スーパーサラリーマン左江内氏の感想と評判は面白い?ダンスは逃げ恥のパクリ?

いよいよ始まりました『スーパーサラリーマン左江内氏』。感じの読み方は「さえないし」です。読めないですよね(笑)

堤真一さん主演の20171月期の話題のドラマですね。

前評判では、いろいろな要因で期待値が非常に高かっただけに、是非見ておきたいドラマとなっております。

今回は、『スーパーサラリーマン左江内氏』の初回が放送されたということで、あらすじのネタバレ、初回の感想と評判をまとめていきます。

 

 

目次

スーパーサラリーマン左江内氏のあらすじとは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/6972″]

左江内(堤真一)は、藤子建設営業3課の係長。彼は責任を取るのが大の苦手で、部下にあきれられる始末。家庭では妻の円子(小泉今日子)に逆らえず、二人の子供・はね子(島崎遥香)、もや夫(横山歩)にも舐められていた。

ある日、左江内は、見知らぬ老人(笹野高史)から「スーパーヒーローにならないか?」と声を掛けられる。意味の分からない呼びかけを無視しようとする左江内に、つきまとう老人。まもなく、彼は空を飛んで去っていく。「ええええ!? ウソでしょー!」それを見た左江内は驚愕。老人は翌日も左江内の前に現れ「サラリーマンのついでにスーパーヒーロー、名付けてスーパーサラリーマン!」と、しつこく勧めてくる。
そんな中、左江内は円子から「はね子がお弁当忘れたから届けてくれない?」と言われる。しかし、大事な会議が30分後に迫り、とても家に戻ってはね子の学校まで弁当を届ける時間などない。とはいえ、円子の頼みを無視できない。板挟みになった左江内は、遂に老人からスーパースーツを借りることに。

左江内はスーパースーツを着て、ひとっ飛び!弁当を取りに帰り、はね子の学校に弁当を届け、会議に出席することに成功する。家庭の平和も保たれ、左江内は一安心。左江内がスーツを老人に返そうとすると、彼の姿は見当たらない。左江内は仕方なく、しばらくスーツを持っておくことに。
その後、左江内の耳には、誰かが助けを求める声が超音波のように聞こえてくるようになる。生真面目な左江内は助けを求める声に従い、スーパースーツを着て事件を解決するように。しかしスーパースーツには、人々の記憶を忘れさせる仕組みがついていて、どんなに事件を解決しても、左江内の活躍は人々の記憶に残らず、刑事の小池(ムロツヨシ)らの手柄になってしまうのであった…。

人助けを続けるうち、責任の重さを感じて、やめようと決意する左江内。「俺はヒーローの器じゃないんだ!」と彼は、スーパースーツも手放す。そんな中、はね子の学校に男が立てこもり、はね子たち生徒が人質にされてしまう…。

参照元 http://www.ntv.co.jp/saenai/story/01.html

 

スーパーサラリーマン左江内氏の感想は?

 

 

さてさて、始まりましたよ!『スーパーサラリーマン左江内氏』

福田雄一さんの演出ドラマが1時間枠、しかもゴールデンで楽しめるなんて思ってもみませんでした(笑)ギャグセンスが高すぎて、ゴールデン向きでは無いですし・・・(笑)

のっけからコメディ要素満載俳優さんたちの変顔のオンパレードwww。左江内係長のダメ男感がハンパない!優しいのか、事なかれ主義なのか分かりませんが、とにかく冴えない男といった感じです。

そして、妻・円子役のキョンキョンの口の悪さ(笑)乗っかって、パルさんも口悪いwww。とにかく家族全員になめられている訳です(笑)

 

スーパーサラリーマン左江内氏 誕生!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/6920″]

そこへ現れた笹野さん。見るからに怪しい爺さんが「スーパーマンにならないか?」と変な全身スーツを差し出す。普通なら受け取らないですよね。

勿論、左江内氏も逃げ続けるわけですが…空を飛んで帰る笹野さんを見て、心が揺れる。娘・はね子が弁当を忘れて届けるためにスーツを借りたことをきっかけに『スーパーサラリーマン左江内氏』に変身

それにしても、飛び方!両手ブランとしてなんか情けない飛び方(笑)もうちょっとシュワッチ的な感じのほうが「スーパーマン」ぽいですよ。

スーパースーツを身につけると、忘却光線が出ていたり、遠くのSOSを傍受できるようになったり、通常時の何倍もの力を発揮する。なんて高性能なんだ(笑)

スーツのおかげて、人助けをするようになる左江内氏ですが、責任を追うことを嫌っているため、何時まで続くのやら・・・。

 

勇者ヨシヒコの面々

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/4836″]

「ヴォイ!ヴォイ!」って聞いたことのある呼び方・・・メレブ!もとい、小池刑事ことムロツヨシさん。

頭がくるくるパーマで、藤子・F富志雄先生の「ラーメン大好き小池さん」になりきっています。そして、左江内氏の人助けは全て小池刑事の手柄になっていきます。

ムロさん美味しい役。

 

さらにカラオケ店のスタッフに仏・・・もとい、米倉こと佐藤二朗(さとうじろう)さん。

佐藤さんに限っては、最早喋り方が仏のまんま(笑)

左江内氏が『恋(恋ダンス)』を歌っている所に、乱入(笑)二人共グダグダで、かなりウケました。

 

やはり、『勇者ヨシヒコ』の裏の立役者のお二人の存在は大きいですね。違うドラマなのにいろんな意味で期待してしまいます(笑)

 

スーパーサラリーマン左江内氏の強力なキャスト陣

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/327″]

まずは、初回でかなり異彩を放っていた賀来賢人(かくけんと)さん。

勘違いハイテンションキャラの池杉の変顔やセリフ、振る舞いは今日イチでした(笑)かなり吹っ切れてましたね(笑)

 

そして、左江内氏の部下・蒲田役の早見あかり(はやみあかり)さん。

セリフこそそんなに無かったですが、要所の変顔にはパンチ力がありましてね。『ウレロ☆未確認少女』で鍛えられたバラエティ魂は本物のようです(笑)

 

さらに、長台詞も難なくこなす左江内家の末っ子・もや夫役の横山歩(よこやまあゆみ)君。子役なのにとにかくしっかりセリフも言えて生意気な雰囲気もしっかり伝わりました

 

そして、はね子役の島崎遥香(しまざきはるか)さん。AKB48卒業を控え、役者としてゴールデンは大事にしたいところだと思います。今回は女子高生役なので、実年齢よりは下の役ですが、しっかり女子高生をやっていました。可愛かったですwww

 

スペシャルゲストに塚本高史(つかもとたかし)さん。コメディタッチのドラマは久しぶりでしたが、お得意のチャラキャラは健在。イッちゃってる強盗役でしたが、しっかり存在感を残せたのではないでしょうか。塚本さんも福田さん演出のドラマでゲスト出演は、無くてはならない存在。ということは、今後も若手実力派のスペシャルゲストが出るのでしょうか?山田孝之(やまだたかゆき)さんの出演を切に願う(笑)

 

その他にも気になる俳優さんはたくさん出ていましたが、また今度コメントしたいと思います。

 

スーパーサラリーマン左江内氏の評判とは?

 

 

では、『スーパーサラリーマン左江内氏』の初回の評判はどうだったのでしょうか?

「スーパーサラリーマン左江内氏 めっちゃ面白かった()(ˊᗜˋ*) これから毎週土曜はこのドラマにキマリ だな!だって藤子F不二雄原作だしね」

「ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』中々面白かった。エンディングのダンスはお決まりになってきたな。それにしても藤子・F・不二雄原作だったのね。」

「スーパーサラリーマン左江内氏 堤さんのダサさがツボ EDのキレキレダンスムービーが ステキだ キャストもいい 狙いすぎな感じも ちょこっと気になるけど 楽しみ楽しみ」

「スーパーサラリーマン左江内氏」面白かったヾ(*´v*)ノ 何だかツボだなぁと思ったら勇者ヨシヒコの福田雄一さんでした ムロツヨシさんとか佐藤二朗さんとか大好き(*’∀’) これからも見ようっと!」

「スーパーサラリーマン左江内氏 しょーもなさすぎて徹底的なしょーもなさで逆に面白かった(笑) 堤さんやから観よう」

「スーパーサラリーマン左江内氏、以外とおもしろい。家族含めキョンキョンの設定がちとアレだが」

「スーパーサラリーマン左江内氏 面白いな〜これは毎週録画ですわ(´ω`

「『スーパーサラリーマン左江内氏』、豪華キャストの無駄遣い感がハンパなくて好き『33分探偵』の面白いけどヒヤヒヤさせられる感を思い出した。」

「スーパーサラリーマン左江内氏の恋ダンスうけた 」

「スーパーサラリーマン左江内氏、お腹抱えて笑った そして恋ダンスの次はHappy?ダンスね!」

「早見あかりのスーツ姿とダンスを見られるだけでもスーパーサラリーマン左江内氏見る価値ある。 つかおもしろかった。」

「スーパーサラリーマン左江内氏ゆるくて面白かった。賀来賢人キレキレだな… あと久々の塚本高史にびっくり。」

「スーパーサラリーマン左江内氏、飲みに行ってたから録画で今観てたけど、面白かった(笑)安い感じもまたいい♪最後のダンスも完全にアレじゃないですか(笑)」

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/3782″]

初回の放送は、かなり評判が良かったですね。

それもそのはず原作は、藤子・F・不二雄先生の『中年スーパーマン左江内氏』で、脚本・演出には、2016年の年末期で深夜ドラマ枠なのに大人気だった『勇者ヨシヒコ』シリーズを手掛けた福田雄一さんですからね(笑)

福田さんのコメディドラマのふざけ具合は、ガチでハンパないですし、この人怖いもの無いんじゃないかとすら思ってしまいます。

さらに話題となっているのは、同じく2016年の年末期に大ヒットしたドラマ『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』のED(エンディングダンス)を彷彿させる「ガチダンスED」ですね。堤真一さんをセンターに据えたEXILE軽ダンスです。勿論、エンディング曲を担当しているのは、EXILE TRIBEの『三代目J Soul Brothers』の「Happy?」です。

局違いのTBSの人気ドラマを年明け早々、堂々とパクる辺り…日テレさんぶっ込んできましたね。

コレも、さすが福田さんと言った所でしょう。『勇者ヨシヒコ』に比べれば、まだカワイイもんですね(笑)最近は局の垣根が大分低くなってきているように感じるのは気のせいではないはずです。

ちなみにエンディングダンスの動画や振付師さんについては以下にまとめてあります!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/7000″]

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/5608″]

今回『スーパーサラリーマン左江内氏』の放送が始まったので感想や評判についてまとめてみました。

まだまだ初回なのでなんとも言えませんが、福田さん演出がこのまま終わるわけがありません。「恋ダンス」のパクリなんて序の口です。

今後の展開から目が離せませんね。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる