フランケンシュタインの恋2話のネタバレは布団にあったしめじを食べてキモすぎ?

綾野剛さん主演の日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」。

第1話は衝撃のラストでした。

果たして二階堂ふみさん演じるつぐみの姉の安否はどうなのでしょうか?

またイケメン俳優斎藤工(さいとうたくみ)さんが登場。果たしてどんな役なのでしょうか?

そんな気になるドラマ「フランケンシュタインの恋」第2話のあらすじのネタバレと感想をまとめていきます。

 

 

目次

フランケンシュタインの恋第2話のあらすじのネタバレとは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/14534″]

津軽(二階堂ふみ)稲庭(柳楽優弥)の2人の抱擁を見た深志研(綾野剛)は、嫉妬の感情からか、変態してしまう。深志研はその体で晴果(田島ゆみか)に触れてしまう。彼女は顔を半透明の白いキノコに覆われ、意識不明の状態に。津軽と稲庭が倒れている晴果を見つけて、病院へ運ぼうとする。津軽から「あなたは何者なんですか?」と問い詰められた深志研は、何も答えられない。

医師の診断によると、晴果は激しいアレルギー症状であるアナフィラキシーと見られた。
しかし、これまで健康だった晴果にアレルギーはなく、原因はまったく分からなかった。津軽は、深志研が晴果の症状に関わっていると考える。彼女は稲庭に、深志研を探してきてほしいと頼む。稲庭は深志研を探し始めるものの、彼はすでに姿を消した後だった。稲庭工務店の人々に話を聞くと、深志研が使った布団にたくさんのシメジが生えていたことが分かる。稲庭は、そのシメジを研究室へ持っていき、鶴丸(柄本明)に相談する。津軽と晴果の祖母・叶枝(木野花)が、晴果が運び込まれた病院に駆け付けた。津軽は叶枝から、叶枝の祖母の妹が晴果と似たような症状に陥って命を落としたことを聞かされる。
一方、森に帰った深志研は、120年前に起こった悲しい出来事を思い出していた。そんな中、彼の前に津軽が現れる。彼女は深志研に、何があったのかを話してほしいと訴える。しかし、深志研は「ぼくをもう見つけないでください」と言い残して森の中へ去ってしまう…。

引用元:http://www.ntv.co.jp/frankenstein_koi/story/index.html

意識不明って・・・怪物の嫉妬の威力ってすごいんですね~。

しかも触れたことで「アナフィラキシー」になるなんて、すごい設定・・・。

しかも怪物深志研が逃走。。。これでお姉さん死んじゃったら、つぐみと深志研の恋はなくなと思うので、姉が死んでしまうことはないと思いますが、でもでも気になりますね~。」

ちなみに二階堂ふみさんのお姉さん役のキャスト女優さんについては以下にまとめてあります!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/14771″]

 

そして次週予告です。

引用元:https://youtu.be/qsjoIjzy1_c

 

冒頭からいきなり衝撃シーン!?布団のしめじを・・・

 

 

いきなり冒頭からしめじ料理を食べる稲庭(柳楽優弥)一家。なんか嫌な予感・・・。

もしかして・・・と思ったら玉名瑠以役(大西礼芳)が深志研(綾野剛)が寝ていた布団に大量発生したしめじをソテーに。

ひぇ~気持ち悪すぎる(>_<)

個人的には第2話はこの衝撃シーンに全て持って行かれた感じですが(笑)

姉の晴果(田島ゆみか)は病院に運ばれましたが、何らかが原因のアナフィラキシーショックを受けたとのこと。

つぐみ(二階堂ふみ)が病院で姉の看病をしている間、稲庭(柳楽優弥)が深志研(綾野剛)の行方を捜しますが見つかりません。

しかし教授の鶴丸(柄本明)布団にあったしめじを元にして薬を開発。すごーーーい。教授天才!!!

姉は無事に生還するのでした。

 

斉藤工は博士だけど・・・

 

なんと正体が明かされていなかった怪物こと深志研(綾野剛)を生み出した博士の正体はなんとイケメン俳優斉藤工・・・友情出演でした。

というか、斉藤工???小汚くて最初わかりませんでした(笑)誰だか。でも声は斉藤工だし、かなりいい味出してました。

斉藤工のシーンで、ますますファンタジー色が強くなりました。さすが斉藤工さん・・・いい仕事してました。

ちょうど良く不思議ワールドを展開していました。

 

罰を受けることを前提に謝る?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/6773″]

つぐみと話して姉の原因が深志研なかと責められてしまい、森に逃げ帰った怪物深志研。

しかしとあるラジオ番組を聞いて気持ちが変わります。

大好きなラジオ「天草に訊け」で天草さんが、体当たり取材。この番組冒頭の「天草に訊け~♪」の天草ソングが頭から離れないの私だけでしょうか(笑)

ってか天草純平役の新井浩文さん、本当にいい味出してます。前回の「就活家族」のきな臭い悪役から一転、今回は良い人っぽいですね~。

リスナーからの「傷つけた友達に謝りたい。どうしたら許してもらえるか??」という質問に「許してもらうことを前提にするのではなくて、罰を受けることを前提に謝れ」という言葉で奮起する怪物。

ってか天草さん面白すぎ。ラジオ番組でヤクザ事務所に訪問して、わざとヤクザを怒らせて謝っても許されずボコボコに殴られる(笑)このシーンを見せて(というかラジオだから聞かせて)力説(笑)

でも津軽(二階堂ふみ)に会って「罰を受けることを前提に」謝罪しようと改心した怪物君は町中を津軽を探してさまよいます。

でも・・・無理やり森から連れだしたのは津軽だし・・・怪物君は悪くないしかわいそうな気もしますが・・・。

そして津軽に再会。お互いに謝罪して仲直り??再び稲庭(柳楽優弥)の家に暮らすことになった怪物君でした♪

そうそう、津軽が最初に謝らないとね♪

 

過去の因縁?津軽と怪物との関係は?

 

 

怪物に触れられたことで、姉の顔からキノコが出現して、アナフラキーショックを起こしてしまったことで、おばあちゃんのおばあちゃんの妹(どんだけさかのぼる(笑))が同じような症状で死んでしまったことがわかりましたが、怪物の回想シーンでその死んだ女性がつぐみ(二階堂ふみ)と同じ顔。

そう二階堂ふみさんの1人2役って感じですが。

なのでつぐみに出会った時、怪物は何かを感じたんですね~。

ちなみに回想シーンによると、怪物は一度死んだのを博士(斉藤工)に蘇えらせてもらい・・・そしてその蘇った怪物の姿を見てびっくりする死んだ女性(二階堂ふみ)。どうやら怪物の死ぬ前の存在を知っているよう。

怪物はその女性に自分が何者かを教えてもらいたくて、追いかけてしまって、触ってしまったことで、女性が死んでしまったという不幸な過去だったことがわかりました。

この過去が今後のストーリーにどう影響してくるのか、気になるところです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる