ドクターXは松下由樹と米倉涼子の不信のとき共演に興奮?第3話の感想!

スポンサーリンク

テレビ朝日系で木曜9時から放送中の米倉涼子主演のドラマ「ドクターx」。

10月28日(木)に放送された第3話は、今回の話では今までと違う大門未知子が見られたり、未知子より強い女性と外科部長のやり取りが見られたり、と相変わらず見どころ満載でした。

そんな「ドクターX〜外科医・大門未知子〜 」第3話のあらすじのネタバレと感想をまとめました!

ドクターX〜外科医・大門未知子の第3話のあらすじは?不信のとき以来の共演に興奮?

財布を拾ってくれた大門未知子(米倉涼子)を訪ね、須山三佐江(松下由樹)という女性が「東帝大学病院」にやって来た。三佐江は財布のお礼に、最高ランクの人間ドックを予約するという。しかし、「東帝大」で最高ランクの人間ドッグは超VIP待遇の3日間コースで、とてつもなく高額だ。副院長の久保東子(泉ピン子)は、素性のよく分からない三佐江の予約を勝手に入れた未知子に激怒! 三佐江が支払いを怠る可能性も考え、後見人となって責任を取るよう命じる。

 

未知子は困惑しながらも、外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)とともに、三佐江の病室へ。ところが、三佐江の顔を見た西園寺は思わず硬直する。彼女は、西園寺が20年前に胃潰瘍のオペを担当した患者であり、しかも元愛人だった…。

 

その矢先、さらに驚きの事態が発生する。検査の結果、三佐江の体内に大きな腫瘍らしき影が見つかったのだ! それは天才外科医の未知子をもってしても、開腹してみなければ正式な病名が分からない、前代未聞の大きさだった。しかも開腹してみると、とんでもない事実が判明する。大きな影の正体は一体…!? 思わぬ事実の発覚に慌てた蛭間は、西園寺の過去の医療ミスを確信し、手術中止を命令。結局、オペは取りやめになってしまう。

 

納得のいかない未知子は、病院側の意向をよそに、三佐江に真実を告げることに。ところが、どういうわけか三佐江は怒るでもなく、笑い出し…!? 計り知れない三佐江の真意…。そんな中、患部の画像を改めて精査した未知子は、戦慄の表情を浮かべる――!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0003/

三佐江は20年前の医療ミスで取り残されたガーゼによって、それ以上の大きな病気から身体を守ってくれていたんですね。

しかしガーゼがあることを知ってしまった未知子はガーゼ摘出ともう一つの病気を治すため両方の手術を一度に行うことに。

最終的にはいつも通り手術は成功し、高額な報酬を貰って終わりという感じですが、その裏で医療ミスをした外科部長と三佐江の人間関係や外科部長に対する周りの目、未知子と医院長との関係に注目の第3話でした。

それにしても、大物女優の米倉涼子さんと松下由樹さん2人の共演というだけですごいインパクトでしたね~。

そういえば、この2人って随分前のドラマ「不信のとき」でも共演してたんですよね~。その時も松下由樹さんは愛人役で米倉涼子さんは本妻。今考えるとすごいドラマだったな~と思い出しました。

 

第3話の未知子は今までと違う?

スポンサーリンク

今までは手術中にどんなに反対意見が出ても手術を続けていた未知子でしたが、今回は周りに引っ張られたこともあり、すぐさま退場。

びっくりの展開でしたが、結果としては、手術を続行していたら、三佐江の命が危なかったというオチ。

まあ、第2話もそうでっしたが、視聴者を「何で?失敗?今回こそ未知子の負け??」と思わせて、結果、患者を守っていて、しっかり報酬ゲットっていう王道のストーリー。でもやっぱりなぜか面白いんですよね~。

それにしても、病院の名誉だけ考える病院側と患者のことを守ることだけを考える未知子の対比の描き方が毎回面白いですよね~。

舞台は大学病院ということで、医院長の力は絶対でみんな「御意」とか言ってて、しかし、それに勝る未知子の手術の腕、副医院長の頭脳、今後もこの3つが激しくぶつかり合い、下克上が繰り返される。いつも同じだけどこれが全部ないと物足りない、そんなドラマですね。

 

三佐江の「すべてをクリーンにする」というセリフが怖い!?

未知子と三佐江が二人だけで病室で会話するシーンでは、随所に男に決して屈しない女性の力強さを感じて「女ってやっぱり怖い!?」と感じだ男性も多いと思います。

病室の外でオドオドしている西園寺猛司に対して「全てをクリーンにする」と言った時や、最後に口止め金で500万円渡そうとしたとき「私のことは誰にも言わないでね。口封じよ」と逆に2000万円の小切手を渡されてしまった西園寺猛司がスゴイ小さく見えた。「これから都知事に立候補する話がある」から西園寺を整理するって・・・怖い(笑)

西園寺の恐れているような、鳩に豆鉄砲食らったような、なんとも言えない表情が面白かったけど、それが更に元愛人三佐江の怖さを引き立たせてた気がします。(笑)

それにしても知事選挙に立候補するためって、どう考えても小池百合子のオマージュって感じですよね(笑)ネットでも話題になっていました。

もちろん小池さんにこんな過去はないですが、どっちにしても、2人とも強くて怖い女っていうのは共通している気がします(笑)

 

院内での噂の広まる早さにビックリ!!

今回、西園寺猛司が以前不倫していたことが分かったあと、瞬く間に院内に広がり、廊下を歩くのにも指を差されるほどになっていました。

これはドラマだからある話なのか、普通の病院でもこんな感じなのか、思わず後者をイメージしてしまい、ゾッとしました。

人の不倫話などは、どんな所でもみんなの好きな噂話になるんだなぁ~と共感するところがありますが。

副院長の久保東子が箝口令を引いたと言っていたが、この手の噂話にどれほどの効果があるのか怪しいものですしね

毎回思いますが、大門が勤務する病院って本当に入院したくないな~と思います(笑)でも大門さんには手術して欲しいですね!

 

 

まとめ

ドクターxを見ていて思うが、それぞれの立場、役職によって考え方や守るもの、見ているものが全く違うということを改めて感じます。

医院長は病院経営のことを最優先し、それ以下は自分の立場を守ること、医院長の機嫌を損ねないことに全力を注ぎ込んでいる。

その中で真に患者のことを考えて行動できる人間が大学病院にいないという状況でそれを請け負った未知子の力強さに、いつもモヤモヤしている気持ちがスカッとする。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です