明日の約束最終回の結末のネタバレは?犯人や原作事件などから予想考察!

スポンサーリンク

ついに復帰した井上真央(いのうえまお)さんの主演ドラマ『明日の約束』がついに放送になりました。

初回をご覧になった方は、すでにお気づきかもしれませんが「本格ミステリー」の匂いがプンプンします。

当然、ミステリーにはネタバレ予想がつきものですよね(笑)

ということでこの記事では、『明日の約束』の原作や今後の流れからネタバレ予想を考察していきたいと思います。

また10月31日放送の第3話のラストのバスケ部顧問を襲った犯人予想も追記しました!

11月7日放送第4話で発覚した吉岡圭吾の脅迫の件から予想更新しました!

 

 

明日の約束とは?

高校のスクールカウンセラーとして赴任している藍沢日向(井上真央)が、学校と家庭の問題に直面した生徒たちと向かい合い、様々な事象に翻弄されながらも日々駆け抜けていく

そんなある時、不登校になってしまう男子生徒。これと言った原因もわからずじまいで、「自殺」という選択を選んでしまった。

イントロダクションでは、

「この世でいちばん謎が残る死」の真相を解き明かすオリジナルヒューマンミステリー

とされています。

何と言っても久しぶりの井上真央さんの主演ドラマですので、どう考えても世間の注目度は上がっていると思われます。

 

明日の約束の世間の犯人予想とは?

まずは、ツイッターに寄せられている犯人予想を見てみましょう。

「仲間由紀恵が犯人や」

「顧問、神尾さんかよ…ますます犯人感が」

「白洲迅いると、ますます犯人率上がるな。」

「吉岡くんが自殺。 殺した犯人は先輩? なんかミッチーが良い人そうなのが、逆に怖い」

「犯人は二重人格の妹だと予想」

「明日の約束にミッチーが出てると霧島先生が犯人なのか?って見ちゃう」

「明日の約束の延長部分を見ているけど、改めて犯人だらけな職員室だ!!!

「すごく犯人がいっぱいいそうなドラマだね。」

「束縛して逃げ場をなくす母親が加害者であり、いじめた奴が加害者であり、いじめを見て見ぬ振りをした生徒が加害者であり、聖人を飾り教鞭をふるい悩み苦しんでいながらも向き合わない教師が加害者であり、誰が犯人とかじゃなくて、周り全てが加害者であるという現代風刺ドラマだと思う」

「ミッチーが担任とか絶対犯人だよ」

「吉岡くんが好きな色は、黒だったのね。 先輩が犯人なの?」

まだ1話が放送されただけなので、容疑者としては「ほぼ全員」と言っても良さそうですね。

皆さんそれぞれの見解がお有りだと思いますが、及川光博(おいかわみつひろ)さんと白洲迅(しらすじん)さんに関しては、他ドラマで犯人率が高いという理由もあるようです(笑)

先輩や妹などが怪しいという方もいらっしゃいますね。

更には、単身の犯人ではなく「周りの人間すべてが加害者」と言ったコメントも有り、すごくバラエティに富んだコメントが多く上がっていました。

 

明日の約束の結末の犯人ネタバレ予想とは?

 

スポンサーリンク

 

上記のように、視聴者の方々は様々な予想をされています。

そこで、私も私なりのネタバレ予想をしてみたいと思います。

男子生徒(吉岡圭吾)の自殺に直接的な原因となった人物とは・・・仲間由紀恵(なかまゆきえ)さん演じる圭吾の母・吉岡真紀子ですね。

理由としましては、オリジナルミステリーとなっている『明日の約束』ですが、実は原作というか実際に起こった事件が元になっているのでは無いかという噂が流れています。

それは、ノンフィクション小説の『モンスターマザー』という本でも出版されていて、この事件は長野県の丸子実業高校のバレー部で実際に起きてしまった事件です。

バレー部の男子生徒が自殺し、はじめのうちはいじめが原因とされていました。

息子を自殺に追いやったと、母親の矛先は学校や教師、生徒にも及んでいきました。

しかし話が進むに連れ、この母親が実は「毒親」だったことが判明します。

息子へのプレッシャーに嘘の強要。さらに賠償金を目当てに事件を裁判沙汰にしてしまいます。

しかし、裁判では息子を死に追いやったのは母親だとして、母親は敗訴。逆に学校サイドへの損害賠償を指示されてしまいます。

ただ「毒親」の母親は、今でも自分の非を認めず、損害賠償請求には応じていないようです。

オリジナルドラマとされていて、まだ1話しか放送されていないので、このままのストーリーでくるのかは定かではありませんが、設定としてはここまでは一致していることから、かなり近いのではないでしょうか。

 

10月31日放送第3話のバスケ部顧問を襲った犯人は誰?

第3話のラストに衝撃の展開が。

吉岡圭吾の謎の死がマスコミに騒がれたことから、以前の学校での体罰問題がバレてしまったバスケ部顧問の先生。

以下の記事に詳しくまとめてありますが、辻(神尾佑)先生・・・そんなに悪い人じゃないんです。

 

そして、今回の騒ぎの責任を取るということで、学校を辞めることになった辻先生。

そんな辻先生を更に不幸が襲います。

なんと、ハロウィンのパンプキンのお面をかぶった謎の人物に鉄パイプで殴打される事件が。

この犯人・・・ネットでは以下の2人の人物の名前が浮上しています。

吉岡圭吾の母親(仲間由紀恵)

霧島先生(及川光博)

どう考えても一番怪しいのが仲間さんなので、逆に、今のところ良い先生すぎる霧島が怪しい気もします。

また材料は少ないので新たな展開が入りましたら、更新していきたいと思います。

 

明日の約束の犯人は仲間由紀恵?自殺は母親の操作?11月7日第4話更新

 

スポンサーリンク

 

11月7日放送の第4話のラストに衝撃の真実が発覚。

喫煙の件で大翔本人に話を聞いた日向(井上真央)は、圭吾が「たばこのことをバラされたくなかったら自分をベンチ入りさせてほしい」と大翔を脅していたことを知る。

引用元:https://www.ktv.jp/yakusoku/story/05.html

圭吾・・・そんな悪い奴とは。。

しかーし。圭吾がそんなことするわけない。。

ツイッターでもこんな意見が。

吉岡君が脅しを? 絶対違う! 絶対母親が操っていたんでしょ!

 

圭吾くんの母親盗聴してたから煙草吸ってるの知ってたのかな パソコンで音声みたいなの聞いてたかんじだったし… 母親に言われて長谷部くんを脅した…? あの母親毒親すぎてやばい

 

明日の約束、これはお母さんが盗聴して息子に先輩を脅迫させてたってことなのかなぁ

 

吉岡君がキャプテン脅迫してたの、母親(仲間由紀恵)の入知恵ちがう?キャプテンとのLINEの内容も見てたし(^^;

 

圭吾たんがママンに無理矢理やらされていたのは、脅迫?バスケ?

そう、母親(仲間由紀恵)による吉岡の操作説が。

母親に脅迫をやらされいた。なるほど・・・これならしっくり来ます。

そして第5は新たに以下の事実が発覚。

『僕は、先輩のせいで死にます』――圭吾から最後に送られてきたメッセージに苦しむ大翔を何とか救いたい日向は、そもそも脅迫自体が圭吾の意思ではなかったのではないかと疑念を抱く。そして、中学から同じバスケ部だった勝(渡邉剣)に話を聞くと、圭吾が中学のときにクラスで嫌われていた理由が明らかに。

引用元:https://www.ktv.jp/yakusoku/story/05.html

キャプテンかわいそうだけど・・・これ、母親がLINEさせたのでは??

ということは・・・もしかして、圭吾の死は母親がやらせたという恐ろしい予想もできます。

怖い(>_<)まだ、わかってないことだらけなので、新たな事実がわかりましたら更新していきます!

 

まとめ

今回『明日の約束』の結末や犯人のネタバレ予想のまとめをしてみました。

まだ始まったばかりですので、大きく外れていたらすみません!

今後の流れで大きく変わってくることが予想されますので、引き続き見守って行きたいと思います。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です