【ちむどんどん】良子がわがままでヒドい!自分勝手の声!

NHK朝ドラ・連続テレビ小説「ちむどんどん(チムドンドン)」もヒロインの暢子の恋の話がスタート!結婚相手は誰なのか?気になる展開です。

そんな中、川口春奈(かわぐちはるな)さんが演じる比嘉家の長女、暢子の姉の良子(りょうこ)に対し、SNSなどで批判の声が相次いでいますね(>_<)

良子は大恋愛の末結婚した、山田裕貴(やまだゆうき)さん演じる石川博夫(いしかわひろお)と、教師の仕事に復帰したことが原因で現在別居中。

良子は娘の晴海(三井絢月)を連れ、実家に戻って教師の仕事をしています。

そんな良子の言動にSNSなどでは「わがまま」「ヒドい」「自分勝手」との批判の声が集まり、嫌われてしまっています((+_+))

今回は朝ドラ「ちむどんどん」で良子の「わがまま」「嫌い」などの批判のみなさんのツイートなどをまとめました。

目次

【ちむどんどん】良子はわがまま?今までのネタバレ・言動とは?

ちむどんどん仲宗根誠【まこと】役の子役は潤浩!良子に怒られた生徒役

まずは、今までの良子の言動・ネタバレから、わがままなのか?振りかえって行きましょう。

ちむどんどんとは

「ちむどんどん」とは胸が高鳴る、ワクワクするという沖縄言葉です。ふるさと沖縄の料理に夢をかけた、ヒロインと支える兄妹たちを描いた、第106作目の朝ドラ。

本土復帰からの50年を綴った笑って泣ける朗らかなストーリーです。

ヒロインは沖縄やんばる地域で生まれ育った比嘉暢子(黒島結菜)。食べることと運動が大好きな少女で、料理人になるため高校卒業後に上京しています。

そんな暢子を中心に、お互い傷つきながら、励まし合い成長していく4兄妹の家族の物語です。

比嘉家

父親・賢三(大森南朋)元々料理人で暢子にその味を伝え、歌子には三線を教え、早くに病気で亡くなる。

母親・優子(仲間由紀恵)賢三亡き後女手一つで子どもたちを育て上げる。家族にも優しいが、他人にも優しい。

長男・賢秀(竜星涼)母親に大事に育てられすっかりダメニーニーに。詐欺まがいのことをしたりするが、家族のことは心から愛している。

長女・良子(川口春奈)ダメな兄をずっと見てきて、自分がしっかりしなきゃとがんばってきた。子供の頃から夢だった教師になる。

次女・暢子(黒島結菜)元気で素直な女の子。食べることが大好きで、料理人になるため上京。親戚筋の房子(原田美枝子)が経営するイタリアン・レストランで修行中。

三女・歌子(上白石萌歌)小さな時からよく熱を出し寝込んでいる。とても引っ込み思案で歌がうまいが、家族の前でしか歌えなかった。熱を出すのは原因不明で会社も辞めてしまう。

良子が結婚・出産を経てわがままになった?

良子は比嘉家の長女。ダメな兄の賢秀を見て育ったためか、金銭面など家族のためにと思う気持ちが強いです。

子供の頃からの夢だった小学校の先生になり、やがて同じく小学校の教師、石川博夫に惹かれていきます。

良子にずっと思いを寄せていたのは、沖縄で製糖工場を経営するボンボンの喜納金吾(渡辺大知)。ストーカーまがいの(;^^)アプローチをされ続けるも、ずっと断り続けてきた良子。

博夫は祖父も教師で代々厳しい家系に生まれた長男。そのため良子にプロポーズする勇気がありません。

家の借金のことや、煮え切らない博夫に踏ん切りをつけ、一度は金吾と結婚する決意をします。

ですが妹の歌子は良子に好きな人がいることを見抜いていて、博夫に直接会いに行き、「ネーネーが結婚しても幸せですか?」と聞き去っていきます。

ようやく博夫は良子にプロポーズ(≧∇≦)ふたりは結婚し、晴海という娘が生まれました。

出産のときは、歌子に歌を歌ってもらい勇気づけられた良子。出産後歌子に「抱いてあげて。歌子のおかげでがんばれた」とお礼を言いました。

予定より5日早く出産した良子。出張に行っていた博夫が戻ってきましたが、考えていた名前はすべて男の子の名前。

そこで博夫は「晴海(はるみ)」と提案し、良子も賛成します。

しばらくしたある日。優子に良子から電話が来ます。結婚前は「家事も育児も男女平等、任せっきりにしない」と言っていた博夫でしたが、実際には家事は女の仕事、という態度が見え見えとのこと。

それは石川家の風潮であり、親戚の集まりでは女性は台所に立ちっぱなし。博夫はしつけられた仔犬のようで、結婚したことを後悔しているようです(;^^)

ついに良子が家を出て実家に戻ってきました。離婚するという良子に優子は「落ち着くまでいるといいさ」と受け入れます。

そんなとき、賢秀から優子に15万円貸してほしいと電話が。電話を代わった良子が「いい加減にして!もう貸すお金はない」とピシャリ。優子にも「ニーニーをダメにするよ」と忠告しました。

結局優子はこっそり送ってしまったようですが・・・(;^^)

博夫が良子と晴海を迎えに来ます。「一番大事なのは良子と晴海だ」と言う博夫。帰ってきてくれと土下座をし、良子は戻ることにしました。

晴海も保育園に預けられる年齢になったので、教師に復職したいと博夫に相談する良子。ですが博夫は石川家の長男として、両親の意見を聞かないと。。。と口を濁します。

歌子が熱を出すたびに会社を休むため、会社から苦言を言われ居づらくなり退社を決意。そのため優子は歌子を東京の病院で診てもらうことにしました。

良子はふたりの旅費を優子に渡します。良子は暢子が東京に行くときも、こっそり旅費を用立てていました。妹思いのステキなネーネーです♪

復職を認めてもらえない良子はまた実家に戻ります。博夫は良子の復職を認めてもらいに実家に行きますが、長男の嫁が働くことを絶対に認めない祖父と叔父が立ちはだかります。

父親に助けを求めるも、父親も祖父や叔父には何も言えません(>_<)

博夫が良子を迎えに来ますが、良子は働くことを認めてもらうまで帰らないと離婚届を出します。

「そんなもの出さないでくれ」と博夫はまた祖父たちを説得することを約束し、帰っていきました。

良子が実家に戻っていることを知った叔父の賢吉が「結婚は家と家とのもの。お前のわがままで親戚中に迷惑がかかる」と良子を責めます。

ですが優子が「良子は悪くありません!」とかばいます。

そして良子はついに復職!また小学校の教師の職につきました。

正義感の強い良子は、同僚の教師に担任しているクラスの生徒が廊下を走っていたと叱責。良子は自分のクラスの児童、誠(潤浩)が登校したくないということで、親と面談しますが誠は良子には何も言いません。

誠は廊下で待ち伏せ?していた知念先生(木村文哉)に呼び止められ、あやとりをして笑顔になりました。

というのがこれまでの良子です。ちょっとイライラしているように見える良子(;^^)博夫とはこれからどうなるのでしょうね?

後半の教師に復帰するあたりからわがままでは??という声が多く見られるようになった気がします。

川口春奈のインタビュー

良子について川口春奈さんはこうコメントしています。

「良子の人生って本当に波乱万丈です(笑)」

良子については「誰よりも家族のことを考えている、まっすぐな長女」とコメント。博夫のどんなところが好きなのだと思うか?との質問に「山田裕貴さんからも同じことを聞かれました(笑)」と(笑)

根っから真面目で熱心な姿がかっこよかった、と川口春奈さん。ですが結婚してから不器用で優柔不断だとわかり「はっきりせい!」と思いますが、何だかんだで優しいところがすきなのでしょう、と回答されていました。

博夫のことは好きだし、晴海と3人で暮らしたい。でも自分の信念は曲げられない良子。暢子とはまた違う、かっこいい女性像を感じてもらえたら、とコメントされています。

引用元 NHK公式サイト

ヤフーテレビガイドのあらすじでは、7月6日放送の第63話で、教師の壁にぶつかった良子は、博夫に相談に行きます。

引用元 ヤフーテレビガイド

これが吉と出るのか凶となるのか・・・。

そんな良子に、ツイッターの反応はどうなのでしょうか?

ちむどんどん良子はわがままでヒドい?博夫がかわいそうの声!

ちむどんどん多田直美役は安野澄!ネタバレは詐欺師に可能性?

博夫とのことについては、多くの方が良子を批判していました。

子どもを歌子にまかせっきりなのを批判するツイートも多かったです。

歌子のキャラ設定にかわいそうという声が多いです。個人的には病名がはっきりしていて、家で静養しながら暮らしている、という設定の方が説得力あったかも?と思います。

また博夫に対して優柔不断!とのツイートも多くありました。

博夫については、心配するツイートも多かったです。

確かに今の良子は娘のことも、嫁ぎ先の実家のこともすべて誰かに丸投げしているように見えちゃいますよね(;^^)

さらに博夫と別居までして復職した教師の仕事も、なんだか周りが見えてなくて空回りしているように見えます。

ちむどんどん良子は教師としても自分勝手?

ちむどんどん歌子の病気の病名は?白血病でなく難病の可能性?

教師としての良子についても、自分勝手というツイートは多いです(;^^)

そんな良子に、エールを送るツイートもあります(^^)

確かに子どものころの良子は正義感が強く、正論を盾にみんなをねじ伏せるところがありましたが、責任感も強く家族のことを思っていました。みなさんそんな良子が好きでしたよね。

ですが今はちょっとその正義感が、ヒステリックにみえてしまいます(>_<)

相手を尊重する、思いやる、といった感情が欠如したかのようです。。。

良子をこういうキャラにしたのは、何かの伏線なのでしょうか?かなり好感度が下がってしまった良子。今後の起死回生はあるのでしょうか!?

ちむどんどん良子がわがままでヒドい!自分勝手の声のまとめ

ちむどんどん暢子がイライラするし嫌い?ムカつく言動まとめ

「ちむどんどん」良子の好感度がダダ下がりしています(>_<)

家族思いで正義感の強い良子でしたが、厳格な家系の博夫と結婚してから、働くことを認めてもらえず別居。 板挟みにあっている博夫に説得するように丸投げし、娘の晴海は歌子に世話を任せっぱなし。

さらに教師に復職しても、同僚を叱責したり生徒を頭ごなしに叱りつけたりと、視聴者から批判されるようなことばかりです(>_<)

そんな良子に「わがまま!」「ヒドい!」「自分勝手!」といった声があふれています。キツく言ってもちゃんと妹たちのことを考えていた、あの良子はどこに行ったの?と思えてしまいます。

今後のあらすじでは、良子は教師の壁にぶち当たり一度博夫に会いに行きます。これをきっかけに良子は変われるのでしょうか?晴海のためにも元のさやに納まってほしいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる