ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 朝ドラまんぷく

ダネイホンとは実在でモデルはビセイクル!まんぷくで安藤百福の実話

NHK朝ドラ「まんぷく」。萬平(長谷川博己)たちが試行錯誤の上ようやく完成した栄養食品「ダネイホン」。

まったく美味しそうには見えませんでしたが、いざ試食をしてみると・・・・・「まずい!!」笑

NHK連続テレビ小説「まんぷく」は日清食品創業者である安藤百福さんと奥様の仁子さんをモデルにしていますが、実際に安藤百福さんは栄養食品「ビセイクル」というものを開発しています。

そう、ダネイホンには元ネタがあったんです!実話だったんですね~。

そこで朝ドラ「まんぷく」のダネイホンのモデルとなったビセイクルの、史実についてまとめてみました(^ ^)

果たしてそのビセイクルとはどのようなものだったのでしょうか???

 

スポンサーリンク

 

まんぷくで萬平が作っているダネイホンとは?

東太一のモデルやネタバレは?まんぷく弁護士の元ネタは?

まずは萬平(長谷川博己)たちが作っているダネイホンについてです。

萬平は大阪の町でみた多くの栄養失調になった人々を見て衝撃を受けます。

さらに妻の福子(安藤サクラ)も産後の肥立ちが悪く、しばらく起き上がるのもやっとの状態で、栄養と摂らせることが大切だと痛感します。

そこに三田村会長(橋爪功)から資金としていただいた、3万円という大金があったことから(プラス1500円の世良の投資?)栄養食品の開発をすることを思いつきます。

神部(瀬戸康史)に紹介してもらった大阪帝大医学部で、栄養学を研究していた近江谷先生とともに研究をスタート、最初はカエルから作ろうとしますが、なんと圧力釜が爆発してしまいます(T . T)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

まんぷく谷村美代子ネタバレは神部の浮気相手?食堂定員の正体は?

部屋中に飛び散ったあんなものやこんなもの。。。掃除をしなければならない鈴(松坂慶子)を怒らせてしまいます。

しかもかなり臭かったみたいですよね(笑)と笑ってる場合ではありませんが・・・。

そんなことにはめげない萬平、次に牛の骨髄から栄養を抽出し、それに他の栄養素を加えてベース途上にすることに成功します。

今ドラマはここまでですが、試食してみると。。。

まずい!!

しかも見た目てきにも口にするのはちょっと・・・といった代物。

ということで製品化にはまだちょっと修正が必要のようですが、仕事に夢中になりすぎて息子の源が熱を出しても無関心な夫に福子はとうとうキレます!

女性目線から見ると「よくぞキレてくれた!」と思ってしまいますよね。

しかもキレたのは福子だけではなく、塩軍団の栄養食品作りに入れなかったチーム。

みなさんイライラが募っているようですが、大丈夫なんでしょうか?

そんな心配事がたくさんできてしまった萬平のダネイホン作り、完成までもう一歩というところみたいですね。

 

まんぷくのダネイホンまずそう!とツイッターで反響?

 

スポンサーリンク

 

誰がみても美味しそうには見えないダネイホンでしたが、案の定ツイッターでも話題になっていました(笑)

まんぷく菅田将暉のモデルは実在?弁護士東太一は実話?

そして失敗作???という不安の声も・・・。

まんぷく息子源のモデルは安藤宏基で日清食品の社長に就任?

ん〜〜〜みなさんの失敗の予感は当たってしまうのでしょうか???

でも確かにあのままだとパンにも塗りたくないですし、口に入れるのも躊躇してしまいますよね(^_^;)

家庭のことにも無関心、取り残された塩作りチームにも無関心で、今視聴者から冷たい目で見られている萬平。

問題山積みですが、どうやって解決していくのでしょうか。

さて、それでは次に安藤百福さんの作ったビセイクルについてご紹介します(^ ^)

 

なぜ安藤百福は栄養食品ビセイクルを作ったのか?元ネタ実話は?

 

スポンサーリンク

 

百福さんが最初に設立した会社は「中交総社」といい、1948年泉大津に作られました。

現在ドラマで舞台となっている場所と同じところです。

会社設立前はドラマと同じように、仕事がなかった青年たちを集めて塩業と漁業をしていましたが、実際には塩は販売しておらず、作った塩はご近所に無料で配っていたそうです。

会社ができてからは魚介類の加工と販売をしていました。

ちょうどその年に水産庁が設立され、水産業の発展と改善、水産資源の保護などを目的とされ、百福さんも当時の波に乗った形となったようです。

1949年に「サンシー殖産」に商号を変更、大阪市北区に移転し事業を拡大します。

加工食品の輸出入や卸、問屋などと手を広げ、「中交総社」で撒かれた日清食品の種が「サンシー殖産」で姿を見せはじめました。

百福さんが栄養食品を作るきっかけになったのは、ドラマととても似ています。

戦後の物もなく食べるものもない日本、百福さんはこう思ったそうです。

日本の復興は食から

まんぷく逮捕されすぎ?3回も無実で萬平が悲惨すぎ?

さらにある出来事が百福さんの決心を固めることになりました。

それはある裁判官が、闇市の利用を拒んだ末、栄養失調で亡くなるという出来事。

当時一般庶民は配給制で食料品などを受け取っていましたが、やはり量が足りなかったのでしょう。

萬平のように、多くに栄養失調の人々を目にして心を痛めていたといいます。

百福さんは塩田の敷地内に研究所を作り、大阪市立衛生研究所、大阪大学の専門家、さらには農林大臣の食品局長にも賛同してもらい、研究をスタートさせました。

研究所を作ってスタート、とサラッといいますが、戦後まもない当時は商品開発のために、研究所を立ち上げるような余裕のある会社はほとんどなかったといいます。

百福さんは「職の仕事が聖職」という考えを持っていて、この研究所は奉仕の気持ちから作られたそうです。

そんな百福さんの度量の大きさがあったからこそ作られたのでしょうね。

さて、百福さんはどのようにしてビセイクルを作ったのでしょうか?

 

安藤百福が作ったダネイホンのモデルで元ネタ「ビセイクル」とは?

まんぷく菅田将暉のモデルは実在?弁護士東太一は実話?

では安藤百福さんはどのように栄養食品「ビセイクル」を作ったのでしょうか?

実はドラマと同じで、百福さんも圧力釜でカエルを爆発させています(笑)

内臓を取り綺麗に洗ったカエルを圧力釜に入れますが爆発。

ドラマでは鈴に叱られていましたが、実際には奥様の仁子さんにさんざん絞られたそうです。

そりゃあ当然ですよね!

しかも実験していた部屋は、そのとき一番綺麗だった日本間で、壁から天井襖からとあっちこっちにべったりとしたモノがこびりついたそうです。

内臓ではないとわかっていても、やっぱり嫌ですよね〜。

みなさん、掃除できますか?わたしならムリです!笑

でもどうしてカエルだったのかというと、たまたま百福さんが食用カエルの鳴き声を聞いて、栄養食品にすることを思いついたんだそうです。

当時食用ガエルは高タンパクとして知られ、闇市などでは高く売られていたといいます。

しかも体長20センチというのでかなり大きなカエル・・・というよりもう小動物ですよね。

でも実際にカエルは鶏肉に味が似ていて美味しいんだとか(^_^;)

産後で体が弱っていた仁子さんも調理法を変えて美味しくいただいたそうです♪

結局カエルは失敗しましたが、研究所では牛や豚の骨からエキスを抽出することに。

百福さんも萬平のように試行錯誤をしながら、ペースト状の栄養食品を作ることに成功しました。

気になるのは売れ行きですよね!さて、爆発的ヒットになったのでしょうか?

 

ダネイホンのモデル「ビセイクル」はヒットしたの?

 

スポンサーリンク

 

栄養食品「ビセイクル」はカップラーメンに並ぶくらいの大ヒット商品に!

にはなりませんでした(笑)

ビセイクルがダネイホン元ネタで売れた?味や安藤百福の実話

萬平が作ったダネイホンと同じようなペースト状のもので、病人のためにと百福さんは開発。

その品質は厚生省にも評価され、病院にも提供されていたそうです。

ですが、結局パンが普及しなかったことと、やっぱり味に難があり(^_^;)ということで商品としては今ひとつの売れゆきでした。

ですがこのビセイクルこそがチキンラーメン発明のカギとなったのではないでしょうか。

そういえば青汁なんかも今でこそ美味しい青汁が多くなりましたが、昔は「マズイ!」のが当たり前の商品でした。

体にいいものを美味しく作るって大変なことだったんでしょうね。

さて、萬平はこのダネイホンを美味しくすることができるのでしょうか?

ダネイホンの今後に注目です♪

まとめ

まんぷく谷村美代子ネタバレは神部の浮気相手?食堂店員の正体は?

萬平たちが作っている栄養食品ダネイホンのモデルは、安藤百福さんが作ったビセイクルでした。

萬平と同じようにカエルで失敗し、その後牛や豚からエキスを抽出することで完成したビセイクル。

品質としては認められ一部の病院で取り入れられましたが、味が今ひとつだったことと、パンが普及しなかったことから、あまり売りゆきは良くなかったようです。

ツイッターでも「不味そう!」が並んでいるダネイホン ですが、ビセイクルってどんな味だったんでしょうね?笑

朝ドラまんぷくの最近記事

  1. まんぷく尾崎多江役は渡辺真起子!弁護士の秘書役キャスト

  2. まんぷく萬平さんがかわいそう!無実で3回の逮捕と実刑が不幸すぎ

  3. 東太一のモデルやネタバレは?まんぷく弁護士の元ネタは?

  4. まんぷく逮捕されすぎ?3回も無実で萬平が悲惨すぎ?

  5. 谷村美代子ネタバレは神戸の浮気相手?原作と違う?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

手紙【東野圭吾 】スペシャルドラマ

朝ドラまんぷくおすすめ記事

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP