リバースの意味とは? 湊かなえ原作ドラマで気になる藤原竜也主演作のタイトル

藤原竜也さん主演ドラマ「リバース」がいよいよ414日(金)よる9時スタートします!

原作も人気で、豪華キャストが集結していて、楽しみな人も多いと思います。

 ところで、ドラマのタイトルの「リバース」ですが、どんな意味なのでしょうか?イヤミスの女王・湊かなえさんの小説の名前になるのですから、深い意味があるのは間違いなさそうですね!!!

 今回はそんな興味津々の「リバース」の意味について考察、追及していきます!以下、ネタバレ記事ですので要注意です!

 

目次

リバースの意味とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/13331″]

リバースをまず、辞書で調べてみました。

 

リバースreverse

1 逆にすること。反対方向へ動かすこと。

2 テープレコーダーで、往復録音、また再生の逆走行のこと。例「テープが自動的にリバースする」

3 俗に、飲食したものを吐くこと。嘔吐(おうと)すること。
※3は日本語での用法

 

リバースrebirth

再生、復活を意味する。

 

大きく分けて、リバースreverseリバースrebirthの2つの意味に分けられることがわかりました。

さて、湊かなえさんはどちらの意味で使ったのでしょうか?

「リバース」のストーリーになぞらえて考えていきましょう!

 

リバースの意味に対するツイッターの反応

 

 

 

「リバース」のストーリーに行く前にツイッターの声も参考にしてみましょう!

湊 かなえさんの『リバース』後味悪すぎた。でも、色んなところに伏線があった…さすが湊さん タイトルの意味も最後の章で理解できた。

 

湊かなえ『リバース』読了。コーヒーを飲むのが趣味の、平凡なサラリーマンの恋人のもとに届いた告発文。途中まではあっさりした読み心地だったのが、半ばから事件になり一気読み。終章の最後の一文が湊さんらしく、いや〜な感じも味わいつつ、ようやくタイトルの意味が解った。

 

【リバース/湊 かなえ】終章に入る前までは最近続いたホワイトな湊さんかなぁという、印象だったのに、一番最後の2ページで今までの話のイメージがガラリとかわった。そして本のタイトルの意味も理解できた。

 

久々のブラックかなえさん(笑) ラスト10行ほとでゾワゾワっとなり、タイトルの意味に納得する! 季節感もちょうど今頃で雨の日に読むと感じ方も違うはず!

リバースやば最後ゾクッとしたわ。 それまでの記憶が全てあの瞬間まで巻き戻される想像した。 大きいところに気をとられて、何気ない描写が伏線になってたことに気付かなかったリバースってタイトルの意味が最後に分かるこの感じ、好きだな

リバース (講談社文庫)/湊 かなえ】最後の一文で、リバースのもう一つの意味を知る。あの一文、足元から崩れていく感じの怖さ。半分以上残った状態でお風呂に持ち込んで読んでたのだけど、気が付いたら湯船で

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/13324″]

「リバース」の意味は、小説「リバース」を読んだ最後(具体的には最後の一文)でわかったと言っているひとが多いですね!

どうも、小説「リバース」の結末に湊かなえさんが意味を込めたことは間違いなさそうですね!

ではどんな意味を込めたのでしょうか?

 

湊かなえがリバースに込めた意味・その1

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/12933″]

まずドラマのあらすじを見ましょう。

深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。

唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。

それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

いつもの仕事帰り、深瀬は行きつけのコーヒー店へ寄ると、そこには懇意にしてくれる乾恭子(YOU圭介(バッファロー吾郎A夫婦の、いつもと変わらない笑顔があった。

そんな恭子の計らいにより、深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と運命的に出会う。 頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に、いつしか強く惹かれてゆく深瀬。そんな深瀬の自宅に「人殺し」という張り紙がされていた。

驚きを隠せない深瀬だったが、そんなとき深瀬は、10年前に起きた広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていくという、ゼミ仲間との約束を思い出していた。

そんなある日、深瀬が通った大学の、教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届いた。

広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場へ向かった深瀬は、10年前の旅行メンバーである、社会科教師の浅見康介(玉森裕や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)の夫で大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らゼミ仲間と再会する。

また、その会場には広沢の母・昌子(片平なぎさ)も訪れていた。広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚える深瀬たち。

一方、そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿が……。

引用元:http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/story/

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/12753″]

主人公・深瀬和久は10年前にゼミ仲間4人とその妹の計5人でスノボ旅行に出かけます。そして旅行中にメンバーの一人・広沢が失踪して半年後に白骨死体で発見されます。

深瀬は、他のメンバー達と「広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていく」という約束をします。そして10年後に「深瀬和久は人殺しだ。」という内容の張り紙が自宅に貼られてしまいます。

 

ここが、ひとつめのリバースの地点です!!!

この場合のリバースは、reverse(逆、反対方向)の意味です。

今まで広沢の死から背を背け、秘密を背負って生きてきた深瀬(藤原竜也)が現在から過去(逆の方向)に向かうことで「広沢の死の真相」や「広沢という人間」にはじめて正面から向き合っていくのです。

 

そして深瀬は、「広沢の死の犯人」は、自分以外の者だと確信して動き始めます。ここでの方向性は完全に自分以外の人間にまっすぐ向かっています。

なぜなら深瀬は自分が広沢を殺してないことを知っているからです

 

ところが、小説では最後に自分こそが広沢を殺した犯人だという現実に行き当たります(;゚Д゚)え~!まさか!

ここでまた、リバースが起こります!!!

この場合のリバースもreverse(逆、反対方向)の意味です。

 

いままで他人に向けていたベクトルの向きが逆行して自分に突き刺さったのです!

恐怖の出来事としかいいようがありませんね(>_<)コワすぎる!

 

疑う側(深瀬)と疑われる側(他の4人)の立場逆転が起きるのです。

自分が深瀬の立場だったらと想像するだけで恐怖に包まれてしまう(>_<)責められる側になってしまった深瀬には地獄行き片道切符しかないのでしょうか(;゚Д゚)

 

原作「リバース」の詳しい結末やネタバレが知りたいひとは以下の記事を読んでくださいね!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/12248″]

 

 

 湊かなえがリバースに込めた意味・その2

 

 

 湊かなえさんがリバースに込めた意味は、逆行だけではないと思います。

私は、再生・復活をあらわすリバース(rebirth)こそ湊かなえさんが作品に込めた一番重要な意味だと思います。

 

主人公深瀬を含むゼミ仲間5人は「10年前の秘密」を誰にも漏らしてはならないと、保身に走っています。

もし「10年前の秘密」が他に漏れたら「身の破滅」だと思っているからです。

10年前の秘密については以下を読んでください。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/13331″]

 

武田鉄矢さん演じる小笠原や、広沢の母(片平なぎさ)にも疑われているけれど、絶対に話してはならないと思って今の生活にかじりついているのです。

 そんな中「深瀬和久は人殺しだ」という旨の告発文が深瀬の自宅に貼られてメンバー全員は生きた心地もしなかったでしょう。

 そして小説の中でそうであったように、ドラマの中でも間違いなくお互い罪をなすりつけあったり疑ったりすることでしょう!

 そんな中、深瀬は探偵気分で広沢という人間に真剣に向き合っていきます。

 そして深瀬は張り紙の犯人をつきとめ、広沢が自分のことを親友と認めてくれていたという事実を知って生まれてはじめての喜びを感じます。

これは深瀬にとって何物にも代えがたい喜びだったでしょうね(>_<)深瀬にとって広沢はまさに唯一無二の存在でしたからね!

一度は破局した恋人の美穂子(戸田恵梨香)とも仲直りできます。

 

そんな矢先に、自分が犯人とわかってしまうのです。

しかも今度の秘密はゼミ仲間5人の秘密ではなく深瀬ひとりの秘密です。

分け合うことさえ許されないひとりだけの罪です(T_T)苦しい・・・

小説「リバース」はここで終わっていますが、楽しみなことにドラマ「リバース」ではここから先も描かれるとのことなんです!

 

この万事休すとしか言いようのない闇から深瀬が脱出できたときに、リバース(rebirth)(再生・復活)が起きるのではないでしょうか。

そしてそれは、リバースの作者である湊かなえの祈りにも似た願いなのではないでしょうか?

 リバース(rebirth)するにはたくさんの難解な問題を超えなければなりません。

やっと仲直りできた美穂子をまた失うかもしれません(>_<)

 それでも、広沢からの友情を受け取った深瀬は、今となってはそれにこたえることだけが広沢にできることだと気が付いて、強く一歩を踏み出すのではないでしょうか?

 情けなくて地味な主人公の心の成長を描くのが、湊かなえさんの本当の狙いだったのではないか、と私は思うのです。

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/13338″]

リバースの言葉の意味を調べてみましたが、とても深い意味があることを知って、びっくりしました。さすがは湊かなえさんです。

言葉の意味を知ることで、ドラマ「リバース」を見るのがさらに楽しみになりました。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる