源義高の死亡の最後の死因とは?木曽義仲の息子はどうなる?

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人(かまくらどののじゅうさんにん)」は、三谷幸喜さんが描く予測不能の歴史エンターテイメントです。

最近の視聴者の皆さんの注目の的は、市川染五郎(いちかわそめごろう)さん演じる源義高(みなもとのよしたか)こと木曽義高(きそよしたか)ではないでしょうか。

眉目秀麗という言葉がぴったりなイケメンっぷりですよね〜( *´艸`)

しかし、父・木曽義仲(きそよしなか)が源頼朝と対立し始めたことで、義高に不穏な空気が漂い始めます。

頼朝の娘・大姫(おおひめ)の許婚という名目で人質として鎌倉にやってきましたが、果たしてこの後どうなるのでしょうか?

まさか頼朝に殺されてしまうのでは((+_+))

今回は「鎌倉殿の13人」で市川染五郎さん演じる木曽義仲の息子・源義高が今後どうなるのか?史実の死亡の最後も併せてご紹介します。

かなりのネタバレを含みますので知りたくない方は閲覧ご注意ください!

今すぐU-NEXTに登録【31日間無料体験】

▼今なら朝ドラ「鎌倉殿の13人」の見逃し配信動画を31日間無料で見放題で視聴できます▼

※登録から31日の間に解約すれば一切料金が発生しません。無料期間内に『鎌倉殿の13人』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

※U-NEXTでしたら、初回登録時に無料で1000ポイントもらうことができます。そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能です。

※U-NEXT経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

U-NEXTでは、以下の作品も視聴可能です。

◆正直不動産

◆卒業タイムリミット

◆エンディングカット【芦田愛菜主演】

◆幕末相棒伝(永山瑛太、向井理出演

◆しもべえ

◆阿佐ヶ谷姉妹ののほのんふたり暮らし

◆正義の天秤【亀梨和也主演】

◆古見さんは、コミュ症です。

◆オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ

◆きれいのくに

◆いいね光源氏くん

◆腐女子うっかりゲイに告る

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」「おかえりモネ」「花子とアン」「おちょやん」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」「ゲゲゲの女房」「梅ちゃん先生」「ちゅらさん」など

◆大河ドラマ「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆タリオ復讐代行の2人

◆にじいろカルテ

◆書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~

◆青のSP

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

◆タリオ 復讐代行の2人

「女子高生の無駄遣い」

「きのう何食べた?」

「おっさんずラブ in the sky」

「相棒」シリーズ

「時効警察はじめました」

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2022年4月10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

※登録から31日の間は一切料金が発生しません。無料期間内にドラマ「鎌倉殿の13人』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

目次

源義高は死亡する?北条政子も認めるイケメンで大姫の許婚なのに!!

【鎌倉殿の13人】八重のその後は義時と結婚?その生涯とは?

市川染五郎さん演じる源義高は、木曽義仲(青木崇高)の嫡男です。

勇猛果敢な父・義仲を心から尊敬している義高は、父の意向を汲んでライバルである源頼朝(大泉洋)のもとに人質として赴くことを了承します。

さらに頼朝の娘・大姫の許婚というかたちで鎌倉に行くことになりました。

当初は木曽からくる田舎者を娘の結婚相手に・・・と憤っていた北条政子(小池栄子)でしたが(^^;

義高の美しいたたずまいと、その誠実な人となりを見てすぐに気に入ってしまいましたね(笑)

義高はすぐに大姫とも仲良くなり、二人は楽しそうに一緒に遊ぶシーンもありました。

そんな義高には意外な趣味があります。

それはセミの抜け殻を集めること!

源義経(菅田将暉)からは、それあんまり人に言わない方が言われてしまっていましたが(笑)

義経は戦に旅立つ前に、義高に集めたセミの抜け殻をプレゼントしてくれます。

このセミのシーンが、今後の義高と義経の悲しい末路を象徴しているのかな?なんて個人的には思ってしまいました。

セミの命って、なんだか儚いイメージですからね((+_+))

果たして、このあと源義高はどのように描かれるのでしょうか?やっぱり死んでしまうの(/ω\)

以降で、NHKの公式ガイドブックからネタバレ紹介していきたいと思います。

知りたくない方は閲覧ご注意くださいね。

源義高の死亡の最後の死因とは?木曽義仲の息子はどうなる?【ドラマネタバレ編】

父親の木曽義仲の死亡と最後は??

京に入った木曽義仲ですが、後白河法皇(西田敏行)に認めてもらえず、源氏同士でも争いはしたくないと悩みます。

そこで考えたのは、後白河法皇を拘束して京に籠るという策でした。

一方その頃、鎌倉では源氏同士の争いに巻き込まれたくない坂東武士たちが、義高を担ぎ上げて頼朝に反旗を翻そうとしていました。

しかしその陰謀も、北条義時(小栗旬)と上総広常(佐藤浩市)の奮闘により未遂に終わり、頼朝は自らに歯向かった面々を許すことにします。

それに異を唱えたのは、大江広元(栗原英雄)で、一人を見せしめにしようということで、なんと上総広常が殺されてしまうのです((+_+))

上総広常の死因とは?死亡の最後の史実とは?

その後、結束した坂東武士とともに、後白河法皇を幽閉する義仲討伐に向かうことになります。

その先鋒を任されたのは、源義経と源範頼(迫田孝也)でした。

義仲は「ともに平家を討とう」と義経を誘いますが、逆に義経は油断を誘って義仲勢を撃退!

京を捨てる覚悟をした義仲は、愛妾の巴御前(秋元才加)とともに再起を図ろうと動き出しました。

義仲が去った京に入った義経は、後白河法皇に拝謁し、義仲の討伐を命じられます。

その頃、義仲は近江に向かっていましたが、そこに範頼の軍勢が待ち構えていました。

義仲は巴御前に嫡男である義高への文を託して落ち延びさせます。

するとその後、義仲の額に一本の矢が射抜かれ、命を落としてしまうのでした。

義高に父親義仲からの手紙が!

源義経の妻は里【郷御前】!静御前の方が愛されて嫉妬?

北条義時が鎌倉に戻ると、頼朝からある命令が下されます。

「三日やろう。義高を討て」

頼朝に逆らえば鎌倉で生きていけないとと肝に銘じている義時ですが、義高を手にかけるのは気が重い。

その頃、政子は大姫が慕っている義高をなんとか助けてほしいと、頼朝に必死に命乞いをします。

しかし「あやつの恨みは必ず万寿(頼朝の息子)に降りかかる。だから今のうちに根を断っておかねば」と認めない頼朝。

政子はとにかく義高に会おうと、義高がいる監禁部屋に向かいました。

すると義高は「私は鎌倉殿を決して許しはしない」と怒り心頭。

一方その頃、鎌倉の御所を、武田信義(八嶋智人)とその息子・一条忠頼が訪れます。

表向きは戦勝祝いだが、後白河法皇からの恩賞が無いと不満がくすぶっている様子。

なにか頼朝の足元をすくうものが欲しいと思った信義は、義高幽閉の話を耳にして、ここぞとばかりに利用しようと企みます。

さらに義仲からの手紙を託された巴御前が、義高のもとにやってきました。

その手紙には「鎌倉殿を敵と思うな」という父からの思いが書かれています。

そして巴御前が言います。

「自分が亡きあと、平家討伐をなせるのは鎌倉殿しかいない。義高様には生きて、源氏の悲願成就を見届けてほしいと」

義高は「父の思いしかと受け止めた」と言い、生き延びる道を選択して、政子は逃がす手はずを始めます。

するとそこに、信義と忠頼が現れて「ともに頼朝を倒そう」とそそのかすも義高は拒否!

しかしこの密談が漏れてしまい、頼朝は監禁部屋の見張りを強化したのです。

女装して逃走!?

義高が逃げ出すのが困難になってしまい、どう助け出すか思案した末に、義高を女装させて逃げ出すことに成功!

これって、第1話の頼朝が女装して逃げたシーンと一緒ですね(笑)

しかし、再び忠頼が義高に会いに行き、監禁部屋がもぬけの殻になっていることが発覚し大騒ぎに。

頼朝は「見つけ次第、首をはねてしまえ」と御家人たちに指示します。

すると義高を慕う愛娘の大姫が命がけで懇願するのです。

「冠者殿(かじゃどの)がいなくなったら私も死にます!」

冠者殿とは、源義高のこと。

政子も隣で手をついて頼むと、とうとう頼朝が根負けします。

義高の衝撃の死の最後!死因とは?

義時が急いで「義高を殺すな」と指示を出すも、時すでに遅く・・・

「謀反人・源義高、この藤内光澄(とうないみつずみ)が討ち取りました」

そう、義高は結局殺されてしまうのです(/ω\)

その報告を受けた政子は言います。

「断じて許しません!」

なんと義高の首を取った藤内光澄は死罪に処されてしまいます。

さらに義高をそそのかし頼朝に謀反を企んだ罪で、忠頼も成敗されることに。

そして武田信義は頼朝に盾突かない事を、起請文を書かされることになるのでした。

この義高が死んでしまうエピソードは、5月1日放送の第17話で描かれる予定となっています!

源義高の死亡の最後の史実とは?12歳で入間川で殺害される!

鎌倉殿の13人の意味は?タイトル由来は13人の合議制だけど違う13人?

「鎌倉殿の13人」での源義高殺害は史実なのか?以降で少しご紹介します。

木曽義仲の死で、人質や許婚としての存在意義が無くなった義高は命を狙われることになりました。

父・頼朝のこの企みを知った大姫は、助け出そうと義高を女装させます。

そう、ドラマで描かれた女装エピソードは史実なんですね〜(^^;

しかし、当時大姫はまだ5歳か6歳です。この行動の裏には北条政子の意思が大きかったと言われています。

何とか逃げた義高ですが、結局入間川の河原(現在の埼玉県狭山市)で見つかり、討ち取られてしまいました。

享年12歳。

市川染五郎さんが演じているので、もう少し年齢が上かと思いましたが、実際はまだかなりの少年だったんです(/ω\)

そして義高を討ちとった藤内光澄に関しては、処刑が下されます。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、「御台所の御憤ゆえの処断」と書かれているそう。

大姫の断りなく命を取ったと政子の怒りが激しかったことを物語っている文章です。

このエピソードも史実に近いようです。

その後、大姫は義高を失ったことで病んでいき、若くしてその生涯を終えてしまったと言われています。

義高と大姫の叶わなかった恋は、悲しいです((+_+))

ちなみに、源義高の終焉の地狭山市では、義高の展示を市役所で行っているそうです。

市川染五郎さんが演じたことで盛り上がっているので、源義高人気は高まる可能性ありそうですよね(^^♪

 

源義高の死亡の最後の死因とは?まとめ

【鎌倉殿の13人】八重の最後はどうなる?死因の史実は?

今回は「鎌倉殿の13人」で市川染五郎さん演じる源義高の最期についてご紹介しました。

義高は5月1日放送の第17話で、頼朝の指示を受けた御家人の手によって殺されてしまいます。

そして史実の源義高も、大姫と政子の手引きで逃げ出したものの、結局追っ手に見つかってしまい殺されてしまうのです。

もう少し美しい市川染五郎さんを見ていたかったのですが、早くも退場してしまうのは残念でなりません(*_*)

あと3回は、市川染五郎さんは登場しますので皆さん是非美しい義高の姿をお見逃しなく!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる