ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想などのネタバレ情報

  1. 愛してたって、秘密はある。

愛してたって秘密はあるのタイトルはれいじゃなくて爽のセリフ?誰の言葉か予想

 

現在3話まで終了し、次回から新章に突入する可能性のある愛してたって、秘密はある。

』ですが、ストーリーの核となるタイトルに注目が集まっているようです。

正式なタイトルには句読点がついているということは、誰かが発言するセリフだと思われます。

そこで今回は、『愛してたって、秘密はある。』のセリフを誰が言うのか大胆予想していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

愛してたって秘密はあるのタイトルは誰のセリフ?

 

前回の3話までの流れを見る限り、最大の秘密を抱えるのは父を殺害してしまった黎(福士蒼汰)のセリフだと思っていた方は多かったと思います。

しかし、3話のラストから次回予告で一転して予想を覆されそうな予感がしてきました。

それは、今まで黎を悩ませていた父親殺害の証拠を知っていて、脅迫まがいのことをやっていた人物の出現や、新たに恋人・爽(川口春奈)の過去が明らかになるようで、まだまだ登場人物の「秘密」は増えていく感じがあります。

 

愛してたって秘密はあるのタイトルは誰のセリフ?(ツイッター)

 

では、そんな『愛してたって、秘密はある。』のセリフを誰が言っているのか予想と言うか、迷っている声が上がっていますのでご紹介しましょう。

「黎はもちろん秘密があるのはわかっているけど、他の人も何かありそう…爽とか」

「誰にだって秘密はあるし、ハッキリ言ってみんな怪しい。」

「黎が父親殺した秘密を上回る爽の秘密って何?」

「タイトルの愛してたって秘密はあるって誰かが言うセリフなの?福士くんとか川口春奈?」

「黎のお母さんなんで突き落とされたの?誰かに恨まれてるとか?」

「え、黎の秘密の話じゃないの?」

「川口春奈にも秘密があったんだね。秘密ってエンケンさんのことじゃ無かったのね(笑)」

 

皆さんかなり迷走されていますね。

それもそのはず、3話までの流れでは、父親を殺してしまった事実をひた隠ししていた黎が事件が露見してしまい贖罪のために、爽に対して言うセリフだと思っていたでしょう。

しかし、最新の流れでは川口春奈さん演じる爽の過去にも相当の秘密がある事が判明しました。

現状では、その証拠として写っていた写真しかわかっていることはありませんが、「少しギャルっぽい」感じしか見て取ることは出来ませんでした。

果たして、爽の秘密とは一体何なのでしょう?

 

スポンサーリンク

 

愛してたって秘密はあるのタイトルは誰のセリフか予想

 

そんなこんなで、『愛してたって、秘密はある。』のセリフに関しては黎か爽が有力となっています。

その他にも黎の母・晶子(鈴木保奈美)も可能性としては「0」ではないでしょう。

なので、私はこの3人を除いた、変化球として予想してみたいと思います。

 

結論から言えば、遠藤憲一(えんどうけんいち)さん演じる爽の父・立花弘晃が言うセリフと予想したいと思います。

今のところ、黎と爽の結婚には反対の立場にいる弘晃ですが、黎の父親の死の真相に大きく関係していそうですし、親子ですから爽の過去のことはもちろん知っているでしょ。

黎と爽の「秘密」が発覚し、お互いの心が離れていってしまうことを危惧した弘晃が「愛してたって、秘密はある。」と爽に説いた言葉のように思います。

父であり、人生の先輩として「愛しているからこそ、秘密にしなければいけないこともある・・・」相手や家族を守るための嘘(秘密)は、必要嘘なのではないか?嘘が良いわけではないが、つかなくてはいけないときもある・・・的な感じになるのではないかと思います。

本命の3人を除いた予想ですので、若干の無理矢理感は否めませんが、「無くもない予想」になっていると思います。

 

まとめ

 

今回『愛してたって、秘密はある。』のセリフについての予想をまとめてみましたが、今後中盤に差し掛かって明らかになることも沢山あります。

ストーリーの核となるセリフなだけに終盤まで出ることはないかと思いますが、どのタイミングでこのセリフがあるのか楽しみにしたいですね。


愛してたって、秘密はある。の最近記事

  1. 愛してたって秘密はあるHulu続編のあらすじネタバレと感想!黎とサクの演技がスゴイ

  2. 愛してたって秘密はある最終回の結末は?犯人や真相をネタバレ

  3. 愛してたって秘密はある最終回ネタバレはさくとれいの二重人格が犯人で晶子が共犯

  4. 愛してたって秘密はあるに批判集中?続編のHulu配信がムカツク?

  5. 愛してたって秘密はある最終回ラストのバラの香りがするの意味とは?微妙な最後

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP