明日の約束は実話?原作やモデル事件についても【井上真央主演ドラマ】

スポンサーリンク

 

井上真央さんの久しぶりの復帰ドラマとなった『明日の約束』ですが、かなり過激な内容になっているようです。

中には実話だという噂も出ているようなので、今回の記事では「原作情報」やモデルとなった事件について調べてみました。

 

 

明日の約束のあらすじとは?

主人公の藍沢日向 (井上真央) は、高校のスクールカウンセラー。

「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。背後に、誰にも相談できない苦悩…“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。

日々、業務に熱心にまい進する日向はある日、気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

はたして、誰が彼を死なせたのか…。彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。学校での陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、彼自身の非行歴と不穏な交友関係…。

また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。

しかし、日向は、生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?

引用元 https://www.ktv.jp/yakusoku/introduction/

 

ん~、井上真央さん演じる日向の名前に反して、かなり過激で、暗い印象を受けるあらすじですね。

イジメや毒親、生徒の死など、重たい題材が名を連ねていますが、本当に原作なんて存在しているのでしょうか?

 

明日の約束の原作情報とは?

では『明日の約束』には原作が存在しているのでしょうか?

公式サイトには「オリジナルヒューマンミステリー」との記載がありました。

ということは、原作やモデルとなる元ネタは存在していないということなんですね。

確かに、コレだけの過激な内容はフィクションの小説ならまだしも、モデルの事件があったとは思い難いですね。

ただ、近年ではスクールカウンセラーを常駐させている学校も多くあるようですし、イジメが原因で自殺してしまった学生に対しての、各機関の対応についてのニュースは毎日のように耳にする機会が増えているのも事実です。

果たして、本当に原作が存在しているのでしょうか?

 

 

明日の約束の原作とは?

 

スポンサーリンク

 

気になったので、調べてみたところ『モンスターマザー~長野・丸子実業『いじめ自殺事件』教師たちの闘い~』というノンフィクション本が存在しているようです。

著者は、フリーのジャーナリストとしても知られる福田ますみ氏です。

ジャーナリストとして、実際に取材したことをまとめたのが『モンスターマザー』ということなので、全てが実話ということになります。

気になる内容はと言うと・・・長野県に実在した男子高校生の自殺が元で起こった事件だということです。

男子高校生の母親は、学校でのイジメが原因で息子が自殺したと告訴します。

しかし、蓋を開けてビックリ!実は母親の家事放棄や学校への嘘の証言を強要されていたことを苦に感じたことが原因でした。

「毒親」の母親は、学校や他生徒の保護者から慰謝料をせしめるために、自分の子供をだしに使い、なんと死に追いやっていたのです。

裁判でも、母親側は完全敗訴となり、まさに「毒親」そのものです。

『明日の約束』に関しては、日向が直面する問題のきっかけとなる生徒の存在が、この『モンスターマザー』に登場する母子にかなり近いとされています。

実際には、公式に公表されている訳では無いですし、描かれる物語もスクールカウンセラーが主体のストーリーです。

「オリジナルヒューマンミステリー」と言われてしまえばそれまでですが、公表するにも起こった事象が衝撃的すぎるために、あえて「オリジナル」としているのかもしれませんね。

 

まとめ

今回『明日の約束』の原作やモデルについてまとめてみました。

実際、原作と言えるであろうフィクションが存在していることがわかりました。

あらすじを見ただけでも重そうな内容となっているため、心して視聴したほうが良さそうです。

何と言っても、主演の井上真央さんの復帰作ですので、どんなドラマになるのか関心が絶えませんね。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です