愛してたって秘密はあるで医者風見は爽の暴行犯人?7話から鈴木浩介のネタバレ

スポンサーリンク

日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」もいよいよ物語が動き始めました。

8月20日放送第6話のラストでれいの婚約者さわ(川口春奈)と対面した医者風見(鈴木浩介)。

すると怯えたような様子の爽が衝撃の一言を・・・。え!?風見先生が犯人なの!?

そんなドラマ「愛してたって、秘密はある」第6話で急展開した犯人と爽の秘密についてまとめてみました!

8月27日放送の第7話でわかった風見の真相についてまとめました!

 

 

爽と医者風見の関係は?

念のため風見について役柄をおさらいすると・・・

風見忠行(かざみただゆき)45歳

港北医科大学附属病院の消化器内科、准教授。独身。

もともと皓介の後輩医師。

性格は穏やかで人情味があり、患者やナースからも人気。皓介の「失踪」後、晶子の復職を世話するなど、何かと奥森母子の面倒を見ている。

黎にとっては父親代わりのような存在。ほのかに晶子に好意を抱いていて・・・。

参照元 http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/chart/index.html

れいも信用している、いかにも良い人って感じの役柄です。

ただ第5話あたりから、爽の名前を聞いて驚いた様子を見せた鈴木浩介さん演じる医者風見。

そして、第6話ではれいが婚約者として紹介しようとすると、あからさまに避けるような態度。「最近忙しいから今度・・・」。

これは、風見・・・なにか怪しい。

爽と風見医師の2人の関係って???と気になっている人多数だったと思います。

 

しかし、第6話で急展開。

れいがおそらく風見に何も告げることなく爽を連れて風見の元にアポなし訪問。

すると風見を見たさわに異変が。

怯えたような態度。そして・・・爽の口から驚愕の一言・・・「犯人・・・この人犯人・・・」

ひぇ~なんの犯人!?驚愕のラストシーンでした。

 

 

爽と医者風見の関係を7話からネタバレ!なんの犯人?

そんな爽と医師風見・・・いったい2人はどういう関係だったのでしょうか?なんと・・・ドラマ公式の第7話のあらすじにバッチリネタバレされていました。

 

風見(鈴木浩介)と顔を合わせた爽(川口春奈)は、「あの人、犯人!」と言って倒れてしまう。黎(福士蒼汰)は意識を取り戻した爽から、10年前に襲われた過去を打ち明けられる。爽はほとんどケガもなく解放されたのだが、その時に見た犯人が、風見だったというのだ。風見がそんなことをするとは信じられない黎。

爽から話を聞いた兄の暁人(賀来賢人)は、風見を警察に突き出すと息巻くが、爽は、風見と話がしたいと言うのだった。
黎は暁人から、10年前の事件の詳細を聞く。当時、高校生だった爽は帰宅途中、何者かに薬品を嗅がされて連れ去られた。犯人は爽を襲う際に「立花弘晃の娘か」と尋ねていたため、立花(遠藤憲一)に恨みを抱いての犯行と見られたが、結局、容疑者は特定できないまま、9月3日には事件の時効を迎えてしまう。暁人は爽の思いを汲み、風見が犯人だという証拠をつかんで彼に真相を聞くつもりだと黎に話す。

そんな中、黎は何者かから、またしても奥森(堀部圭亮)を思い起こさせる写真を突き付けられる。状況から、その写真を仕込んだのが虎太郎(白洲迅)なのではないか、と疑った黎は、写真を見せて心当たりはないかと聞いてみるが、虎太郎は知らないと答える。疑念は晴れない黎は、虎太郎を尾行する。すると、虎太郎は果凛(吉川愛)と待ち合わせしていて…。

黎を脅かしてきたのは、虎太郎と果凛なのか!?
そして、爽の事件と風見の過去に隠された真相とは…!?

引用元:http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/story/index.html

そう、風見医師はなんと爽の暴行犯人容疑者なんです。

てっきり、性暴行かと思っていたら、襲われそうになっただけだったんですね。ちょっと安心(^_^;)

ただ、黎には知られたくないので、性被害があった事実を隠しているという可能性もゼロではないかもしれませんが・・・。

でもこれって?爽の嘘?この事実をれいに言う必要ないですよね???かりんちゃん、爽が悪いみたいなことを言っていましたが・・・これが爽の秘密だとしたら、爽は全然悪くないですね~。

ちなみに風見医師・・・これだけだと容疑者って感じで、犯人でない可能性も高い気がしました。

というのも、爽がかなり同様しているので真犯人は別にいて、居合わせた風見が勘違いされた可能性もある気がします。

しかし、風見は爽に顔は見られて、犯人だと思われていると自覚した風見がれいと爽の結婚を壊すために、2人の結婚を妨害するために、メールや父親の死体掘り起しなどをした可能性が浮上しました。

現時点でかなり犯人(メールや死体などの)の可能性が高いと思います。

また新たな展開がわかりましたら、追記していきたいと思います!

 

第7話で発覚した風見の真実追記!

 

スポンサーリンク

 

風見が犯人だと口にした爽でした、病院で倒れた後、一旦帰宅。その後兄に風見に会って犯人であったことを告げます。

その後、風見のもとに直接真相を聞きにきた爽と黎と爽の兄でジャーナリストの暁人。

立花は諦めたように正直に真実を口にしました。

東国原さん演じる議員の贈収賄事件に関わったという内部告発があり、ちゃんとした証拠がないのに、無実の罪を爽の父親の立花に押し付けられてしまった風見の父親。

結局立花に強引に罪を押し付けられたことで有罪にされて、懲役刑となります。そして服役を終えて出てきた風見の父親は末期の膵臓がんで手遅れ状態。

その後、犯罪者のレッテルを張られたまま死んだのでした。

これは、確かに風見先生にかわいそすぎ・・・(>_<)

衝撃の真相に風見先生に同情した真実でした。

また、父親に復讐をするために、娘の爽を拉致。しかし、拉致をした爽を前に、号泣するだけで、何もしなかった風見。

爽に何か暴行などしたの??のネットでは話題でしたが、特に何もしていなかったことがわかりました!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です