陸王の最終回ネタバレをラストまで!原作から感動のこはぜ屋と茂木の結末まとめ

スポンサーリンク

池井戸潤さん原作の同名小説のドラマ化が話題のドラマ「陸王」。

役所広司さん、寺尾聰さんなど大物豪華キャスト陣がストーリーを更に面白くして、盛り上げてくれています。

今回は最終回のラストが気になる方にむけて、陸王の最終回のネタバレを原作からご紹介。

「陸王」の開発に奮闘する「こはぜ屋」と故障によりどん底に落ちてしまったランナー茂木裕人の紆余曲折のあらすじを結末までご紹介します。

 

 

老舗足袋屋がシューズ開発に挑む!

原作は人気小説家池井戸潤さんの同名作。

役所さんが演じる宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発だ。
しかし、従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力—。更には、世界的に有名なスポーツブランドとの競争。何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。
果たして、ランニングシューズの開発は成功するのか? そしてその先に「こはぜ屋」の未来はあるのか!? 
たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!!

引用元:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/introduction/

「こはぜ屋」の理解者銀行員の坂本。新規事業のランニングシューズ「陸王」の開発に協力してくれましたが、上司とそりが合わず、坂本は前橋支店に左遷されることに。

後ろ盾を失くしてしまったこはぜ屋はピンチになります。

 

シルクレイの特許保持者飯山との出会い

 

スポンサーリンク

 

陸王の開発を始めたこはぜ屋ですが、ソールにふさわしい素材がなく苦戦することとなります。

そんな時、左遷された銀行員の坂本が「こはぜ屋」に「シルクレイ」という素材がソールに合うのでは??と連絡をくれます。

「シルクレイ」の特許保持者は飯山。

飯山は「シルクレイ」の開発に没頭するあまり周囲が見えなくなり、会社を倒産させてしまいます。

特許はあるけれども「死蔵特許」となってしまった「シルクレイ」。

飯山は倒産時に債権者やいわゆる闇金融などに手を出した後に、自己破産。

その後、借金取りや債権者から身を隠すように暮らしていた飯山。

生活は奥さんが働き、飯山は働かずに昼間から酒を飲んで、自堕落な生活をしていました。

もともと根が悪い奴でもなく、堅実で真面目なタイプだったのですが、会社の倒産という大きな失敗によって人格が変わったようになってしまいました。

そんな時「こはぜ屋」に「シルクレイ」を使用したいという話を持ちかけられた飯山。

飯山は宮沢に「俺の特許を使うなら5千万円は払え!」という法外なありえない金額を要求します。

飯山は「シルクレイ」を使用することで起死回生したいのと、シルクレイを安売りしたくないという気持ちからでしたが、当初はかなり感じ悪い男でした。

寺尾聰さんがこの、落ちぶれた飯山役をうまく演じていて、さすがと思いました。

 

飯山はお金にならないという理由で、弱小企業の「こばせ屋」からの申し出を受けるつもりはありませんでした。

そしてちょうどその時「東京第一商事」という大企業から飯山に打診が。

アメリカの発動機メーカーが新しく開発しているヨットの部材にシルクレイの特許を使用させて欲しいという話でした。

「採用されれば相当の商売になる!一発逆転だ!」と鼻息を荒くしながら、期待して奥さんに話す飯山でした。

しかし、この話はなくなってしまいます。

落ち込む飯山の元に、再三の説得を続けていた宮沢から電話が入ることとなります。

宮沢はお金を出せない代わりに、飯山にこはぜ屋の工場に来てもらって会社でのモノづくりや熱意を見て欲しいと思います。そして飯山に「こばせ屋」に来てくれるように懇願。

大手企業の話がなくなった良いタイミングだったのもあり、また奥さんの「いいじゃない、あなた。地道にやろうよ」という言葉が飯山の背中を押し、とりあえず「こはぜ屋」に行くことに。

「こはぜ屋」を訪れた飯山は、もともと熱い思いがあり、堅実で真面目な男。

宮沢や「こはぜ屋」に熱意や、会社の雰囲気も気に入ったこともあり、迷いながらも協力するこを決意します。

しかも「顧問としてこはぜ屋で飯山を雇う」という条件で。

そして飯山は夫婦で「こはぜ屋」のある行田市にお引っ越し。

自堕落な生活を抜けて奥さんと一緒に再出発することになります。

そう、これは飯山にとって復活する良い機会となったんです。

でもその後・・・当然ですが、簡単にはいきません(笑)

飯山は宮沢の息子とペアになって開発を進めるのですが、思うように納得するものができません。

ただ、飯山が加わることとになり「陸王」開発チームは盛り上がっていきます。

 

シューフィッター村野の参加とランナー茂木の故障

陸王を開発するにあたって、宮沢は、ダイワ食品の茂木裕人に「陸王」を履いてもらい、商品アピールをしたいと考えます。

しかし、こはぜ屋のような小さな会社が相手にされるはずもなく、陸王は履いてもらえません。

ちなみに茂木は箱根駅伝5区を走った有力選手で期待の新人として注目を浴びていましたが、豊橋国際マラソンレースでひざを痛めてしまいます。

そう、ランナーとしてどん底に陥ってしまったのです。

茂木たちダイワ食品のランナーたちをスポンサー契約をしていた大手スポーツメーカーの「アトランティス」。新製品の「RⅡ」を茂木が履いていましたが、茂木に故障がきっかけで、スポンサー契約を解除。

そんな中、アトランティスで働くカリスマシューフィッターの村野。

ちなみに村野は

ランニングシューズ業界のカリスマ的存在で、多くの選手に慕われているシューズ調整のプロ。職人としてのプライドを高く持ちながら、選手のことを第一に考え仕事に臨むベテラン・シューフィッター。

引用元:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/character/group2.html

村野は選手のことを一番に想い、職人気質の男。

そんな村野は利益しか追及しないアトランティスの営業佐山や小原としばしば衝突します。

そして、結局アトランティスを退社する村野。

その後村野はスポーツショップ有村の元に偶然同じタイミングで訪れたこはせ屋の宮沢と出会い「陸王」の存在を知ることとなります。

村野とシューズや仕事について熱い会話をかわし、お互いの仕事に対する思い入れにほれ込んだことから、村野はこはぜ屋の「陸王」開発の顧問に就任します。

それは、もしかしたら、仕事としてたいした報酬は入らないかもしれない覚悟で村野が決意したこと。

これで村野も「陸王開発チーム」に加わり、開発も順調に進んでいき、村野のおかげで村野を慕う茂木が「陸王」を履いて復帰に向けて練習をするようになります。

 

茂木の故障からの復活と陸王デビュー

 

スポンサーリンク

 

怪我から思うように復帰できず、どん底の茂木。

フォーム改善を務め「陸王」を履きつつ、コツコツと練習を続けます。

何度も苦しい思いをしましたが、だいぶ故障から立ち直り走れるようになります。

最初は「3流の選手にはこばせ屋のような、3流の会社がお似合い」と笑っていたアトランティスの営業佐山たちでしたが、復活のきざしが見えた茂木を見て再度「再契約をしよう」と都合よく「RⅡ」を履くことを進めてきます。

佐山は今後のことを考えて、会社として力のない「こはぜ屋」と組むことが茂木にとっても良くないと、吹きこみます。

茂木は信頼するシューフィッター村野に相談します。そんな茂木に「選手は自分にとって良いシューズを選べばよいだけ。陸王でもRⅡでも自分にとってよい方を選べ」とアドバイス。

茂木は悩んだ挙句、復帰戦の「ニューイヤー駅伝」で「陸王」を着用。

見事、ライバルの「毛塚」に勝ちます。

しかし、世間はまだ茂木の復帰を認めません。

「毛塚」がヒーローで、当日体調不良にもかかわらずレースに出場。実力が発揮できなかったという新聞記事が並びます。

悔しい想いをする茂木でした。

引用元:https://dorama-netabare.com/archives/26728

しかし、陸王は輝かしいデビューを飾り、本格的に商品販売へと乗り出そうと「こはぜ屋」も喜びであふれていました。

 

こはぜ屋にピンチが!会社売却に迷う宮沢

茂木が「RⅡ」でなく「陸王」を履いたことにより、アトランティスの嫌がらせから、こばせ屋はピンチに直面。

また追い打ちを掛けるように、シルクレイの飯山が提供していた機械が壊れてしまい、1億円の借金が必要になります。

「陸王」の製造が停止の危機に。その話を聞いて茂木も落ち込みます。

そんな危機を迎えた宮沢に、坂本「会社を売却する」ことを提案します。

会社を売ると言っても、全部を手放すことではないと宮沢に説明する坂本。

宮沢がいわゆる雇われ社長になるような感じですね。

もちろん嫌がる宮沢に、現状を打破するためにはこの方法しかないと言う坂本。

というのも、坂本が就職した投資会社にこはぜ屋を買いたいというとある会社からの申し出があったのでした。

そのこはぜ屋を買いたいという会社はアメリカのアパレルブランド「フェリックス」。「陸王」の商品としての価値に目を付けた社長で日本人の御園丈治が、熱望しているということ。

最初こばせ屋を売ることで、商品を「こばせ屋」の名前で販売することはできなくなる条件を提示。

いわゆる「こはぜ屋」ののれんがなくなってしまうことを意味します。

迷ったあげく、宮沢はこの契約の申し出を断わりますが、「フェリックス」は3億円という資金を「こはぜ屋」に投資して、5年以内に返済できなければ「こばせ屋」の名前での販売ができなくなる条件を新たに提示します。

それだけ「こはぜ屋」が魅力的だということでした。

そして宮沢は更に迷った挙句その申し出を受けることにします。

引用元https://dorama-netabare.com/archives/24959#i-2

 

復帰の大会で茂木の結末は?涙のラスト!

 

スポンサーリンク

 

「フェリックス」との契約することは決まったものの、「陸王」の継続は茂木には知らされていません。

アトランティスはその隙間に入り込むように茂木に復帰戦の大会「京浜国際マラソン」で「RⅡ」を履くように進めます。

「こはぜ屋」の面々はこんな状況で茂木が「陸王」を大会で履く訳ないと、誰もが諦めます。

しかし、茂木は大会直前、迷った挙句「陸王」を履くことを決めます。

大会で走る前の茂木にアトランティスの営業佐山は怒りで抗議。しかし茂木ははっきりと言います。

以下、小説の茂木のセリフです。

「だけど、今のこばせ屋さんは、いってみれば2年前のオレと同じなんです。ピンチで困り果て、必死で這い上がろうともがき苦しんでいる。もし、それを理由にオレがこのシューズを履かなかったら、それはオレが苦しい時に背を向けた連中と、自分が同じことをすることになる。オレはそうしたくない。オレは、自分が信じようとしたものを、ずっと信じていたい。もしこのシューズを履かなかったら、それは自分自身を裏切ることになってしまうんです。」

茂木~(涙)。泣きましたよ~。このシーンとっても良かった。

そして茂木は大会で見事毛塚に勝ち、完全復活。

こばせ屋は茂木と契約を結び、他のシューファイッター村野を慕った選手たちもアトランティスとの契約を打ち切り「こはぜ屋」に切り替え「陸王」を履くことに。

引用元:https://dorama-netabare.com/archives/26728

とういことで、茂木の復活と「こはぜ屋」の奮闘がリンクして描かれていた小説「陸王」。

ラストは「こはぜ屋」の明るい未来を思わせるハッピーエンドです。ドラマでも同じようにハッピーエンドで気持ちの良い結末になること間違いなしだと思います。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です