なつぞらおじいちゃんは死ぬの?草刈正雄の最終回結末はどうなる?

毎週土曜日に次週の予告が流れるのが恒例となっているNHK連続テレビ小説。

その予告を見て「え?まさか・・・泰樹(草刈正雄)死んじゃうの???」と思いませんでしたか?わたしは何だか嫌な予感しかしません(>_<)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【公式】連続テレビ小説「なつぞら」さん(@natsuzora_nhk)がシェアした投稿

おじいちゃん。どうなってしまうんでしょうね?

そこで今回は泰樹の最終回までのネタバレをまとめてみました(^^)

これまでさんざん視聴者を泣かせてきた泰樹。さてこれからどうなる???

ネタバレです!!

目次

なつぞらでおじいちゃんの泰樹ってどんな人物?

なつぞらちはるの娘千夏の子役は粟野咲莉!小なつが再登場で話題!

柴田泰樹(しばた たいじゅ):草刈正雄

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【公式】連続テレビ小説「なつぞら」さん(@natsuzora_nhk)がシェアした投稿

明治35(1902)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。
荒れ地を切り開き、稲作を試すが根付かず、酪農を始める。
妻が病死した後、男手ひとつで、富士子を育てる。
偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹(たいじゅ)のような男。
なつに人生を生き抜く術(すべ)を教え込む。

引用元 公式サイト

これまで泰樹(草刈正雄)の過去については、ドラマで語られることはありませんでした。

ですが、マコプロのみんなが「大草原の少女ソラ」のロケハンに柴田家を訪れ、泰樹についてインタビューをしたことから、いろんなことがわかりましたね。

実は泰樹は富山県の出身。幼いときに両親を病気で亡くし、親戚の農家に養子として育てられました。

働かざる者食うべからず。。。そんな時代だったのでしょう。働かなければただの厄介者になるので、泰樹も一生懸命働いてきたそうです。

そして泰樹が18歳のとき、北海道に渡ってきました。

最初の北海道開拓民として3年で土地を開墾し、自分の土地になったものの作物は思うように育たず。。。(>_<)

そのため牛を飼い始めるようになりました。

そして大恋愛の末結婚し、娘の富士子(松嶋菜々子)が生まれます。

それまでは十勝川のほとりで農業をしていましたが、富士子が8歳のときの十勝川の大洪水で河が氾濫。

住む場所も畑もなくしてしまった柴田家は、現在住んでいる場所に移住しました。

移住してまもなく妻が病気で亡くなってしまいます(T_T)

それからは男手ひとつで富士子を育ててきました。

坂場(中川一志)から「支えはやっぱり家族でしたか?」と聞かれた泰樹はこう答えました。

家族に限らんかもしれん。誰もがみんな支え合って開拓者は強くなった

これを聞いてわたしは、雪月のとよおばあちゃん(高畑淳子)との関係を思い出しました。

とよと泰樹は旧知の知り合いで、何でも言い合える仲です。ちょっと言い過ぎなところもありますが(^_^;)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【公式】連続テレビ小説「なつぞら」さん(@natsuzora_nhk)がシェアした投稿

十勝の冬はマイナス30度を超すこともあり、なんでも我慢せず言い合える相手がいることで、寒さにも耐えることができた、と泰樹は言っていました。

最初に北海道に入った開拓民は、過酷な状況をみんなで力を合わせて頑張ってきたのです。いや、みんながいたからこそがんばれたのかもしれませんね。

こうして子供のころから苦労をして育ってきた泰樹。最初に連れてこられたなつに厳しかったのは、生きる厳しさを教えるためだったのでしょうね。

でもなつに一番愛情を注いだのも泰樹でした。ふたりの関係は血のつながり以上のものがあるように思えます。

そんな泰樹ですが、もしかしてこれから死んでしまうのでしょうか?

なつぞらで泰樹はこれから死んじゃうの?今後のネタバレは?

なつぞら立山久子役は伊藤修子!おっさんずラブのマイマイ?

ネタバレです!

最初に答えを言いますと、泰樹は死にません!(^^)!

でも90歳を超えているので、もうヨボヨボ。。。といった感じでしょうね。なのであんな思わせぶりな予告になったのでしょう。紛らわしいですよね(笑)

ではこれからの泰樹についてネタバレをご紹介します。

現在放送している「大草原の少女ソラ」の制作で大忙しのマコプロ。

現在なつの娘、優(増田光桜)は保育園が終わるとマコプロで一緒に過ごしていますが、そんな優ももうすぐ小学校に入ります。

そうなると保育園のように遅くまでいることができません。

なつと坂場が夜遅くまで働いていることを聞いた泰樹は、富士子にこう言います。

お前、行ってやれ。なつを助けてやれ

こうして富士子は坂場家にやって来ます。夜遅くまで帰って来ないなつを心配する富士子ですが、なつは泰樹たち開拓者に恥ずかしくない作品を届けたいという思いがありました。

そんなある日、泰樹はとよを訪ね、大草原の少女ソラの話になりました。

家族を洪水で亡くしてしまった少年レイはソラの家族とともに暮らすことになります。

そして大きくなったレイは獣医になるため一家のもとを離れることになりました。

レイが泰樹似の父親(笑)に別れを告げるシーン。

それには朝日が昇る夜明けのシーンが使われていました。

泰樹はそれを見て、苦しかった開拓時代、朝日を見ると勇気が湧いて励まされたことを思い出した、ととよに言います。

そういうものをなつが見せてくれた、なつはそういうものを作ってる

なつの気持ちはちゃんと泰樹に届いていたようですね(^^)

そして「大草原の少女ソラ」も無事最終回を迎え、富士子は十勝へ戻っていきました。

そして夏休みー。

坂場一家の3人と、千遥、そして千遥の娘千夏の5人で柴田家を訪れます。

ずっと面倒をみてもらった優は富士子に飛びつきます。

おじいちゃん、泰樹は古い牛舎にいました。

声をかけると泰樹は振り返り、ゆっくりと千遥に近づき包み込むように抱きしめ、そして嗚咽を。。。(T_T)

年老いた泰樹の深い愛情になつと千遥は戸惑いと感動を覚え、ふたりとも涙ぐみます。

柴田牧場は近代化されていて、照男(清原翔)が牧場を任されていました。牛は電動で搾乳されています。

なつたちが到着したその夜は悪天候となり、夜明け近くに落雷が!

目が覚めた泰樹は停電していることを知り、表情が険しくなっていきます。

電動で搾乳をしているため、停電で電気が使えず搾乳できないと牛が病気になってしまいます。

手で搾るんだ!牛を助けるんだ!

泰樹の掛け声のもとみんなで手分けして牛の乳を手で搾り、なんとか全頭たすけることができました。

泰樹は照男に「よくやった」とねぎらいますが、照男は悔し涙を流します。

翌朝、なつは泰樹に誘われ天陽(吉沢亮)の畑へと向かいます。

嵐によって泥沼化していたジャガイモ畑。

なつと泰樹は山田家を手伝い、ジャガイモを掘り起こしていました。

そして泰樹はなつにこんなことを言います。

わしが死んでも悲しむ必要はない。わしの魂は大地にしみ込ませておく。なによりなつの中に生きている

(T_T)(T_T)(T_T)

そしてラストはなつ、坂場、優の3人が丘に上がり、心地よい風に吹かれます。

ここからまた始まるんだね。わたしたちの未来が

そう言って3人は大草原を未来に向かって歩いていきます。

おしまい

年齢的にももう長くはないであろう泰樹。それを感じさせつつも、最後まで生き抜いてくれましたね。

予告で泰樹が倒れそうになったときは、本当にどうなるかと思いました(>_<)

時々出てくる天陽の遺影を見るたびに切なくなっていたので、泰樹の遺影を見ずに済むことは嬉しいです。

それにしても、草刈正雄さんの年老いていく演技派お見事ですよね。何気ない仕草や動きで自然に年老いていってるのが伝わってきます。

さて、この泰樹じいちゃんにこれから何回泣かされるのでしょうか(笑)

特に千遥を抱きしめるシーンは、ティッシュを用意しておきましょう。

なつぞらの予告で倒れそうになった泰樹を見てツイッターの反応は?

ミルコスまんが広場はカルピスまんが劇場がモデルで元ネタ?【なつぞら】

みなさん本当に心配されていました。

ずっこけた人も(笑)これ、狙ったんでしょうかね?(笑)

楽しい方に予想している視聴者も

とにかくみなさん「生き延びて欲しい」とツイートしていました。
でもあの倒れるシーン、死んじゃうの?って思っちゃいますよね。

心臓に悪いので、今後あのような演出は控えていただきたいです(笑)

まとめ

なつぞらアルプスの少女ハイジが大草原の少女ソラのモデル?

朝ドラ「なつぞら」の土曜日恒例の予告編。そこに映っていたのは、牛舎で倒れそうになる泰樹の姿(T_T)

誰もが最悪のことを想像しましたよね。

・・・

でも大丈夫!泰樹は最後まで生き抜きます!そして「わしが死んでも悲しむ必要はない」と言いますが、これは視聴者のみなさんにも向けているのではないでしょうか。

ツイッターでも多くの方が生き延びて欲しいとツイートしていましたが、改めて泰樹の人気の高さがわかりました。

もう少しでラストを迎える「なつぞら」。泰樹はきっと視聴者のみなさんの心の中にも生き続けるのでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる