ドクターXの歴代院長など過去キャスト一覧や視聴率は?ストーリーも

スポンサーリンク

現代におけるモンスタードラマ『ドクターX』が、またまた帰ってきます

今回で5シリーズを迎える『ドクターX』ですが、また新たな大門未知子の伝説が生まれるのは必至ですね。

そこで今回は、主要キャストのご紹介に合わせ、院長など歴代の過去キャストの一覧や過去作の視聴率一覧についてもまとめていきたいと思います。

 

 

ドクターX2017のストーリーとは?

絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無…。偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込む。その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)だった! 未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能…。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。
 一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現! 実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”…。彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定する。
 まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表し…!
 その矢先、トンカツ屋を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を「東帝大学病院」に搬送する。だが、これが“とんでもない事態”を招き寄せ…!?

引用元 http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/#/%E7%AC%AC1%E8%A9%B1%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%98?category=drama

以上のあらすじは新シリーズの1話のあらすじです。

まぁ1話は例のごとく、未知子が出先で急患に遭遇するストーリーのようですね。

そして、急患の処置のために「東帝大学病院」に訪れるも、院長の陰謀で未知子の思惑通りにはいきません。

しかし、最終的には未知子の神の手が炸裂して患者のみならず病院も救うことになるのですが・・・お約束の予定調和ですね(笑)

それでも、毎回「面白かった!」となるのがスゴイところですね。

 

ドクターX2017の出演キャストとは?

主役の大門未知子演じる米倉涼子(よねくらりょうこ)さんはもちろん、未知子の斡旋役の晶さん(岸部一徳)、麻酔科医の城之内博美(内田有紀)も健在です。

更に、毎回未知子の周りを固める海老名先生(遠藤憲一)や原先生(鈴木浩介)、前作までの「東帝大学病院」の院長を務めていた蛭間院長(西田敏行)も知床分院の院長として出演されるようです。

ここ数回『ドクターX』を陰ながら支えていた加地先生(勝村政信)や黄川田先生(生瀬勝久)は、今回は出演がないのかもしれませんね。

更に今回は・・・

 

西山 直之 演:永山 絢斗(ながやまけんと)

「東帝大学病院」の新米医師。いわゆる“ゆとり世代”の医師。シングルマザーに育てられ、苦労して医者になった。先輩医師たちの「御意」体質に対しては、ドライな態度を貫く。医者として…というよりは、患者とのコミュニケーションや先輩医師らとの関係で躓きを感じており、いつもテンションが低め。大門未知子のような摩擦の多い生き方は御免だと思いつつも、その職人技に内心憧れる部分もある。

 

内神田 景信 演:草刈 正雄(くさかりまさお)

日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長。「東帝大学病院」の医局を昔のような「権力一極集中」の医局に戻したい、と考える“怪人物”。「日本の医療制度を守るため」と公言してはばからないが、本心がどこにあるのか誰にも明かさない“不気味な存在”として周囲を圧倒する。あの蛭間重勝ですら、内神田には怖れを抱いている。

 

猪又 孝 演:陣内 孝則(じんないたかのり)

「東帝大学病院」の外科副部長。声が大きく、態度も大きい。「医者至上主義」が染み付いた男。全員が「東帝大学医学部」卒という一族に生まれたため、メンツやプライドを人一倍気にする。3人の副部長の中ではもっとも狡猾。必要があれば媚を売ることも辞さないが、基本的には大の男尊女卑。看護師が大好きで、女医が大嫌い。フリーランスで女医の大門未知子を目の敵にする。

 

伊東 亮治 演:野村 周平(のむらしゅうへい)

「東帝大学病院」に勤務する、いわゆる“ゆとり世代”の医師。私立の三流医大に入学するも、ある事情から1年で退学。猛勉強して「東帝大学医学部」に入学した。いつも研究書を読み漁り、外科の知識も豊富。決して実践力が伴っているわけではないが、オペの腕も若手医師の中では高い。それゆえに、ほかの若手医師を見下し、先輩医師にも尊大な態度を取る傲慢さも! 自分は大門未知子と同レベルの医師だと考えている節があり、未知子にも「気が合いそうだ」と言って歩み寄るが…!?

 

という新しいメンツに加え、鳥井 高(段田 安則)や森本 光(田中 圭)など懐かしい面々も復活します。

更に、今まで伊東四朗(いとうしろう)さん(第1シリーズ:毒島隆之介)や北大路欣也(きたおうじきんや)さん(第3シリーズ:天堂義人総長)、中尾彬(なかおあきら)さん(第3シリーズ:黒部徹也元総長)、ビートたけしさん(スペシャル:黒須貫太郎・クロス医療センター病院長)。

そして2シリーズから未知子の宿敵的存在で病院長や外科部長として君臨している西田敏行(にしだとしゆき)さんがようやく手に入れた「東帝大学病院」の病院長の座に新たについたのは、シリーズ初の女性病院長となる志村まどかです。

演じるのは、宝塚歌劇団出身で数々のドラマでも凛とした女性像が際立つ大地真央(だいちまお)さんです。

前作の4シリーズで副院長・久保東子を演じた泉ピン子(いずみぴんこ)さんとは、また一風変わった女性同士の戦いが繰り広げられるのかと思うと楽しみが止まりませんね。

 

過去のドクターXの院長などキャスト一覧やストーリーとは?

 

スポンサーリンク

 

では、過去のドクターXの院長などキャスト一覧やストーリーをご紹介します。

1シリーズ(201210月期)

東京の名門私立医科大学「帝都医科大学付属病院第三病院」が舞台

 

院長

伊東四朗(毒島)

※元院長は久保(竜雷太)

キャスト

伊東四朗

小林稔侍

室井滋

段田安則

田中圭

勝村政信

鈴木浩介

 

ストーリー

医師とは思えぬ出で立ちの大門未知子(米倉涼子)が紹介状を持って大学病院にやってくる。未知子はフリーランスの外科医。勤務環境の過酷さから複数の医師が一斉に退職し、補充要員として医師紹介所からやってきた。
 未知子を見た新人外科医の森本(田中圭)は、驚きを隠せずにいた。前日の夜、居合わせたクラブで倒れた急患の処置をしていたのが、他でもない未知子だったのだ。
 変わっているのは外見だけではなかった。着任早々、未知子は、院長の久保(竜雷太)が執刀を予定している手術に異議を唱える。古い手術法と、長らく手術の現場から離れていた院長の手腕を無遠慮に追及する未知子に、周囲は凍り付く。未知子の指摘はもっともで、医師であれば誰でも気づくことだったが、大学病院において上司に楯突く者など一人もいないのが現実だ。
 一気に病院内の反感を買った未知子は、医師免許の必要がない雑用ばかりを押し付けられることになる。しかし、未知子が危惧した通り、院長が執刀を始めた手術はとんでもない事態を迎える……!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_01/story/01/

上記は第1話のストーリーですが、第一期、もう記憶が遠のいていますが、米倉涼子さん演じる女医が斬新すぎてテレビにくぎ付けだたのを覚えています。

最新シリーズに森本(田中圭)も出演するいうことで、是非見直してみたい原点のシリーズですね。

個人的に段田安則さんに愛人がいて、最後余命いくばくのない病を未知子に救ってもらって、奥さん役が岸本加世子さんだったのが印象的でした。

事務長役の室井滋さんも良い仕事していました。

 

2シリーズ(201310月期)

東京の名門私立医科大学「帝都医科大学付属病院」が舞台。

院長

蛭間(西田敏行)外科統括部長
馬淵(三田佳子)内科統括部長

※このシリーズは上記の2人が次の院長の座を争う

キャスト

西田敏行
三田佳子
藤木直人
笹野高史

 

ストーリー

未知子が今作で乗り込むのは、前作の舞台、帝都医科大学付属病院・第三分院の本院!
“支店”と呼ばれる分院に対し、“本店”と呼ばれる巨大組織のトップだ。

昨今、大学病院の医局は弱体化し、医者のヒエラルキーは崩壊。命のやりとりをする医療も、ついに弱肉強食の時代に突入した。過酷な労働条件から外科医のなり手は激減。そこに現れたのが、未知子のようなフリーランス医師たちだ。
だが、そんな弱肉強食の時代だからこそ、崩れかけた巨塔にしがみつく者もいる。権力を思うままに操る者。その権力におびえる者。彼らの合い言葉は「御意」。逆らう者に明日はない世界――。

前回の規模を大きくしのぐ強大な敵陣を相手に、異色・孤高・反骨のフリーランス天才外科医・大門未知子が、新たなる旋風を巻き起こす!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_02/introduction/

個人的に1、2を争う好きなシリーズです。

三田佳子さんの医者姿、かなり貴重です。

そして対決するのは今やお馴染みになった西田敏行さん演じる蛭間。豪華すぎです。

また藤木直人さんのイケメンぶりも良い彩になっていたと思います。

 

3シリーズ(201410月期)

東京都にある国内最高峰の病院「国立高度医療センター本院」が舞台

 

院長

天堂 義人(北大路 欣也)※「国立高度医療センター」の新総長

 

キャスト

北大路 欣也

遠藤 憲一(東)

古田新太(西)

高畑 淳子

伊武 雅刀(西)

マキタスポーツ(西)

勝村 政信(東)

鈴木 浩介(東)

 

ストーリー

患者の命を救うことを第一優先に邁進してきた彼女が、今回派遣されるのは…
「国立高度医療センター」――
日本最高峰の医療技術を世界に示すべく、国が威信をかけて作った
“日本医学界の頂点に君臨する特定機能病院”だ。
しかし、その実態は…
東西を代表する「東帝大学病院」と「西京大学病院」による覇権争いの場!
そんな中、未知子は「目の前の命を救う。それを自分の命ある限り、続けるだけ」という
確固たる信念に従い、突き進んでいく…。

医術は“誰のものか”ではない。“誰のためにあるのか”である――
そんな医療の真髄を提示する、未知子の“痛快かつ気高き戦い”。

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_03/introduction/

東棟と西棟に分かれているセンターで東棟では「東帝大学病院」西棟では「西京大学病院」のドロドロの派閥争いに巻き込まれる未知子が面白かった回です。

出世した海老名(遠藤 憲一)や失脚した蛭間(西田敏行)が登場したり、シリーズファンとしても面白い回だったと思います。

 

4シリーズ(201610月期)

「東帝大学病院」が舞台

院長

蛭間 (西田 敏行)※院長

久保 東子(泉ピン子) ※副院長

 

キャスト

西田 敏行

泉ピン子

生瀬 勝久

吉田 鋼太郎

勝村 政信

滝藤 賢一

草刈 民代

 

ストーリー

今回派遣されるのは宿敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる「東帝大学病院」――
さまざまな隠ぺい行為や医療ミス、派閥闘争などで評判がガタ落ちになった
国内最高峰の大学病院だ。
病院の“ブランド力”を再確立し、強大な権力を我が物にしようとする蛭間を中心に、
「病院の格付け」に躍起になる“白い巨塔”…。
そんな中、未知子は「目の前の命を救う。それを自分の命ある限り、続けるだけ」という
確固たる信念に従い、突き進んでいく。
ところがその行く手には、
未知子にとって“史上もっとも危険で、最強の敵”となる副院長・久保東子(泉ピン子)ら、
新たな強敵たちが待ち受けていて…!?

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_04/intro/

お馴染みに西田敏行さんがいろんな意味で大活躍(笑)

泉ピン子さんも良い味出してましたね~。勝村 政信さんなどお馴染みのメンバーに加えて、吉田 鋼太郎や滝藤 賢一さんなど個性派の演技派俳優さん勢ぞろいで本当に見ごたえがありました。

個人的には草刈 民代さん演じる広報部長が大物俳優さんの中で素晴らしい存在感を出していて、好きでした。

 

第5シリーズ(201710月期)

院長

蛭間 (西田 敏行)※院長

 

キャスト

西田 敏行

草刈正雄

陣内孝則

滝藤 賢一

田中圭

鈴木浩介

段田安則

 

当初は「東帝大学病院」病院長の座から転落したして北海道の知床分院に左遷されていましたが、第1話で大地真央さん演じる女性院長がなんと不倫スキャンダルで失脚。

ラッキーなことにシーズン5は第2話から院長にかえり咲きました。

 

ドクターXシリーズの歴代視聴率とは?

各所で「人気・人気」と言われる『ドクターX』ですが、歴代のシリーズの視聴率はどうなっているのでしょうか?

1シリーズ(201210月期):19.10%(全8話)

2シリーズ(201310月期):22.98%(全9話)

3シリーズ(201410月期):22.94%(全11話)

4シリーズ(201610月期):21.45%(全11話)

 

なんともまぁ、すごい数字が並んでいますね。

シリーズ最初の1シリーズで19%台にはなってしまっていますが、このドラマ視聴率が根こそぎ落ちている状況下で、20%超えを連発されています。

さらに、20167月に放送されたスペシャルドラマでも22となっていて、人気が高いことは言うまでもないと言った感じです。

コレだけ高視聴率を連発されている人気ドラマですから、放送前から楽しみにしている潜在的なファンの方たちも多くいるでしょうから、今回の第5シリーズも安泰と言っていいでしょう。

 

まとめ

 

今回『ドクターX』の新シリーズが始まるということで、出演キャストやあらすじ、視聴率などをまとめてみました。

何と言っても、主役の大門未知子の「失敗しないので!」が待ち遠しいというファンの方たちの「待ってました!」という声が聞こえてきそうです。

放送は、20171012日(木)よる9時から、いつも通りのテレビ朝日でスタートです。

お楽しみに!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です