サイレント佐倉想の病気の病名は?なぜ話せないのか?ネタバレ

フジテレビ木曜劇場のドラマ「silent(サイレント)」が2022年10月からスタートしました!

主演は川口春奈(かわぐちはるな)さんで、相手役はジャニーズのSnow Manの目黒蓮(めぐろれん)さん。

2人の切なくも温かなラブストーリーです。

主人公の青羽紬(あおばつむぎ)は、高校時代に付き合った恋人・佐倉想(さくらそう)に突然別れを切り出されるのですが、その理由が、佐倉想が話せなくなってしまったことを8年後に、つむぎが知ることになる切ない展開です。

話せなくなってしまった理由は、耳の病気なのですが、病気の病名が気になると思います。

今回はドラマ「silent(サイレント)」で目黒蓮さん演じる佐倉想役の耳の病気について、病気の病名についてご紹介していきます。

なぜ、佐倉想が話せないのか?についてネタバレ・考察していきます。

目次

サイレント佐倉想は病気で別れを告げた切ないネタバレとは?

silent手話指導・監修は誰?目黒蓮の手話に絶賛の声

まずはドラマのストーりーについてご紹介です。

高校時代に彼の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口春奈)は3年の時に佐倉想(目黒蓮)と同じクラスになる。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、愛おしいかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は…

引用元:公式サイト

高校時代に恋人同士だった青羽紬と佐倉想は、一緒に想の音楽を聞いたり、幸せな日々を過ごし、サッカーの推薦で大学が決まっていた想とは遠距離になるけれども、このままの関係が続くと思っていました。

しかし、卒業後、突然携帯メッセージで「好きな人ができた」と告げただけで別れることに。

紬は想の声が好きだったけれども、最後に声も聴かせてくれなかったと思います。

そんな2人の別れから8年。紬には想の友達でもある高校時代のクラスメイト戸川湊斗(鈴鹿央士)という恋人がいて、幸せな日々を送っていたが、時々、想との日々を思い出していました。

そんな中、「世田谷代田」駅のホームで想を見かけ、驚く紬。

それ以来「世田谷代田」駅に来ると、想の姿を探すものの、見つかりません。

しかし・・・1話のラストでついに再会する2人。紬は無邪気に「嬉しい」「懐かしい」と話しかけますが、無視をして歩き続ける想。

そんな想についに紬は「そんなに私と話したくないの?」と言います。

すると・・・想は突然、悲しそうな表情で泣きながら、手話で話始めます。

想は何かを口にしようとしますが・・・瞬間、泣きそうな顔で手話を始めます。

もちろん、紬は手話で何を言っているのかわからないのですが・・・「声で話しかけないで」と。

手話をした想に驚く紬。

想は手話を続けます。「一生懸命話されても、何言ってるのかわかんないから。聞こえないから。楽しそうに話さないで。嬉しそうに笑わないで。高校卒業してすぐ、病気がわかった。それから少しずつ聞こえにくくなって、3年前にほとんど聞こえなくなった」

何を言っているのか?わからず、でも手話をしている想をみて動揺する紬は、想の両手を掴んで止め「ちょっと待って・・・」と言います。

しかし泣きながら手話を続ける想。

「なんで電話に出なかったのか、別れたのか。これでわかっただろ?もう青羽と話したくなかったからだよ。いつか電話もできなくなる。一緒に音楽も聴けない。声も聴けない。そうわかってて一緒にいるなんて、辛かったから。好きだったから。だから、会いたくなかった。嫌われたくなかった。忘れてほしかった」

紬は泣きながら「ごめん私、わかんない。」と何か書いてもらうために、書くものを探しますが、それを遮る想。

「何言ってるのかわかんないんだろ。俺たちもう、話せないんだよ。」と言い、立ち去ります。

しかしそんな想を止める紬。

すると想は手話で「うるさい。お前、うるさいんだよ。」と泣きながら言い、何かを感じたのか固まる紬。

手話の内容は、紬にはわからないけれど、手話をしたことで、話せなくなっていたこと、何か病気になってしまったことをおそらく悟った紬。

また1話の中盤では、紬の彼氏の湊斗は、想の実家を訪ねて、想の妹から驚きの言葉を告げられます。

「耳が聞こえなくなってから・・・」

ここで湊斗が初めて、想が耳の病気であることを知ります。

1話のストーリーを見ると

・想は耳が聞こえない病気で話せない

ことがわかりますが、病名については、まだドラマの中で明かされていません。

以降で、佐倉想の耳の病気の病名についてご紹介していきます。

サイレント佐倉想の病気の病名は?なぜ話せない?

silent1話の最後の手話シーンのセリフが泣ける!目黒蓮の手話が上手いの声!

佐倉想とは?耳の病気で孤独に

まずは、佐倉想についてご紹介です。

高校時代はサッカー部のエースを務めていましたが、普段は好きになった相手にもつい素っ気ない態度を取ってしまう少し内気な性格の持ち主。高校を卒業する頃には難聴の症状が出始め、いずれはほとんど聞こえなくなってしまう可能性が高いという現実を知らされることになります。地元を離れ東京へ進学するタイミングに合わせて紬に別れを切り出し、一方的に、何も告げずに彼女の前から姿を消してしまいました。紬だけでなく、高校仲間との縁も全て断ち切り、スポーツ推薦を受けた東京の大学に進学した想でしたが、難聴によって起きた変化にとまどい周囲からも期待されていたサッカーも諦めることに。その後、大学を卒業してからは人とのコミュニケーションを取ることにつらさを感じて職を転々としましたが、現在は在宅で校閲の仕事をしながら、限られた人にしか心を開かずに日々を過ごしています。しかし、一生会わないと決めていた紬とのまさかの再会を果たしたことで、その閉ざしていた心にある変化が起きはじめ…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/silent/introduction/

これは、1話でも描かれたことですが、紬に別れを告げただけでなく、高校時代のサッカー部の仲間たちとの関係も経ち、スポーツ推薦を受けるほどの実力だったサッカーを辞めてします。

そしてコミュニケーションをとることに辛さを感じて、職を転々・・・。

社会的にも孤独になってしまったことがわかり、胸が痛いですね。

それまで聞こえていた世界から、一転。聞こえなくなってしまうショックと苦しみは想にとって大きなものだったことはわかります。

そんな孤立している想の世界を紬が変えていく展開になるのでは?と個人的に思います。

 

佐倉想の病気の病名は「若年発症型両側性感音難聴」

silent佐倉想【そう】役は目黒蓮でジャニーズ!病気・病名のネタバレは?

佐倉想の耳の病気の病名については、公式サイトで紹介されています。

18歳の時に“若年発症型両側性感音難聴”を発症したことで音のない世界で生きることになった青年。難病指定にもなっているこの病は40歳未満で発症し、両耳がだんだんと聞こえなくなっていくという難聴が主な症状で、有効な治療法は確立されてなく、難病の一つとなっています。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/silent/introduction/

特徴としては、40歳未満と言う若い年齢で発症すること。両耳が徐々に聞こえなくなって難聴になり、治療法がない、難病。

劇中でも想は自分の病気について、「高校卒業してすぐ、病気がわかった。それから少しずつ聞こえにくくなって、3年前にほとんど聞こえなくなった」と手話で説明していました。

引用元:参考サイト

発症する時期や症状の程度、症状の進む速さは人によって違うようです。

引用元:https://www.s-treatment.com/16570794014711

サイレント佐倉想の病名「若年発症型両側性感音難聴」は話せない病気?

佐倉想が耳の病気であることはわかったのですが、ドラマでは病名が明かされていませんが、ドラマを見ていて、病名をあててしまった人や知識のある人のツイートも。

また実際に病気に詳しい方、耳の病気の方からは「若年発症型両側性感音難聴」は聞こえないけれども、話ができるのでは?と言う声が。

耳の病気に詳しくないと「耳が聞こえない=話せない」のかな?と思ってしまいますが、想のように途中から聞こえなくなってしまった病気は話せるのでは?という指摘が。

ただこれから描かれるのかもしれませんが「話せない」のではなく、何らかの理由で「話さない」可能性もあると思います。

紬が想の声が好きで、好きになったきかっけが想の声を聞いたことだったので「声」がキーワードになってくるのかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる