カルテットのスターシップ対ゴーストのDVDは実在する?名前は意味がない?

真紀との悲しい別れに涙が止まらなかったドラマ「カルテット」第9話。

そんな中気になったのば、真紀たち4人が最後に一緒に見たつまらない映画(笑)

そのタイトルは「スターシップvsゴースト」。これって、実在するの?本当にあるの???気になったので調べてみました。

そしてなんでもこの「タイトル」や「内容」に意味があるのでは??という意見があったようなので、その辺りをまとめてみました。

 

 

目次

感動シーンの後にみんなで見た映画は??名前に意味がある?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/10409″]

真紀の告白を受けて、すずめちゃんが真紀に想いを伝えて抱きしめた感動シーンの後、4人で一緒に見た別府さんおすすめ?の映画。

そのタイトルは「スターシップ対ゴースト」。

映画を見ながら

家森「別府くん、この映画いつになったら面白くなるの?」

すずめ「宇宙でてこないですね?」

真紀「幽霊はどこにいるんですか?」

苛立ったように家森「だから~そういうのを楽しむ映画なんです」

笑える(笑)

でも確かにこのタイトルで宇宙も幽霊も出てこないなんて、みんなの突っこみ理解できます。

でも、ツイッターではこんな意見が。

「名前に意味を持たせない」で気付いたんだけどあのみんなで観た映画もそうか!宇宙もおばけも出てこないのにタイトルがスターシップVSゴースト! 名前に意味なんかないのよ、楽しめればいいのよ。

 

スターシップ&ゴーストもまきさんとカルテットメンバーとの隠喩みたいなものかな、 背景に隠れてる物があるけど、それは目に見えない、感じれない、でも名前として残ってる。

 

映画「スターシップvsゴースト」で、宇宙も幽霊も出てこなくても、そこがいいというのは、早乙女真紀さんが本当は早乙女真紀さんじゃなくても、三人は真紀さんのことを真紀さんとして愛しているっていうことでもあるのかな。

 

「スターシップvsゴースト」宇宙も幽霊も出て来ない映画から「名前は意味ない」っていう答え、思いつける?!「早乙女真紀」だろうと、そうじゃなかろうと、名前なんて関係無いってことー

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/10085″]

すごい・・・この何気ないシーンに、こんな意味を読み取るなんて!

でもそう言われてみると、そんな気も。

「名前なんて意味ない」っていうメッセージが入っている気がしました。

でもこの映画つまらなかったようですが(笑)

 

映画は実在する?

 

 

では、この映画って実在するのでしょうか?

調べてみたら・・・似たような名前で

「反乱軍スターシップ ゴースト」っているLEGOのアニメのような動画が出てきました。

もちろん、幽霊も宇宙も出てきてるし、名前に意味はあります(笑)

またちょっと違いますが「スターシップ・トゥルーパーズ」という映画はありますが、これは宇宙も出てきて巨大昆虫と戦う不思議な映画(笑)

もちろん、実在しないと思います。だってドラマで家森が「面白くない」と言いきっているので、実在すると少し問題がある気が(笑)

ちなみにこのドラマで出てきた映画もすごい反響です。以下、ツイートです。

カルテットの別府さん チワワに噛まれたとか可愛いw スターシップvsゴースト 宇宙も幽霊も出ないとか めっちゃきになるしʕ•͡-•ʔw すずめちゃんとマキさんの アイスの棒みたいなん楽しそー

 

カルテット余韻 スターシップvsゴースト見たすぎる(^O^)

 

スターシップVSゴーストとかいう映画が気になって仕方ない

 

『スターシップVSゴースト』観たいなー。

 

この流れでスターシップVSゴースト

 

ところでそのスターシップVSゴーストとやらが見たくてたまらないのですが

 

スターシップvsゴーストという超B級映画

 

「スターシップ対ゴースト」っていかにもZ級映画っぽいタイトルだなぁw

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/10373″]

気になっている人多かったですね(笑)

勝手に「B級」「Z級」扱いされていました。

おそらく実在しないと思いますが、確かにあったら「どれだけつまらないんだろう?もしかして私が見たら面白かったりして」と妙に気になる映画でした。

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/10361″]

ドラマの中に出てきたDVD作品についてのまとめいかがだったでしょうか?

脚本家の坂元裕二さんが何か意味を込めてこのシーンを入れてきた気もしましたが、時間軸の件もあるので、他愛のないシーンな気もします。

そういったことを予想しながら、見るのも楽しいドラマですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる