クロステイル探偵教室ネタバレ!原作あらすじと意味や脚本家まとめ

フジテレビ土ドラ「クロステイル〜探偵教室〜(くろすている〜たんていきょうしつ〜」が2022年4月9日からスタートします。

ドラマは、探偵学校を舞台に、探偵の卵たちが成長していく姿を描いた物語です。

主演は、「ドラゴン桜2」で話題になった、鈴鹿央士(すずかおうじ)さん!

主人公の飛田匡(とびたたすく)を演じます!

他キャストには、若い世代から人気の堀田真由(ほったまゆ)さんや、檀れい(だんれい)さんなど。

そのほかにも豪華なキャスト陣が揃っていますが、脚本家やドラマのあらすじなども気になります!

そこで今回は、ドラマ「クロステイル〜探偵教室〜」に原作はあるのか??あらすじネタバレやキャスト、脚本家、主題歌などをご紹介します。

またタイトル「クロステイル」の意味についてもご紹介していきます。

目次

【クロステイル探偵教室】原作や脚本家は?

【ドラゴン桜】 藤井遼役は鈴鹿央士!ネタバレ原作は東大合格する?

【クロステイル】原作はある?ネタバレは探偵学校の生徒のストーリー?

「クロステイル〜探偵教室〜」は、原作のない、脚本家オリジナルのストーリーです。

土ドラ枠は、オリジナルストーリーのドラマが面白くて評判が良いので、個人的に楽しみです。

最近では「顔だけ先生」もオリジナルストーリーで斬新なストーリーが話題となり、面白かったですね。

そんなドラマ「クロステイル」の舞台となるのは、探偵学校。

ドラマで見るカッコいい探偵とは違い、現実の依頼は9割が浮気調査なのです。

しかし、全ての依頼には必ず謎がある。

探偵ではなく探偵学校の生徒たちをクローズアップしたドラマって新しいですよね。

地道でキツイ探偵の姿に一度は幻滅するも、次第に“気になると解決するまで眠れなくなる”その特異な能力を発揮するようになり……。このドラマは、探偵学校を舞台に、心の謎に直面することで成長する探偵の卵たちの物語です。
浮気や痴情のもつれに始まり、ストーカー対策に、盗聴・盗撮調査、過去を探る信用調査、失踪者追跡に至るまで、探偵は様々な問題に対処しなければなりません。授業の中で生徒達は、一筋縄ではいかぬ人の心の複雑さを目の当たりにします。

引用元:https://www.tokai-tv.com/crosstail/intro/

クロステイルや、リアルな探偵描写と、人の心の謎を通じて成長していく、探偵の卵たちのスリルと笑いのヒューマンドラマです。

【クロステイル】の脚本家は誰?

「クロステイル〜探偵教室〜」の脚本を手がけたのは、八津弘幸(やつひろゆき)さん。

現在50歳で、栃木県出身。1999年に脚本家としてデビューしました。

過去には、大ヒットドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」「陸王」「家政夫のミタゾノ」など数々のヒット作を生み出しています。

また、最近では、NHK朝ドラ「おちょやん」の脚本も担当し、さまざまな角度からエンタメ性の高い人間ドラマを描いています。

そして今回は、土ドラ「クロステイル〜探偵教室〜」をオリジナル脚本で制作!

どんな物語なのか、あらすじを以下でご紹介します。

【クロステイル探偵教室】の意味とは?

気になるのが、タイトルにある「クロステイル」だと思います。

公式サイトに記載されていました!

タイトルの「クロステイル」とは
「接近して尾行する」という探偵用語。

引用元:https://www.tokai-tv.com/crosstail/intro/

なんと探偵用語なんですね。ちなみに、逆に調査対象者から距離をとって尾行することは「ルーステイル」と言うそうです。

人気の無い場所などで、尾行調査がバレないように行う方法。

一方でクロステイルは、複数の人数で行って、決定的証拠をつかむ尾行とのこと。

探偵でないと使わない言葉ですよね(^^;

そんな独特な探偵用語もドラマではいろいろ出てくるかもしれないですね!

【クロステイル探偵教室】のネタバレあらすじ!1話~最終回まで

【ドラゴン桜】受かった人と落ちた人まとめ!原作と違う?

【クロステイル探偵教室】1話のネタバレあらすじ!尾行実習に合格できる!?

「大学卒業おめでとう。父さんも、お前から卒業します」

就職先がないまま迎えた卒業式の日、帰宅した飛田匡(鈴鹿央士)に残されていた父・迅 平(板尾創路)からの手紙。かつては売れっ子の推理小説家だった自由奔放な父が、突然失踪した。世間知らずで夢見がちな母・千穂子(山口香緖里)と、莫大な借金を残して…。

事件性ゼロの失踪に警察では取り合ってもらえず、父の著書から出てきた名刺を頼りにジョーカー探偵社に足を運んだ匡。そこで目にした探偵学校の生徒募集ポスターで、調査費用より学費の方が安上がりと知る。

「なれるわよ…あなたが本気でなりたいと思えばね」校長・新偕理子(檀れい)の言葉に、匡はジョーカー探偵学校への入学を決意する。

探偵学校で出会ったのは、他人の秘密が大好きな芹沢朋香(堀田真由)、現役ホストの藤巻敦也(草川拓弥)、何かと男に厳しい堀之内純子(篠田麻里子)、スポーツマンの野木明生(福山翔大)、元IT企業社員の都賀真一(遊佐亮介)、年配の丸川喜三郎(伊藤正之)など年齢も経歴も入学動機も様々なクラスメートたち。授業初日、鬼講師・南武辰彦(髙田延彦)から「素質なしと判断した場合は、その時点で即刻辞めてもらう」とはっぱをかけられ、匡たちは街で尾行の実習へ。だが、匡は道で苦しむお年寄りを助けているうちに対象者を見失ってしまう。叱咤され、早くも挫折しかかる匡の前に、またも理子が現れ…。

次々登場する個性的な講師。徐々に明らかになっていくクラスメートの背景、そして父や理子にまつわる過去の因縁。果たして匡は一人前の探偵になれるのか?そして神出鬼没の父を捉まえることは出来るのか?そもそも父の失踪の理由は何なのか?

盗聴盗撮、張り込み、聞き込みなどリアルな探偵描写と、人の心の謎を通じて成長する探偵の卵たちを描いたスリルと笑いのヒューマンドラマ、ここに開幕!!

引用元:公式サイト

父親の突然の失踪

匡は、気になることがあると、眠りたいのに眠れなくなってしまう体質。
なので、極力何も気にしないように生きていこうと決めていた。
しかしそんな匡に父親は「その体質はギフトが。お前なら世界を救える」と言われますが・・・首をかしげる匡。

父親はかつては売れっ子の推理小説家でしたが、現在は三流小説家でしたが、贅沢な生活がやめられず、いつかは生活が破綻すると思っていたので、安定した仕事に就こうと決めていました。

しかし、就職活動は思うようにいかず、仕事が決まらないまま大学卒業へ。
「大学卒業おめでとう。父さんも、お前から卒業します。母さんをよろしく!」と言い家出。借金があり、匡が連帯保証人になっていると聞かされて驚く匡。
母親は家出したはずの父親と普通に電話をします(^^;
電話を変わって父親に「この借金なんなんだ!!」と怒りますが「小説が売れなくて、自費出版で♪父さんの小説がつまらなくなったのは、お前のせいだ。良き父親になってしまったから」だと言い、むちゃくちゃな言い分に起こる匡。
しかし母親は全く焦ってなく「私にはあなたがついているから大丈夫♪」と何も気にしていません。

父親の小説に影響を受けた?探偵社に突撃!

そして、自費出版したと言う、売れなかった探偵ものの小説を読み、昔を思い出し、不覚にもわくわくした匡。その小説にある名刺が挟まっていました。
それは探偵社の名刺。
名刺が入っていたから、知り合いなのか?と思い、訪ねてみると、依頼人だと思われ、依頼内容を書かされる匡。

その様子を別室から探偵学校の校長・新偕理子(檀れい)が見ていました。
匡は、探偵の調査料金のあまりの高さに、帰ろうとうすると・・・
新偕が現れます。
以前、父親が小説の取材に来たと話す新偕。
新偕と話していると、探偵学校のポスターが目に入ります。入学費用は25万円。

「僕探偵になれますか?」と聞くと新偕は「あなたが本気でなりたいと思ったらなれますよ」と言うのでした。

その後、匡と母親は立派な家から、古くて小さなアパートに引っ越し。
母親は「こういうサバイバル生活やってみたかった」とのんきなことを言っています。
母親に、父親を探すために、探偵学校に入ろうと思う。
探偵の調査費用よりも安く探偵になれる。学校に入って1~2か月で探偵になれると説明するのでした。

探偵学校がスタートも鬼講師からの洗礼

そして、いよいよ探偵学校に行く匡。

「探偵学校で出会ったのは、他人の秘密が大好きな芹沢朋香(堀田真由)、現役ホストの藤巻敦也(草川拓弥)、何かと男に厳しい堀之内純子(篠田麻里子)、スポーツマンの野木明生(福山翔大)、元IT企業社員の都賀真一(遊佐亮介)、年配の丸川喜三郎(伊藤正之)など年齢も経歴も入学動機も様々なクラスメートたち。授業初日、鬼講師・南武辰彦(髙田延彦)から「素質なしと判断した場合は、その時点で即刻辞めてもらう」とはっぱをかけられ、匡たちは街で尾行の実習へ。」

「尾行で何時間も歩き張り込む体力が必要」といきなり街へ実習に出ます。
皆で歩いている南武を尾行し周囲の撮影を指示通りする面々。
あらかじめ、尾行方法対象者に近づく「クロステイル」対象者から離れる「ルーステイル」の解説が。

習った通りに、南武を尾行する実習を続ける生徒たち。
事前に講義を受けていたにもかかわらず、駅で盗撮と間違えられて警察に連行される藤巻敦也(草川拓弥)。

南武の尾行を途中でできなくなったメンバーの中、どうにか尾行を続ける匡と芹沢朋香(堀田真由)でしたが、匡が途中で困っているおばあさんを助けたことで、南武を見逃してしまいます。

尾行実習は失敗!

結局誰も、南武を尾行できず、撮影した写真もピンぼけなどヒドいものでした。また生徒たちを更に、探偵に尾行させていた南武は、生徒たちがトイレに行ったり、ナンパをしたり、自販機で飲み物を買ったりと、平気で対象者から目を放していたことを指摘。
しかし困っているおばあさんを見捨ててよかったのか?と詰め寄る匡。
そんな匡に「困って大金をはたいて依頼してきた依頼者に同じことを言えるのか!」
「たとえ目の前で人が殺されようと、対象者から目を離さない。」と言います。

また浮気調査がほとんどの探偵の仕事は「恨まれてなんぼ」だという南武。
明日、もう一度、テストをして、不適格だと判断したら辞めてもらうと言う南武でした。

本当の探偵とは?

その後、1人でいた匡に話しかけてきた芹沢朋香。
なぜか匡の父親のことを知っていた芹沢朋香。
校長と話している話を聞いてしまったと言う朋香。
「お父さんが失踪したなんて最高!それであなたのことをつけずにいられなくなって。でもがっかりした。もっと不幸で病んでると思ったのに。期待はずれ」と言う朋香に呆れる匡。
そこに校長がやってきます。
2人が「打ち解けたようね」と話しかけます。

匡は「僕が目指していたのはトリックを解いたり、事件を解決して皆を救ってやる探偵です」と言います。
朋香は呆れて「本気で言ってる?」と言います。
そして続けれられないという匡に
校長は「密室やアリバイだけが謎じゃない。浮気調査でも、行方調査でも謎のない依頼なんて何もない。人は心の中に1つや2つ秘密を抱えているものよ。その謎を解き明かして、依頼者にとって、一番いい答えを導き出す。警察は事件を解決するなら、探偵は悩みを解決する。それが使命だと私は思っている」と言います。

父親の小説から探偵について学ぶ!

家に帰ると、母親に愚痴をいう匡。しかし、ズレた母親の感覚で会話がかみ合いません。
そして・・・探偵学校のことを考えて、眠れなくなる匡。
匡は眠くなるために、父親の小説を読み始め・・・逆に頭がさえていきます。
そしてその小説を読んで笑顔で「そういうことか」と言う匡。
翌日、残った7人が尾行実習の2日目に挑みます。
7人は匡の他、芹沢朋香(堀田真由)、藤巻敦也(草川拓弥)、堀之内純子(篠田麻里子)、野木明生(福山翔大)、都賀真一(遊佐亮介)、丸川喜三郎(伊藤正之)。

皆、前日の失敗を取り返していきます。

そして・・・またしても転んでいる女性を発見した匡。
皆が止める中、匡は女性が気になります。
皆に「人助けをするのかどうか?試されているのでは?」と言います。
困っていた、前日のおばあちゃんは、探偵社の探偵のフェイクだとわかったと言う匡。

「人を見過ごしてしまうような、些細な悲しみや幸せに気付く力がある」という父親のセリフを思い出し、皆に「30秒だけ待ってくれ」と言います。
すると芹沢朋香がバスの運転手に話しかけ、出発を遅らせてくれます。

その間に匡は、自分たちを尾行している探偵社の男を見つけます。
その男に「探偵社の方ですよね?身ばれしたら調査は終了のはず。あそこにいる妊婦さんのケアをお願いします。」と言います。
仕方なく妊婦の方に向かう探偵。

そして、急いでバスに乗り込もうとすると・・・なんと父親の姿を見つける匡。バスに乗るのを躊躇する匡でしたが・・・バスに乗り込みます。

そして尾行は成功。
ちなみに、妊婦は校長が変装していたトラップでした。

尾行実習の本当の目的とは?

探偵社に戻ってくると「今日も言ったことを守らなかった人間がいる」と言われ「やはり困っている人を見過ごす探偵にはなりたくない」と言う匡。

南武は「当たり前だ。いくら探偵調査中とはいえ、人命救助が優先だ」と意外なことを言います。

最近、尾行できなかったことに何かと言い訳をする若者が多く、ふるいにかけるために、厳しい要求をしたという南武。

今回の尾行の本当のポイントは「フェイクを見極められるかどうか」だったのでした
それを全部見抜いていたのに「それでも助けに行くバカがいたとはな」と言う南武。
しかも同時に尾行を継続しようとするなんて、無謀だ!と言われます。

「そんな真似が許されるのは、超一流の探偵だけだ。100年早い。」と言う南武。
「悔しかったら、卒業までにスキルを磨け」と言います。それは、実習に全員合格したということでした。
喜ぶ面々。
そして、匡は父親がフェイクだと思っていたのですが、それが違うとわかり「あれ本物!?」と驚きます。
自分の父親の区別がつかないなんて探偵には向いてない「やっぱりやめろ」と冷たく言う南武でした。
匡は「あそこで捕まえておけば!!」と後悔します。

そして最後に、バスで時間を稼いでくれた朋香にお礼を言い、そのまま疲れて、教室で眠ってしまう匡でした。

その後、校長は1人になった南武に「クロステイルは彼が最も得意とする尾行だったわね」と聞き、うなづく南武でした。

以下は、「クロステイル〜探偵教室〜」に出演するキャスト陣をご紹介します。

【クロステイル探偵教室】キャスト・登場人物の俳優・女優陣は?

【ドラゴン桜】桜木先生なぜやめた?その後の原作ネタバレと考察

飛田匡(とびた・たすく)役 鈴鹿央士

主人公・飛田匡を演じるのは、俳優の鈴鹿央士(すずかおうじ)さん。

現在22歳で、高校生の時に、映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」のエキストラをしていた際に、広瀬すずさんにスカウトされ、高校卒業後、芸能事務所に所属。

メンズノンノの専属モデルとして活動しながら、2019年には、朝ドラ「なつぞら」で俳優デビューを果たしました。

最近では「ドラゴン桜2」での東大専科を見下す成績優秀な生徒・藤井遼を熱演し話題になりました。

今回演じる飛田匡は、父・迅平の失踪をきっかけに、探偵学校に入学するという役どころ。

探偵になって、父を探し出すことはできるのか??

芹沢朋香(せりざわ・ともか)役 堀田真由

芹沢朋香を演じるのは、女優でモデルの堀田真由(ほったまゆ)さん。

2014年に、アミューズ主催のオーディションに参加し、芸能界入り。

翌年、仲里依紗さん主演のドラマ「テミスの求刑」で女優デビューを果たしました。

朝ドラ「わろてんか」ではヒロインの妹役、「3年A組-今から皆さんは人質です-」などに出演。

2020年からは、「non-no」の専属モデル、「ゼクシィ」の13代目CMガールとして活躍しています。

今回演じる芹沢朋香は、探偵学校の生徒で、匡と同期という役どころ。

他人の秘密が大好物で、匡にも興味津々の様子・・・・

新偕理子(しんかい・りこ)役 檀れい

新偕理子を演じるのは、女優の檀れい(だんれい)さん。

元宝塚歌劇団で、月組・星組のトップ娘役として活躍。

退団後は、映画「武士の一分」、「四月は君の嘘」、大河ドラマ「麒麟がくる」などに出演。

プライベートでは、2011年に俳優の及川光博さんと結婚し、2018年に離婚を発表しました。

今回演じる新偕理子は、ジョーカー探偵学校の代表であり、校長という役どころ。

たびたび匡の前に現れ、探偵としての助言を告げますが、理子の過去には何か秘密がある・・・

飛田迅平(とびた・じんぺい)役 板尾創路

飛田迅平を演じるのは、お笑いタレントで俳優の板尾創路(いたおいつじ)さん。

吉本興業所属で、「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラー出演したことがきっかけでブレイク。

最近では「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」や「タモリ倶楽部」に不定期出演しています。

また、櫻井翔さん主演のドラマ「家族ゲーム」では、舞台となる沼田家の父親役。「おちょやん」では、喜劇王の須賀廼家万太郎を演じました。

今回演じる飛田迅平は、匡の父親で、推理小説家。

突然借金を残したまま失踪しますが、その理由は謎のまま。神出鬼没な人物です。

南武辰彦(なんぶ・たつひこ)役 高田延彦

南武辰彦を演じるのは、高田延彦(たかだのぶひこ)さん。

元プロレスラーで、現役時代は、新日本プロレス「IWGP」で数々の王座を獲得。

引退後はタレントとして活動しながら、ドラマや映画にも出演し、俳優としても活躍。

最近では、ドラマ「ファイトソング」で主人公が通う空手教室の師範で、本人役を演じました。

今回演じる南武辰彦は、現役の探偵であり、ジョーカー探偵学校では尾行・張り込み担当の教師。

鬼講師として、生徒たちに熱血指導をするという役どころです。

藤巻敦也(ふじまき・あつや)役 草川拓弥

藤巻敦也を演じるのは、超特急のメンバー・草川拓弥(くさかわたくや)さん。

現在27歳で、スターダストプロモーションに所属し、俳優、モデル、アーティストとして活躍されています。

「ウルトラマンギンガ」では一条寺友也役を演じ、「帰ってきた家売るオンナ」では新人営業マンの鍵村洋一を演じました。

ほかにも、「同期のサクラ」や「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」にも出演しています。

今回演じる藤巻敦也は、探偵学校の生徒で、現役ホストという役どころ。

洞察力を培って、ホストに活かそうと入学した敦也ですが、ライバルが出現!?

堀之内純子(ほりのうち・じゅんこ)役 篠田麻里子

堀之内純子を演じるのは、篠田麻里子(しのだまりこ)さん。

元AKB48のメンバーで、選抜メンバーの「神7」として活躍し、シングル曲「上からマリコ」では初センターを飾るも、2013年に同グループを卒業しました。

ドラマ「後妻業」では、クラブのホステス役。映画「カイジ ファイナルステージ」「ギャングース」などに出演しました。

プライベートでは、2019年に、一般男性と結婚し、第一子を出産されています。

今回演じる堀之内純子は、ジョーカー探偵学校の生徒。

大人気取りでマウントをとりがちな純子ですが、男にも厳しく、同期たちにも強く当たる・・・?

丸川喜三郎(まるかわ・きざぶろう)役 伊藤正之

ジョーカー探偵学校で、年配者の生徒。

野木明生(のぎ・あきお)役 福山翔大

ジョーカー探偵学校の生徒。陸上の元選手で、スポーツマン。

都賀真一(つが・しんいち)役 遊佐亮介

ジョーカー探偵学校の生徒。IT企業をわけあって退職し、探偵学校に入学。

飛田千穂子(とびた・ちほこ)役 山口香緒里

匡の母親。天然でおっとりした性格。

沢木(さわき)役 高木勝也

探偵。理子の右腕。

皆川瑠依(みながわ・るい)役 冨樫真

現役の探偵。盗撮・盗聴調査担当の教師。

【クロステイル探偵教室】主題歌は?

「クロステイル〜探偵教室〜」の主題歌は、Penthouseの「流星群」です!

Penthouseは、2018年に結成された6人組のシティ・ソウルバンド。

なんと、結成1年で、V6に楽曲を提供!「Its my life/PINEAPPLE」のカップリング曲「ただこのまま」を担当しました。

さらに、2年目には、情報番組「スッキリ」で清塚信也さんがオススメしたいバンドとして、出演し、オリジナル曲の生演奏を披露。

これがきっかけで、櫻井翔さんが雑誌の取材で「最近よく聴いている音楽」としてPenthouseを上げ、大絶賛!

また、昨年には、8thシングルとなる「…恋に落ちたら」が、iTunesのR&Bランキング1位を獲得しました!

「クロステイル〜探偵教室〜」の主題歌となる「流星群」は、4月9日よりミュージックビデオが公開されますので、お楽しみに!

【クロステイル探偵教室】ネタバレ原作あらすじまとめ

ドラゴン桜2最終回ネタバレ結末は藤井の東大合格発表に感動の声

今回は、「クロステイル〜探偵教室〜」のネタバレ原作、あらすじ脚本家、キャストなどをご紹介しました。

脚本は、「半沢直樹」など多くのヒット作を手がけた八津弘幸さんのオリジナルストーリー!

主演は「ドラゴン桜2」で話題になった鈴鹿央士さんで、探偵学校を舞台に、秘密を抱える生徒たちが成長していく人間ドラマを描いています。

匡は失踪した父を探し出すことができるのか?そして父が失踪した理由と借金に隠されたある秘密とは??

ドラマは、4月9日よりスタートです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる