中山美穂が老けたし劣化がひどい?2017年現在の年齢や最近の活動や画像は?

スポンサーリンク

 

フジテレビの新月9『貴族探偵』に民放の連ドラとしては実に15年ぶりに出演する事が発表された中山美穂さんですが、一足早く3月29日に放送されるドラマ特別企画・松本清張の傑作ミステリー『花実のない森』で、ヒロイン・江藤みゆき役で出演されます。

そこで今回は、中山美穂さんの久しぶりのドラマ出演で老けたし劣化したという噂について、検証したいと思います。

 

中山美穂のプロフィールとは?

ではまずは、そんな中山美穂さんのプロフィールについておさらいしてみましょう。

名前:中山 美穂(なかやま みほ)

生年月日:昭和45年3月1日(47歳)

星座:魚座

血液型:O

所属事務所:ビックアップル

引用元 http://www.nakayama-miho.net/meforyou2009/index1.html

アイドル・女優・モデルとして活動されていた中山美穂さんに対しては、現在アラフォーの方々にはかなり強烈な印象がおありかと思います。

芸能界デビューは1982年にスカウトの聖地・原宿でスカウトされデビューしました。

その後は、みなさんが御存知の通り輝かしいアイドル活動を積み重ね、80年代後半には工藤静香(くどうしずか)さん、南野陽子(みなみのようこ)さん、浅香唯(あさかゆい)さんと共に『アイドル四天王の一角を担う存在でした。

女優デビューは、1985年の男性陣が甘酸っぱい青春を感じた(笑)ドラマ『毎度おさわがせします』で主演に抜擢され、少しエッチな描写が大ブレイクを果たしました。

その後は、映画『ビー・バップ・ハイスクール(1985年)』や大ヒットドラマ『ママはアイドル!(1987年)』『おヒマなら来てよネ!(1987年)』『君の瞳に恋してる1989年)』『眠れる森(1998年』など主演・ヒロインとしてご活躍されています。

そんな、人気絶頂で迎えた2002年に映画監督・ミュージシャンとして活躍する辻仁成(つじひとなり)さんと結婚され、同時に生活の場をフランス・パリに移し、芸能界引退も囁かれましたが、日本での活動量が減りはしましたが度々帰国し、そのたびにお茶の間を賑わせてくれています。

辻さんとは残念ながら2014年に離婚が成立し、フランスにそのまま滞在しているものの、その頃からまた日本での活動も増えてきています。

 

中山美穂は老けたし劣化した?

それでは、中山美穂さんの「老けたし劣化した」について検証していきたいと思います。

ちなみに以下が最近の中山さんの画像です。

 

中山美穂劣化すごすぎ。

変わった、劣化したとか言う人いますけど、周りの中山美穂と同じ年齢見てみぃと言いたい。

しかし中山美穂はあまり劣化してないなー

老けたなぁ、中山美穂・・・ それでもすごいきれいしかわええ(°□°)

母親が中山美穂見て「チョー劣化したな」って言ってた

中山美穂老けたな~芸能人もテレビ出れてないと劣化進むのねー。キョンキョンさんのほうがまだ露出多いぶん保ってるよな。

しばらくテレビで見なかったから、久しぶりに見たら老けたなあという印象

中山美穂老けたなー。子供の頃すごい好きだったわ。

中山美穂って46歳なのか 劣化しても美しいもんだ

いゃ~、久々に中山美穂を見たけど老けたね~。昔の記憶しかないからビックリだわ

中山美穂月9で本格始動か。しかし老けたな。

中山美穂老けたなー。年齢的に仕方ないか

「劣化して老けた」と言うとかなり悪い印象を受けてしまいますが、たしかに否めないように感じます。

しかし、アイドルだった中山美穂さんだからこそ感じる劣化なのかもしれませんね。

年齢のすでに47歳とアラフィフに片足をツッコんでいる状態ですし、前回の連ドラ出演から15年ぶりとなると、押し寄せる年月に逆らえす老けてしまうのは仕方がない事のように感じます。

とは言うものの15年と言うと、小学生だった子が成人式を迎えるほど時が経っているのですから、老けるのは当たり前ですが・・・。

「劣化した」というのも、フランスに在住のため普段から目にする機会が少ないことも原因の一つでしょう。久しぶりにあった友人が妙に老けたように感じてしまうのと同じことのような気がします。

実際にこんなにお綺麗なアラフィフの女性が目の前に現れたら「老けた」なんて感想も出てこないでしょう。

ファンの間では、未だにアイドル時代の中山美穂さんの印象でストップしてしまっている分、ご本人には少し酷な言葉かもしれませんね。

誰にも時間は止められないのですから・・・。

中山美穂の現在の活動とは?

 

スポンサーリンク

 

そんな中山美穂さんの現在の活動ですが、前述もしましたが2014年の離婚後に少しづつ日本での活動も再開してきている印象ですね。

2015年には『歌手デビュー30周年のアニバーサリーアルバム』をリリースされていたり、NHK BSプレミアム『プラトニック(2014年)』やWOWWOW『賢者の石(2016年)』など、映像配信サービスでは主演として連ドラにも出演されています。

最近では、『貴族探偵』や今回の『花実のない森』の番宣としてバタエティ番組にも出演されています。

今回の2つのドラマ出演を期に、日本での芸能活動再開が本格化していくのかもしれませんね。

 

まとめ

今回、久しぶりのドラマ出演ということで、中山美穂さんの現在の活動や劣化などについてまとめてみました。

日本での活動が本格化する中、中山美穂さん独特の演技が現在のドラマ界でどう評価されるのかも見ものと言えそうですね。

ブランクがある分、温かい目で見守っていきたいですね。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です