ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 二つの祖国

二つの祖国結末ネタバレが悲惨すぎ!原作の戦争の悲しいラスト

テレビ東京開局55周年特別企画ドラマ「二つの祖国」が3月23日と3月24日の2夜連続で放送されます!

山崎豊子さんの小説が原作で、既に大河ドラマでも実写化されているあまりにも有名な作品の民放初のドラマ化です。

主演は小栗旬さんとムロツヨシさんとドラマでは毎回気合いが入っているテレ東。

「2つの祖国」は戦争によって、翻弄される2世の物語なのですが、その結末が衝撃かつ悲劇的なものになっています。

今回はドラマ「二つの祖国」の結末を原作小説からネタバレしていきます。

ドラマの結末の内容となる可能性があるので、閲覧注意です。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「二つの祖国」のあらすじと原作とは?

二つの祖国ネタバレ!原作キャスト脚本家【小栗旬主演】

アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。
だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが…。
日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!?

2人のタイプの違う日系二世の天羽賢治(小栗旬)とチャーリー田宮(ムロツヨシ)を軸に太平洋戦争という運命に翻弄される姿を描いた超大作です。

原作は「不毛地帯」「白い巨塔」など多くの作品が実写化されている山崎豊子さんの作品です。

今回は原作「二つの祖国」から、どのような結末を迎えるのか?まとめていきます。

 

ドラマ「二つの祖国」の結末とは?原作ネタバレ

 

スポンサーリンク

 

家族がバラバラに

恋人がたり、結婚していたり、家族と仲良く暮らしていたり。平和な日々をアメリカで過ごしていた2世達。

しかし1941年から始まった太平洋戦争によって、その生活は終わりを迎えます。
アメリカに住む⽇系⼆世は、⽇系⼈の強制収容所に⼊れ、過酷な強制収容所での生活が始まります。

多くの2世が悩んだであろう日本人として生きるのか?アメリカ人として生きるのか?
賢治は、最終的に⽶軍へ志願し、アメリカ陸軍で⽇本軍の暗号を解読する任務につきます。

それは、情報戦で戦争を早期終結させたいという気持ちからでした。
そんな賢治の父親、母親は、日本人であることにこだわり、日本人の収容所に送還。

次男の忠は日本軍の兵士となり、米軍兵士となった三男の勇は戦死します。

 

愛する人の死

 

賢治(小栗旬)は梛子(多部未華子)に想いを寄せつつも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚。

また梛子は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と結婚。
しかし、野心家で手段を選ばないチャーリーとあわず、最終的に離婚。

離婚後、梛子は父親と一緒に日本に帰国します。

そして故郷の広島に行きます。そう・・・広島といえば、原爆投下です。

梛子はは広島駅で被爆します。

終戦後に賢治は進駐軍として日本の地に行きます。

賢治は東京裁判の通訳者を担当。重要な任務です。

そして愛する梛子と再会します。
2人は互いに気持ちを通じ合うことができます。

しかし・・・梛子は被爆による白血病でこの世を去ることになります。

 

賢治の悲しすぎる結末とは?

 

愛する梛子を失い、その後、戦後においても二つの祖国との間の苦しむ賢治。

裁判は、勝利国アメリカ側に有利に働きます。

勝者が敗者を一方的に裁くアメリカに賢治は強いショックを受けます。

そして判決が下り、A級戦犯へ「絞首刑」の判決が言い渡されてしまいます。

賢治は激しく落ち込みます。

その後、絞首刑となったA級戦犯の遺骨が、遺族に渡っていないことを知った賢治は反論しますが、反米と扱われ除隊します。

賢治は梛子が亡くなった喪失感と絶望の中、ピストルで、自殺します。享年39歳。

 

二つの祖国はモデルがいた!

 

スポンサーリンク

 

小栗旬さん演じる賢治は2人の人物を掛けあわせていると言われています。

デイヴィッド・アキラ・イタミ

日系二世のデイヴィッド・イタミさんは、アメリカ名をデイヴィッド・アキラ・イタミ(David Akira Itami)、日本名を伊丹明(いたみあきら)といいます。

1911年カリフォルニア州のオークランドで生まれますが、3祭から鹿児島県加治木町の親戚に預けられ、中学校を卒業した1928年大東文化学院に入学、そして1931年にアメリカに戻りました。

ちなみに原作の天羽賢治は同じ鹿児島県加治木町出身です。

1935年に日本の国籍を離脱してカリフォルニア大学に入学。

そして日本語新聞の「加州毎日」の記者になりました。ここは原作と同じですね。

ですが太平洋戦争が始まった1941年に強制収容所へと送られ、そこで1年間過ごします。

その後米軍に志願し、陸軍情報部に配属され、日本軍の軍事暗号を解読したりしていたそうです。

1946年に始まった東京裁判では、日本側の通訳が正しいかどうかのチェックを任されたそうですが、そのときの重圧はものすごいものだったといいます。

戦争責任をめぐる裁判、アメリカと日本の間でかなり心情的に辛かったのではないでしょうか。

そして東京裁判が結審して間もない1950年、39歳にしてピストル自殺を遂げました。

東京裁判での重圧が原因と推測されますが、どんな理由があったのかはわかりません。

日系二世として生まれ、英語も日本語も堪能だったために起こった悲劇といえるでしょう。

そんな壮絶な人生を送ったデイヴィッド・アキラ・イタミさんが一人目のモデルです。

ハリー・K・フクハラ

広島出身の両親の元、1920年にワシントン州シアトルで生まれました。

4男1女ということなので、原作の賢治と同じですね。原作では最初の子がすぐに亡くなってしまいますが(T . T)

アメリカ名がハリー・カツジ・フクハラ(Harry Katsuji Fukuhara)、日本名を福原 克治(ふくはら かつじ)といいます。

父親は職業紹介所を経営していましたが、1933年、福原さんが13歳の頃亡くなってしまいます。

母親が英語が苦手だったことから、一家は広島へ戻ることになりますが、福原さんは日本の生活に馴染むことができなかったそうです。

1938年中学校を卒業するとともに単身渡米し、ロサンゼルスでバイトをしながら大学へ通っていました。

居候先の白人夫婦からとても可愛がられていたそうですが、太平洋戦争が始まったことで1941年、強制収容所へと収監されます。

収監されてから3ヶ月後に陸軍の語学兵募集に合格し、1942年に陸軍情報部日本語学校に入学。

1943年には語学兵としてニューギニアやフィリピンの戦線に行くようになりました。

当初は日本人だということで、白人の兵士たちから冷たい仕打ちを受けますが、機密書類の翻訳や日本人捕虜の尋問の成果から、次第に受け入れられるようになったそうです。

1944年、ニューギニアの日本軍捕虜収容所で広島のときの友人と再会、自殺をほのめかす友人を必死に説得し思いとどまらせることに成功しました。

広島への原爆投下を聞き、両親が広島出身の自分がアメリカ軍に志願したから広島に原爆が落とされたのか?と悩んだそうです。

そしてその後まもなく終戦となりますが、本来であれば弟がいた九州の部隊に赴くよう命令があり、もしかしたら弟と戦っていたかもしれません。

そうならずに済んだことは本当に良かったと思います。この史実は脚色され原作の中に織り込まれています。

戦後はアメリカ軍として神戸で通訳をしていましたが、家族の安否確認に広島を訪れ家族のもとへ行きます。

家は奇跡的に倒壊はしていませんでしたが、母親と長男の克己は被爆、克己は放射線障害で寝たきりのまま。

病院で治療を受けさすも半年後に亡くなったそうです(T . T)

はだしのゲンを思い出しましたが、原爆の恐ろしさというものを改めて感じますね。

唯一の被爆国である日本、このこともわたしたちが伝えていかなければならないことだと思います。

残った母親の面倒をみるため、アメリカの大学へ行くことを諦め軍人として留まっていましたが、1971年に除隊。

その後も日本の復興に尽力されたそうです。

晩年はカリフォルニア州で暮らし、2015年95歳でお亡くなりになりました。

39歳にしてピストル自殺を遂げたアキラ・イタミさん、また家族が被ばくしたハリー・K・フクハラさん。

このように、悲劇的な結末を迎えた2世はこのお二人だけではなかったと思います。

日本人が日本で経験した悲劇の戦争ドラマは多々ありますが、このようにアメリカにいた2世達も多数不幸な道をたどっていたことを覚えていなければいけないと思いました。

二つの祖国の最近記事

  1. 二つの祖国結末ネタバレが悲惨すぎ!原作の戦争の悲しいラスト

  2. 二つの祖国はモデル実在の実話?ハリーフクハラとデイヴィッドイタミ

  3. 二つの祖国大河ドラマ版とキャスト比較!小栗旬と松本幸四郎

  4. 二つの祖国ネタバレ!原作キャスト脚本家【小栗旬主演】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP