愛してたって秘密はあるで黎はサイコパス?福士蒼太の異変の真相最新予想!

 

怖さが話題になっているミステリードラマ『愛してたって、秘密はある。』ですが、8話をご覧になった方には、衝撃の急展開になったととと思われます。

爽(川口春奈)を愛し、あんなに優しくて、父殺害を悔やんでいた黎(福士蒼汰)が、まさかまさかの急変してしまいました。

そこで今回は、『愛してたって、秘密はある。』の黎のサイコパスの評判や異変の真相を予想してみたいと思います。

さらに、9月10日放送の9話を見ての予想も追記していきます。

 

目次

愛してたって秘密はあるで黎はサイコパスなの?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22543″]

8話のラスト、母・晶子(鈴木保奈美)が黎の身代わりで警察に自首しました。

黎も警察署の前に居たことから自首するために赴いたと思われます。しかし晶子の自首の一報が警察から入ると、踵を返し帰ってしまいました。

その帰路のこと・・・父を殺した時に流れていた曲を口笛で奏でながら歩く姿が映し出されたのです。ハッキリとは見えませんでしたが、顔の表情からは不敵な笑みがこぼれているようにも見えました。

これまで、誰にでも優しく、爽にとって良き彼氏、晶子にとって良き息子であったはずの黎が突如として、悪魔のように思えました。

今までの黎と同一人物とはとても思えず混乱している視聴者の方も多いのではないでしょうか。

 

愛してたって秘密はあるで福士蒼太の異変の感想とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22536″]

それでは、そんな黎を演じる福士蒼汰さんのサイコパス演技についての皆さんの感想を見てみましょう。

「今週の愛してたって秘密はあるの福士蒼汰がめちゃサイコみある演技上手くて好きになった」

「どういうことー!? 黎は多重人格なのか!? まじサイコ」

「愛してたって、秘密はある見たんだけど本当ヤバい…サイコパスみ感じる…こんなに先の読めないドラマなかなかないというよりも秋元康の手のひらで転がされてる…」

「愛してたって、秘密はある。 が怖すぎてやばい…サイコやん」

「愛してたって、秘密はある。第8話。福士くんの口笛と予告の様子を見る感じ、サイコパスなのかな()

「愛してたって、秘密はある。観てたんだけど福士蒼汰のラストカットにサイコパスみを感じた、最高」

「お母さん黒幕予想だったんだけど、れいくんだったのか〜? 二重人格かサイコパスなのか…でも二重人格の場合いままで生活でなにもでてないのも気になるし…ムムム」

「愛してたって秘密はある、レイが多重人格やサイコパス設定なら、福士蒼汰の演技が下手なのはもしかして演技してる演技だからという可能性。」

「愛してたって秘密はある 話が難しすぎるw あとそういう役だからしょうがないのはわかってるんだけど福士蒼汰がサイコパスにみえるw

 

衝撃の展開に、今までの予想を裏切られた視聴者の方が多くいるようですね。

かく言う私も、まさか真犯人に黎が絡んでくるとは思いもしませんでした。

黎のサイコパス化が、『愛してたって、秘密はある。』をより怖いドラマにしているのは言うまでもありません。

コメントにもあるように、秋元康(あきもとやすし)さんの思惑にまんまとハマってしまっているようですね(笑)

 

 

愛してたって秘密はあるで黎の異変の真相最新予想とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22524″]

では、そんなサイコパス化してしまった黎の真相を予想してみたいと思います。

しかし、私個人としては一番なって欲しくない展開になってきている事が、少し残念です。

というのも、仮に黎がサイコパスだったり二重人格だった場合、全ての事件が本人のあずかり知る範囲を越えたところで行われていて、なんだか拍子抜けしてしまうからです。

三権分立の一角を担う司法の世界を目指す黎が、過去に実父を殺してしまった事で加害者の味方になれるのではないかという葛藤がドラマを面白くしている気がするのですが、黎が「悪」では元も子もないですよね。

なので私の予想では、この際なので黎は「絶対悪」であったほしいと思います。

もはや、黎がする父を殺した回想は、全て事件後に晶子が繰り返し刷り込んだもので、真実ではなく、真実は「黎は幼少期からサイコパス」だったとか・・・。

黎は、やさしい子供などではなく、家庭内暴力が日常茶飯事の暴力少年で、度を越えてしまった末に父を殺してしまった的な感じではどうでしょうか?

大人になり、真実に気づいたあとも、晶子の刷り込みを演じ、晶子への復讐を企てていた

黎の幸せな結婚が決まり、晶子も黎が過去から開放されて一安心させておいて、奈落の底に落とす目的で、この事件を計画していたのかもしれません。

あまりにも意外な展開だったため、多少無理矢理感は否めない真相予想になってしまいましたが、黎の「絶対悪」に関しては、無きにしも有らずではないでしょうか?

 

愛してたって秘密はあるで黎の異変の真相最新予想とは?(9話)

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22792″]

さてさて、8話のラストの衝撃の鼻歌を口ずさんでいた黎ですが、9話では「なんだったの?」と思えるほど今まで通りでしたね。

自分の罪を背負って自首してしまった晶子に対し、終始「犯罪者の息子」を演じていました。

さらに、爽と距離を置くようになり、結婚を白紙に戻してしまいました。

爽に伝えた時の泣き崩れる姿を見る限り、サイコパスな黎を想像できませんでした。

ところが、『トゥーランドット』を聞きながら、不敵な笑みを浮かべる姿が1シーンのみ組み込まれていましたね。やはり黎は2重人格としか言いようが無いようです。

 

次週の最終回の予告でハッキリしましたね。

その問題の予告では、黎が朝起きると皓介の日記がビリビリに破かれて散乱していました。

そして、同じ行く部屋に落ちていたディスクを再生してみると・・・ソコには普段見たこともない表情の黎の姿が!

そうです。全ての「黒幕」は、黎本人の仕業だったのです。

肝心の黎は、自分のもう一人の人格には気づいていないようでした。おそらくは、父殺害後に過度のストレスから人格障害になってしまったのでしょう。

自分の中の闇を吐き出す為に形成された人格で、無意識に自分が裁かれる方向に行動していたものと思われます。

虎太郎やかりんに戸籍や指輪を渡していた人物も黎だったというオチのようです。

今のところ、共犯と思われる香坂弁護士との関係性に関しては明らかになっていませんが、香坂弁護士も黎の別人格に利用されていたと考えるのが自然のように感じます。ただ、虎太郎達と違うのは、黎の別人格の存在に香坂弁護士は気づいていたのではないでしょうか?知った上で、心惹かれていたのでしょう。

いよいよ、最終回を迎えるにあたって、様々な真相が明らかになると思います。

果たして、黎と爽の関係はどうなってしまうのでしょうか?真犯人の影が見え始めた現在、争点はそれぞれが「幸せ」をどう捉えるのか?ということになってくるのでしょう。

 

まとめ

 

今回『愛してたって、秘密はある。』の黎の異変についてまとめてきましたが、ドラマも残すところあと数回となってしまいました。

衝撃の結末までに、あと何回「天を仰ぐ」のか?天才・秋元康作り上げた世界を楽しみたいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる