中山美穂の声震えてた?貴族探偵の演技が下手でひどいし違和感の声続出?

 

3クールぶりに初回視聴率が2桁に乗った月9『貴族探偵』ですが、主演の相葉雅紀(あいばまさき)さん効果なのかは定かではありませんが、とりあえずはまずまずの出だしになりましたね。

しかし、初回放送後から数々の疑問の声が上がっているようです。

今回は、そんな疑問の中からメイド役の中山美穂さんの評価についてまとめていきたいと思います。

 

目次

貴族探偵の中山美穂の役とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/14106″]

中山美穂っぽい人がメイド役で出てると思ったら中山美穂だった。」と言われてしまうほど、久しぶりの連ドラ出演になった中山美穂さん。

そんな中山美穂さんが貴族探偵で演じる役は、貴族探偵(相葉雅紀)のもとで働くメイド・田中という女性です。

田中の主な仕事は、勿論メイドとして貴族探偵の身の回りのお世話や食事の準備。特に紅茶にはこだわりがあります。

さらに、貴族探偵が事件に向う際、執事の山本(松重豊)や運転手の佐藤(滝藤賢一)の集めた情報をまとめる役割をになっています。そして、事件の再現VTRにも登場します。

 

アイドル四天王の一角で、『毎度おさわがせします(1985年)』や『ママはアイドル!(1987年)』『眠れる森(1998年)』など、ヒットドラマで主演を演じている中山美穂さんに対して、視聴者からは「贅沢な使い方と言われています。

 

貴族探偵で中山美穂のメイド服の評価は?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/13678″]

 

では、そんな中山美穂さん演じる田中のメイド服の評価を見てみましょう。

「中山美穂のあのしみったれたメイド姿のために一回200万のギャラは高杉WWW 貴族探偵じゃなくて、没落貴族!」

「中山美穂さんのメイド最高だよな。めっちゃかわいい。」

「犯行再現VTRの時のアクションが素敵でした。美穂ちゃん」

「貴族探偵は中山美穂さんがかわいいよー!」

「中山美穂のメイドがかなりいい味出してるからな」

 

絶世の美女、一世を風靡したアイドルといえど、アラフィフでメイド服はコスプレ感が否めないのは事実でしょう。

しかしメイド服とは元来、メイドさんが着る服であって、メイド喫茶の女の子が着る服では無いんですよね(笑)そう考えると、アラフィフのメイド服はむしろ自然なんですね。

アイドル時代からのファンの方たちからは非常に評価が高いのは言うまでもありませんが、一般的にみても、転んでも元アイドルですから見た目が綺麗なのは周知の事実ですね。

 

 

 

貴族探偵で中山美穂の演技の評価は?

 

 

それでは本題の中山美穂さんの演技についての評価をみていきましょう。

「録画してた貴族探偵見たけど聞いてた通り相葉くんひでぇな。 周りが上手なので中山美穂と2人だけ学芸会みたいでかわいそうなキャスティング。」

「貴族探偵みたのだが、話うんぬんよりも、中山美穂ってこんな芝居下手だったかなぁ。滑舌悪いし声出てないし……ちょっとがっかり。」

「相葉くんと中山美穂さん、嫌いじゃないだけに見るのツライ。。。」

「中山美穂…出なきゃいーのに。見たくないから。崩れた貴女を…。いい歳の取り方してねーな(^_^;)

「中山美穂が脇役とか少しびっくり」

「中山美穂の所作もメイドのそれじゃない」

「貴族探偵のメイド役で中山美穂を使うのは違和感しか感じない」

「中山美穂さん、昔は女優として輝いていたが、ちょっと今違うわー」

「貴族探偵見たけど、中山美穂がいつの間にか片平なぎさ的な扱いになってて苦笑い…」

「あと、中山美穂の声の震えもどうしても気になる。壊滅的に演技に向いてないのでは。」

「中山美穂さんがメイドって贅沢すぎ(^_^;)

「「貴族探偵」…相葉雅紀と中山美穂の演技が酷すぎるな。」

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/13653″]

デビュー以来、主演・ヒロインばかりを演じてきている中山美穂さんだけに、脇役がしっくりきていない方が多数いらっしゃいますね。

そして、そんな主演ばかりの中山美穂さんの演技の下手さ加減にびっくりなさっているようです。しかしながら、ドラマに主演していた当初は、演技が上手いから主演を張っていたわけではなく、アイドルとして売れていて、主演というだけで視聴率が取れたからなんですね。実際に中山美穂さんの演技が上手いと言う声はほとんどありませんでした。

さらに、「震えが気になる」というコメントも上がっていますが、コレについても。久しぶりの演技で緊張していたということではなく、以前から震えがちの声質なんですね。

自身の朗読劇『HAKUTO~白兎~』や『BISTRO SMAP』に出演した時も、声だけでなく手や顔が震えていたことがあり話題になっていました。

ちなみに3月で謎の女性役を演じたテレビ東京のドラマ「花実がない森」を拝見しました、この時はなにも違和感を感じませんでしたし、感情移入できました。

もしかしたら、今回の役に向いていないか、もしくは今回の役が難しい役どころだったのかもしれませんね。

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/14832″]

今回『貴族探偵』に出演中の中山美穂さんの演技についてまとめてきましたが、9の再興を願ったフジテレビの意向と女優としての奮起を願う中山美穂さんの思惑が一致した結果出演することになったのでしょうが、果たしてどちらに転ぶことでしょう。

2話以降に視聴率が激減なんてことになってしまわないことを祈るかぎりです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる