サイレントはイライラする?紬と湊斗や想も共感できない?

2022年10月からスタートしたフジテレビ木曜劇場のドラマ「Silent(さいれんと)」が、泣ける・面白い!!と話題になっています。

このドラマは川口春奈さん、目黒蓮さん演じる青羽紬(あおばつむぎ)と佐倉想(さうらそう)の切ない恋を描いたラブストーリー。

一度は別れてしまった2人ですが、8年後に再会。想が別れを切り出した理由は自らの耳の病だったことが明かされ、手話で自分の気持ちを伝えるシーンには大きな反響が。

また紬の現在の彼氏の湊斗(みなと)との三角関係も気になる展開です。

そんな大人気のドラマ「サイレント(Silent)」ですが、面白い!共感できる!!という声とともに多く見られるのが「イライラする」「共感できない」と言う声。

しかも紬(つむぎ)だけでなく、想や湊斗への「イライラする」「共感できない」の声が!

大きな感動を与えているはずの登場人物たちがどうしてイライラするのでしょうか??共感できないという声の理由とは?

今回はドラマ「silent」のイライラするの声をご紹介しつつ、なぜイライラするのか?の理由についてまとめてみました!

目次

ドラマ「サイレント」のイライラすると言われるストーリーとは?

サイレント春尾【風間俊介】が怖いセリフ・言動ネタバレまとめ!

サイレントのストーリーは?

まずは、ドラマのストーリーのご紹介です。

主人公の青羽紬(あおば・つむぎ/川口春奈)は8年前に、一生をかけて愛したいと思えた恋人との別れを経験し、新たな人生を歩もうと前を向いて生きている一人の女性。そんな紬と大切な人との出会いは高校2年の秋、たまたま朝礼で耳にしたある男子生徒の声に惹(ひ)かれたことがきっかけでした。壇上で作文を読む、佐倉想(さくら・そう/目黒蓮)に心を奪われた紬は、次第に彼が気になる存在になっていることに気づきます。3年生で同じクラスとなり、共通の友人を通してだんだんと距離が縮まっていった二人は付き合うことに。音楽好きというお互いの趣味で通じ合い、仲を深めていった二人でしたが、卒業後のある日、これからも一緒にいたいと思う紬に対し、想は突然、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまいます。それから8年という月日が流れ、新たな人生を歩み始めていた紬でしたが、ある日、偶然、雑踏の中に想の姿を見かけたことをきっかけに、再び彼の存在を意識するようになっていきます。もう一度、想に会ってちゃんと話をしたいと彼の姿を探し始めた紬でしたが、実は彼が徐々に耳が聞こえにくくなる“若年発症型両側性感音難聴”を患い、聴力をほとんど失っていたという思いがけない現実を知ることになって…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/silent/introduction/

ドラマ「サイレント」は主人公の紬の現在が描かれているのですが、8年前の高校時代の回想シーンとともに、恋人だった想との過去が徐々に明かされる展開。

紬は高校卒業後、恋人だった想に突然別れを告げられたまま、8年が過ぎ、現在は、想のサッカー仲間で仲の良い友達だった湊斗と付き合っている紬。

紬は湊斗のころが好きだけど、想との思い出は常に胸にあり、そのことを湊斗も気づいていて、想の存在が気になっている。

そんな中、紬は想と再会!懐かしさから話しかけるも、無視をして歩いていく想。それでも強引に引き留めて想に笑顔で話しかける紬に想は涙ながらに手話で気持ちを伝える1話のラストが大きな反響を呼び「泣いた!!!」「感動!!」の声が。

2話以降も毎回泣ける意外な展開やシーンが出てきて毎回泣いている視聴者続出のドラマ。

その人気からTVerでの“民放歴代最高”記録を塗り替える443万再生となりました。

「サイレント」は紬以外もイライラする?共感できない?

そんな多くの人が共感し、感動するドラマのはずなのに・・・本当にイライラするのでしょうか??

個人的には、主人公の紬にイライラする気持ちは少しわかります。

湊斗がいるのに、想のために手話を一生懸命勉強してて、湊斗の気持ちはどうなるのか!?と思っていましたが、2話、3話と進んでいくと、湊斗の気持ちもそう単純ではないことが判明しました。

そんな中、想や湊斗もイライラするの声も出てきています。また共感できない!!の声も。

以降では「イライラする」と言うツイッターの反響とともに、どんな行為がイライラするのか?ご紹介していきます。

ドラマ「サイレント」イライラする・共感できない【紬・つむぎ

silent全何話まで?最終回はいつ?

まずは、初回からイライラする!!の声が多い、紬の反響です。

彼氏がいるのに元彼に会っている

元彼のために手話を一生懸命頑張って覚える

元彼も今彼の間ではっきりしない

一番、イライラした言動はやはり、今彼に報告しつつ、元彼に会いに行ったこと。

別に会いに行かなくてもいいし、昔のことなのに。想に特別な思いがあるから会いに行っていることは明白ですよね。

また、手話を学校に行ってまで覚えるって、湊斗の気持ちになったら、元彼のためにそこまで必死に頑張られてたら複雑な気持ちになると思います。

そして湊斗のことが好きなのはわかるけど、想のことも気になっている、どっちが好きなのか?はっきりしていないところがイライラすると言う声も。

想に「好きじゃない」とはっきり言ったのは、自分にそう言い聞かせているのでは?という声も多かったです。

ドラマ「サイレント」イライラする・共感できない【想・そう】

サイレント弟役【ひかる役】は板垣李光人!出演作品は?

想に関しても紬と比較して少ないけれども、イライラするの声が。

「やさしすぎる」という声もあり、紬に耳のことを伝えずに一方的に去ったことも、耳の病気になってみないとわからない・・・と突っ込まれるかもしれませんが、一方的に、ちゃんとした理由もわからずに、好きな人に振られる苦しさはわかるのかな?とおもってしまいます。

失恋をきかっけに、鬱になったり、恋愛に対してトラウマになる人もいるので、紬のことを考えたと言いつつも、ちゃんと説明しなかったのは、違うのでは?という声もありました。

ドラマ「サイレント」イライラする・共感できない【湊斗・みなと】

回を追うごとに、湊斗人気が増える一方で、逆に湊に対するイライラの声も増えてきました。

優しさを押し売りして自分勝手

ネガティブすぎる・自己肯定感が低すぎる

4話で、紬に別れを告げたシーンから批判の声が多くなりました。

自分でいろいろ考えすぎて、暴走してしまった感じもしました。

想や紬の気持ちをもう少し確かめてからでもよかったのでは??とも。

また、紬は湊斗を好きと言っていて、今は付き合っているのに、想には勝てない、想と紬が最強だと思っていて、自分を低く見積もりすぎてる・・・とネガティブすぎる思考にイライラしている人多数のようでした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる