頼田朝日の方程式ネタバレ!1話~最終回まであらすじまとめ

2020年10月からスタートした異色の学園サスペンス・土曜ナイトドラマ「先生を消す方程式」。

人気俳優の田中圭さんが主演ということで注目を集め、副担任役の山田裕貴さん、生徒・刀矢役の高橋文哉さんの怪演で放送開始から話題が沸騰しています。

刀矢の駒的存在の生徒、力役の高橋侃さん、弓役の久保田紗友さん、薙役の森田想さんら若手俳優陣の体当たりの熱い演技も素晴らしく、毎回、息を呑む展開にネットもざわつきが収まりません。

そんな大注目の「先生を消す方程式」のフライングドラマ『頼田朝日の方程式。-最凶の授業-』が毎週土曜日の23:00~AMEBAプレミアムで独占配信中です。

最終回の後の物語をフライングして描く「頼田朝日の方程式」。

本編で次第に明らかになる朝日の狂気にをクローズアップして、10分を超える朝日の長台詞を中心に描かれる「狂育」が癖になってしまうストーリーなんです。

この記事では中毒性抜群のABEMAオリジナルドラマ「頼田朝日の方程式」の1話から最終回までのネタバレ感想をご紹介していきます。

頼田朝日の方程式ネタバレ!1話~最終回まであらすじまとめ

ABEMA https://abema.tv/

「先生を消す方程式。」の見逃し配信や「ABEMAプレミアム」にて独占配信されるスピンオフ「頼田朝日の方程式 「金銭力×行動力×知力=権力」」など全話が無料視聴可能です。

※ABEMAプレミアムでは、ドラマ「先生を消す方程式。」とリンクしながら、本編に隠された真実に繋がるヒントや答えを先に(=フライングして)解明していく“フライングドラマ”が「ABEMA」にて独占配信します。

目次

頼田朝日の方程式ネタバレあらすじは?最終回後の衝撃の授業内容

まずは「頼田朝日の方程式」についてご紹介です。

『頼田朝日の方程式。-最凶の授業-』はドラマ『先生を消す方程式。』の“フライングドラマで、ABEMA「ABEMAプレミアム」にて配信がスタートしました。

なんと本編のドラマ『先生を消す方程式。』の「最終回以降」が描かれているドラマなんです。

見ていると「最終回は〇〇になったのかな???」と予想できるようなセリフやシーンの数々。

田中圭さんが演じる義澤経男といつも一緒にいる山田裕貴さん演じる副担任の頼田朝日が主人公。

朝日先生こと頼田の狂気にはらんだ授業でほぼ構成されているストーリーで、毎回、山田裕貴さんの10分越えの超長セリフにて物語が展開されています。

朝日先生が生徒たちに向けて、あり得ない内容の授業を展開しているのですが・・・山田裕貴さんの演技が本当にすごいんです。

そのトリッキーな授業内容に最初は驚いたのですが(^^;見ていると、どんな授業なのか??気になる展開です。

以降でそんな「頼田朝日の方程式」のネタバレあらすじを1話~最終回までご紹介していきます。

 

 

頼田朝日の方程式1話ネタバレあらすじ!金髪の剣力への授業「金銭力×行動力×知力=権力」

先生を消す方程式で頼田朝日が黒幕のネタバレ!頼朝のスピンオフ方程式のあらすじも

最終回の後にタブレットで朝日先生の授業を見る4人

3年D組で、放課後、4人の問題児

藤原刀也(高橋文也)、長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、金髪生徒・剣力(高橋侃)の4人が深刻な顔で話しています。

長井弓が、頼朝(頼田朝日)のタブレットをだまって持ってきてしまいます。

長井弓が、タブレットで授業の練習をしていた頼朝の様子がおかしかったので、持ってきてしまったようでした。

そして・・・4人でタブレットの内容を見ることに。

タブレットのパスワードは、頼朝の鎌倉幕府で「1192」とすぐにあてる頭の良い4人。

タブレットを開けると・・・映像ファイルがたくさんありました。

そして・・・1話の剣力に「君美人生に傷をつける」と、義経が成敗した授業の日のファイルもありました。

そのファイルを開ける4人。

そして、そのファイル「頼田朝日」授業を見ることに。

「皆さ~ん」と明るい軽快な雰囲気でスタートした授業。

黒板には「剣力くんへ」

・復習

日本国憲法32条

・今日のテーマ

世の中で一番大切な力

金銭力・行動力・知力

と書いてありました。

頼田は経義が言った「日本国憲法32条、日本人は何人も・・・だから私はあなたたちを訴えることができるんです」を復唱。

そして・・・「何言ってるんだよーーー」と怒りながら叫び「私は嫌いです。」と言います。

いじめで自殺した生徒

「力くん、今日は君に特に教えたい授業だ。この世の中で何が大切かわかるか??」と話し始めます。

そして昔自分が受け持ったクラスの話を始めます。

昔、A君とB君という生徒が、1人の生徒、C君を毎日のように虐めていて・・・その生徒は遺書をのこして自殺してしまいました。

その遺書を、いじめられていた親は、いじめていた親たちに見せました。

いじめをしていたA君の親は権力者でした・・・そしてお金で解決しようとします。

すると・・・なんと自殺したC君の親はお金を受け取った・・・と言う結末でした。

朝日は「息子が死んだのに!カネの力に負けたんだから!!」と力強く熱弁。

しかしC君の親には、条件がありました。A君の名前を出さない代わりに、B君の名前は出したいと。

そしてA君の親はB君の親を説得しにいきます。もちろん納得しないB君の親。

しかし、大金を受け取ることで、その条件を受け入れたのでした。

B君の親はB君が1人で罪を背負うことを決め、B君は学校を辞め、家族で引っ越しました。

お金のせいで衝撃の結末

そして「トルストイは言ってるよ!!!お金、お金お金お金お金。お金のせいでどれだけの悲劇が起こらなければいけないのかなって!!!!!」と絶叫(^^;

怖いです。

「ちくしょーーーー、お金のバカヤローーー」と叫ぶ朝日。

「そうだよね。でもお金で買えないものなんてないんだよね」と一転、笑い出します。

そして笑いながら「ここ大事ーーーー!お金が大事だけどそれだけじゅダメなんだ。それをもとに動ける行動力と知力が必要になり、それが合わさって権力になる!!!」

「そうだよね、これだよね!一番大切なもの!!権力」

「努力は無力!!!」と発狂。

「でもさ、権力を持っている人が努力したら・・・それは最強なんです。力のない奴が努力したって無力なんだよ!!!権力は素晴らしい!!権力は真実を書き換える力があるんだよ。トウヤくん!!わかるよね?わかるよね???」

動画が終わると、刀也(高橋文也)が震えていました。

長井「あの日、こんなことを伝えようとしていたんだ・・・」とぼうぜんとして言います。

剣力(高橋侃)はこの話知ってる。俺の親父の知りあいなんだ。

B君家族はその後、お金を使い果たし・・・更にお金を取ろうと、A君を脅し始めた。

そして・・・ある日B君は姿を消した・・・。

4人は恐怖で固まります。

 

 

頼田朝日の方程式2話ネタバレあらすじ!大木薙への授業「友情=需要×供給」

先生を消す方程式の静【松本まりか】ネタバレ犯人は頼田朝日だった!

朝日の方程式:友情=需要×供給

朝日のタブレットの次の画像は「薙へ」。

「この朝日先生の映像ファイル、義澤先生が薙に向かって授業した日だ」と刀矢。

「あの後に撮影したものかも」と弓。

「一人で生きろって言った日・・・。あの後に?」と薙。

「あの授業を朝日先生がどんな気持ちで聞いてたか分かるってことだ」と力。

薙に優しく「観る?」と問い掛ける力矢と「無理しなくていいよ」と言う弓。

なんだか雰囲気が違う、優しい刀矢くん。

薙は少し考えて小さく頷き「観る。観なきゃいけないと思う」と答え、再生する刀矢。

効果音を使いながら陽気に「困った~」と話し始める朝日は、義澤を思い切り押さなかった薙、躊躇した薙を責めています。

再生を止め「薙、もう観なくても」と刀矢。

やっぱり思いやりに溢れている刀矢くん、何があったのでしょうか?

首を振り「観なきゃダメ。朝日先生が私にこの日、何を言おうとしていたのか知りたいの」と薙。

「じゃあ、続き、観よう」と弓。

薙がうなずき、刀矢は再生をスタートします。

だけど躊躇する気持ちは分かる、自分も同じだったと語る朝日。

ただ自分の場合は息の根を止めたも同じだが、薙のは弱すぎたから自分がその後、経男に「犯人はあなたですよね?」と怖い目で迫られて怖かったと。

そして薙に向かい黒板に経男の書いた方程式「人生-友達=幸せ」を書き「なんて方程式だ!なんて日だ!」と小バカにし、自分が薙の為だけに正しい方程式を与えると言います。

「人生に友達なんていなくなった方が幸せなんて嘘!!」

私もそれには賛成ですが・・・。

そして自分の知人の先生に聞いたある公立高校での話を3つのマネキンの頭を使いながら話し始めます。

家が貧しく、真面目だが寡黙で友人が少なかったA君。

ある日、クラスでスマホが5台、一気に行方不明になり、貧しいA君がクラスメイトに疑いの目を向けられます。

A君は泣きながら否定し、A君のロッカーからも持ち物からもスマホは出てきませんでしたが、誰かを犯人にして安心したいクラスメイトの疑いの目は晴れません。

ありますよね~、恐るべき集団心理!

その時、クラスで運動も勉強も出来て人望のあるB君が証拠も無いのに「貧しいから」とA君を疑うクラスメイトを非難し、皆がA君の心を傷つけていると熱弁し、A君を窮地から救いました。

しかし、実は犯人はA君でしかもB君はA君の犯行を目撃していたのです。

「分かるよね?」と朝日は言うのですが、全然分かりませんでした私(笑)。

B君は自分よりカリスマ性のあるC君からカリスマ性を奪う為にA君を利用したのでした。

と、朝日は常に効果音を使ったり、泣いたり、笑ったり、オーバーリアクションで話を進めます。

B君はA君は泥棒だけど自分をカリスマに仕立てるきっかけを与えてくれたから感謝した。

A君は自分が泥棒なのにその事実を消してくれたB君に感謝した。

二人は友達・・・と言う朝日。

そして朝日は黒板に「友情=需要×供給」と書きます。

需要と供給のバランスが良いほど、良い友達になれると。

「これが本当の友達だよ!!」と絶叫する朝日。

ものすっごく極論だけど、否定も出来ない自分が悲しいです・・・。

朝日の授業:人は変わらない!

卒業後、B君は大学に進学し良い企業に就職し、、A君は人生に挫折し、強盗を働き服役。

「人は変わらないんだよ!!」と再び絶叫する朝日。

これは違うと思います。時間はかかるけど人は変われますと私は信じています。

街で偶然すれ違ったB君にA君は「久しぶり!」と声を掛けますが、B君は振り返り冷めた目で「誰だっけ?」と・・・。

「最高じゃない!」と朝日はマネキンの頭を投げ捨て「友情は、友達は永遠じゃないんだよ!」

そして公式を「友情-(需要×供給)=0」と書き直し、「需要と供給が成立しなくなった場合、友情は成立しなくなるんだよ!」

そして薙に「友達なんて変わったっていいんだよ。これからの自分に必要な友達を探そう。僕が協力するよ」と言い、笑い出し「薙さ~ん!刀矢くんたちと友達でいられなくなりそうだね~!」「最高!!こっからだぞ~!」

「そして最後にこの言葉を送ろう」と友人の失敗と成功についての偉人の名言クリップを読んで直ぐに放り投げ、「友人の成功に共感できる人がいるとしたら、それは自分が成功している人だけだ」と「努力をすれば夢は叶うというのも成功している人間が言っているのだ」と。

朝日先生、それはどうでしょう?素直に喜べる人も少なくないのでは?

「需要と供給が成立すれば僕と義澤先生も友達だと思わない?」

この世から消されたがっている義澤を自分が消してあげるんだと、アップでピース敬礼し、満面の笑みで手を振る朝日。

出た~!!サイコ朝日!!怖いです~!

再生を止める刀矢。

泣いている薙に弓が「薙、私たちは友達だから」と言うと「うん、ありがとう」と薙。

刀矢が優しく「薙、大丈夫」と言い、力が「たまたまかな」刀矢が「なにが?」

「いや、前にニュースで見たんだけど、一人の男がさ、高校時代の友達の家に入って、そこで“ずっと友達だと思ってた”って叫んで、それで・・・」と力。

「この後のファイル、私に向けたやつだ」と弓。

タブレットには「弓へ」の文字。

「私が先生を、先生を・・・」と震える弓に「違う!」と刀矢。

「あの事がなければ先生は消えなかった」と弓が言い、うつろな瞳で教壇に立ち、教室を後にする朝日の姿が蘇ります。

刀矢くんや弓ちゃんが変わったのは何故でしょう?

消えた先生とは、経男のこと?それとも朝日?

謎は深まるばかりです!!

 

 

頼田朝日の方程式3話ネタバレあらすじ!長井弓への授業「10年(恋×不幸)=幸せ」

先生を消す方程式ネタバレ!原作あらすじ脚本家を1話~最終回まで

朝日の方程式:10年(恋×不幸)=幸せ

朝日が弓に向けて残した授業のファイル。

弓が、弓と薙と力が経男を殺そうとした次の日です。

「僕だ。僕のせいだ」と刀矢。

「朝日先生はあの日から決めていたのかな?自分で手を下さずに私たちを利用するって」と弓。

「義経先生を消すために・・・」と力。

決めてたのかも知れないねという刀矢と皆に「観よう!朝日先生の授業を」と弓が言い、ファイルを再生する刀矢。

いきなり始めから今日の授業は面白かったと爆笑する朝日。

一人で素面でこのテンションが最高に恐ろしいです~。

弓から刀矢までいきなり核心を突っ込んでいくかと思ったと。

そして刀矢が怯えた顔をしていたのが自分には分かったと。

再生を止める刀矢。

弓が声を掛けると「いいんだよ。気にしないで。それに朝日先生の言っていることは本当だ。僕はあの日、あの瞬間、教室で怯えた顔をしていたと思う。

力や薙や弓が義経先生にやられたみたいに自分のことも調べあげてて、あの場で言われたらどうしようって焦りで怯えてたと思う。

僕が妹を殺したことを言われたらどうしようって。」

やっぱりそうだったのね、刀矢くん・・・。

「そりゃ、なるよ。て、いうか安心するよ。刀矢のそういう発言」と力。

「どうする?」という薙の問い掛けに「観よう。いいよね?」と皆に確認する刀矢。

以前の刀矢くんなら皆の意見なんて聞かなかったのに・・・。

朝日の授業。

躊躇があったと弓を責めつつ、自分も経男が死んだと思ったと。

経男のことを「ゾンビかよ」と言いつつ、経男の授業が酷すぎたと言う朝日。

「生徒に無様とか言ってんじゃねぇよ!!」

ウソ泣き(?)で弓に同情し、「君は可愛い!」と。

「君なら僕は10万円払える」と言い自嘲し、「教師、失格だね」とおどけて見せます。

そして黒板の「10年(恋×不幸)=」の回答に「幸せ」と書き込み、「どんな恋でも、どんな不幸な恋をしても10年経てばそれが経験となり幸せの種となる」

耳障りの良い台詞ですが、果たしてそうでしょうか?

「分かるよね?まだガキだから分かんねぇか」と言って、手を叩き

「僕が知人の先生に聞いたとても素敵な恋の話をしよう」と話し始めます。

ある高校にA君と言うサッカー部のキャプテン、エースでクラス中の女子に好かれている男子A君。

でも彼は高校時代はサッカーに集中するために恋愛はしないと公言していました。

ある日、とても可愛いB子さんが断られてもめげずにアタックし続けた結果、A君と付き合うことになりますが、B子さんは「サッカーに集中するために恋愛はしない」と公言しているA君の為に隠れて交際を続けます。

デート場所は人目につかなく、働いている親のいない昼間のB子の家。

そして女性経験のないというA君に手ほどきも・・・。

サッカーの練習で月に一度しか会えないB子は耐え切れずにA君の誕生日にA君の家を調べてプレゼントを渡しに行きました。

するとそこにはプレゼントを持った10人以上のクラスメイトの女子の姿が!

A君はクラスの女子全員と秘密の関係を続けていたのです。

よくバレなかったと逆に感動ものです。

開いた窓から留守のA君の部屋に侵入した女子たちはA君の「童貞バージョン」と「経験者バージョン」の台本を見つけます。

この話を朝日は身振り手振り、サッカー用語、応援の小道具、著名人の格言を交えて時には絶叫し、面白可笑しく話します。

朝日の方程式:恋愛感情-愛情=憎悪

そして黒板の「恋愛感情-愛情=」の回答に「憎悪」と書き込みます。

裏切られた女子たちはA君を拉致してハンマーで足の骨を折りました。

そしてA君はサッカーを辞めたと言い、この女子たちが無様かと問い掛けます。

無様の前に犯罪者です!!

違う!A君の失敗があったから良い男と出会えるのだからA君に感謝だと。

皆、結局WINWINだと。

朝日が弓も今は残念だけといつか刀矢に感謝するようになると言い、刀矢が自分で義澤を殺すと言うと告げ、動画は終わります。

弓に「ごめんね、弓」と言う刀矢。

「謝る必要ない。刀矢、大丈夫だから」と弓。

「この時、朝日先生は刀矢が言い出すって分かってたんだ」という薙の言葉に

「こいつの手の平で転がされてたんだ」と刀矢、「それで俺たちはあいつを、義経先生を・・・」と力。

「あの日は思ってなかった。次の日、ほんとに義経先生が死ぬなんて」と刀矢。

え~~っ!!義経先生、死んじゃったの~?!?!

最後にアップで風船を割り、画面から消える朝日。

あまりの衝撃に言葉を失っています。

問題は何故、経男は死んだのか?ですよね・・・。

刀矢たちによる殺人でないことを祈ります。

 

 

頼田朝日の方程式4話ネタバレあらすじ!殺人を犯した生徒たちへの授業「死ぬ=人-命」

先生を消す方程式第二章のネタバレ考察!義経の死で生徒たちが朝日先生に復讐?

朝日の方程式:死ぬ=人-命

教室で朝日のパソコンを見ている刀矢(高橋文哉)、弓(久保田紗友)、薙(森田想)、力(高橋侃)。

「朝日先生は最初から自分の手を煩わせることなく、殺そうとしてたんだよな」と刀矢。

うなずく弓、薙、力。

弓は「だから私たちは義経先生の作戦にのった。絶対に止めるべきだって」

力が「朝日に罪を償わせるべきだって。刀矢のことも裏切って」

「折角、朝日先生の声を録音することが出来たのに・・・」と薙。

「でも、あの日、義経先生は死んだ」と刀矢。

弓がパソコンを覗き込み「このファイル、『殺人を犯した生徒たちへ』って」と。

「あの日、義経先生を殺した後に撮影したものだ」と刀矢。

「どうする?」と薙が言うと「観よう!」と力が言います。

「観なきゃダメだ」と力が言い、弓が「あの日、私たちに何を伝えようとしてたのか」と言い、動画を再生する刀矢。

なんだか男らしくなってます、力くん。

いきなりのハイテンションで「生徒のみなさん、お元気ですか~?!」と朝日(山田裕貴)。

義澤先生を消すことが出来たから、傷がうずかないと朝日ははしゃぎまくります。

水を飲み、軽くもう一騒ぎして「もういいかっ」と机に手をつく朝日。

息を切らしならも「ハッピー・デスデー」を熱唱します。

いい歌だよね・・の一呼吸の後、弓、薙、力にいきなり切れる朝日。

「君たちに裏切られるとはな。やってくれるよね。ドキドキさせるよね」

そして刀矢に「流石、ファインプレー!!」と。

刀矢が命に気付かなければ、今頃「お縄」だったと言い、「今日はいい日だ!!」

これを一人で、人を刺した後に撮影している朝日先生・・・怖すぎます~!

 義経先生を殺したのは・・・

その後、刀矢たちにとっておきのことを教えると朝日は言いました。

朝日は自分が義澤を刺した後に脈をとり、死んでいると言ったのは嘘だったと明かします。

だから、僕は刺しただけ、君たちが生き埋めにして義澤先生を殺したのだと!

最悪です!悪魔です!!

「みんな、知ったら驚くだろうなぁ、いつ言おうかなぁ」などど言いつつ、校長にも上手くいっておいたから義澤先生を探さない、大丈夫とも言う朝日。

そして「義澤先生を殺めた君たちに授業だよ」と言い黒板に向かいます。

「死ぬ=人-命」と書き、「死ぬとは人から命を抜くことだ」と。

病死、自殺、殺人について語り、殺人は「君たちがやったこと」と。

「そんなに重く受け止めないで。諦めないで。一緒に考えてみよう」と朝日は黒板に「なぜ人を殺してはいけないのか?」と書き、

「答えなんか出ない。永遠のテーマです」だけど、人を殺めたばかりの君たちと考えることが大事だと思うと語りだす朝日。

日本の殺人罪という法律には「なぜ人を殺してはいけないのか?」は明記されていないので、それは人それぞれ答えを持つということだと言い、「なぜ人を殺してはいけないと・・・」という朝日の言葉で動画を止める刀矢。

落ち着いている4人。脈があったことはもう知っているのですね。

 朝日の授業:なぜ人を殺してはいけないのか?

「なぜ人を殺してはいけないのか?前の僕だったら答えてた。人権侵害だから」と刀矢。

「相手の希望や未来を奪うことになるから」と弓。

「人を殺してはいけないという法律があるから」と薙。

「殺された人の家族や友人が悲しむから」と力。

「生産性が失われるから」と刀矢が言い「遺伝子の多様性が失われるから」と弓、「人のものを奪ってはいけないから」と薙、「取り返しがつかないから」と力。

「社会が殺してはいけないと要請するから」「社会から除外されるから」「人類が滅びるから」「人殺しは悪だから」

「多分、僕もみんなもそんな風に答えていたと思う。だけど、今は違う。義経先生が最後まで僕たちに生き様で教えてくれた。そんな義経先生だったら言う筈だ。『なぜ、人を殺しちゃいけないのか?』誰かが殺されたり、自ら命を絶って消えても、周りの人の心にはずっと悲しい記憶だけが残り続けてしまう。だから、殺しちゃだめなんだって」と刀矢。

経男の教えが伝わったから、雰囲気が変わったんですね、4人とも。

刀矢は再び、動画を再生します。

誰かが殺されて悲しみこともあるけど、殺されたことで喜ぶ人が多い時もあるという朝日。

喜ぶ人が多い時は殺人ではなく、神の代わりに寿命を終わらせただけだと・・・。

義澤を殺しても喜びの総量が勝つから罪悪感を感じることはないと・・・。

なにをもってそう考えるのか、全く意味不明です~!

自分のこれから伝える言葉を思い出すと泣けてきたと泣き、「死は人生で一度きり。いずれは神様にお返しする命だ」というシェイクスピアの言葉を伝えます。

人を殺めるということは第三者の手で神様に命を返すことだ、君たちは殺したんじゃないという自論を語る朝日。

動画を止めた刀矢は「なにが、なにが命を返すだよ」「ふざけんなよ」と力。

「自分の命は人が返すものじゃない」と弓が言い「命を返していいのは自分だけ!」と薙。

「俺たちは義経先生に教わった」と刀矢。

「誰かが返していいとしたら、その人を本当に愛する人だけ」と弓。

力が次の動画のタイトルに気付き「この後の映像」と、画面には「刀矢へ」。

「あの日に撮影してる。この時の朝日先生はまだ気付いてないんだよな。何が起こったのかを」と刀矢。

「君たちは殺したんじゃない。命を返しただけ。ただそれだけ。ない殺したんじゃない」と異様な笑顔を見せる朝日。

本当に最凶の授業です・・・。

 

 

頼田朝日の方程式5話ネタバレあらすじ!刀矢への授業「正義=信念+不正」

先生を消す方程式の最終回はいつ?か判明!全8話で打ち切り?

朝日の方程式:正義=信念+不正

教室で朝日のパソコンを見ている刀矢(高橋文哉)、弓(久保田紗友)、薙(森田想)、力(高橋侃)。

「これ、いつ撮影した動画なんだろう?」と薙。

「あの日の放課後だ」と刀矢が言うと弓が「私が夜、刀矢に呼び出された放課後」。

「僕が・・・僕が弓を・・・ごめん」と弓の目を見て詫びる刀矢。

弓は「大丈夫だから」と言い、刀矢はパソコンの画面を見ながら「僕に向けた動画だ」。

(パソコンの画面には「刀矢へ」の文字)

「何を言ってるんだろう?」と力が言い、「観なきゃいけない」と刀矢は動画を再生します。

気だるそうに首を回し「疼くなぁ」と朝日。

黒板には刀矢に向けたメッセージが書かれています。

「とても疼くなぁ。だって、刀矢くん、今夜君がさぁ、友達を消すんだから」と朝日は大笑い。

どんどん変わっていく刀矢を見ていると疼きまくると絶叫する朝日。

壊れ切ってます、朝日先生。

 恐ろしい話!でも、もっと恐ろしい出来事が・・・

昨日、面白い話をネットで見つけたと話し始めます。

とある国である女性が息子を亡くした悲しみで病になり、昏睡状態になったと。

一向に目を覚まさない彼女を諦めた家族が死亡宣告の出ていない彼女を埋葬し、彼女の埋葬から数日後に彼女と同じ様な昏睡状態から目覚めた人の話を聞いた夫が掘り起こすと、彼女は棺桶の蓋にもがき苦しんだ跡を残し、血だらけの両手で絶命していたと。

この話をきいてどう思う?僕が人生を変えちゃった静先生もある日突然、目を覚ますんじゃないか?って思うけど、「ないよ~!現実は違うから!」

そしてもう一つ、刀矢たちが生き埋めにした義澤先生、苦しかったと思うよ~と。

でも、義澤先生が悪いんだから気にすることないと言うながらも、「でもどうする、もがいてもがいて出てきちゃったりして~」と大笑いする朝日。

「そんなわけないだろ~っ!!」と突然絶叫します。

情緒不安定極まりありません!

動画を止め、刀矢は「朝日先生はこの時点ではまだ知らないんだね。この後すぐに義経先生が出てきたことを」。

「出てくるなんで思ってもない」と弓が言い「この後どうなるかも・・・」と薙。

「俺たちと朝日先生がどうなっちゃうのか」と力が言い「朝日先生は知らないんだ」と言い、再び動画を再生させる刀矢。

授業の本題に入る朝日、刀矢が弓を呼び出したことを楽しみだね~と。

弓は刀矢に恋してるから必ず来る、そして君は絶対にやるんだ、それが君の人生だからと。

刀矢が弓を消しているところを思うと、疼きMAXだと叫ぶ朝日。

刀矢がこれを観ている時は弓を消した後かも知れないと言い、罪悪感を抱いているかもしれない君の為に授業を開こうと偉人のフリップを取り出します。

男にとって女性は初めは親友、次に恋人、最後に友となるのだと偉人の言葉を伝え、恋が出来てしまう可能性があるうちは友達にはなれないから弓は友達ではないと言う朝日。

朝日の方程式:正義+力=武力

そして朝日は友達について聞いた話を話し始めました。

ある少女が親友の後頭部を銃で撃ち抜いて殺害し、逮捕されてしまったと。

なぜなのか?その少女にはネットで知り合った大富豪の男性がいた、少女と親しくなった大富豪の男性は少女に「友達を殺害したら900万ドルやる」と言う、「殺害した動画と写真を送れ」と言われた少女は親友を殺してしまったと。

しかし、その後、少女がネットで知り合ったその男性は大富豪などではなく、ただ人殺しの映像を観たい凶悪な奴だったことが判ったと・・・。

「泣けるよね」と大袈裟に泣いて見せる朝日。

ところが突然満面の笑みになり「この話、感動するよね~!」と言い出します。

金を払えば親友は殺せるんだよ、友情なんてそんなものなんだよ、と刀矢に呼びかけ、再び「友人はあなたのためでなく、自分の利益のために忠告する」というフリップを出し、

結局自分の為なんだと、それを認めて欲しいと言い、正義について考えようと言う朝日。

どこまでも悲しい人です、朝日先生・・・。

偉人のフリップを出し、力なき正義は無能、正義なき力は暴政、力なき正義は反抗を受ける、「力なき正義は無力なんだよ」「正義は力と手を組まなきゃ無意味だ」と朝日は力説します。

そして朝日は「正義+力=武力」と黒板に書き、また偉人のフリップを出し、「正義」と「不正義」について「正義するためには不正をしなきゃならない」と。

「正義=信念+不正」と黒板に書く朝日。

そこに信念があれば不正していても正義だと、だから刀矢の行った友達殺しは正義だと。

正義と正義がぶつかり合うことを戦争っていうんだよ、と大笑いする朝日を観ながら刀矢が

「朝日先生がさ、これを撮影してる時には僕だって思ってなかった。あの日の夜、あんなことになるなんて」と言うと、薙も力も口々に私だって、俺だってと。

「人生にはまさかのことが起こるっていう言葉の意味に気付けてなかった」と弓。

「まさか、この学校で死んだ筈の義経先生に追い掛けられるなんて・・・」と刀矢。

大笑いしていた朝日の目が見開かれました。

もしかして・・・経男が・・・?!

 次回の朝日先生の授業は観れるのでしょうか?

 とっても気になります!

 

 

頼田朝日の方程式6話ネタバレあらすじ!「命=」

先生を消す方程式は生き返った?意味不明の展開は本当か考察

「あいつを捕まえる」と朝日。その背後に・・・。

生徒用の机2つの上に仁王立ちになり、攻撃を加えるジェスチャーを繰り広げる朝日(山田裕貴)。

「さあ、本日も授業を始めますよ~!残念ながら、刀矢くんは弓さんの殺害に失敗してしまいました!」と生徒用の机の上を歩き渡ってきます。

「それどころかですよ~!義澤先生が生きてると言い出しました!生きた屍だって。ゾンビだって」とゾンビの真似をして机の上で大爆笑する朝日。

その朝日の後ろ、入り口の扉側の廊下を通り過ぎる経男の影が映ります。

朝日は机を降りて、カメラに近づき「アメリカのゾンビドラマじゃねぇんだぞ。馬鹿野郎が、クズども。おめぇら、東大行ける頭脳持ってて、馬鹿か?馬鹿なんですか?!馬の鹿なんですかっ?!」と言い、カメラを離れ

「さあ、君たち。安心してください。捕まえますよ。とにかく、あいつをさ。学校に潜んでるあいつをさ」と再びカメラに歩み寄り、ドアップで「捕まえる時間です」と。

動画の再生を止める刀矢(高橋文哉)。

「これ、警察と機動隊が来る前に撮影したやつだ」と刀矢。

弓(久保田紗友)が「私たちが言ったこと信じなくて」と言うと力(高橋侃)が「まあ、そう思い込みたくなるのも、わからないでもないけど」と言います。

薙(森田想)が「信じたくなかったんだよ、そんなわけないって」と。

刀矢が「ねえ、さっきさ、ちょっと後ろの方に影が見えなかった?」と聞き、弓が「影って、なんの影?」と聞き返しました。

パソコンの画像を見つめながら「わかんないけど」と言う刀矢、遠くを見ながら「もしかして」と言う弓を見る3人。

刀矢は再び画面に視線を戻し「観よう」と動画を再生させます。

朝日は「警察と機動隊が来たらさ、あいつもびびっちゃうと思うわけよ。もう隠れて焦ってるあいつの気持ちを考えてるとさ、堪んないよね~!」と堪んないをお道化ながら繰り返し、

「僕は警察と一緒にさぁ、動いてさぁ、あいつを誘き出してやるんだよ。そして、あいつは僕を見かけたらさ、襲ってくるだろ?そうしたらさ、警察も機動隊も堂々とさ、あいつに発砲出来るんだよ。」と玩具の銃でカメラを撃つ朝日。

どこまでも他力本願な男です、朝日先生。

「そしたら、今度こそあいつは」と自分のこめかみに玩具の銃を当て、「死にま~す!!」と「ドン」と言い、朝日は死ぬ真似をして、直ぐにカメラに寄り

「あいつとは(玩具の銃で頭を指し)ここが違うのよ。ね」と。

「それにしてもさぁ、なんであいつがさぁ、あそこから出てきたのかってことなんだよ。だってさ、深く埋めたでしょ?そうでしょ?」と玩具の銃を投げ捨てます。

「多分、命だと思うんだよ!なんだかんだで、あいつが掘り出した!まぁ、それは良しとしてもだよ。なんでナイフで刺してさ、土ん中埋めてさ、どうやって生きて帰ってこれんだよって話なんだよ!ふざけんなよっ!」と朝日。

朝日は一瞬、気味悪そうに廊下へと視線を向けました。

ですが、朝日は続けて昆虫の仮死状態を思い出したと昆虫や爬虫類の擬死について説明します。

その説明の最中にも教室の入り口の扉に廊下を横切る経男の影が・・・。

昆虫に出来ることは人間にも出来ると、身の危険を感じた経男が本能的に仮死状態になったのだと朝日は言うのでした。

仮死状態だった経男を命が掘り出して復讐に来たのだと言い、「しつけぇ~!!」と一騒ぎする朝日。

朝日の方程式:「命=」

一息ついた朝日は「ここで方程式いきます。あのね、今回はね。本当に俺にとっての最高の方程式です。俺の人生の中で一番最高の方程式」とどんどん盛り上がります。

そして黒板に「命イコール」と言いながら書き、入り口の扉を見て、動きを止める朝日。

「今、なんか影見えた?・・・ふふっ、そんな訳ないよ。まあさ、あいつはさ、仮死状態を保ってさぁ、生き延びたわけなんだけどもさぁ、なんだよ、あいつは。そんな事いいんだよ」

「方程式!君たちに伝えたい事だから!あのね、行くよ」と朝日が黒板に向かい「命イコール」と言った処で廊下で激しい物音がします。

動きが止まり、「今、音したよね?」と朝日。

めちゃめちゃ怯えてます、朝日先生(笑)。

「そんな訳ない、そんな勇気があるわけない。あいつはどっかで怯えて隠れてんだよ」と言いながらも、「一応・・・」と朝日は大声で「誰かいるのか?」「などど声を掛け、最後は「いるのか~っ?!」と入り口の扉に向かって絶叫しました。

何も反応がないので「いるわけないもんね」と言い、自分はビビッてないと言い張る朝日。

「気を取り直して方程式行くよ」と黒板に戻り、「今、影見えたよ」と入り口の扉を朝日は見つめ、「誰もいるわけないんだけどね」と言いつつ、扉を開けると廊下には血の跡が・・・。

「なんだよ、この血」と怯え、経男に呼びかける朝日。

扉を閉め「いるわけないか」と黒板に朝日が戻ると再び激しい物音が響きます。

「もういい加減にしてよ!」と朝日は言い、「いるの?」と半べそをかきながら扉を開け、絶叫する朝日。

そこには校長に言われて朝日を探して来て、釣られて絶叫する養護教諭・安田(奥山かずさ)の姿が。

「あんたかよっ?!」と朝日に言われ、校長に言われて探していたことを告げ、泣き出す安田。

一番驚いたのは、安田先生ですよね~。

朝日は安田を慰めながら、必要以上に抱き着き「セクハラですよ!」と怒られます。

「もう警察来てますよ!」と先に去る安田を見送った朝日はカメラに向かい

「町子先生だったのかよ?!・・・ってね、実はワザと驚いてました~!町子先生だって解ってました~!」と必死に胡麻化しました。

そして「待ってろよ、義澤!おめぇ、ぜってぇ捕まえてやるからな!」と言う朝日の背後に経男の影が・・・。

経男の影に気付かず朝日は「今度こそお前を消してやるよ!」と言い、経男の影は消えます。

「おい、生徒たち、ゾンビなんていねぇんだよ。あいつを捕まえてさ、証明してやるよ」

そして大声で「気合いだ!」と繰り返し、「気合いとか嫌いだ!」と言い、叫びながらカメラを持って教室を走り回る朝日の映像が突然切れました。

 なに?電池切れ?怖いです!

もし・・・

暗くなったパソコンの画面を見ながら薙が「結局、最後まで方程式言わなかったね」と言い力が「なんだったんだろうな・・・命って」と言うのと同時に黒板に「命=」の文字が描かれます。

弓がパソコンを取り「ね、今さ、最後の方、後ろに影が」と言うと刀矢が「あった。影が見えた」と言い、「だよね!義経先生だよ!あの近くにいたんだ・・・」と弓。

「もしかして、朝日先生を襲おうとしてたのかな?」と刀矢。

「そうかもしれない」と薙。

「もし、あそこで襲ってたらどうなったんだろう?」と力。

「あのさ、私、思ったんだけど」という弓に「どうしたの、弓?」と薙が聞き、弓は「私たちが義経先生を殺そうと思わなかったら、どうなったのかなって。私たちが殺そうとしなければ義経先生はああならなかっただろうし・・・」と言うのでした。

刀矢が「もし、仮にそうだったとしても、静さんが目覚めることはなかった」と言うと弓は「そうなのかな?!」と。

刀矢は強くうなずき「そうだ!」

弓は「静さんも・・・静さんも・・・」と言う弓に刀矢は「弓!もう起こったことは変えられない。僕たちは全てを受け止めて生きるしかない。・・・あの日、起こったこと、全てを」と言います。

みんな、後悔してもし切れないという感じです。

教室の扉を過る経男の影。

朝日の方程式「命=」の答えは何だったのでしょうか?

 答えが明かされる日は来るのでしょうか?

 気になります!

 

 

頼田朝日の方程式7話ネタバレあらすじ!終わりに向けて「復讐×成功=虚無」

終わりに向けて

パソコンの画面には「終わりに向けて」の文字。

刀矢(高橋文哉)が「朝日先生がのこした映像ファイル、これで最後だ」と言うと薙(森田想)が「これ、いつ撮影したやつだろう?」と言い、弓(久保田紗友)が「夜、義経先生に会う前だ」と。

力(高橋侃)は「最後の夜になった日の直前」と言い、弓が「全てが終わって、始まった夜だ」と言います。

全てが終わって、始まった夜?

「この時の朝日先生はまだ知らないんだね」と刀矢が言うと、弓が「義経先生も」と言い、薙が「静さんも」と言い、力が「朝日先生自身も」と言い、刀矢が

「どんな終わりを遂げるのか」と言い、動画を再生しました。

傷が疼くとはしゃぎまくる朝日(山田裕貴)。

「刀矢くん、弓さん、薙さん、力くん。君たちはこれを観てるかなぁ?観てると信じて授業を始めようじゃないか」と黒板に向かって歩き出す朝日。

「きっと義澤先生は姿を現すだろう。まっ、なんてしぶとい奴だ。殺されたはずなのに、死んでないなんて。君たちはさ、義澤先生が死んで、生き返った、つまりゾンビだと思っているようだが(と、大笑いし)、うける~。まっ、君たちの目を覚まさしてあげるのもさ、教師としての役目だから、あいつがゾンビなんかじゃなく、ただのしぶとい、ダイハードな男だっていうことを証明してあげよう。

て、いうか、これ観てるころは判ってるか。『朝日先生、ごめんなさ~い!』って言ってるか。まぁ、君たちがこの映像を観ていればの話だけど。

もしかしたらさぁ」と様子が可笑しくなる朝日。

動きがカクカクして、片言になって、本当に気持ち悪い朝日先生!

「ほら、君たちだけ警察に逮捕されていたりするかも知れない。教師殺しの罪で。もしくは、殺されてしまったり」と朝日は怪しくカメラに掴みかかり、「してるかもね」と。

耐えきれない様に動画を止める弓。

「朝日はやっぱり、どうなってもいいって思ってたんだ、私たちのことなんて。自分が助かるためには何でもする」と弓。

力は「俺たちが捕まろうが、殺されようが」と言い、刀矢が「その結果、朝日は、朝日先生はああなったんだ」と言い、動画を再生します。

朝日先生、どうなったの、薙ちゃん?!

「まっ、今夜は何が起きるかわからないよ」と朝日。

まんまと経男が出て、完全に息の根を止めても、しぶとい経男はその通りにいかないかもしれないと朝日は言い、そして、その時の為に作戦を考えたと。

「それが」と静のパネルを取り出し、「静先生で~す!!」と言いながら黒板に貼り付けました。

経男の大事な静先生をその場に連れて行こうと考えていると、完全に自分を信頼している静の母親に「静に会いたがっている静の教え子たちで会を開きたい」と頼んで静が外出できるように手配して貰ったと言う朝日。

まずは学校に行く前に静を迎えに行き、学校の見つからない部屋に静を隠した後、刀矢たちと合流して経男を誘き出すと朝日は言いました。

静を人質にされて抵抗できない経男の前で静の頭をなでちゃおっかなぁと飛び回り、多分、経男は「触るな~っ!!」とか言うだろうと、静は経男の大切な人だから・・・。

と泣き真似をしながら、静の写真に何度もキスをして、自分にも静は大切な人だったんだよ!!と叫ぶ朝日。

経男から見れば自分は悪者かもしれないけれど、自分も静のことが好きだったのだと、初恋だったんだと言いながら静の写真に朝日はキスを繰り返します。

そして偉人の名言を引き、初恋が男性に与える影響の大きさを力説し、初恋ではない経男よりも、静が初恋の自分の方に静が大きな影響を与えていると力説する朝日。

本当に恐ろしい朝日先生の思考回路!

静を突き落とした日

「ここでさ、大切な話をするよ。静先生をさ、階段から落とした日の話だ」と朝日は眼鏡を掛け、ランドセルを背負いました。

殺そうと思って静を尾行していたと、だけど好きだからダメだと思ったと、学校で虐められない人生より静への恋が勝ったと言う朝日。

なのに、静がいきなり振り向くから・・・と、あそこで静が振り向かなければ自分は静と結婚していたかも知れないと、いきなり振り向から押してしまったと叫ぶように朝日は訴え続けます。

そして、落ちる前に朝日の顔を見て「朝日くん」と言ったこと、階段を転げ落ちた静が痙攣していた様子まで鮮明に話す朝日。

自分の大切な人に大変なことをしてこんな風に話せるなんて、やっぱり人とて終わってます、朝日先生。

「目が自分を見ているようで怖かった」と・・・。

静に謝ったけれど、痙攣しながら自分を見ている様で・・・周りを見たら目撃者がいなかったから自分のしたことを消すしかないと思ったと朝日は泣きながらランドセルを床に投げつけました。

そして大声で「静先生!ありがとう!ありがとう!」と叫び、「静先生のお陰で僕は変われた。覚醒出来た。静先生の言う通りだった。変わろうとしなきゃ変われない。あの日から僕はずっと怯えてた。いつかあの事実を突き止める人が出てきたらどうしようって。罪悪感の十字架をずっと背負って生きてきた」と朝日は言います。

だけど、静は経男と結婚して本当に幸せだったのかと朝日は言い出しました。

日本で全体の3分の1になる離婚率を示し、経男がDVだったかもしれないし、辛い日々を生きる確率の方が高いという朝日。

「生きるってさ、我慢の連続なんだよ!」と用意した音声で少しふざけます。

朝日の方程式:「復讐×成功=虚無」

結婚もまさにそれだと黒板に「結婚=人生-自我」と書きます。

人生から自分を抜いて生きていく意味があるのかと、ナッシングだと、だからこうなって我慢しなくていい静は幸せだと朝日は言うのです。

なのに、経男は自分に復讐しようと思っていると、経男は間違っていると、黒板に「復讐×成功=虚無」と書く朝日。

そして偉人の言葉を引き、「復讐なんて何も生まないよ」と復讐が成功した時に残るのは虚無だと、復讐は最高の自己満足だと朝日は語りました。

今日、経男を完全に消したら自分は静と結婚すると自分が記入した婚姻届け、「おめでとう!」と大騒ぎする朝日。

「結婚式には君たちも出るんだよ。生きてたらね。さぁ、パーティに出発だ。迎えに行くよ~、静先生。いや・・・」と朝日がカメラに顔を近づけたところで映像が切れます。

「静さんと結婚するつもりだったなんて・・・有り得ない」と弓。

私も同感です、弓ちゃん!

「朝日先生は想像もついてない。上手くいくと思ってたんだ」と刀矢。

「自分がどうなったか、何が起こったか、神様のジャッジがどうだったのか」と薙。

「義経先生がどうなったのかも知らないし」と力。

「静さんが、静さんがあの時死んだことも」と刀矢。

ドアップの朝日が一言「静」。

神様のジャッジはどうなったのでしょうか?

静はどの時、亡くなったのでしょうか?

もろもろ気になること山積みですね~。

 来週は本編共ども最終回です。

 経男には生きて欲しいと無理な願いを抱きながら、最終回を待ちたいと思います。

 

 

頼田朝日の方程式最終回ネタバレあらすじ!最後に「死=希望」

先生を消す方程式最終回の意味不明なゾンビの終わり方に困惑?

それぞれの未来

教室。教壇の前に立つ刀矢(高橋文哉)。

教室の後ろ側に弓(久保田紗友)、薙(森田想)、力(高橋侃)。

刀矢は「義経先生はあの時、僕たちを守るために静さんの命を止めた」と言います。

弓が「そして神様は朝日先生に罰を与えた」と言い、力が「朝日先生も死んで」と言い、薙が「義経先生は静さんと一緒に・・・消えていった」と。

「でもさ、あの後にもう一度、雷が落ちたよね?」と弓。

弓は続けて「私、思うんだ。もしかしたら、静さんと義経先生は二人だって」と言い、刀矢も「僕もそうなったって信じてる」と言いました。

薙は「義経先生が来てからの毎日が本当に起こってたのか信じられない日があるんだ」と。

弓も「分かる。私もそうだよ」、力は「俺だって。でも俺はいいのかなって思ってる。前向いて暮らしてて」と言い、刀矢は

「義経先生はそれを望んでる。だから、僕たちも前に進もう」と言います。

力は頷き、弓は「私ね、決めたんだ。東大行って、絶対、医者になる」と言い、「そうなの?」と聞く力に「一時期はお母さんのこと嫌いで、医者になりたいって思ってなかったけど・・・なるんだ。たくさんの人に希望を与えたい、」と。

薙は弓に歩み寄りながら「素敵だね、弓」と。

弓は続けて「だからさ、将来みんなが病気になっても、安心してよね」と言い、最高の笑顔を見せます。

弓ちゃん、素敵です!

刀矢も弓に歩み寄りながら、「心強いな~」と最高の笑顔を見せました。

「俺はさ、今日、兄貴の家に行こうと思ってる」と力。

「え?お兄さん、ずっと会ってないんでしょう?」と弓。

「うん。親にも、会ってくれない。メールしても返ってこないし。だけど、このままじゃダメだから。兄貴は失敗作なんかじゃない。今、たまたま寄り道してるだけだからさ。一人で会いに行こうと思ってる。今日会ってくれなくても、毎日行く」と力。

「その扉を開けるのは、時間がかかるかもしれないけど、いつか絶対分かってくれるよ」と刀矢は言い、「うん、ありがとう」と力は微笑みます。

力くんも立派になったね~。

「私は・・・来年、大学行くのはやめて、就職しようと思ってる」と言う薙に「え?どうして?」と弓。

「お父さんは大丈夫だって言ってくれてるけど、絶対お金しんどい筈だから」という薙に弓は「奨学金もあるし、諦めないほうが良いと思う」と言いますが、薙は

「この学校で大学行かずに就職するの私くらいだろうな。・・・大学行けるのが当たり前だと思ってた。だけど、進学するのに大変な人だって世の中にはいっぱいいる。

そんな事に今、気付けたの。だからね、来年から働いて、自分でお金貯めて、大学行こうと思う。その方が勉強できるってことに喜びを感じられると思うから。親にももっと感謝出来る」と素敵な笑顔で言うのでした。

「そっか。すごいなぁ、薙は」と弓。

本当にスゴイよ、薙ちゃん!

「大学に行くことが全てじゃないし、そこでまた自分が大切にしたいって思えることが見つかるかも知れないしね」と言う刀矢に「うん」と薙。

「僕からも皆に報告がある」と刀矢が言い、「どうした?」と力が聞きます。

「義経先生に言われた通り、親父と向き合って、とことん話した。それでね。来週、親父が、検事辞任する」と刀矢。

「え?」と弓、「でも、それをするってことは・・・」と力。

「僕の事も全部言うことになる」と言う刀矢に「でも、そうなったら・・・」と弓が言い、「うん。もうこの学校にはいられないかも知れないなぁ」と刀矢が言い「そんなの嫌だよ!」「ここまで一緒に来たのに」「刀矢!辞めるなよ!」と3人。

刀矢は「ありがとう。でも、親父が人生を賭けて決めてくれたんだ。僕のために。だから僕もそこで失うものがあっても仕方ないって思ってる。失っても、そこからがまたスタートだし」と笑顔で告げるのでした。

「刀矢、刀矢に何があっても、私たちはずっと近くにいるから」と弓は言い、刀矢は涙ぐみながら「ありがとう。楽しいことも悲しいことも、しんどいことも全部経験してやろうって思ってさ。人生で色んな方程式学んでやる。笑顔でいれば、なんでも乗り越えられる」と刀矢は皆に笑顔で語りかけます。

「私たちはそんな刀矢が」と弓が言いかけると刀矢が「嫌いじゃない・・・だろ?」と。

義澤先生の教えはしっかり4人に根付いたようですね。

朝日のファイル:最後に

刀矢は笑って「このタブレット、どうするかね?」と朝日のパソコンを示しました。

弓が取り上げ「処分する?」と言い、薙が「どうやって?」と言い、力が「埋めるとか」と言います。

「埋めるのはもうやだよ~」と刀矢。

弓がパソコンの画面をスクロールすると下に一つファイルがありました。

「朝日のファイル、もう一個だけあった」と弓。

全員で画面を覗き込み「ほんとだ。もう一個あるよ。最後にって書いてある」と薙。

「いつ撮影したものだろう?」と弓。

「わかんない。観てみよう」と刀矢が言い、弓は動画を再生させます。

仮面をつけた朝日が教壇に現れます。

低い声で「う~ん、今日はとても気持ちの良い日だ。刀矢くん、弓さん、薙さん、力くん。こうやって君たちの前で授業が出来ることをとても嬉しく思うよ。宜しくね。

改めて自己紹介しよう」と黒板に向かい「頼田 朝日」と左右に離して書く朝日。

「頼田・・・・・・朝日だ!朝日だ・・・朝日だ・・・朝日だ」と自分でエコーをかけます。

そして朝日は「本来なら授業は目の前でやるものだが、まず君たちにこのメッセージで授業を届けたい」と言う朝日。

弓が動画を止め、「これはいつ撮影したものなんだろう?」と薙。

「山で義経先生を殺した日の後とか」と言う弓に薙は「でも、なんか雰囲気違う」と言い、力は「もしかして、ずっと前とか」と。

「え?ずっと前って?」と力に聞く弓に力は「いや、義経先生が来る前とか」と答え、「そうかもしれない」と刀矢。

「でも、その時になんでこんな映像撮影してるの?」と薙。

「え?もしかして・・・」と言う弓に「どうした?」と刀矢が声を掛け、「そんな訳ないか」と弓は笑顔を見せ、再び動画を再生します。

「今日、君たちにおし・・・教えて・・・(と笑い出し)ちょっともうダメだわ、このキャラ」

と、いつもの朝日に戻り、「気を取り直して方程式行くよ」と黒板に向かい、

「生きる=希望」と書き「はい!生きることは希望に溢れているよね!そうだよね!」といつもの朝日の調子で騒ぎます。

そして突然「そんな訳ねぇだろう!!」と絶叫する朝日。

「そうだよね!!みんなもそう思うよね!!生きることがさ!!希望だなんて思わないよね!!」と叫びすぎて朝日は喉を詰まらせ、生きるの文字をめちゃくちゃにチョークで消しながら、「生きるなんて希望じゃない」と繰り返しました。

「生きてる間はさぁ、しんどいよね。なんでしんどいか分かる?それはさぁ、人間て図々しいからだよ!!Youも!Youも!Youも!Youも!欲しいものがさ、手に入ってさ、幸せだなんて人はいない!欲しいものが手に入るとまた次のものが手に入る、今の幸せに満足する人はいない!そうなると、またその欲望の為にもがく。

なんで手に入らないんだと苦しむ。結局さぁ、生きてるってことはさぁ、欲にまみれて苦しむことなんだ。じゃあさ」と黒板に向き直り、生きるの文字を手で消す朝日。

朝日の方程式:死=希望

カメラに向き直り「生きることが希望じゃないなら、何が希望か分かるよね?もう分かるよね?!希望ってのはさ」と黒板に大きく「死」と書きます。

「デス!デス!デス!」と死の文字を見ながら叫び、カメラを向き「デス!そうです。死=希望!!本当の希望は死にあるのです~!!くそぉっ!!地獄に堕ちろ!

世の中の全てのいじめっ子ども!地獄に堕ちろ!権力者ども!!まず聞くよ。人は何のために生きる?分かるかな?稼ぐため?愛する人と結婚する為?ノーノーノーノーノーノー!!人は皆、死ぬ為に生きてるんだ。誰だって死ぬんだよ!

て、ことはさ、死ぬために生きてるんだ。生きている時のしんどさ、悲しみ、怒り、みんなが死ぬまでの通過点、そう思うとさ、楽じゃない?何がおこってもさ、単なる通過点なんだよ。

みんな人間は死ぬことを恐れるよね。だからさ、逆に言えばさ、死ぬという絶対的なゴール!!があるんです。これに気付いた奴。男がいるだよ、これに気付いた男がよぉ、誰でしょう?信長?家康?秀吉?光秀?違いま~す!頼朝だろ?!違うよ!義経だよ~!!

義澤先生はさぁ、分かってたんだよ!死ぬことに希望を感じてたんだよ!Why?何故だか分かる?あの人はさ、僕のお陰でさ、静先生がああなっただろう?だから、色んなことを諦められたんだ。愛する人がああなって幸せを諦めた!諦めるってことはさ、死ぬことを待つことなんだよ!

本当はさ、ずっと前から、自分の愛する人と一緒に人生を終わらせたかったんだ!死ぬことに希望を感じていたんだよ。だから、あいつは自分の手で愛する静先生の命を止めたんだよ!愛だよね。愛だよね。愛なんだよ!世界の中心で愛を叫びます!教室の教卓で愛を叫びます!!」

と言い、「愛がなんだよ~!!」と叫びながら、朝日は教卓を投げました。

相変わらず、激しい朝日先生!

息を切らし「あいつの本当の望みはさぁ、いやぁ、あいつの本当の望みに気付けばさぁ、俺が気付けばさぁ、あの時、逆転あったでしょ?ちっくしょ~!!」と黒板を叩き、

「なのにさ、なのにさ、俺が雷って・・・」と大笑いする朝日。

「3年!D組!落雷先生~!!」と叫び「なんで俺が死ぬんだよ」と笑い、「でも分かるよ。分かるよ。死んだから分かる。死ぬことには希望が溢れてる。死んでから、希望に満ち溢れてる!どんな希望かって?」とカメラを指さしながら朝日は近寄って来て

「お前たちが死ぬことだよ!!」と言い、カメラから離れ「良かったね!君たちの寿命は近いうちに終わります!はい!嬉しいね!死ぬことを知れて、良かったね!」

とカメラに顔をつけた朝日は「生きてことにさぁ、感謝するよぉ」そして「疼く」と暴れ回る朝日。

そして、再びカメラに近付きながら「この授業の続きは、また今度」と仮面に手を掛ける朝日。

本当にあの時、朝日先生も生き返った?

息を呑んで画面を見つめていた弓が映像を止め、「この映像を撮影したのは朝日が死んだ後?」と言うと、刀矢は「そんな訳ない!」と言いますが、薙が「でも、何があったか全部分かってる」と言い、力も「自分が雷に打たれて死んだことも」と言います。

「て、いうか、死んだって」と弓が言い、「そんな訳ない」と刀矢は教壇の方へふらふらと歩き出しました。

「朝日先生の死体、なんで屋上からなくなったのかな?」と聞く弓。

「それは・・・義経先生があの後、持って行ってくれたんだって話をしただろ?!」と刀矢。

「でも、それは誰も確認してないよね?!」と迫る弓に「弓!」と刀矢は言い、薙も「私も義経先生が持って行ったって思い込んでたけど、今の映像観たら・・・」と薙。

「もしかしたら、あいつも・・・。朝日も死んだ後に・・・」と力が言い、「死んだ後、あの場で立ち上がって消えたって言いたいの?」と刀矢。

小さく頷く弓に「そんな訳ない!」と項垂れる刀矢に「でも、人生にはまさかのことが起こるって・・・」と言う弓の言葉を「そんな事ないって!!」と刀矢は遮ります。

私も信じたくないよ~、刀矢くん。

「もし・・・もし・・・朝日先生が死んだまま、屍のまま生きてるとしたら」と弓。

「あの人の目的は・・・」と薙が言い、「俺たち」と力。

刀矢は首を横に振り「そんな訳ない!」と言った時、教室の入り口の扉が開き、皆は一斉にそちらを見ます。

凍り付く4人、えいぞうの弓の手から朝日のパソコンが落ちました。

映像の続きが再生されます。

朝日は笑いながら、仮面とかつらを取り、眼鏡を掛けて「これが本当の頼田朝日だ」と言い、♪キーンコーンカーンコーン♪と言いながら教室を出て行ったのでした。

まさか朝日が4人を?!

 義澤先生!来て~!!と叫びたくなったのは私だけではない筈です!

折角、自分の道を見つけて歩き出した4人の未来が奪われない様に祈るばかりです・・・。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる