民衆の敵はつまらないし面白くない?月9のツイッター評判と理由をまとめてみた

一足遅れてスタートした201710月期のフジテレビの9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ですが、スタート早々暗雲が立ち込めているようです。

というのも、評価のバロメーターとも言われる「ツイッター」で、つまらないや面白くないというコメントが多数上がってしまっているのです。

そこで今回は、ツイッターの「つまらない」「おもしろくない」「微妙」という評判や理由をまとめていきたいと思います。

 

 

目次

民衆の敵はつまらないし面白くないの?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/26200″]

では早速、『民衆の敵』に対する視聴者の「つまらない」というツイッターの声を上げてみましょう。

「民衆の敵。 視聴率の取れる女優、篠原涼子でなんとかって感じのドラマ。 他にも良い役者は揃えているが、内容が微妙すぎる そもそもでいえば、月9で放送するようなドラマではない 失敗作であることは否めない」

「金目的で議員&中途半端に理想を追っててふわふわしてコメディとしてても微妙」

「やっぱり先週から感じてるけど、微妙にツメが甘い脚本だなぁ。題材は面白いのに、結構細かいとこは投げ捨ててる感じ。」

「民衆の敵。篠原涼子も石田ゆり子も高橋一生も千葉雄大も好きすぎる。でも話がつまらない! チャンネル変えたいけど演者が良すぎて変えれない!でも話がつまらない!まだ10分しか経ってない」

「「民衆の敵」は本当につまらない。 試しに30分見たけど、躊躇わずに見るのをやめた。」

「民衆の敵の内容が本気でつまらない。」

「民衆の敵は月9史上初回最低視聴率を記録した、つまらないドラマ。」

「話は面白そうなのに、フジテレビの悪いところが散りばめられていて不快感」

「民衆の敵と入力すると、つまらないと出てくる。 哀れな脚本家。 視聴したけど確かにクソつまらなかった。」

「民衆の敵7.1%か。 仕方ないよな。つまらないもん。」

「「民衆の敵」1話見た。市会議員にカネのためになった中卒ママ。そんなに面白くない。」

「想像をはるかに下回って面白くないなあ。脚本家、基本的なことがまったくできてなくね? それこそ、おかしくないですか?」

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/26477″]

もちろんどんなドラマでもそうですが「面白い」と「つまらない」という賛否の意見はツイッターで出てきます。

今回の「民衆の敵」も「面白い!!」というツイッターの意見も多いのですが・・・悪い意見としてはもうもうボロクソ言われてしまっています。

それもそのはずで、近年こそ低迷を重ねていますが、かつては栄華を築いたフジテレビの月9の初回最低視聴率7.1%を記録してしまったのですから・・・・汗

唯一かわいそうなのは、リアル総選挙の影響で開始週が一週遅れてしまったことですね。

さらに、ようやく開始かと思いきやプロ野球の日本シリーズの延長で、時間まで遅れてしまうオチ。まさに「もってない」としか言いようがありません

 

民衆の敵が面白くない理由とは?

 

 

そんな不測の事態が重なり、初回歴代最低視聴率になってしまった『民衆の敵』ですが、低視聴率に限らず、つまらない・面白くない理由があるはずです。

そこで、その理由をツイッターから探ってみると・・・ズバリ!「内容がつまらない」と言う意見が多かったんです。

もう連ドラとしては致命的すぎる理由ですね(^_^;)

世間知らずで思いつきで行動する中卒ママが、いつまでたっても生活が楽にならないことで、お金目当てに市議選に立候補するという内容

いくら市民の目線に立った演説をしようと、あそこまで馬鹿な発言をする人間に投票しないのでは?単純に選挙と言うリアルを題材にしているにも関わらず、リアルではありえない内容になっているところに違和感を感じて「つまらない」という人が多いようです。

まあ、確かに選挙戦を戦っているのに超ラフ(どちらかと言えばみすぼらしい)な格好で、言葉遣いも分かっていない候補者が本来ならば当選することなんてありえませんよね。

庶民派と言うより、むしろガサツで嫌悪感すら覚えたと言う意見も。

そんな主人公がまさかの当選で、市議会議員になり、またしてもやらかすわけですから、もう先の内容も分かってしまうということで・・・「つまらない」と通り越して「イライラ」している人も多いようです。

6話くらいまでやらかしが続いて、同期が徐々に仲間になり、腐りきった市議会を改革していくという流れになるのでは??と安易かもしれませんが予想してしまう流れで来ています。

 

民衆の敵の面白いという意見は?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/26092″]

まぁ、そんな酷評の多い『民衆の敵』ではありますが、良いコメントを上げている視聴者の方も多数います!

「「民衆の敵」、1話目ちょっと微妙かな…様子見… って思ってたけど、2話目から巻き返した!」

「激推しされた民衆の敵を見たんだけど、話がすごく面白いかというと微妙なんだけど、10分に一回なんかいいツボを押してくれるドラマだった」

1話微妙やったけど今日は結構面白い」

「面白くないって思う人もいるだろうけど、若者とかが政治に興味を持ついいきっかけになると思う。」

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/26000″]

初回からですが「面白い」と言う意見も多かったこのドラマ。好みの問題もあるかもしれません。

個人的には、リアルのパロティではないか?と考えながら見て楽しめる部分も。

また「初回はつまらなかったけど、2話目は面白かった」と言う人がチラホラ。

2話では、市議会議員選に当選し、初めて市議の仕事に携わる流れでしたが、初回に比べてバラエティ要素が強かったようには感じます。

有力派の市議の居眠りを指摘し、それを巡ってドタバタ劇が繰り広げられました。

個人的には高橋一生さん演じる藤堂誠の正体や今後の展開が面白くなりそうな気がしますし、石田ゆり子さん演じる平田和美の存在感も良く、豪華キャスト陣で脇が固められているだけに、展開によっては今後更に面白くなってくると期待したいところです。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる