ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 絶対正義

絶対正義最終回ネタバレ!終わり方が意味不明でモヤモヤ?

土曜日のフジテレビ系列<オトナの土ドラ>の東海テレビのドラマ「絶対正義(ぜったいせいぎ)」が話題です。

主演山口 紗弥加(やまぐちさやか)さん演じる範子が怖すぎてホラーで、面白いけど、嫌な気分になる。でも見たくなる(笑)

そんなドラマに病みつきになっている人続出です。

そんな絶対正義もいよいよ残りわずかで最終回を迎えようとしています。

このドラマは小説が原作になっているのですが、途中から、原作と違う展開が入ってきて、最終回はどうなるの!?と話題です。

今回はドラマ「絶対正義」の最終回結末のネタバレを原作小説の内容を踏まえて、予想していきたいと思います。

原作通りだと、悲劇的な衝撃のラストがまっています!

 

スポンサーリンク

 

絶対正義のあらすじとは?追い詰められた4人が範子を殺害

絶対正義田中みな実は演技が意外に上手い!ベッドシーンも話題

まずは、以下第1話のあらすじです。

正義のヒロインは、救いの天使か、全てを壊す悪魔なのか。

 高校卒業間近の1月、高規範子(白石聖)は転校してきた。由美子(桜田ひより)はバスで痴漢されたのを範子に助けられて以来、彼女を慕い、仲間に入れる。  しかし、由美子たちは気づいていなかったのだ。地味で礼儀正しい普通の子だと思われた範子の、本当の素顔に…。法律を唯一無二の基準として生きる範子の正義感は、やがて周囲の人間を容赦なく追いつめるようになっていく。
 温情で学生の喫煙を見逃した体育教師・矢沢(水橋研二)と警察官を懲戒解雇に追い込み、廃屋で寒さをしのいでいたホームレスを排除するなど、次第に範子の行動はエスカレートする。“正義のヒロイン”と範子を頼りにしていた由美子たちだったが、一方でその行き過ぎた正義感に違和感を感じ始めていた。

 幾度となく範子から繰り出される「私、何か間違ったこと言ってる?」の言葉。 正しいがゆえに反論できない、でも受け入れがたい…真綿で首を絞められるように、ヒタヒタ、ジワジワと、戦慄と恐怖が彼女たちに忍び寄る。頼りにしていたはずの“正義”に苦しみもだえる少女たち。“正義”が“絶対正義”に変わった時、親友は地上でもっとも恐ろしい人に。

 卒業から15年。由美子(美村里江)たちは、範子(山口紗弥加)と再会した。
 由美子は、夫がリストラで無職になったため、アルバイトを掛け持ちしながら子育てに追われる日々を送っている。理穂・ウィリアムズ(片瀬那奈)は、外国人の夫とインターナショナルスクールを経営、裕福な暮らしながら子宝に恵まれないことを悩んでいる。今村和樹(桜井ユキ)は、大手の出版社を退職したばかりで、ノンフィクション作家として成功したいという野心に燃えていた。そして、石森麗香(田中みな実)は子役から女優になり、今は妻子ある男性と不倫関係にあった。

 範子と再会したことによって、それぞれの日常が綻び始める。その綻びは、静かに、やがて大きな音を立てて絶望的な破綻へと突き進んでいく。

1話は、主人公範子と、範子と高校で出会った4人の女の子たち。

この出会いによって、15年後の4人の女子達の運命は狂わされていきます。

以下の高校時代の範子の奇行はまとめてあります。

絶対正義超怖いしホラーな言動まとめ!高校生時代

高校時代は範子の正義にこだわる怖い言動で、高校の先生、浮浪者などの人生を狂わせてきました。

そして15年後、その刃は4人に向けられることとなります。

以下のその怖い内容です。

由美子(美村里江)のケース

美村里江(みむらりえ)さん演じる、由美子。

由美子は夫がリストラで無職になったため、アルバイトを掛け持ちしながら子育てに追われる日々を送っていました。

そんな由美子の夫に対し、範子は注意をして就職の世話までします。

生活が楽になり、夫も優しくなったと喜ぶ由美子ですが・・・

夫はすぐに仕事を辞めてしまいます。

さらに夫婦喧嘩中に、あやまって息子を突き飛ばしてしまいました。

息子のおでこには傷ができ、必死に謝る由美子。

するとそこへ、なぜか範子があらわれます。

そして「虐待の疑いがある」と、児童相談所へ電話をかけてしまいました!

さらに範子は夫に法律を吹き込み、息子の親権を夫のものにしてしまったりと、自分の正義を振りかざします。

このままでは、息子を夫に取られてしまう!と由美子は追い詰められます。

 

石森麗香(田中みな実)のケース

麗香は子役から女優になり、今は妻子ある亮治(神尾佑)と不倫関係にあります。

それを麗華に知られ、週刊誌にネタを提供され、麗香はCMの仕事を失うことに。

さらに、不倫相手・亮治の奥さんが植物状態なのですが、亮治は「子供が20才になったら二人の関係を報告する」と言います。

それに麗華も合意し、亮治の母親も二人の付き合いを認めます。

しかし、まだ奥さんと結婚している状態なので、

「植物状態の母親の代わりに、子供が麗香を訴えることができる」

と言い出す範子。

範子は子供に、慰謝料請求の方法を教えると麗華にいいます。

麗華は子ども達を傷つける訳にはいかないと猛反論。追い詰められていきます。

 

今村和樹(桜井ユキ)のケース

桜井ユキさん演じる、今村和樹。

和樹は大手の出版社を退職したばかりで、ノンフィクション作家として成功したいという野心に燃えていました。

そして念願の本を出版するのですが・・・

範子が検証すると、その本のインタビューに違法な部分がありました。

範子は勝手にその人に連絡を取り、和樹を訴えさせます。

「違法な取材で書かれた」と告発されたせいで、和樹はジャーナリスト生命を断たれる寸前に。

ここまで来るのに、相当な苦労をしてきた、和樹。

しかし、その苦労が全て無駄になります。そして周囲にも多大な迷惑をかける。追い詰められていきます。

 

理穂 (片瀬那奈)のケース

片瀬那奈(かたせなな)さん演じる、理穂。

理穂は外国人の夫とインターナショナルスクールを経営。

裕福な暮らしをしていますが、子宝に恵まれず不妊治療に励んでいます。

ですが体外受精を何度しても成功しません。

夫・ジョーイ(厚切りジェイソン)は「卵子提供を受けたら?」と提案しますが、

なんとそれに名乗りを上げたのは範子でした!

ジョーイは範子が大好きで信じきっているので、やる気まんまん。

ジョーイの精子と範子の卵子の受精卵を、理穂のお腹で育てる・・・

絶対正義白石聖の演技が上手いし怖い!高校生の範子に反響

範子は、卵子提供をするために、どんどん準備を進めていきます。

夫に嫌だと訴えても「なんで反対するの!範子はいい人なのに」と、もし範子の卵子提供を受けなければ離婚しそうな勢いです。

そんな追い詰められた4人はとうとう範子を殺害してしまいます。

最初はバレないかビクビクしていた4人でしたが、時間が経つと次第に範子のことを忘れていきます。

そんなある日、ある動画が配信されます。

殺された範子の夫(政治家)が不倫相手に罵られる姿が動画でリアルタイムで配信。不倫相手は範子の夫にDVなどヒドい仕打ちを受けていました。

そして・・・不倫相手の女は動画配信中、範子の夫を惨殺してしまいます。

その姿を見ていた範子を殺した4人。

どう考えても、不倫相手は誰かに操られていたような様子。4人は恐怖を感じます。

と、ここまでがドラマの内容なのですが、原作漫画と大きく展開が違ってきます。

以降で、原作小説のあらすじネタバレを紹介していきます。

 

絶対正義の原作小説のあらすじと結末は?

 

スポンサーリンク

 

範子の高校時代の奇行と、15年後に再会して、4人が受けた恐ろしい言動はドラマとほぼ同じです。

 

範子の殺害

以降で、4人が範子を殺害するところから紹介します。

4人の人生が範子によって脅かされていました。

そのタイミングで偶然ですが、地元の山梨まで足を延ばしてのランチ会が開催されることになっていました。

それぞれ4人はこのタイミングで範子を説得しようとしていました。

4人はそれぞれ他の3人が範子に恨みを持っていることを知りませんでした。

そんな時に事件は起きます。

5人で山にドライブに出かけることになります。運転は麗香でした。

範子はいつものように正義感を突きつけて、少しのスピード違反でも許さずに厳しく「どんな時でも必ず正しいことをする。正義こそ、この世で1番大切なものよ」と言います。

範子のこの言葉に、由美子は頭が真っ白になり範子の首を絞めます。でももがく範子を簡単に殺すことはできません。

そんな時、理穂と和樹は範子の体を押さえつけて「由美子!ちゃんと首を絞めて」と叫びます。

こうして、範子は死んだ!?と思ったらカッと目を見開き、車から逃走。

ヒェーーー怖すぎるホラーーー。

逃げようとした範子を麗香が車で轢き殺します。

4人とも最初は殺すつもりはなく突発的な殺人でした。

急いで4人で話し合い、死体をトランクに入れて崖から落とします。

そして殺人の隠蔽工作をして4人は口裏を合わせて範子を事故死に見せかけることにしました。

絶対正義高校時代キャスト一覧!範子と友達5人子役まとめ

ドラマでは、高校時代と同じように写真撮影をしようとした山の上で範子を殺害した4人。

しかし、原作では、ドライブ中の車で犯行に及びます。

そしてドラマでは範子の旦那が不倫相手に惨殺されるシーンが出てきますが、原作小説では範子の旦那は殺害されません。

なので、範子が殺害される基本は同じなのですが、オリジナル展開が入ってきています。

 

範子から届いたパーティーの招待状!差出人は・・・

絶対正義子役が似てる!大人キャストと高校生を画像比較

原作小説では、範子を殺してから5年後になります。

範子が死んで終わりではありません。ここからがクライマックスで戦慄です!?

4人が範子を殺してから5年が経ちました。

4人はそれぞれ、範子に邪魔されかけた幸せを手に入れて生活していました。

最初は範子の殺害がバレないか冷や冷やしていましたが、5年も経ち範子のことを忘れかけていました。

そんな時・・・なんと範子からのパーティーの招待状が4人に届きます。

手紙の封筒は、範子が好きだったリンドウの花の薄紫色でした。

リンドウの花言葉は「正義」。

4人は久々に連絡を取り合い、死んだはずの紀子からの招待状に怯える日々を過ごしますが、恐怖を抱えてまま指定の会場に集まります。

しかしそこには範子はおらず、範子の親戚や大学の同級生や範子の夫の知人たちが出席していました。

そしてその会場にいたのは、範子にそっくりな女の子でした。そして範子の夫も一緒にいました。

そう、その女の子は、範子の娘の律子・・・おそらく白石聖さんが演じます。

律子と夫は、ずっと行方不明だった範子の遺体が見つかったと話します。

びっくりする4人でしたが、範子は”事故死”と処理されたことを知り、安心します。

範子が生前に遺書を書いて毎年更新していて、自分が死んだら葬儀はしないで欲しい。その変わりに楽しいパーティーを開いて欲しいと書かれてあったと説明。

今回は、範子の意思を受けた範子の『思い出の会』だったのです。

4人は範子の殺害もバレることがなく、安心してパーティーを楽しむことになりました。

なんと・・・ここで範子の娘の律子が登場です。

範子の高校時代の役を演じた白石聖さんが演じます。

 

原作小説の結末が衝撃!

パーティは意外なエンディングを迎えます。

安心してパーティを楽しんでいた4人でした。

そんな時律子が挨拶をします。

「実は母は最期にわたしたちに置き土産を残してくれました。母は正義感が強く、カメラやビデオカメラを常に持ち歩いていました。事故や事件に遭遇したらすぐに記録できるように」

「そんな母でしたから、当時まだ珍しかったドライブレコーダーをつけていました」

「母の車にはレコーダーは見つかりませんでした。しかし私と父や諦めきれず自分たちで探し始めました。」

ここで4人の顔が青ざめます。

「そして先日そのレコーダーが見つかりました。防水仕様で、データ復元できました。この映像はまだ私も父も見ていません。ここに集まった皆さんと一緒に見たいと思います」

4人が止める暇もなく、映像が流れます。

その映像には4人が範子を殺害した様子がばっちり残されていました。

4人の殺害はドライブレコーダーにより立証され、逮捕される結末でした。

怖いですよね・・・なんと律子によって、4人の犯行が発覚する衝撃の結末でした。

犯罪を犯しているのに、なぜだか4人に同情してしまう結末でした。

 

娘律子の狂気の本当の結末!

しかし、ここで終わりではありません。

娘律子は本当に何も知らずに、パーティーで動画を流したのでしょうか?

娘の律子も4人と同様に母親の正義により苦しめられてきた被害者でした。

律子は校則違反は絶対に禁止で、放課後の寄り道や買い食いも禁止。

自宅の部屋は常にカメラで監視されていた律子は追い詰められて母親の範子を殺害しようと、何度も試みますが子供にそんなことできる訳なく断念。

4人のおかげで、律子は範子から解放されることができました。

しかし、証拠を入手して、4人の犯行であることがわかりました。

最初は律子は4人に感謝していました。

しかし律子は、証拠を残したにもかかわらず、何も知らずに幸せに暮らしている4人のことを許せなくなりました。

それは、長年範子によって植え付けられた「絶対正義」によるものでした。

律子は4人のことを「罰してやりたい」と考えるようになりました。

警察に渡してしまうだけではもったいないと思い、パーティー会場で、大勢の前でドライブレコーダーに映る殺人現場の映像を流して、4人に社会的制裁を加え・・・快感を得ていたのでした。

そう、律子は知ら間に範子と同じように「絶対正義」にこだわる人間になっていたのです。

さらに、律子は面会した和樹に「刑期を終えて出所した後も、ずっと見張っておいてあげますね。もう二度と間違ったとをしないように」と告げ立ち去るのでした。

そう・・・なんと範子の正義にこだわる凶器を知らぬ間に引き継いでしまった律子。

範子から解放されたのに、律子に一生、監視される日々が続くことをにおわせるラストでした。

 

ドラマ「絶対正義」最終回の結末ネタバレ!結末はハッピーエンドで拍子抜け?

 

スポンサーリンク

 

以下、第9話最終回のあらすじです。

刑務所から出所した由美子(美村里江)、理穂(片瀬那奈)、和樹(桜井ユキ)、麗香(田中みな実)たちを山奥のログハウスに連れてきた律子(白石聖)。その目的はいったい何なのか…?

一堂に集められた4人の前で、亮治(神尾佑)がカメラを回す。律子は4人に問いかける。

「高規範子は生きていました。率直な感想は?」

一方、警察は矢沢剛志(水橋研二)殺害で逮捕状が出ている範子(山口紗弥加)が病院から脱走したことを公表。全国に指名手配を出し、その行方を追っていた…。

正義とはいったい何なのか?
誰のためのものなのか?

絶対正義のモンスター・高規範子と、数奇な運命で結ばれた4人の親友たち。

そして、同じく正義にとり憑かれた範子の娘・律子――。

女たちを待ち受ける、まったく予想外の結末とは?
正義の意味を問う衝撃の心理サスペンス、予測不能の最終回!!

最終回はとにかく、律子が怖くて気持ち悪い回でした。

律子が4人を釈放させます。

20年の刑だったのに、7年で釈放。普通は喜ぶべき4人ですが、絶望的。

そう、服役していた方が、律子に何かをされるよりマシというくらい恐ろしい律子。

律子は4人の前でカメラを回し、律子を殺したことを後悔していないか?聞きます。

ってか、麗香(田中みな実)の元不倫相手がクズすぎて、もうここまでくるとコメディ^^;しかも、また不倫してるクズっぷり。

麗香はこの元不倫相手を守るために、範子を殺したようなものなのに。

そして4人が全然後悔してない!!と怒り「私が鉄槌をくだす」と恐ろしいことを言う律子。

一方で、なんと生きていて、意識不明だった範子が、ログハウスに到着!

絶対これ、恐ろしいことをやる前触れですね(>_<)と、かなり最後のホラー展開を覚悟して見ていたのは私だけでないはずです。

しかし、とってもやさしい範子。

4人と一緒に最後の晩餐をしたいと言い出します。

そして「4人を許す」と言い、お互いの言い分を言いあって和解する4人。

4人の「最初から、範子の正義がおかしいと思っていた時に、正直に言っていればよかった」と反省。

範子も「わかりあえるって素晴らしい」と満足げ。

えーーーー仲直り!?殺そうとしたのに、なんのお咎めなし。何か、ラストに向けてホラー展開ありそう。

そう思っていたら、この5人の仲良しのやり取りをイライラして聞いていた律子が登場して、激怒。

律子「あんた達全員正しく裁いてあげる!」

範子「私は彼女たちを許す」

律子「私がそんなの許さない!」

範子「無理よ。彼女たちは私が守る」

意外な展開^^;

律子「私は認めない!絶対に私が正義の鉄槌をくだしてやる」

とログハウスを飛び出す律子。

律子を追う範子。

そして・・・信号のシーン。第1話の冒頭を思わせる、母親が娘を必死に追うシーンです。

これは・・・もしかして範子死亡フラグ!?

と思っていたら、信号を無視して飛び出した範子を由美子が助けます。

びっくりして律子「なんで信号無視なんて!?」と言うに由美子は「あなたのために決まってるでしょ!」と一喝。

由美子は続けて「ずっと怖かったんでしょ。あなたの気持ちはわかってる。でも大丈夫。範子の新しい正義があなたを守ってくれている」

範子「律子、私、生まれ変わったつもりで、あなたと生きていきたい。2人で探していきましょう。何が正しいのか」

律子と範子は抱き合って泣きます。

そんな2人を見ていた由美子は「私、今なら言える・・・今の2人の姿は絶対に正しいって。そこには正義があるから」

そして指名手配されていた範子を見つけて駆け寄ってきた警察官を抑えつけた由美子は「私、何か間違ったこと言ってます?」と強い口調でいいます。

なんと、最後は範子と4人が仲直りするある意味衝撃の結末。

あんなヒドいことをされて、4人とも7年も服役して、そして、家族は友人を失ったのに、範子を許すって^^;

一方で範子も殺されそうになったのに、4人を許すって。

逆に怖いハッピーエンドだし、由美子が最後に正義に感染した??と言うような結末もある意味ホラーな最終回の終わり方でした。

 

絶対正義最終回の終わり方は意味不明で微妙?ツイッター反響

 

スポンサーリンク

 

そんな絶対正義最終回のラストにツイッターも反響です。

多くの反響がツイッターでつぶやかれていました。

以降でまとめていきます。

 

絶対正義最終回結末はホラーでなくて残念?

絶対正義は打ち切り?全8話の理由は視聴率?

まずは、最終回全体を通したツイッターの意見をまとめていきます。

①終始ホラーテイストだったのに、最終回だけ平和なハッピーエンドで拍子抜け

②未回収の伏線がいくつかあってもやもや

ツイッターでも最後の最後で大どんでん返して怖いのが来ると思っていたので、意外なハッピーエンドにびっくりした人も多かったようです。

そして

・範子はなぜ助かった?

・範子の死体を探しにいった理穂(片瀬那奈)が出会った山の男とは何者?

・矢沢先生の遺体は見つかった?範子が殺したの?

などなど、未回収でわからない部分が多いままでモヤっとした人が多かったようです。

 

絶対正義最終回最後のバスの中のシーンが意味不明?

 

スポンサーリンク

 

また最後の最後のラストシーンも話題でした。

最後はおそらく由美子を通して、正義の恐怖を伝えたかったのかな??と思いました。

ツイッターでも最終的に実は由美子が超怖いという意見もありました。

由美子がモロに範子に影響を受けて、正義にこだわる人間になってしまったとしたら、ホラーですよね。

ただ、由美子が正そうとした男性高校生は、私も悪いと思うので、そこまでホラーに感じませんでしたが、その後男子高校生がどのような仕打ちを受けたかによっては、なかなか鳥肌かもしれません。

またはっきりと、由美子に正義が感染したかどうかわからない、曖昧な終わり方なので、違う可能性もあり、もやっとする要素ではあります。

なんにせよ、原作小説とは全く違う展開なので、ドラマの結末に関しては、個々の想像という感じになりそうです。

絶対正義の最近記事

  1. 絶対正義で山にいた男の正体と矢沢先生は生きてる?伏線未回収?

  2. 絶対正義最終回終わり方が意味不明でモヤモヤ?由美子に感染?

  3. 絶対正義最終回ネタバレ!終わり方が意味不明でモヤモヤ?

  4. 絶対正義7話動画を無料視聴する見逃し公式【3月16日】

  5. 絶対正義怖すぎるシーン6選!夫や先生殺害や正義のこだわり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP