愛してたって秘密はある9話で爽の父親は死んだ?生きてるかネタバレ!

スポンサーリンク

9月10日に放送された日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」第9話。

最終回に向けて、続々と様々な真実が判明しました。

そんな中、ラストでエンケンさんこと遠藤憲一さん演じる爽の父親の立花検事が風見医師に刺されてしまいました。

正直、自業自得って感じはしますが(^_^;)

そんなドラマ「愛してたって秘密はある」第9話ラストで刺されてしまった遠藤憲一さんは生きているのか??

最終回のあらすじ情報からネタバレしていきたいと思います。

 

 

第9話で明かされた爽の父親の衝撃の真実とは?

やっぱり風見医師の父親に無理やり罪を押し付けるために、黎の父親に嘘の供述を強要していたエンケンさん。

ヒドイ・・・。かわいそう(>_<)もちろん妻にDVしたのは悪いけど、黎のお父さんも傷ついていたですね。ある意味被害者です。

そんな爽の父親の前にずっと身を隠していた風見先生が現れて「(風見先生の父親が)冤罪だって知ってたのか??」と聞かれて「(冤罪かどうかなんて)どうでも良かった」と正直にヒドイことを言う爽の父親。

そりゃ、風見先生怒るよ・・・。やったこともヒドイし。

そして刺されて、死にそうになる爽の父親。

なんだか、死んじゃいそうな展開でした。果たして死んじゃうの!?

そんなエンケンさんの真実にツイッターも盛り上がっていました。

遠藤憲一好き、めっちゃ面白い死なないで〜#愛してたって秘密はある

 

愛してたって秘密はある。今週の感想まとめ。爽パパ(エンケン)よ、元凶はお前かーっ。そしてエンケンの最後の口パクパクは息子に金魚の世話頼むな・・・ということで。

 

立花パパのことは嫌いになってもエンケンさんのことは嫌いにならないでください #愛してたって秘密はある ていうか愛してたって秘密ありすぎw

 

エンケンさんは報いを受けた#愛してたって秘密はある

 

「愛してたって秘密はある」のなかで一番の罪人ってヒロイン爽の父親だよね… あの人が調書を捏造しなければ、黎の父は母に暴力振るわずに済んだ。黎は父を殺さずに済んだ… 黎の父親の日記…もう…… 爽の父さえもっと誠実な人間だったら、ほんとに黎の家族はもっと幸せだったよ‼︎

心配する声もありますが、その罪を批判する意見が多かったです!

皆さんのおっしゃる通りですね~。

 

 

愛してたって秘密はある最終回で爽の父親は生きてる?

 

スポンサーリンク

 

とりあえず、以下、最終回あらすじです。

奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で————。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は————?

引用元:http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/story/index.html

ということで・・・エンケンさんの安否状況公開されていませんね(^_^;)

でも、予告でバッチリ公開されてました。

引用元:https://youtu.be/lUIT39mv6EE

エンケンさん、病院のベッドで、またどうにか生きていることが判明!

でも、このまま死んでしまう可能性も無きにしもあらずな展開です。

ただ、個人的な予想としては、このままエンケンさん死んじゃう気がしません。

そこまで絶望的なエンディングはやめて欲しいので、生き残って、自分の間違いをどうか反省して欲しいです。

予告で息子が言ったように、自ら刺されるように嫌なことを言ったのかもしれませんが、そんなことじゃ、罪は消えないよ!!!という想いからも、エンケンさんに生きてて欲しい最終回の結末です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です