silent手話指導・監修は誰?目黒蓮の手話に絶賛の声

2022年10月からスタートしたフジテレビ木曜劇場のドラマ「silent(サイレント)」が泣ける!!!感動する!!と話題です。

その大きな要因は、Snow Manの目黒蓮(めぐろれん)さん演じる佐倉想(さくらそう)の1話のラストの手話シーンだと思います。

主演は川口春奈(かわぐちはるな)さん演じる青羽紬(あおばつむぎ)の高校時代の彼氏が佐倉想。想は、高校を卒業すると理由も告げず紬に別れを告げるのですが、紬が想が別れた理由を手話によって知ることになります。

そして、2話以降では、紬も想と話をするために、手話を習う・勉強する展開になります。

気になるのが、そんなドラマ「サイレント(silent)」の目黒蓮さんの反響が大きかった手話の指導をされたのは誰なのか?と言うことだと思います。

今回はドラマ「サイレント(silent)」の手話指導・手話監修を担当した人が誰なのか?ご紹介しつつ、視聴者の手話に関する反響をご紹介していきます。

目次

silent手話指導・監修は誰?目黒蓮の手話で話題!

silent1話の最後の手話シーンのセリフが泣ける!目黒蓮の手話が上手いの声!

目黒蓮の1話のラストの手話が話題!

まずは、ドラマ「サイレント」のストーリーをご紹介!

高校時代に彼の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口春奈)は3年の時に佐倉想(目黒蓮)と同じクラスになる。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、愛おしいかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は…

引用元:公式サイト

高校時代の恋人から、突然理由も告げられず別れを告げられた主人公の紬。

紬は8年ぶりに再会し、恋人だった佐倉想(さくらそう)が手話をしているのを見て、耳が聞こえないことを悟ります。

想は、ずっと紬に言えなかった思いを手話で伝える・・・という1話のラストのシーンが多くの反響を呼びました。

そんな手話のセリフが以下です。

想は何かを口にしようとしますが・・・瞬間、泣きそうな顔で手話を始めます。

もちろん、紬は手話で何を言っているのかわからないのですが・・・「声で話しかけないで」と。

手話をした想に驚く紬。

想は手話を続けます。「一生懸命話されても、何言ってるのかわかんないから。聞こえないから。楽しそうに話さないで。嬉しそうに笑わないで。高校卒業してすぐ、病気がわかった。それから少しずつ聞こえにくくなって、3年前にほとんど聞こえなくなった」

何を言っているのか?わからず、でも手話をしている想をみて動揺する紬は、想の両手を掴んで止め「ちょっと待って・・・」と言います。

しかし泣きながら手話を続ける想。

「なんで電話に出なかったのか、別れたのか。これでわかっただろ?もう青羽と話したくなかったからだよ。いつか電話もできなくなる。一緒に音楽も聴けない。声も聴けない。そうわかってて一緒にいるなんて、辛かったから。好きだったから。だから、会いたくなかった。嫌われたくなかった。忘れてほしかった」

紬は泣きながら「ごめん私、わかんない。」と何か書いてもらうために、書くものを探しますが、それを遮る想。

「何言ってるのかわかんないんだろ。俺たちもう、話せないんだよ。」と言い、立ち去ります。

しかしそんな想を止める紬。

すると想は手話で「うるさい。お前、うるさいんだよ。」と泣きながら言い、何かを感じたのか固まる紬。

紬は手話を理解できません。そのことはわかっているけれども、自分の想いを手話で号泣しながらも伝える想。

目黒蓮さんの泣きながら手話をする演技が素晴らしかったのもあったのですが、その手話にも注目が集まりました。

手話のシーンは大きな反響を呼び、ツイッターでも絶賛の声が寄せられていました。

そんな目黒蓮さんの手話が絶賛されたドラマ「silent」の手話監修・手話指導を担当している方々をご紹介します。

ドラマのクレジットでは、2名のお名前が紹介されていました。

silent手話指導・監修:さとり

1人目の手話監修の方は「さとり」さんです。

ツイッターでもドラマの手話翻訳や手話指導を担当されたことを報告されていました。

さとりさんは、本名は「佐藤 涼太郎」さん。

本名を略して「さとり」と言う名義で活動されています。

ドラマの想は、高校生まで耳が聞こえていて、病気で聞こえなくなってしまったいわゆる、中途失調でしたが、さとりさんは、生まれつき聴力がなかったとのこと。

北海道ご出身で、ろう学校に通い、茨城にある筑波技術大学に進学。

現在は、東京在住で接客業を本業にされていて、その傍らyoutubeで手話動画を配信。そして、ツイッターでも発信されています。

引用元:https://tarl.jp/people/satoryotaro/

silent手話指導・監修:中嶋元美

もう一人の手話監修の方は、中嶋元美さん。

先ほどの「さとり」さんは、生まれつき聞こえないとのことでしたが、中嶋元美さんは、想と同じ中途失調です。

さとりさんとは以前から交流があるようです。

中嶋元美 mixchannel twitter

職業

バリスタ、動画クリエーター、手話アーティスト
生年月日

1994/08/18
趣味・特技

“裁縫、テーマパークに行くこと
ダンス、バレエ、カメラ、漫画、アニメ見ること、ハンバーガー屋巡り”
将来の夢

“ミュージカル女優。
海外ではろう者のミュージカル俳優さんが舞台で演技というのが広まってきていて、私も小さい時からずっと舞台が好きなので聞こえないけど手で歌って演技したい!”
現在住まれている地域

東京都

引用元:https://canaqole.jp/entrants-s-wedding/nakajimamotomi/

アイドル活動もされている中嶋元美さんは「silent」の他にも多くの作品の手話監修・指導を担当されています。

〇ボーイズ・オン・ザ・ラン
関ジャニ∞丸山隆平、平愛梨
〇若者たち2014
妻夫木聡、蒼井優、野村周平、
〇ホテルコンシェルジュ
西内まりや、浅利陽介
〇映画、帝一の國
菅田将暉、志尊淳、野村周平
〇福岡恋愛白書13
杉野遥亮、奈緒

引用元:https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=118171

指導だけでなく、多くのテレビなどに出演されています。

youtube動画では、人気アーティストの名曲を手話で表現するなど、様々な配信をされています。

silent手話指導・監修だけじゃない!手話コーディネーターの存在も

サイレント佐倉想の病気の病名は?なぜ話せないのか?ネタバレ

番組のクレジットには、手話監修だけでなく、手話コーディネート担当のお二人のお名前も

手話コーディネート:武井誠

武井誠さんはコーダー(聞こえない親を持つ聞こえる子ども)で、聴者混合の手話バンド「こころおと」の活動もされていて、手話通訳のお仕事をされています。

手話コーディネート:麻生かおり

麻生かおりさんも、武井誠さんと同様にコーダーであり「こころおと」手話通訳を担当されています。

今回のドラマ「silent」は目黒蓮さんだけでなく、相手役の川口春奈さん、そして、手話講師役の風間俊介さん。

そして目黒蓮さん演じる想の母親の篠原涼子さん、妹の桜田ひよりさんなど、多くのキャスト陣が手話を演技で使うので、多くの手話通訳、指導者が必要なのでは?と思われます。

以下のツイッターにもある通り「手話チーム」とあり、チームでドラマをバックアップされているのかな?と思います。

silent目黒蓮の手話に絶賛の声!

そんな目黒蓮さんの手話への絶賛の声です。

個人的にも、まさか1話から泣かされると思っていなかったので、不意を打たれたのもあったのですが、号泣でした(^^;

自宅で見ていて良かったです。電車などスマホで見ていたら危なかった。怪しい人になっていました。

ツイッターでも多くの泣いた!!報告が。

また今回の手話に影響を受けて、手話を始めたい!やります!宣言も。今回のSilentで聞こえない世界の人たちについてわからないことが知れたらと個人的に思いました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる