原作は漫画で完結?続編が決定してる!

「離婚しない男」原作は、大竹玲二(おおたけれいじ)さんの漫画です。

「離婚しない男」は全3巻で第1部が完結しています。

■ 大竹玲二(原作者)コメント

ドラマ化という大変ありがたいお話をいただけてとても嬉しいです。
連載時から「離婚しない男」のテーマはドラマ映えしそうだと考えていただけに、本当にドラマで観られる事が楽しみで仕方がないです。
特に伊藤淳史さんの持つ親しみやすさのイメージが親権問題と戦う主人公の渉にピッタリで、見る人全員が応援したくなるようなサレ夫になる事間違いなしだと思います(まだ発表できませんが綾香役も素晴らしいです)。ドラマ化に携わってくださった全ての方々と、応援してくださった読者の皆様に感謝いたします。
鈴木おさむさんの脚本が届く度に面白さで大笑いしておりましたが、いち視聴者として放送を楽しみに待とうと思います。

引用元 コミックナタリー

そして3巻のラストでは、続編が制作されることが決定したと報告が!ドラマも原作に合わせて、続編が制作される可能性もあるかもしれないですね!

ほかにも大竹玲二さんの作品「グッドファザーボード」が、現在ヤンマガWebで好評連載中です♪

脚本家

「離婚しない男」脚本家は鈴木おさむ(すずきおさむ)さん!

鈴木おさむさんは脚本家のほか、放送作家や作詞家、タレント、映画化監督などマルチに活動されています。

奥様はお笑いタレントの大島美幸さんです。

バラエティ番組の放送作家として有名ですが、ドラマの脚本も多く手掛けていて「脳にスマホが埋められた!」「M 愛すべき人がいて」「先生を消す方程式。」などがあります。

■ 鈴木おさむ(脚本)コメント

3月一杯で放送作家と脚本の執筆を辞めるので、この作品が「地上波連続ドラマ」の最後の脚本となります。
テレビ朝日23時台で「奪い愛、冬」「M 愛すべき人がいて」「先生を消す方程式。」に続いて4作目ですが、最後なので、肩が壊れるかもってくらいでフルスイングで投げております。
1月ドラマはテレビ朝日も各局のドラマも話題作ばかりですが、正直、色んな意味で話題作になり、問題作となると思います。
放送初回から、かなり驚きのことが連発すると思います。
スマホ片手に、騒ぎながら見てください。

引用元 コミックナタリー

鈴木おさむさんのコメントにあるように、2024年3月いっぱいで、現役から引退されることが発表されました。

なので「離婚しない男」は、鈴木おさむさんにとって最後の作品となります。

主題歌

「離婚しない男」主題歌は、4人組ボーカル&ラップグループ、WOLF HOWL HARMONY(うるふはうるはーもにー)の『Frozen Butterfly』♪

心の中に凍らせたままの夢や本当の自分が、愛に出逢って自由に羽ばたいていく姿を描いた楽曲で、DJ DARUMAさんがプロデュースを手がけました。

デビューするまでにさまざまな苦悩や葛藤を乗り越えてきたからこそ「夢を見ることはすてきなんだ」というメンバー自身の思いが込められているそうです。

『Frozen Butterfly』は、2024年2月14日(水)にリリースされます♪

離婚しない男原作ネタバレ最終回!マサトの衝撃の正体と妻・綾香との対決とは?

離婚しない男妻役【綾香】キャストは誰?篠田麻里子かクズな不倫妻の漫画ネタバレも

愛する娘の親権をゲットするため不倫妻・綾香との離婚計画

主人公は優秀な新聞記者、岡谷渉(伊藤淳史)。

或る日、仕事中に妻、綾香(篠田麻里子)の浮気現場を目撃してしまい、知らないフリをしながら、娘、心寧【ここね】(磯村アメリ)の親権を得るため、離婚の計画を立てます。

そんな娘のここね役の子役の磯村アメリちゃんについてのご紹介は離婚しない男 子役をご覧ください!

【離婚しない男】子役の娘ここね役キャストは磯村アメリ!出演作品は?

渉は在宅勤務に切り替え、自分のキャリアを犠牲にしながらも、娘のために家事や育児に勤しみます。

ですが現実は甘くなく、心が折れそうになります。専業主婦の綾香は渉に家事と育児を任せて1日中、娘を子役として成功させるべく出かけていました。

そのくせ帰宅すると、渉の家事のやり方などに文句を言います。それでもすぐに離婚できないと我慢する渉。

渉は自分で撮影した不倫している妻の証拠写真を持って弁護士事務所に行きますが、父親が親権を獲得できるのは、たったの1割だということで、門前払いされてしまいます。

不倫しているクズな妻でも日本では母性を重んじているので、父親が不利だったのでした。

自宅のリビングで不倫するクズ妻を涙ながらに撮影!離婚できない男に

そんな渉の前に探偵の三砂(佐藤大樹)が現れ、渉を叱咤激励。渉の撮影した証拠写真では、不十分で裁判や調停では戦えないことがわかります。

渉は仕方なく探偵に協力してもらうことに。

そして三砂の協力の元渉は、綾香と不倫相手、マサト(小池徹平)がなんと自宅のリビングで不倫をしている現場に居合わせます。

ソファーの下に隠れていた渉は、探偵の三砂に促されて、涙を流しながら、2人の不倫現場の動画を撮影します。

その証拠を持って再び財田(水野美紀)弁護士を訪れた渉。引き受けてくれることになり、財田は離婚前に、養育の実績を積むことをアドバイス。

そして探偵の三砂、弁護士の財田、渉の3人でチームとなって妻から親権をゲットすべく作戦を立てることに。そして・・・今の離婚しないで、家事育児を頑張る生活を少なくとも1年だと言われ、泣きそうになる渉。こうして「離婚できない男」となったのでした。

渉は娘のため、子育てに打ち込みます。

不倫相手マサトは渉の知り合い?

育児や家事などをしながら、養育実績を積んでいく渉。

ある日マサトが心寧の保育園にやってきて、渉に娘の心寧ちゃんを子役としてデビューさせて成功させるために、妻の綾香と頑張っていると話します。

いきなりの不倫相手の登場に驚く渉。そして渉に、綾香が渉と結婚したことを後悔しているなどと言い(不倫していることはもちろん言わないまでも)渉を挑発してきます。

なんとマサトの目的は、渉が離婚すること。挑発したら離婚を決意すると思ったのですが、踏ん張って笑顔で返す渉。離婚しようとしない渉にイライラするマサト。

一体なぜ、渉に離婚させたがっているのか?マサトは渉を知っているようですが、渉はマサトを見ても無反応。初対面のようでした。

3人の女性の誰かがハニートラップ

家では綾香から見下されたりしますが、それも耐え続けます。また綾香にも離婚するように言うマサトでしたが、綾香は、渉に家事育児をさせて利用したいと、離婚しようとしません。

イライラしたマサト。マサトは知り合いの女優に頼んで、渉にハニートラップを仕掛けます。

そして弁護士の財田と探偵の三砂は、不倫相手のマサトは、2人を離婚させることが目的で、渉に恨みを持っているのでは?と疑惑を抱きます。そして渉に気を付けるように言います。

そんな中、渉には3人の女性が近寄ってきたことに気づきます。

保育園に新人の保育士、松尾がやって来て、渉との仲が深まっていきます。

渉のマンションの隣には、新しい住人、竹場が引っ越してきて、親しくなります。

さらにスーパーでトラブルに巻き込まれた渉を、女子高生が助けました。

もしかしたら、これはマサトが仕込んだハニートラップ?

記者だけに勘を働かせ、3人の女性との関係を保ちつつ、渉はマサトの本性を探る機会を伺います。

3人の女性の中で、誰がハニートラップなのか確かめようとした渉。

女子高生、梅比良に誘われラブホテルに行ってしまい、睡眠薬を飲まされてしまいます。マサトは、連絡を受けて、綾香をラブホテルに連れていき浮気現場(捏造)を見せて、綾香に離婚を決意させようとしました。

しかし間一髪、三砂が女子高生の梅比良と渉が一緒にいるホテルの部屋に駆け付け助けるのでした。

マサトの衝撃の正体とは?

そしてマサトと対峙した渉。渉は、マサトがハニートラップを依頼した女優から、マサトは整形しているのでは?と言われます。

名前も偽名かもしれません。

そのことをマサトに問いただすと動揺した様子のマサト。

マサトは逃げ出し、車にひかれそうになったマサトをかばって助けた渉が車にひかれてしまいます。

マサトは自分のことを助けてくれたことに驚きます。そして事故に遭う瞬間、渉はマサトの正体が誰なのか?気づきました。

それは、大喜昌人(まさひと)。中学時代に出会った渉と昌人でしたが、2人は仲良しで親友でした。

しかし・・・ある日、突然、何も告げずに引っ越してしまい、いなくなってしまった昌人。

それ以来会っておらず、どうして自分に恨みを持っているのか?どうしてもわからない渉。

病院に搬送された渉の前にいた昌人。すると渉の両親が駆け付け、衝撃の事実を知ることになります。

なんとマサトは渉の腹違いの兄弟でした。昌人の母親は渉の父親の不倫相手でしたが、息子だったにもかかわらず、十分な養育費を払ってもらえず、ヒドい扱いを受けていたことを、渉と親友になった後に知った昌人は、渉の前から姿を消し、復讐しようと誓ったのでした。

そして綾香と結婚して幸せそうな渉を見て、家庭を壊してやると誓い、綾香に近づいて不倫して離婚させようとしたのでした。

しかし渉が自分を体を張って助けてくれたことで、渉への気持ちが変わったマサト(サトル)でした。

妻・綾香との対決とは?マサト【サトル】の驚きの行動で決着

綾香は渉へのマサト【サトル】の復讐に利用されただけでした。しかし、やはり不倫してしまった後の綾香の態度、豹変が許せなかった渉は離婚を決意。

そして計画していた1年を過ぎて、離婚の準備を終えた渉は、綾香に内容証明を送付。離婚を突きつけ、娘を連れて家を出ます。

青ざめた綾香でしたが、弁護士を雇い冷静に対応。離婚や親権を前にまず娘の身柄の返還請求をされます。

仕方なく調停をしますが、綾香の健気な妻の芝居がうまく、調停員たちが、綾香の味方になり、なんと娘を取られてしまいます。

ショックを受ける渉。ところが、マサト【サトル】が不倫しているときの綾香が言っていた、育児放棄(ベビーシッターに預けて育児なんてしない。再婚して楽しみたい♪)などの証言の録音を渉に渡し、調停でその音声を流したことで、見事、親権と獲得!娘と一緒に暮らせることに。

この決定を受けて、やっと自分がしたことの罪を認識した綾香。そんな綾香は娘と卒園式などのイベントごとに会うことを許した渉でした。

続編のストーリーは?

原作では渉を応援したくなるように描かれているので、ドラマもそうなるのかもしれませんね。

探偵の三砂は、原作では女性です。元々は男性のつもりで書いたそうですが。

渉が主人公の「離婚しない男」は、3巻で完結となり、新たな第4巻は主人公が別の人物で「離婚しない男 CASE2」として、2024/02/20発売です。

こんな内容です。

人気、実力ともトップクラスの俳優・永瀬丈。良き家庭人でもある彼は、ある日、新人女優との密会不倫写真を撮られてしまう。一瞬で社会的地位と家族を失ってしまったナガジョー。だがこれはすべて仕組まれたことだった。その裏にいるのはまさかの人物。裏切り、秘密、策略が絡み合う、リコンエンターテインメントの第2弾!!

引用元 ヤンマガ

ドラマ「離婚しない男」はおそらく第3巻までが、描かれるのではないでしょうか。

親権をめぐるサレ夫の奮闘。どうぞご期待ください!

ドラマ「離婚しない男」あらすじネタバレ最終回まで

1話あらすじネタバレ

リハーサルのネタバレ!リカ小池徹平編の原作結末は実写化できなかった!

「離婚しない男」第1話あらすじです。

大手新聞社・関東新聞の社会部エース記者である岡谷渉(伊藤淳史)はある日、妻・ 綾香が男と二人でホテルに入る不倫現場を目撃してしまう。それを機に、会社には育児に専念するという理由で部署異動願を出し、在宅ワークに切り替えるようになる。しかし渉の本当の目的は、綾香と離婚し、愛娘・心寧(磯村アメリ)の親権を得ること。娘の養育実績を作り、裁判で少しでも有利になるためだった。しかし、凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れた渉は、父親の親権の獲得率はわずか1割だと突き放され弁護を受けてさえもらえず…。落ち込む渉のもとに、財田と業務提携を結ぶ探偵の三砂裕(佐藤大樹)が現れ、裁判で戦える証拠集めを共にすることを提案。渉は、年下だが馴れ馴れしく接する裕に戸惑いながらも、彼からの提案を受け入れる。後日、綾香の不倫相手である、心寧が通う芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサト(小池徹平)の行動を見張っていた裕は、綾香とマサトがふたりで逢引しているところを発見し、尾行。ホテルに入るのだと思いきや、彼らがタクシーで向かった先は意外過ぎる場所で――!?

引用元 テレビ朝日

自宅で岡谷渉(伊藤淳史)は探偵の三砂裕(佐藤大樹)から浮気の証拠をとるために、尾行していた妻の綾香と浮気相手の司馬マサト(小池徹平)が岡谷の自宅マンションに入っていたことを聞いて驚きます。

2人はなんと、岡谷の自宅の隣の部屋をなぜか借りていて入っていきます。ショックを受けて呆然とする岡谷に探偵の三砂はベランダに出て、2人の情事を撮影するように言います。「無理だよ」と返す岡谷ですが「ここねちゃんの親権を取るためだよ」と言われ、必死にベランダに出て撮影をスタート。

すると2人は激しいプレイを始めます。そしてなぜか不倫相手のマサトはベランダの窓を開けて、綾香に声を出すよ言うに要求し「旦那さんに聞こえるように」というと恥ずかしそうに応じる綾香。そんな妻の不倫を悔しそうに泣きながら撮影する岡谷。なんと岡谷は怒りで自分の歯を折ってしまいます(^^;

そして・・・なぜか雨が降ってきて、岡谷は泣きながらマンションの外に出てびしょ濡れに。「つらかったね。渉」と声をかける三砂。

岡谷は「俺、綾香への愛情がまだ残ってたんだ」と言いながら泣き、そんな岡谷をだきして三砂は「でも、渉がやるべきことはここねちゃんの親権を勝ち取ることだから。そのために、どんな辛い道も乗り越えよう」と言われ、改めて親権を取る決意をするのでした。

2話あらすじネタバレ

 岡谷渉(伊藤淳史)は、妻・綾香(篠田麻里子)に不倫され、離婚して、父親の親権獲得率わずか1割という高い壁を乗り越えて愛娘・心寧(磯村アメリ)の親権を獲得するため奔走中。綾香と不倫をしている、心寧が通う芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサト(小池徹平)が、なぜ岡谷家のマンションの隣室に引っ越ししてきたのか…渉はその真意を測りかねていた。探偵・三砂裕(佐藤大樹)からの指示で、ふたりの情事を撮影するべくベランダから自撮り棒でスマートフォンを伸ばし奮闘するも、悔しさのあまりに力強く握った前歯が抜けてしまい…。ある日綾香は、渉のためにおにぎりを作ってくれるが、中の具材はなんと結婚指輪で――。しかも綾香は、洗濯物はすべて手洗いで行うよう渉に強要。加速する綾香から渉への嫌がらせを目の当たりにした裕は、一刻も早く優秀な弁護士を渉につけるべく、新たな秘策を提案する。一方の綾香は、マサトと新生活を送るため、渉と離婚し、心寧の親権と渉から多額の慰謝料をとろうと、なんと渉と同じく凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れる。そんな中、またもや隣室に住むマサトのもとへとやってきた綾香。渉と裕は、今度こそふたりの不倫の決定的証拠を押さえようと、集音マイクなどの機器をセッティングするが…?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/rikonshinai-otoko/story/0002/

3話あらすじネタバレ

 愛娘・心寧(磯村アメリ)が公園でケガをし、一緒にいた夫の岡谷渉(伊藤淳史)をここぞとばかりに責める妻の綾香(篠田麻里子)。しかしその腕には、渉の見覚えのない真新しいタトゥーが刻まれていて…。後日、綾香は、不倫相手の司馬マサト(小池徹平)に自分たちの関係が渉にバレているのではないかと相談するが、マサトは彼女の心配を一蹴。彼は500円玉で綾香の右目を隠し、渉と離婚している未来が見えないのかと詰め寄り、「君には今の人生は地味すぎる」と優しく諭すのだった。実は綾香はもともとアイドルデュオ《KOIRAM》のメンバーで、デビューシングルが初登場5位となるなど活動は華やかで順風満帆だったが、あることを機に活動自粛に追い込まれた不遇の過去があった…。一方、探偵・三砂裕(佐藤大樹)から綾香との馴れ初めを聞かれた渉も、彼女との出会いから今までの一端を語る。それから再び凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れた渉と裕だったが、渉はトキ子から自分の甘さを指摘され、涙する。そんな中、マサトと綾香の禁断の逢引は、さらに過激さを増して――!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/rikonshinai-otoko/story/0003/

綾香(篠田麻里子)の意外な過去が明らかになった3話。

実は綾香はもともとアイドルデュオ《KOIRAM》のメンバーで、デビューシングルが初登場5位となるなど活動は華やかで順風満帆でしたが、母親が毒親で、綾香にお金の無心をしたことがきかっけで、マネージャーのおじさんにお金を借りて、そのことがきっかけで、マネージャーと付き合うことに。

するとアイドルデュオのもう1人のライバルに、マネージャーと交際している写真を撮影されて、2人の交際を暴露されアイドルから引きずり降ろされます。

その後、岡谷渉(伊藤淳史)と出会い、2人は結婚!そして娘に子役活動をさせているのは、自分がアイドルとして夢を叶えることができなかったので、その夢を託すような思いからだったことも判明。

そんな綾香は、マサトとの情事がエスカレート。ついに娘と夫である渉と一緒に暮らす自宅アパートにマサトを誘い、行為を始めてしまいます。

そして・・・2人が行為を始めたソファーの下には・・・なんと渉が隠れていて、三砂裕(佐藤大樹)からの指令を受けて、泣きながら、2人の様子を撮影しようとしているのでした。

4話あらすじネタバレ

 岡谷渉(伊藤淳史)の家のソファで禁断の情事を始めた妻の綾香(篠田麻里子)と不倫相手の司馬マサト(小池徹平)。渉は探偵・三砂裕(佐藤大樹)からの指示で、二人の不倫の証拠を収めるべく、ソファの下に隠れて自撮り棒の先に付けたカメラを伸ばして奮闘するも、なかなかうまく撮影できず…。渉のことを「愛していない」とマサトに告げる綾香の言葉を聞き、渉はソファの下でひっそりと涙するのだった。やがて、綾香とマサトが家を出た後、裕は渉を抱きしめ「がんばったな」とねぎらうも、渉は「もう限界だよ」と自暴自棄になり、走り去ってしまう。渉を追う裕だが、なんと二人の前に離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)が現れ、思いもよらない言葉を渉に投げかける――。そんな中、綾香はマサトのある《異変》を目の当たりにすることに!

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/rikonshinai-otoko/story/0004/

岡谷渉(伊藤淳史)の家のソファで禁断の情事を始めた妻の綾香(篠田麻里子)と不倫相手の司馬マサト(小池徹平)。

苦しい状況の中、涙を流しながら、探偵の三砂の指示で、2人の情事を撮影するのでした。

その後、2人の前にやってきた財田。3人で店に入ると、渉が撮影した証拠などを使って、親権を取るために、戦おうと言ってくれます。

しかし、親権を取るために、最低1年は良い父親として、過ごさなくてはいけない。1年は「離婚できない」と言われ、ショックを受けつつも、頑張ろうと決意するのでした。

一方、マサトは綾香に渉と離婚するように言いますが、すぐに離婚する気がない様子の綾香にイライラするマサト。

そんなマサトはマンションの前で「となりに」住んでいることを説明しつつ渉に挨拶をして、話をしようと誘うのでした。

5話あらすじネタバレ

 岡谷渉(伊藤淳史)は、自宅マンションの前で突然、妻・綾香(篠田麻里子)の不倫相手である司馬マサト(小池徹平)に話しかけられる。渉は、マサトの目的が分からず不信感を抱きながらも、愛娘・心寧(磯村アメリ)の件で話があるとのことで、しぶしぶ二人で公園を散歩することに。そこで渉はマサトから、心寧がポールサニープロダクションと専属契約を結んだことや、綾香と心寧に、1年間のアメリカ留学を勧めている話などを告げられる。綾香から何も聞かされていなかった渉は驚くが、マサトからさらなる衝撃発言が飛び出して――。渉が苦しむ様子を目の当たりにしたマサトは、過去にたまたま目撃した、まだ結婚前の渉と綾香の幸せそうな仲睦まじい姿を思い出すのだった…。やがて、財田トキ子(水野美紀)と三砂裕(佐藤大樹)の執念の調査で、マサトの正体、そして渉に近づいた理由が明らかに!? 同じ頃、マサトの綾香へのセクシャルな要求はさらにエスカレート!! そんな矢先、渉の前に謎の美女・竹場ナオミ(藤原紀香)が現れて…?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/rikonshinai-otoko/story/0005/

離婚しない男キャスト・登場人物は?

PICU神崎鏡花の子役は磯村アメリ!1話のゲストの少女役

岡谷渉(おかたに・わたる)/伊藤淳史

関東新聞社の社会部記者。ある日、妻・綾香が不倫していることを偶然知ってしまい、エース記者だったにも関わらず、出世を捨ててまで在宅ワークに切り替えイクメンデビューする。その理由は、7歳になる一人娘・心寧の親権を獲得するべく養育実績を重ねるため。しかも、その真の目的を悟られないように綾香の不倫の証拠も収集しなければならず…。渉は「心寧のためならなんだってする」と決意をするのだった。

司馬マサト(しば・まさと)/小池徹平

渉の妻・綾香の不倫相手で、業界最大手芸能事務所ポールサニープロダクションのチーフマネージャー。表向きは渉と綾香の娘・心寧をスカウトする目的で綾香の前に姿を見せたが、実はある壮大な計画を企てていて…!? やがて、岡谷家のマンションに隣人として引っ越すなど、綾香との不倫をより大胆にエスカレートさせていく。

砂裕(みさご・ゆう)/佐藤大樹 (EXILE/FANTASTICS)

財田法律事務所と業務提携している探偵。渉のバディとして、積極的に綾香の不倫調査に協力する。初対面からなれなれしく渉と呼び捨てにし、《エモいこと》に過剰に反応する。

岡谷綾香(おかたに・あやか):?

渉の妻。かつてはアイドルデュエットとして活動していたが、現在は専業主婦。娘を有名子役にさせようと熱心。その理由には彼女の過去も大きく関係していて…。いきなりイクメンデビューした渉が不倫していると疑うが、実は不倫しているのは自分で、マサトとの刺激的な逢引を楽しんでいる。渉はマサトと自分との関係に気づいていないと思っている。

森野千里(もりの・ちさと)/玉田志織

業界最大手芸能事務所ポールサニープロダクションのスタッフで、司馬マサトの部下。たびたび彼のもとを訪れる綾香に嫉妬にも似た感情を抱いている。しかし、マサトと綾香しか知らない情報もなぜか掴んでいて…。

岡谷心寧(おかたに・ここね)/磯村アメリ

渉と綾香の一人娘で、現在7歳。渉が在宅ワークに切り替えたことでパパと長い時間一緒にいられることをとても喜んでいる。大手芸能事務所ポールサニープロダクションでレッスンをしながら、様々なオーディションを受けている子役の卵。

財田トキ子(たからだ・ときこ)/水野美紀

財田法律事務所の代表弁護士。離婚裁判、とりわけ親権に関する事案については日本有数の実績を誇る敏腕。ドライな性格で、男親の親権獲得を目指す渉に厳しい現実を突きつける。しかし、実は情に厚い面があり、愛娘・心寧のために必死になっている渉の行動に次第に心を動かされていく。独特の言い回しで話し、甘いものには目がない食いしん坊な一面もある。

キャスト引用元 テレビ朝日

主人公の岡谷渉を演じるのは「電車男」「チーム・バチスタシリーズ」などで主役を演じてきた伊藤淳史さん!

妻の綾香役は公式サイトでシークレットになっていますが、ネタバレしちゃうと篠田麻里子さんが演じるようです(≧∇≦)

ネットのニュースになっているので、間違いないでしょう。

篠田麻里子さんは2022年に不倫報道があり、2023年に離婚されています。不倫は否定してるようですが…(;^^)

そんな篠田麻里子さんの「悪嫁(およめ)」役も必見ですね!

そして渉の弁護を引き受ける弁護士、トキ子を演じるのは水野美紀さん!パット見、水野美紀さんだとは全然わかりませんでした(笑)

EXILE/FANTASTICS佐藤大樹さんや、「全日本国民的美少女コンテスト」で、審査員特別賞を受賞して芸能界デビューした、玉田志織さんなどにも注目ですね!

まとめ

絶対零度伊藤淳史【東堂】が犯人を殺した必殺仕事人?過去のネタバレは?

「離婚しない男」は大竹玲二さんの漫画が原作です。原作はまだ継続中ですが、最初の物語は2023年に発売された、第3巻で完結しています。

妻に浮気された主人公が、娘の親権を得るため、離婚に向け奮闘する姿を描いたブラっ子コメディ。

脚本家は放送作家としてもおなじみの、鈴木おさむさんです。すでに引退宣言をされていて、この作品が最後の作品となります。

主人公、渉を演じるのは伊藤淳史さん。その妻役はまだシークレットですが、篠田麻里子さんが演じます。

妻の不倫相手役に小池徹平さん。ほかに水野美紀さんや佐藤大樹さんなどのキャストが登場!

放送はテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」にて、2024年1月20日よる11時半から!

オトナのドラマ「離婚しない男」!どうぞお楽しみに!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次