べっぴんさんできよしの子役は大八木凱斗!過去の出演ドラマはJIN?

スポンサーリンク

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」でヒロインすみれの幼なじみで兄貴的な存在の野上潔の幼少期を演じるのは大八木凱斗さん。

大人になった時のキャストはイケメン人気俳優の高良健吾さんですね。

そんな大八木凱斗さんのプロフィールや経歴などをまとめてみました。

また過去の出演ドラマや、JINに出演していたという話を調べてみました。

大八木凱斗のプロフィールとは?

名前:大八木凱斗(おおやぎ かいと)

生年月日:2000年8月31日

出身地:京都

特技:サッカー

所属:N.A.C大阪オフィス

引用元:www.nac.actors.co.jp/actor/?id=1213430080-700868&p=1&gr=1&ca=1

4歳の時から子役デビューしている大八木さんは今年で16歳になるベテラン俳優さんですね。

まだ16歳なのに12年もテレビに出てるなんて子役なので当然かもしれませんが、ずっと続けているのは実力があったからでしょうね。

演技も高く評価されていて日本映画批評家大賞で「審査員特別演技賞」を受賞しています。

この当時はまだ10歳なんですよね~。

子役というより若手俳優さんと言うべきでしょうか。この先主演や準主役級の出演ということもでてくることが予想される、期待の俳優さんだと思います。

 

 

大八木凱斗の過去の出演ドラマや映画は?

スポンサーリンク

ラブファイト(2008年)

武士の家計簿(2010年)

カーネーション(2011年)

JIN-仁-完結編(2011年)

かすていら(2013年)

るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編(2014年)

ちゃんぽん食べたか(2015年)

大八木さんの代表作といってもいいのが映画「るろうに剣心」(2014年)の明神弥彦役です。

前作で田中偉登さんが演じていたのをキャスティングが変更されての出演でした。評判もよかった前作があったので厳しい目線があったかもしれませんが、見事に演じきって高い評価を受けました。不安や緊張もあったようですが、アドバイスを受け入れて自分の経験として糧にしました。素直で努力できる子なんですね。

 

さだまさしさんの自伝的小説をドラマ化した「かすていら」(2013年)に佐野雅志役で出演された時に一ヶ月半ほどバイオリンの稽古をして見事になめらなかな演技をしたことでも話題となりました。

大八木さんはサッカーが特技となっていうので体を動かすことが好きなのでしょうけど演技で必要となればみっちり稽古をして覚えてしまうのですね。

吸収力がすごいです。まわりの大人の俳優さんに囲まれてさらなる飛躍が期待できますね!

 

このドラマの時にブリーフを脱いで母親に渡すシーンがあったのですが、お尻まで映されていて恥ずかしそうにしているのがかわいいという声もありました。

お年頃の男の子が全裸で演技をするというのもなかなか大変なお仕事ですね。

 

 

大八木凱斗は人気ドラマJINにも出演していた!?

JIN-仁-完結編は2011年に放送された大ヒットドラマです。そのドラマにも出演されていたということで調べてみましたら第五話に出ていました。

死に逝くまで舞台に立とうとした歌舞伎俳優の坂東吉十郎の息子で与吉役だったのですが、セリフはほとんどなく表情などで好演していました。さすがベテラン俳優さんですね!

倒れた父親を物陰からじっと見つめているだけなのに表情だけで心配しているということを伝わる演技ができるなんてすごいですよね。

ラストで父親の屋号を叫ぶところは涙なしでは見れません。

 

まとめ

子役から若手俳優として成長を続ける大八木さんはすでに実力派として活躍されていました。

ですが、16歳という若さもあってさらなる成長をしていくことでしょう。これからの活躍を見守っていきたいです。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です