ハロー張りネズミは東村アキコのパロディで漫画家北村アキコ?本人に了承は?

スポンサーリンク

「ハロー張りネズミ」の第4話、怖かったですよねぇ〜。

え?そうでもなかったですか?

私は超こわかったです!!このお話は811日の放送に続いています。

どうやらお話の依頼人である内田滋(うちだちか)さん演じるマンガ家の北村アキコが、実在の漫画家である東村アキコ(ひがしむらあきこ)さんのパロディでは?と噂されているようですね。

瑛太(えいた)さん演じるゴローが言っていたマンガのタイトルは明らかに東村アキコさんの作品のパロディでした。

この件について東村アキコさんはどう思っているのでしょうか?

ちゃんと了承を得ているのでしょうか?

そんな疑問について調べてみました( ´ ▽ ` )

東村アキコのプロフィールは?

名前 東村アキコ(ひがしむらあきこ)

生年月日 1975101541

 

上記が写真のようですが、お綺麗な方です♡

宮崎県に生まれ、高校卒業後に金沢美術工芸大学に進学、油絵を専攻します。

大学卒業後は会社員になりますが、1999年に「フルーツこうもり」で漫画家としてデビューします。

美人であることでも有名な東村アキコさんですが、2回結婚されています。

1回目は声優、作家、俳優などマルチにこなすIKKAN(いっかん)さん。

この結婚はできちゃった婚プラス別居婚というちょっと変わったスタイルでした。

2004年に結婚し翌2005年に長男が生まれています。

この長男「ごっちゃん」の子育てを描いた「ママはテンパリスト」は人気作なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この結婚は別居婚だったので、ドラマの北村アキコ同様ひとりで子育てをしていました。

 

離婚は2008年、理由は明らかにされていませんが、長男は東村アキコさんが引き取って育てています。

次の結婚が2013年、お相手はファッションデザイナーの安藤悟史さん、仕事を通じて知り合ったそうです。

お二人の間に子供はいないようですね。

ご主人は東村アキコさんの仕事場によく訪れているようですが、東村アキコさんはこんな謎めいたコメントをしています。

実は私、二度目の結婚も上手くいっていないんですよ。諸事情により、あまり詳しくは話せないんですけど(笑)”

 

おやおや、穏やかじゃないようですねぇ〜。

やっぱりお仕事優先なんでしょうか?

 

 

北村アキコは東村アキコのパロディ?今までの作品は?

 

スポンサーリンク

 

ドラマで瑛太さんが興奮して「超売れっ子(漫画家)だよ!」言っていた北村アキコさんの作品ですが・・・

「きせかえユミちゃん」「モグラ姫」「シングルグルグルマザー」「じゅんいちレジェンド」「タコポンだし」「東京トンテキ娘」・・・。

どう考えても東村さんの作品のパロディですね(笑)

ギャグをふんだんに取り入れた笑える作品や、思いっきり泣けてしまう作品、それに自身の経験から作られたものなど、いろいろな顔を持っている漫画家さんです。

その独特の世界観から多くのファンがいるようですね。

数多いヒット作の中から代表作をいくつかご紹介します

 

・きせかえユカちゃん

主人公のユカちゃんはおしゃれな小学6年生!

ちょっと生意気な女の子、ユカちゃんが巻き起こす爆笑コメディは東村ワールド全開です!

・海月姫

能年玲奈さん主演の実写映画化された作品でアニメ化もされています。

腐女子(オタク女子)にスポットを当てた、笑いどころ満載の元気がもらえる作品です。

34回講談社漫画賞受賞。

・主に泣いてます

菜々緒さん主演でドラマ化されています。

絶世の美女なのに不幸な人生を送るちょっとシリアスなラブコメです。

・東京タラレバ娘

アラサー女子が繰り広げるタラレバ妄想の作品。

同世代の女性の共感度ありまくりで、時には突き刺さってしまうことも・・・。

このマンガがすごい!2015”のオンナ編で2位を獲得しています。

・ママはテンパリスト

自身の子育てでテンパっている様子を赤裸々に綴った作品です。

子育てママの参考になろうなんて気持ちがゼロのところがナイス!

ひたすらテンパった姿が笑えます(^ ^)

・かくかくしかじか

東村アキコさんの自叙伝といってもいい作品です。

甘酸っぱい青春の日々は、ちょっと胸に痛くても共感できるストーリーです。

東村アキコさんを知るならぜひ読んでおきたいひとつ。

一旦東村ワールトに足を踏み入れると抜け出せないかもしれませんよ!

 

ちなみに瑛太さんが言っていた他の作品も「じゅんいちレジェンド」は「健一レジェンド」、「タコぽんだし」は「メロポンだし!」と実在していて・・・面白すぎるパロディでした。

 

「ハロー張りネズミ」は東村アキコさん公認?

東村アキコさんはご自身を描くときにはおだんごヘアなのですが、そんな姿を彷彿とさせる帽子をかぶって現れた北村アキコ。

それに途中で出てくる作品が、どれも東村アキコさんの作品名をもじったもの。

さて、限りなく作品名に近いタイトルをゴローは連呼していましたが、ご本人の許可は頂いたのでしょうか。

ご安心ください。

こちらのインスタを見る限り、東村アキコさんは全面協力みたいです。

なんと今回のお話では、「内田慈さん」が演じる人気漫画家北村アキコにちなんで「海月姫」や「東京タラレバ娘」などの作品でおなじみの東村アキコ先生にご協力頂いております!!”

とコメントしていますね!

しかもこちらのインスタ見てください!

確かに、ここまでパクッテて了承得てない訳ないですね(笑)

さらにさらに!このインスタ見てください!

気づきましか?

ゴローが言っていた実際の作品をパロッたマンガのタイトルに、作家名も「北村アキコ」になっています!

さりげなく上にボンって置かれた雑誌「HONEY」はゴローが表紙を見せた「東京トンテキ娘」のあの本ですよね!

実に芸が細かいです。

 

小道具まで協力してもらうなんて、すごくないですか!?

さらに!アシスタントさんにまでご指導されちゃうなんて、東村アキコさん、かなり大きくアシストしています!

 

まとめ

あの怖かった和室の床柱、どんな秘密があるのでしょうか?

娘の七恵ちゃんはどうなってしまう?

ゴロー達がこの難題を解決することができるのかも気になります。

ところで東村アキコさん、霊媒師役の蒼井優さんに何となく似ていると思うのは私だけでしょうか???

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です