silent1話の最後の手話シーンのセリフが泣ける!目黒蓮の手話が上手いの声!

2022年10月7日に放送されたフジテレビ木曜劇場のドラマ「silent(サイレント)」1話。

主演は川口春奈(かわぐちはるな)さんで、音のない世界で再び出会った男女2人が織りなす、切なくも温かな本気のラブストーリーです。

主人公の青羽紬(あおばつむぎ)は、高校時代に付き合った恋人・佐倉想(さくらそう)から突然別れを切り出され、8年後に再会しますが・・・切ない展開が待っていました。

そんなドラマ「slient」1話のあらすじネタバレと感想・反響をご紹介していきます。

最後の手話のシーンに号泣してしまう人続出だった1話のラスト。

手話シーンの字幕のセリフもすべてご紹介していきます。

目次

silent1話のあらすじ!最後の手話シーンのセリフまとめ!

まずは、Silent1話のあらすじ紹介です。

高校時代に彼の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口春奈)は3年の時に佐倉想(目黒蓮)と同じクラスになる。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、愛おしいかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は…

引用元 フジテレビ公式サイト

8年前に別れた恋人と駅で再会!

青羽紬(川口春奈)は8年ぶりに駅のホームで佐倉想(目黒蓮)を見かける。

しかし・・・何も話せないままいなくなってしまった想。

想は高校時代の恋人で携帯メッセージで「好きな人ができた」とだけ告げられ話をせずに、理由もわからず別れたままでした。

高校時代、想の声を聞いたことがきかっけで、声が好きだと思い、気になるようになり、好きになり徐々に距離を縮めて付き合うようになった2人。

想との再会に動揺する現在の恋人の湊斗

現在は、紬は、2人の高校時代の友達だった戸川湊斗(鈴鹿央士)と付き合っていて、一緒に暮らす話が出ていました。

想を偶然見かけた話をする紬。紬と湊斗の間には微妙な空気が。

紬は湊斗と付き合っているし、もう気にしていないですが、大好きだったあの声の想と話してみたいと思っていました。

そして湊斗のことは好きだけれども、想とのこと、一緒に好きな音楽を聴いたことなど、時々思い出していた紬。

一方、紬が想を見かけたことで動揺した湊斗。湊斗は想と紬の高校時代のクラスメイトであり想とも友達でしたが、高校卒業後に一方的に皆とは連絡をたち音信不通に。

湊斗が想の衝撃の事実を知る

湊斗が気になって想の自宅行くと母親が「元気だから気にしないで」と言うだけで会えず、想の大学に気になっていくと、「いらない。紬は湊斗にあげる」と酷いことを言った想。

結局、しばらくして同窓会で再会した紬と付き合うことになった湊斗。

それ以来、想とは会っていなかった湊斗。

しかし想が今何をしているのか?気になった湊斗は、紬には言わずに、想の自宅に行く湊斗。

すると妹が家から出てきます。高校時代は家に遊びに行っていたことから、湊斗のことを知っていた想の妹。

ところが想のことを聞いても、歯切れが悪い。そして「あのこと知ってるの??」と聞いてきた妹に湊斗は話を合わせて「知ってる」と言います。

すると安心したように、想の連絡先を教える妹。

そして驚きの言葉を口にします。「耳が聞こえなくなってから・・・」と。

それを聞いて動揺する湊斗でした。

その後、迷った挙句、湊斗は想に「久しぶり」とメッセージを入れます。そのメッセージを聞いて、驚く想。

想は既読スルーするのでした。

ついに再会!しかし想の驚きの手話での告白!手話のセリフまとめ!

しばらく気になって想に再会した、小田急線の世田谷代田駅で想を探していた紬。

しかし想に会うことはありませんでした。

そんな中、世田谷代田駅の改札を出たところで、イヤホンを落としてしまった紬。するとベンチに座っていた男性がそのイヤホンを拾います。

拾ったのは・・・なんと想。驚いて話しかけようとする紬ですが、逃げるように立ち去る想。

そんな想を追いかける紬は後ろから話しかけます。「覚えてる?さくら君だよね?高校の時の。就職するときに上京したの。」と一生懸命話しかけるのですが、無視をしてそのまま歩き続ける紬。

紬は想の腕をつかんで止めます。

立ち止まった想は、振り返ります。

紬は「無視することないじゃん。あの後すごい心配したんだよ。ちょっと話そうよ。今から用事あるからまた今度。」と早口で笑顔で話しかけ連絡先を聞こうとしますが、何も答えない想。

すると紬は「そんなに私と話したくないの?」と言います。

想は何かを口にしようとしますが・・・瞬間、泣きそうな顔で手話を始めます。

もちろん、紬は手話で何を言っているのかわからないのですが・・・「声で話しかけないで」と。

手話をした想に驚く紬。

想は手話を続けます。「一生懸命話されても、何言ってるのかわかんないから。聞こえないから。楽しそうに話さないで。嬉しそうに笑わないで。高校っ卒業してすぐ、病気がわかった。それから少しずつ聞こえにくくなって、3年前にほとんど聞こえなくなった」

何を言っているのか?わからず、でも手話をしている想をみて動揺する紬は、想の両手を掴んで止め「ちょっと待って・・・」と言います。

しかし泣きながら手話を続ける想。

「なんで電話に出なかったのか、別れたのか。これでわかっただろ?もう青羽と話したくなかったからだよ。いつか電話もできなくなる。一緒に音楽も聴けない。声も聴けない。そうわかってて一緒にいるなんて、辛かったから。好きだったから。だから、会いたくなかった。嫌われたくなかった。忘れてほしかった」

紬は泣きながら「ごめん私、わかんない。」と何か書いてもらうために、書くものを探しますが、それを遮る想。

「何言ってるのかわかんないんだろ。俺たちもう、話せないんだよ。」と言い、立ち去ります。

しかしそんな想を止める紬。

すると想は手話で「うるさい。お前、うるさいんだよ。」と泣きながら言い、何かを感じたのか固まる紬。

想はそのまま立ち去ります。そして1人で道にうずくまり泣き崩れるのでした。

silent1話の最後の手話シーンに反響!

そんな1話の最後の手話シーンにツイッターの反響感想です。

手話で気持ちをぶつけていた、想役の目黒蓮さんの表情・演技に多くの反響が。

手話では、本音と本音じゃない、言葉が混ざっている気がして、更に切なくて涙を誘うシーンでした。

silent1話の最後の手話シーンの字幕セリフは違う?目黒蓮の手話が上手い!

1話では、手話シーンで字幕があり、視聴者は何を言っていたのかわかったのですが、こんなツイートが。

おそらく、手話と想の気持ちが混じった字幕だったのかな?と思います。手話の詳しい人達のツイートが勉強になりますね。

また目黒さんの手話の技術力の高さが伺えるこんなツイートも。

また手話監修の方からのツイートも。

目黒さんと手話との出会いは1年前とのこと。

「1年前くらいに出ていた舞台『滝沢歌舞伎』で『One Heart』という曲があったのですが、その曲を歌うにあたって、どうしてもファンの皆さんに伝えたい思いがあったんです。どう伝えたらいいか、と考えていたときに『手話だ』と思って。手話を調べて披露しました」

そんな目黒さんやキャスト陣の手話にも注目が集まりそうですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる