べっぴんさんでKADOSHO(かどしょう)のモデルは丸紅?エイスやキアリスとの関係は?

 実話を元に制作されているNHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』ですが、主役の板東すみれのモデルになった人物が子供向けアパレルブランド『ファミリア』の創始者である板野敦子(ばんのあつこ)さんだということはご存じの方も多いでしょう。

後半に入って出てきた会社西岡徳馬(にしおかとくま)さん演じる古門充信が社長の会社かどしょう(KADOSHO)。

栄輔率いるエイスとも密接にかかわり、キアリスとも大きく関わってくるようです。

そんなKADOSHOにはどこかモデルになった会社はあるのでしょうか??

そこで今回は、『べっぴんさん』でその存在が目立ってきているかどしょうのモデルになった会社について調べてまとめてみました。

 

 

目次

べっぴんさんでKADOSHOのモデルは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/7266″]

201610月からスタートした『べっぴんさん』ですが、20172月末から新シーズン『大阪万博期』に突入します。

早いな~、もう最終回に向けて突っ走ってる感じですね(>_<)寂しい。

すみれや君枝の子供たちも大きく成長して、キアリスに入社。キアリスを引っ張っていく流れにになりそうな展開ですね。

新たなシーズンでは、西岡徳馬(にしおかとくま)さん演じる古門充信が代表取締役を務める東京にある大手商社の「KADOSHO」が大枠の舞台となるようです。

西岡さん、渋いですよね~!!そんな西岡さんが社長役を演じるKADOSHO」のモデルについてご紹介していきたいと思います。

 

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/10673″]

 

実話が元になっている物語なので、当然モデルとなっている会社があるのですが…調べてみると、どうやら総合商社の『丸紅』がモデルのようです。

『べっぴんさん』の時代背景と照らし合わせると、その当時は『丸紅飯田』という名前の会社だったそうで、高度成長期を迎えた日本の数ある総合商社の中でもTOP3に入る大手の商社でした。

ちなみに西岡徳馬さん演じる代表取締役社長のモデルになった人物については以下にまとめてあります。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/9815″]

 

 

べっぴんさんでKADOSHOやエイス・キリアスの関係は?

 

 

前述の記事で「KADOSHO」のモデルはお解りになったと思います。

そして、「キリアス」のモデルは、主人公の板東すみれが立ち上げているので「ファミリア」ということになります。

では、「エイス」のモデルはと言うと・・・現在40代以上の方なら分かるかもしれないファッションブランドの「VAN(ヴァンヂャケット)」というメーカーでした。

実はこの「丸紅」と「VAN」には、切っても切れない因果関係があるんですね。

日本でのアイビールックの火付け役として一世を風靡した「VAN」は、業務拡大を目論み「丸紅」から多額の融資を受けていました。

「丸紅」としても、「VAN」を手中に収めようと躍起になっていましたが、売れ線真っ只中の「VAN」を他の商社がほっておくわけがありません。

今も昔も知らない人がいないほどの大手商社「三菱商事」と「伊藤忠商事」を大手を上げたのです。

3社の融資の介もあり、着々と売上を伸ばす「VAN」ですが、実際はそう上手くはことが進んではいませんでした。

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/10200″]

大量生産による価格の低下で売上があっても利益率が少ない上に、1973年のオイルショックの煽りを受けて、安売りのブランドへと変化せざる負えなくなってしまったのです。

そして、誰もが知るあの事件「ロッキード事件」が起きてしまうのです。

この事件で田中角栄(たなかかくえい)氏と共に「丸紅」の社長が逮捕されてしまったのです。

大口の融資先を失った「VAN」は、坂道を転がり落ちるのを止めることが出来ず、1978年に事実上の倒産ということになってしまいました。

え~この史実の通りになるとすれば、、、栄輔氏は転落してしまうんですね。女性ファンが多い栄輔のそんな姿見たくない人も多いでと思います。それはちょっとかわいそうですね・・・。

一方で、大手百貨店への出店が相次ぎ着々と信頼と実績を積み重ねた「ファミリア」は、ついに皇室御用達ブランドとしての地位を確立するまでに至りました。

皇室とキアリスとのかかわりについては以下にまとめてあります!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/6762″]

自分たちで築き上げた「キアリス」と、融資に頼り「KADOSHO」のお金でのし上がった「エイス」明暗を分けることとなった、実話のお話でした。

実話の通り、エイスとともにイケメン王子栄輔社長も転落してしまうのでしょうか・・・。この辺りが大変に気になります。

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/9849″]

今回『べっぴんさん』の新シーズンが始まるということで、舞台となる会社やメーカーについてまとめてみました。

ドラマでは、史実が100%描かれるわけではないので、実際のところどうなるのかは分かりませんが、戦後の日本の高度成長期を支えた会社をめぐる大きな渦のなかで、主人公のすみれ達がどのように生きていくのか?今の日本に必要な事が描かれていくような気がします。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる