ボンタラクーソワカーとは?鎌倉殿の13人のオンベレブンビンバの真相が泣ける!

2022年9月25日に放送されたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人(かまくらどののじゅうさんにん)」37話。

サブタイトルの「オンベレブンビンバ」が、前の週の予告から話題になっていて、どんな意味??何のこと??とSNSでは「オンベレブンビンバ」の意味の予想・考察が盛り上がっていました。

そして37話のOAで、「オンベレブンビンバ」の意味と真相がわかると・・・「面白い!」「笑える!!」と言う声とともに、意外にも「切ない」「泣ける」の声となぜか謎のキーワード「ボンタラクーソワカー(ぼんたらくーそわかー)」がトレンド入りしました。

「ボンタラクーソワカー」とは、鎌倉殿の13人の37話に登場した言葉なのですが、一体何が話題になっているのでしょうか?

今回はドラマ「ボンタラクーソワカー(ぼんたらくーそわかー)」のネタバレをご紹介しつつ、何か泣けるのか?視聴者の反響などもまとめていきます。

目次

ボンタラクーソワカーとは?鎌倉殿の13人のオンベレブンビンバの意味判明シーンで登場のネタバレ

オンべレブンビンバとはオンタラクソワカ!大姫の呪文が泣ける?

まずは、鎌倉殿の13人のオンベレブンビンバの登場したシーンの紹介です。

政子(小池栄子)、大江広元(栗原英雄)らと新体制を始動させた義時(小栗旬)は、泰時(坂口健太郎)を自身のそばに置き、強い覚悟で父・北条時政(坂東彌十郎)と向き合う。一方、時政を蚊帳の外に置かれ憤慨するりく(宮沢りえ)は、娘婿・平賀朝雅(山中崇)を担いで対抗することを画策。三浦義村(山本耕史)を誘い、反撃ののろしを上げる。北条家内の対立が激化する中、源実朝(柿澤勇人)は和田義盛(横田栄司)のもとへ……

引用元:公式サイト

37話では、畠山の死をきかっけに、悪化した義時と父親の時政との関係が決定的になる出来事が起きる事態に。

りくにそそのかされた時政は、源実朝(柿澤勇人)を鎌倉殿の座から引きずり下ろそうと画策。

それは、義時・政子を討つかもしれない、大きな謀反でした。

そしてりくの言うとおりに、三浦義村(山本耕史)に協力してほしいと話を持ち掛けます。

三浦は、時政に同意するふりをして・・・義時に時政の計画をバラします。

父親の謀反の企てに呆れる義時は、三浦から聞いた話を「きかなかったことにしてほしい」と言い、時政を泳がせることに。

時政を討つためには、中途半端な状態でなく、きちんと謀反を働いたことがわからないと、周囲を納得させられないからでした。

義時が自分のやろうとしていることを知っているなどと気づいていない時政は、謀反を実行することを決意し、子供達に会うことは最後になると覚悟したからなのか?

息子や娘たちを集めて、一緒にご馳走をたべることにします。

事情を知っている義時と政子は突然の父親の来訪に驚きますが、とりあえず、義時、政子、トキューサ(時房)、実衣と一緒に食事をします。

なぜか家族団らんシーンに♪

すると・・・

突如時政は、「オンベレブンビンバ」と口にします。

それを聞いた、政子や実衣は、頭がおかしくなった??と言いますが、死んだ大姫が言っていた言葉だと言う時政。

すると違う、「オンベレブンビンバ」ではない!という子供達が、確か・・・と自分の記憶を頼りに、言っていきます

政子「ウンダラホンダラゲー」

義時は「ピンタラポッチンガー」!

実衣「ウンタラクーソワカー」と言います。

そして、おそらく実衣が一番近いのでは?ということになり、

皆で言うことに。

「ボンタラクーソワカー」

すると、長澤まさみさんの、クールなナレーションが続きます。

「正しくはオンタラクソワカ」であると。

ツイッターでトレンド入りしたのは、時政が「オンベレブンビンバ」と勘違いしていた、大姫の呪文の更なる勘違いの言葉だったのでした。

しかも皆で声を合わせて言うシーンを見ていると、37話の副題は、「オンベレブンビンバ」でなく、「ボンタラクーソワカー」の方ではなかったのかな?と思ってしまいました(^^;

 

ボンタラクーソワカーに反響!頭から離れない?

北条義時と時政の対立はどうなる?親子の確執の史実とは?

そんな、皆で声を合わせて間違った言葉を言っていた「「ボンタラクーソワカー(ぼんたらくーそわかー)」」がなぜかツイッターで大盛り上がり。トレンド入りする事態に。

せっかく、「オンベレブンビンバ」の謎が解明されたのに、新たな頭から離れないキーワードの出現という苦情や、このシーンはアドリブ!?だったら、すごいラインナップだし「ぼんたらくーそわかー 」はすごい!!などの声。

そして、面白かった笑った!!と言う声の中に、相反する泣ける!!という声が。

ボンタラクーソワカーが泣ける!切ない理由とは?

家族団らんシーンで、しかもなんだか楽しそうにバカなことを言い合っている北条家の面々。

正直、みんなおバカさんなんですけど、最初はこんなおバカぶりが面白かったのに、最近では、家族で罵り合ったり、責めあったりするシーンがばかりだったので、懐かしい幸せなシーンが見れた♪とほっこりして、これから起こることを考えると・・・

北条義時と時政の対立はどうなる?親子の確執の史実とは?

「これが最後??」「最後の団らんだと思うと悲しい」「家族で集まるのは最後になる・・・」などと、面白いからこそ、悲しい、切ない、泣ける!という声が多数でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる