愛してたって秘密はある最終回ネタバレはさくとれいの二重人格が犯人で晶子が共犯

スポンサーリンク

日本テレビ、日曜ドラマ「愛してたって秘密はある」が9月17日でとうとう最終回を迎えます。

やっぱり福士蒼太(ふくしそうた)さん演じる黎(れい)が二重人格確定!?みたいな予告でしたね(^_^;)

そんな「愛してたって秘密はある」第10話最終回のあらすじネタバレをまとめていきます!

 

 

愛してたって秘密はある最終回あらすじのネタバレは?

奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で————。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は————?

引用元:http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/story/index.html

「すべてこの女の仕業」のこの女・・・おそらく弁護士の香坂だと思うのですが以下の記事で考察しています。

 

 

次週予告では爽の父親どうにか生きてましたね~。果たして最終回の最後まで生きてるのかは不明ですが。

そして、やっぱり、黎の二重人格確定ですね(^_^;)

以下の記事でまとめてありますが、第8話ラストで、あれ?怪しい多重人格??と疑惑でしたが、予告で確定しちゃった感じです。

そう考えると、死体掘り起しなど数々の奇妙な現象を起こしていたのは黎のもう一つの悪い人格で、黒幕は黎自身と言うことになるかと思います。

そして兼ねてから、テレビ雑誌で犯人は単独犯でないというネタバレ情報が書いてあったので、おそらく第9話あたりから怪しくなってきた香坂弁護士が共犯者なのでは??と思います。

 

最終回は黎が自殺する結末?

 

スポンサーリンク

 

そんな最終回の結末は黎が自殺するという予想が駆け巡っています。

確かに、黎が二重人格だとしたら、どんなエンディングになるのか予想つきません。

だって逮捕されて服役?でも二重人格だといしたら、無罪放免っていう可能性も。

どっちにしても、ハッピーエンドにはならないですよね~(^_^;)だって、二重人格の黎が無罪だったとしても、爽と結婚ってあり得ないし。

なんとなく真実はわかったけれど、結末がどうなるのかやっぱり気になります。

ちなみに以下の記事で第9話の振り返り&最新の真相予想をしています!

 

では、以降のあらすじまとめていきます!

 

トロフィーを爽に送った人物は・・・

奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で————。

これは、なんと晶子でした。

刑事に知らされた黎。びっくりして一体どういうこと!?と驚愕します。

一方、風見に刺された爽の父親の立花検事、ずっと危険な状態でしたが、無事に意識を回復しました。

そしてそして

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

黎はこのDVDで自分が気味の悪い笑顔で映っているのを見てしまいます。そう、これは、もう二重人格決定ですね。

そして何か(たぶん自分が二重人格だと)を悟った黎。

一方、黎の自宅に駆けつけた爽も黎のもう1人の人格に会ってしまいます。

いつもの黎とは全く別の人格に驚愕する爽でした。

黎は母親晶子の弁護を香坂弁護士に頼み、一緒に連れていってもらうように御願いします。

そして、爽も晶子に黎のことについて話した聞きたいと、接見に同席します。

 

黎が知った衝撃の真実とは?

晶子に接見した黎。

晶子に真実を聞きます。

黎は大学に入ったころ、日記を見てしまった黎は父親が悪い人ではなかったことを知りショックを受けます。

そして、そのことをきっかけに別人格のサクが生まれてしまいます。

サクは父親を殺したことを全然悪いと思っていなかった悪人。

サクは晶子の前にだけ姿を現していました。

サクは黎が結婚することを知り激怒。

晶子に命じて、2人でメールや花束、死体掘り起しなど様々なことをして、2人の結婚を阻止しようとしていました。

一連の奇妙な出来事は晶子はサクに脅されて、2人の結婚をブチ壊すために、やっていたことでした。

病院で突き落とされたのも、自ら晶子がやったこと。晶子は自分が大けがをすれば、黎が結婚を諦めると思ったのでした。

次第にサクでいる時間が長くなっていると心配していた晶子。

黎が「母さんは本当は俺の幸せを願ってなかったんだ」と言うと「そんな事はない」と泣きながら反論。

そして晶子は「爽ちゃんには感謝している。(爽に会って)黎が笑顔を見せるようになった」というのでした。

 

黎が自首するはずが・・・サクが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

爽が虎太郎に父親は黎の犯行で自首すると言っていたことを告げます。

しかし虎太郎から「(黎の)自宅に誰かいた」と聞いた爽は自宅に駆けつけます。

そこにはサクが。「俺が(黎を)自首させる訳ないじゃん」と笑うサク。

しかし、爽はその場で「彼氏に暴力をふるわれました」と110番通報。

黎の自首をしたいという意志を尊重して、警察に逮捕してもらうことに。

警察が来て「やめろーーー」と叫ぶサクに、爽は声をかけて黎を呼び戻します。

するとサクは黎に戻り・・・笑顔になり爽に「ありがとう」とお礼を言うのでした。

その後、黎は逮捕されて、テレビニュースでも殺人犯として発表されるほどになりました。

 

香坂弁護士の時計の謎とは?

香坂弁護士が晶子と接見。

黎が逮捕されたことで自分を責める証拠に香坂弁護士は自分のことを話します。

私にも息子がいて・・・育児放棄してしまった過去があり、ずっと会えてないんです。時計を送ったんですけど、受け取ってもらえず・・・と自分の腕時計を見つめます。

そう、香坂弁護士がいつもしていた時計は息子さんの時計だったんですね~。

実は香坂弁護士には息子さんがいて辛い過去があったという真相でした。

 

爽や弁護士の道へ・・・黎との関係は

爽の父親は晴れて退院。そんな父親に「私、検事でなくて弁護士になる。弱い人に寄り添っていきたい」と告げます。

そして、爽は逮捕されている黎に接見。

爽の訪問にびっくりする黎に最後は「黎を待ってる。罪をつぐなったら結婚しよう」と告げ、黎も涙ながらに喜びます。

そして・・・接見室から出てきた黎。

ラストは「バラの香りがする・・・」と意味深な表情とセリフを残し・・・終了。

もしかして、ラストの爽と話していたのはサク??と思わせるゾクっとしたラストシーンでした。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です