明日の約束のタイトルの意味は交換日記で怖い!明日が来るのが怖いも衝撃?

スポンサーリンク

火曜ドラマ「明日の約束」。

井上真央さん演じるスクールカウンセラー自信も毒母に育てられた子で、学校でも毒母と対決するようになりそうです。

そんなドラマ「明日の約束」のタイトルの由来ってなんなのでしょうか?

第1話でもいきなりタイトル回収があった意味についてまとめて行きたいと思います。

 

 

明日の約束のタイトルの意味とは?交換日記に関係?

冒頭からいきなり井上真央さん演じる日向の自分の母親が毒母だった衝撃の告白から始まったドラマ。

あんと「ブラジャーを買ってもらえなかった」という衝撃の意味不明の事実。

ちなみに以下、冒頭のナレーションの内容です。

私は母親を好きになれない・・・

母はいつ怒りだすかわからない・・・

私のことを否定してばかりだったし

気持ちを汲んでくれたことはない

 

私は母親を好きになれない

 

小学生の時ブラジャーを買ってくれなかった

小学生の時は無理やり交換日記をつけさせられていた

だけど私は母のこと・・・

全部衝撃だけど(笑)特にびっくりなのは、母親と強制的に交換日記をやっていたという事実。

その交換日記のタイトルが「明日の約束」でした。

ちなみに以下、第1話の日記の全文です。

つい明日の約束~8歳のひなたへ~

10月21日

今日も日向はママの言うことが聞けない悪い子でしたね。

明日はちゃんと言い子になりましょう。

 

明日の約束

①ママがいいと言ったお友達以外とは遊ばない

②ママに口答えしない

③ママをイライラさせない

必ず守るように

ママは日向が大好きです。

こちらもホントに衝撃的ですよね(^_^;)

ちなみに第2話以降の日記は以下に更新していきます!

ということで、いきなり第1話でタイトル回収??って思ったけど、他にも何かタイトルにも意味がありそうな気がします。

 

明日の約束のもう一つの由来は?

 

スポンサーリンク

 

このドラマのメインに事件となる仲間由紀恵さん演じる母親の息子の謎の死。

この息子の吉岡圭吾が死ぬ前にカウンセラーの日向に行った一言「明日が来るの怖い」というセリフも何か意味ありげで、タイトルに関連してそうですね。

おそらく今回の死亡理由は毒母の干渉を苦にした自殺のような気もしますが、この台詞に込められた彼の想いが何かあるのでは??と勘繰ってしまいます。

また、今後タイトルに関する追加事項ありましたら、追記していきたいと思います!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です