ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. まんぷくネタバレ

まんぷく今後の展開ネタバレは?インスタントラーメンは?【朝ドラ】

NHK連続テレビ小説「まんぷく」もいよいよ12週目が終わりました。

26週目が最終の予定なので、もうすぐ折り返し地点といったところでしょうか。

この「まんぷく」は日清創業者の安藤百福さんと仁子さんご夫婦をモデルにしていますが、肝心のラーメンは食べるシーンはあれど開発する気配も見られません(T . T)

インスタントラーメン開発の話はないの?と不安に思っている視聴者の方も多いようですね。

そこで今回は今後の展開について、原作の公開されているところまであらすじをご紹介させていただきます!

萬平はいつ釈放される?そしてインスタントラーメン開発は描かれるのでしょうか?

完全ネタバレです!

 

スポンサーリンク

 

まんぷく12週:脱税有罪で会社解散

まんぷく尾崎多江役は渡辺真起子!弁護士の秘書役キャスト

萬平(長谷川博己)は脱税容疑でGHQに逮捕されましたが、脱税といっても従業員に払っていた奨学金のことです。みなさんも憤慨しましたよね?良いことしてるのに逮捕なんて・・・。

判決は重労働4年と罰金7万円という重いもの。

でもこれは引き受けてくれた若き弁護士東太一(菅田将暉)によると、当時脱税が横行していたため有名人となった萬平を見せしめに逮捕したと考えていました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

東の尽力により、東京の会社とダネイホンの販売権を売ることで罰金の7万円を作ることができ、大阪の本社で製造を続けられることになりました。

ホッとしたのもつかの間、今度は福子(安藤サクラ)のところに東京財務局から追徴課税として、10万円払うように言ってきたのです!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

困った福子はまた東弁護士に相談。東弁護士は萬平に面会に行きます。

この追徴金を払わないと、10日後には大阪の工場も家も全て差し押さえられてしまうと東弁護士は言い、それを避けるためにはたちばな栄養食品を解散してはどうかと提案。

当然かんたんに受け入れられない萬平は、東弁護士に「先生にしてみれば、しょせん他人事だから・・・」と言いますが、東弁護士には強い思いがあったのです。

東弁護士の妹は妊娠中に栄養不足で母子ともに危険な状態でしたが、ダネイホンのおかげで無事子供を出産できたので、何としてもダネイホンを守りたいという強い思いでした。

この訴えに萬平は覚悟を決め、たちばな栄養食品は解散することになりました。

とはいっても大阪の企業でできるだけ高く買ってくれる企業を探すのは大変です。

そこで頼みの綱である三田村会長(橋爪功)にお願いすることにしました。

三田村会長は入院中で、東弁護士にどうやって萬平を説得したのかを聞き、納得した上で良さそうな会社を紹介してくれました。

東弁護士の「国とけんかをするからには、思い切ったことをしなければ」という度胸と、強い意志も買われたようですね。

また萬平に新しい何かをやってもらいたい、という考えも一致したのだと思います。

この病室のシーン、見ているこっちが緊張するくらいとてもいいシーンでした。

ですが「これが最後の仕事」という三田村会長・・・実は末期の胃癌で余命3ヶ月の診断が出ていたのです(T . T)

ダネイホンの商標と製造方法が「北浜食品」に12万円で売却されました。

神部ら9人はその北浜食品に行き、ダネイホンづくりを協力、残る従業員も三田村会長と世良(桐谷健太)の紹介で再就職が決まります。

そして福子は涙をこらえながら宣言しました。

今日をもって、たちばな栄養食品は解散します

その2日後に財務局がやってきますが、そこにいたのは東弁護士ひとり。当然差し押さえするものは何もありません。

家を失った福子と鈴(松坂慶子)は福子の姉の克子(松下奈緒)の家にお世話になることにしました。

ここまでが12週のストーリーです(^ ^)
さて、次はどんな展開になるのでしょうか?

まんぷく13週:別れと誕生、そして萬平の逆襲

まんぷく萬平さんがかわいそう!無実で3回の逮捕と実刑が不幸すぎ

ここからはネタバレです!!

姉の克子の家に居候しながら、福子は度々萬平に面会に東京まで足を運び、近況を報告していました。
その帰りに三田村会長の入院する病院へ行くと、こう言われます。

負けるなよ、最後まで立花くんを支えていけるのは福ちゃんだけ、どんなことがあっても笑っていなさい

その3日後三田村会長は天国へと旅立っていきました(T . T)

そして福子は予定日より少し早く女の子を出産、萬平がかねてより決めていた「幸(さち)」という名前がつけられました。

今回は鈴と喧嘩にならなくてよかったです(笑)

幸とした理由は福子の「福」と合わせると「幸福」になるから、というもの。とってもステキな名前ですよね(^ ^)

そんな幸せも束の間、大阪財務局が香田家にやってきて、なんと今度は追徴金の10万円を立花家の個人資産から没収するというのです!

なんてしつこい財務局!

そして勝手に家に上がり込み、会社を売却した12万円が入った通帳と印鑑を没収して行ってしまいます。

これを聞いた東弁護士は萬平のところに行きました。

東弁護士は財務局が進駐軍に圧力をかけられてやったのだろうと考えていました。

そしてまたこんな提案をします。

国を訴えましょう!源泉所得税徴収決定処分の取り消しを裁判所に請求するんです!

萬平もこれに賛成し、東弁護士は東京地裁に訴状を提出しました。

ですがそんな東弁護士に事務員の尾崎が苦言を呈します。

立花さんに入れ込みすぎじゃないですか?

でも熱い男、東弁護士は「絶対に助けなきゃいけない人なんです」と聞く耳を持ちません。

事務員の忠告を証明するように、東弁護士事務所に強制調査と称して財務局が嫌がらせにやってきます。

帳簿を持ち帰りますが、東弁護士はやましいところが何もないので平然としていました。

そんなことがあったある日、東弁護士はある重大なことを突き止めました。

萬平が逮捕された理由は、従業員を夜間学校に通わせるために払っていた奨学金に対し、所得とみなされてその分の税金を払ってなかったというもの。

ですが大蔵省から「奨学金は非課税」との通達が出ていたのです!

これって明らかに不当逮捕!!

すぐさま東弁護士は東京の新聞社に、世良は大阪の新聞社に記事にしてもらいました。

塩の売上金をごまかしたり、骨折したと嘘を言って帰ってしまったりと(笑)いろいろ信用のおけない世良ですが、まるで心を入れ替えたかのようにすばらしい働きをしてくれていますね♪。

これが記事になると当然世論は萬平に味方し、財務局に対し反税デモが行われるようにも。

見せしめで逮捕した萬平だったのに、それが不当逮捕だったなんて、むしろ脱税を挑発するようなものです。

進駐軍は東に取引を持ちかけてきます。

訴えを取り下げれば即釈放しよう。

でも追徴金は返さない!

んん???だって不当逮捕でしょ!不当逮捕!
どうしてお金返さないの?

当然東弁護士もせめて減額だけでも、と頑張ろうとしますが、福子はお金よりも萬平に帰ってきてほしかった・・・。

だって、まだ生まれた娘を抱いてえいないのですから。

それを了承した東弁護士は萬平に訴えを取り下げるように言いますが・・・。

今度は萬平が首を縦に振りません。

どうした?帰りたくないの???

萬平がOKしない理由はこうです。

あのお金はみんなと一緒にダネイホンを作った汗の結晶!罪を認めたら申し訳ない

そう言われると東弁護士もなすすべがなく、こうなったら福子が説得にいくしかありません。

源と生後2ヶ月の幸を連れて萬平に面会に行きます。

萬平さんが本当にやりたいことはなんですか?

みんなを幸せにする何かを作り出すことじゃないんですか?

終わったことは忘れましょう。

これから成長していく源や幸のことを考えてください。

こう説得され萬平も訴えを取り下げる決心をし、ようやく萬平は釈放。

逮捕されてからほぼ2年・・・ようやく萬平は家族との暮らしを取り戻しました。

まんぷく14週:時の人となった萬平が信用組合の理事長に!?

東太一のモデルやネタバレは?まんぷく弁護士の元ネタは?

萬平が釈放され、福子たちが住んでいた香田家に萬平も住んでいましたが、萬平は英雄としてあがめられ、すっかり時の人となっていました。

新聞や雑誌の記者が来たり、たくさんの取材依頼も香田家にくるようになりました。

萬平が居留守を使うため(笑)福子が「応援していただけるのは有り難いのですが、もうそっとしておいてください」と対応。

そういえば萬平、看板になるのも全力でイヤがっていましたよね(笑)どうも人前が苦手なようです(笑)

そんなある日鈴に今後どうするのか聞かれますが、まだ手元に残った2万円をどうするか決めかねていました。

ここでちょっと嬉しい情報が♪

そんな会話をしていると神部(瀬戸康史)がやってくるんです。

神部ということは・・・タカ(岸井ゆきの)ちゃん???

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

スポンサーリンク

そう!でも結婚ではなくて、タカちゃんが大阪大学に合格したことを伝えに来たのです。

そんな知らせに香田家は幸せに包まれました。

そして次の日、大阪の池田で繊維業を営んでいるという、大鳥勘一という人物が萬平を訪ねて来て、こんな話をもちかけます。

池田の経済発展のため大阪の大手梅田銀行の資金援助のもと、中小企業に融資をするための信用組合をつくることになったので、そこの理事長になってほしいというものです。

栄養失調から多くの人を救ったダネイホンを作り、進駐軍相手に戦って来た萬平は今や英雄。

突拍子も無い誘いに、萬平も福子も戸惑うばかり、萬平は真一に相談することにしました。

萬平は自分が人寄せパンダになるのでは?と不安視していたのですが、真一はこう助言します。

お飾りになるかどうかは君しだい。でも信用組合の理事長なんて、やりたくてもできるものじゃない。

その気になれば世の中の役に立つかもしれない。

そう言われ萬平も納得、真一と一緒なら、という条件で引き受けると報告しに行きました。

真一といえば証券会社で働いていた優秀な人物、大鳥は喜んでこの条件をのみました。

でも、たちばな塩業のときも真一は入社したばかりで逮捕されましたよね・・・。

そしてたちばな栄養食品も真一が東京の営業所長になって立ち上げて間もなく会社は解散・・・。

悪い予感しかしませんが(^_^;) さて、この信用組合はどうなるんでしょうか???

まんぷく15週:萬平の理事長就任と万能調理器との出会い

まんぷく菅田将暉のモデルは実在?弁護士東太一は実話?

第15週目はいきなり年代が飛びます。

萬平が池田信用組合の理事長になって8年が過ぎた1957年になりました。

前年の1956年に打ち出された「もはや戦後ではない」が流行語となり、日本は生まれ変わろうとしていました。

この「もはや戦後ではない」とは実際に1956年に出された経済白書の結びの一文で、前年の1955年にGNPが戦前の水準を超えたことから出たもので、家電が一般家庭に普及し始めたのもこの頃からです。

立花家は池田に住居を移し、福子は近所の喫茶店「パーラー白薔薇」でウェイトレスのバイトを始めることにしました。

お金に困っていたわけではありませんが、子供たちが学校に行ったあとの時間帯が、喫茶店の混む時間と重なることからお手伝いをするようになります。

理事長夫人が喫茶店でアルバイトなんて。。。と相変わらず鈴に小言を言われますが・・・笑

この喫茶店のマスター、川上アキラには加藤雅也さんが!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

そしてアキラの妻で一緒に喫茶店を営むしのぶ役は、牧瀬里穂さんが演じます♪

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

萬平は信用組合の理事として、組合員の企業を支援しながら新規の融資先も探す毎日、右腕となってくれてる真一のおかげもあり、信用組合は順調に経済発展に貢献していました。

そしてタカは大阪大学を卒業、神部と無事にゴールイン♪

香田家は弟二人が大学に行ったため、ふたりは香田家に住むことになります。

ということは萬平・福子夫婦と神部は親戚になったわけですね(^ ^)

そんなある日福子は親友の敏子(松井玲奈)から、知り合いの町工場を助けて欲しいと頼まれます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

さっそく福子はそのことを萬平に告げます。

小さい会社だけど、今までにない道具を作ろうとしているんですって

元来発明家である萬平、もう興味津々!

真一とともにすぐにその会社に向かいます。

その会社は「小田島製作所」といい、刃物の製作をしていた父と、家電会社に勤めていた息子の親子で新商品の開発に勤しんでいました。

ちょっと想像してみてください!

刃物と家電・・・刃物が電気で動く・・・さて、何を作っているんだと思います?

答えは万能調理器!

萬平も昔作ってましたよね〜根菜切断機。

萬平が作ったのは根菜を切断するためのものでしたが、この親子が作っているのはジューサーにもなり、ミキサーにもなり、さらには野菜のみじん切りもできるという万能調理器!

売れると確信した萬平はすぐに融資決定を決断しました。

そんなころ世良が立花家を訪ねて来ます。

世良は会社を大きくしアメリカと行き来をしているとか。

お土産にとビスケットやコンビーフなどを持って来てくれました。

世良は家に来る前に信用組合に連絡をいれましたが、すでに閉店していたとのことで、家に直接やってきたようですが、まだ萬平は戻っていません。???

毎日残業が続いていると聞かされていた福子はびっくり!

世良さん、ちょっと余計なことを言ってしまったようですね(笑)

それに怒ったのはやっぱり鈴。遅くに帰って来た萬平を問い詰めます。

世良から話を聞いたという鈴に萬平は観念し、本当のことを打ち明けました。

実は毎日小田島製作所で万能調理器作りを手伝っているというのです。

翌日福子はこっそり小田島製作所へ様子を見に行くと・・・そこで見てはいけないものを見てしまいました! というのは嘘です笑

そこでは生き生きと万能調理器作りをしている萬平が・・・そんな萬平を見て福子は罪悪感を感じてしまいます。

今まで萬平は家族のために大好きなモノづくりを諦めて、理事長として働いていたのでは?

多くの奥様であれば、家族を養うためなら当然、くらいに思いますよね。趣味はあくまで趣味でやってください、と。

でもそこで心を痛めてしまうのが福子なんです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿

その後も萬平は小田島製作所へ通い突けますが、その話をタカから聞いた神部までもがやって来て、手伝い始めるようになります。

ここでまた神部の登場となるんですね。優秀な神部なので、何かと役に立つのでしょう。

ところが、信用組合に出資をしていた梅田銀行から新規の融資を断られてしまい、小田島製作所への融資ができなくなってしまいました。

その頃「なべ底不況」と言われたくらい急速に景気が悪化したためで、萬平が融資を続けるように頼みましたが聞く耳をもってはもらえません。

この「なべ底不況」も実際の出来事で、1957年から1958年にかけて日本で起こったデフレ現象です。

銀行から小田島製作所への融資を断られてしまった萬平は、あろうことか信用組合に残っていたお金を小田島製作所に融資してしまいます。

当然真一は危険だと忠告しますが、萬平は追加融資を止めるどころか、今度は梅田銀行の代わりに融資をしてくれる銀行を探し始める始末・・・。

猪突猛進とはこのことで、萬平は前に進むことしか考えていません。

ですがどこの銀行も融資はしてくれず、それでも諦めない萬平に真一が告げます。

融資をしてもらうなら担保が必要になる

そんなとき、ようやく万能調理器が完成! 萬平は家に持ち帰り家族にりんごジュースを作ってみせます。

そして福子と鈴に頼み事をします。

みなさんおわかりですよね。お金の相談です。

万能調理器はできたが、商品化するには資金が必要になる。

そのためには担保がいるので、今住んでいる家と土地を担保にしたい。

理事長としてではなく、僕個人の強い思いなので信用組合には迷惑はかけられない。

小田島製作所を手伝ってみて、自分がやりたかったことはこういうことだと気づいた。

万能調理器は必ず売れます! 世の中の人を笑顔にする、幸せにする商品なんだ!

当然鈴は止めますが、福子は受け入れる覚悟を決めました。

8年前に本当の萬平さんに戻って欲しいと言ったのはわたしですから

まんぷく16週:萬平の理事長退任、そして無一文へ

まんぷく脱税逮捕は実話?安藤百福と進駐軍の元ネタは?

梅田銀行の喜多村が、融資計画の確認に信用組合を訪れます。

自分の家と土地を担保に入れたとわかると、心象が良くないと思った萬平はそのことは伏せていましたが、喜多村の方から尋ねてきました。

その通りで自分の家と土地、それに家財道具も担保に入れたと告げるとやはり難色を示したので、実際に商品を見てもらおうと喜多村を小田島製作所に案内しました。

小さな工場で画期的な商品が作られたことを知った喜多島は、融資することを決めます。

ですが喜んだのもつかの間、やっぱり萬平の人生はすんなりとは進まないようです・・・(T . T)

なんと人事異動で融資をOKした喜多島が移動となり、代わりに矢野が担当となったというもの。

喜多島と一緒に来た矢野は、とんでもないことを言い出します。

人事異動は梅田銀行の方針が変わったことの一環であり、経営方針が変わったことにより、今後池田信用組合への融資は終了し、これまでの貸付金を回収します

まさに青天の霹靂! 

請求書どおりにお金を返すには、小田島製作所への融資も切られるうえ、これまでやってきた多くの中小企業への融資もできなくなります。

萬平は福子に家が差し押さえになるかもしれないことを告げました・・・。

どうするのおおおおお

なんて福子は言いません。微笑んで萬平を励まします。

世の中の奥さま、できますか? わたしは絶対に無理です!!

そして翌日「取り付け騒ぎ」が起きます(T . T)

この「取り付け騒ぎ」とは、金融機関などに対する信用不安により預金者が預貯金をおろそうと、窓口に殺到する現象です。

これまでにも山一證券や拓銀、紀陽銀行などで起きました。

それから2日後の朝、真一と梅田銀行の矢野たちが立花家にやってきます。

何をしにって? 担保物権の確認にです(T . T)

もし担保物権を現金化しても貸付金に足りなければ、組合員から融資したお金を回収しろ、とまで言う矢野。

本当に銀行って冷たい!!

そのとき萬平は朝出勤したあとにその話を知り、そのまま信用組合にいたので電話で福子に謝ります。

目の前で担保物権の紙を貼られた鈴は帰って来た萬平を責めますが、福子は気丈に笑顔で迎えました。

こういうときのためにわたしは働いてきた。みんなで力を合わせて頑張ります。何があっても平気です(^ ^)

ですがやっぱり辛かった福子。訪ねて来た親友の敏子から労いの言葉をかけられ、敏子にしがみついて泣いてしまいます(T . T)

それはそうですよね、だって家や土地、それに家財道具まで全て失ってしまい、明日からは無一文になってしまうんです・・・不安じゃないわけありません。

一方萬平は自分のことより組合員たちを守るために動いていました。

梅田銀行の上層部に面会し、池田の産業はこれから伸びるので、今後の発展のために協力していただきたいと訴え、今回の責任を取り自分は理事長を退任すると告げます。

梅田銀行の答えは・・・

萬平の申し出を受けれ入れてくれました!

真一を含めた信用組合の職員はそのまま残ることになり、小田島製作所も万能調理器の生産を続けることができるようになりました。

このとき萬平47歳。

家族はリヤカーに荷物を積んで小さな借家に引っ越し、鈴は克子のところへ行くことになりました。

ここまでが第16週となります。

ん???まだインスタントラーメンが出て来ませんね?

原作はここまでしか公開されていません。

どうやら47歳を過ぎてから萬平はインスタントラーメンの開発に取り掛かることになりそうです。

まんぷくで安藤百福のインスタントラーメン開発は?

ダネイホン名前の由来や語源は?日清食品のチキンラーメンがモデル?

では実際に安藤百福さんはどうしたのか?というと、百福さんもドラマの萬平と同じように47歳で全財産を失っています(T . T)

それは1957年のことでしたが、百福さんはその年にもうインスタントラーメンの開発に取り掛かっています!

自宅に庭に6畳ほどの小屋を作り、中古の製麺機や中華鍋を持ち込んで日夜開発に取り組んだそうです。

なので萬平も無一文になってから、早い段階でインスタントラーメンの開発を始めるのではないかと思います。

そして1年かけてようやくインスタントラーメンが完成!百福さんが48歳のときでした。

ということで、ドラマでインスタントラーメンの開発が描かれるのはもう少し先になりますが、ちゃんと描かれますので楽しみにしていてください!

まとめ

ビセイクルがダネイホン元ネタで売れた?味や安藤百福の実話

進駐軍の嫌がらせ(?)によってとうとう解散に追い込まれてしまったたちばな栄養食品。

でもこれはダネイホンを守るためと、萬平がまた何かをする軍資金を得るための、東弁護士の尽力によるものでした。

なんとか切り抜けたと思ったのもつかの間、これからも萬平の前途は波乱万丈です。

みなさんが楽しみにしているであろう、インスタントラーメンの開発はもう少し先になりそうですが、まだまだ怒涛の展開が続きます。

菅田将暉さん演じる東弁護士もまだまだ活躍しますので、楽しみにしていてください!

まんぷくネタバレの最近記事

  1. まんぷくフリーズドライはカップヌードルの実話?

  2. まんぷくよしの旦那は誰?岡か森本かどっちが夫に?

  3. まんぷくよしの結婚相手にスピンオフ?岡と森本とのエピソードは?

  4. まんぷく源役は西村元貴!大人キャストの出演作品は?

  5. 日本即席ラーメン工業協会のモデルは実在?まんぷくは実話?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP