愛してたって秘密はあるは香坂弁護士が犯人で腕時計が謎?最新ネタバレ情報も

 

ミステリーが本格化し、犯人予想が迷走し始めた『愛してたって、秘密はある。』ですが、ここに来て新たな容疑者が登場してきました。

その人物とは、今まであまり触れられることのなかった香坂弁護士(山本未來)です。

ノーマークであった香坂弁護士の犯人予想は、当記事の読者の方のコメントにも多く出ていることから、今回は香坂弁護士が犯人である可能性を、最新ネタバレ情報を踏まえて探ってみたいと思います。

さらに衝撃の展開となった8話、9話も放送済ですので、8話、9話も踏まえた考察を追記しています。

 

 

目次

愛してたって秘密はあるの犯人は誰なの?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22209″]

早速ではありますが、某テレビ情報誌の記事で、制作プロデューサーの「既に登場している人物の中に犯人はいます。」というコメントを見つけました。

ということは、今後、出演するであろうキャストは犯人にはなりえないわけですね。

既に登場している人物の誰かが犯人とは言うものの、主要キャストは10人以上いる上に、主人公の黎(福士蒼汰)を始め「怪しいと言えば怪しい」と思える人物ばかりで、絞りきれていないのも事実です。

さらに、制作プロデューサーは「単独犯ではないかも」という、意味深な言葉も残しています。

7話まで放送された現在、容疑者であった風見(鈴木浩介)・虎太郎(白洲迅)・かりん(吉川愛)の3名に関しては、共犯者である可能性は残すものの「黒幕」では無いことが、ほぼ確定していると考えられます。

さらに、爽の兄・暁人(賀来賢人)も悪を追うジャーナリストとしての立場から「黒幕」でないと思われます。

ここで少し、容疑者をおさらいしてみようと思います。

黎は、父を殺害してしまった自分を許せない事で「2重人格」「自作自演」の容疑がかかっています。

そして、ヒロイン・爽(川口春奈)は、まだハッキリしていませんが「自身の過去と黎の起こした事件」との繋がりを懸念した声が上がっているようです。

さらに、今までで最有力の「黒幕」が黎の母・晶子(鈴木保奈美)です。理由は黎と同じく一連の事件の詳細を知っている人物だからですし、爽の事件の発端ともなった贈収賄疑惑の件にも絡んでいる節を感じるからのようです。

そして、最近になって浮上した爽の母・茜(岡江久美子)今回の記事の主要人物・香坂弁護士です。

爽の母に関しては、他記事で詳しく考察されていますので、そちらをご参照ください。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22218″]

 

愛してたって秘密はあるの犯人は香坂弁護士?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22218″]

それでは、そろそろ香坂弁護士が犯人であるネタバレ予想をしてみたいと思います。

そこでまたまた、制作プロデューサーのネタバレ情報です。「犯人の目的は黎への憎しみと歪んだ愛です」ということです。

「黎への憎しみ」に関しては、登場人物の殆どが黎と関係しているので可能性としては全員ということになります。

しかし後半の「歪んだ愛」というのがポイントですね。「愛」ということは家族もしくは女性に限定されるでしょう。

家族愛があるとすれば、母・晶子と家族同然の付き合いをしている風見ということになるのですが、前項でも触れたように風見は「黒幕」から除外されましたので、晶子のみですね。

ヒロイン・爽は婚約者でもありますし「正当な愛」なので「歪んだ愛」には相当しないでしょう。

かりんに関しても風見と同じ理由で除外します。

そして、爽の母・茜も黎に対しては「娘の婚約者」としての関係と考えていいでしょう。もしかしたらもっと複雑な関係かもしれませんが、今回は白にしておきます。

となると、残るは晶子と香坂弁護士のみとなってしまいますね。

 

香坂弁護士が犯人の理由と動機は?腕時計の謎は?【9話最新】

 

 

とりあえず、晶子のことは置いておいて、香坂弁護士の考察をしてみたいと思います。

まずは、黎と香坂弁護士の関係からです。香坂弁護士は黎がまだ法科大学院の頃に、先生と生徒と言う関係で出会っています。この関係は、爽と虎太郎も一緒ですね。

卒業後も良き相談相手として黎に慕われていました。

まぁ「先生と生徒」という時点で、若干の「歪んだ愛」感は感じますね。

さらに、香坂弁護士は独身であることもストーリーの中で判明していることから、黎を恋人対象として見ていたとしても何ら不思議な事ではありません

そんな、思いを寄せる黎と、可愛がっている爽が結婚すると聞かされて「裏切られた」となったのでしょう。普通は、可愛い教え子同士の結婚なら喜ぶところですが。その部分も「歪んで」ますね~(笑)


さらにさらに、読者の方の考察には・・・

「爽が婚約を報告した際に聞こえないふりをした」

「香坂弁護士の腕時計が妙にアップされた」

「黎が婚約指輪の相談をした際に、一瞬香坂弁護士が黙り込んだ」

という3点が、伏線ではないかというコメントを頂いております。

確かに、言われてみれば3つとも不自然と思えるポイントですね。結婚に関することの沈黙に加え、時計も黎と何らかの関係があると考えても良いかもしれません。

ただ、黎のことが好きであっても、黎の父・皓介(堀部圭亮)との関係が不透明なんですよね。

ネットで皓介と香坂弁護士が不倫関係だったという予想が一番多かったみたいです。

なので整理すると・・・香坂弁護士が犯人である動機は以下の2つのどちらかだと思います。

①香坂弁護士は学生として出会った黎の別人格のことを好きになった

②香坂弁護士は黎の父・皓介(堀部圭亮)と不倫関係で皓介の死への復讐のため

そう、第8話ラストから浮上した黎の二重人格説。

以下の記事でも最終回ネタバレでまとめてありますが。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22761″]

 

当初は、腕時計は当初香坂と皓介と不倫していて、ペアで買った時計、もしくは皓介の形見で、その皓介の死への復讐に黎に嫌がらせをしたというのが自然だと思っていましたが、そうなるとやはり「歪んだ愛」というのが説明がつきません

なので、かなり無理があるのかもしれませんが、今のところ、黎と出会い別人格(悪い方)を好きになった香坂弁護士は、勝手に愛情を膨らませ、好きになった別人格とは違う人格とはいえ、爽の結婚を期に黎を取られてしまうのが嫌で復讐。もしくは、別人格の黎に利用されて、黎に操られていたとも考えらると思いました。

そうすると腕時計の謎が残ります・・・入手した最終回ネタバレ情報が逆に予想を難しくしてしまったようですね(^_^;)

 

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/22766″]

今回『愛してたって、秘密はある。』の犯人が香坂弁護士の可能性についてネタバレ予想をしてみました。黎の二重人格はほぼ確定のようですし、第9話の香坂弁護士の言動から、犯人でないにせよ何かしら重要な役柄を担っていたことは明白です。

そんなドラマ『愛してたって、秘密はある。』の最終回は9月17日です!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる