グッドドクター最終回ネタバレ感想はみさきの母親の村川絵梨の演技がすごい!

毎回涙なしでは見れない、感動のストーリーが繰り広げられているフジテレビの人気ドラマ「グッドドクター」。

第9話では、お姉ちゃんからの小腸移植を拒んでいた伊代ちゃんがやっと移植を決意したのに・・・なんと肝硬変(かんこうへん)であることがわかった衝撃の展開。

いったい伊代ちゃんの運命はどうなってしまうのでしょうか!?

今回はドラマ「グッドドクター」第10話最終回のあらすじネタバレと感想をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

グッドドクター最終回あらすじネタバレは?

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。

これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。

そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。

そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

せっかく移植を決意したいよちゃんなのに・・・なんと肝硬変に。

そして高山先生でも困難な移植手術が必要って・・・なんだか「ブラックペアン」とか「ドクターx」思い出しちゃいますね(^_^;)

また院長もガンで倒れて、しかも川で溺れた少女が運び込まれて、いろいろ起こりすぎな最終回です。

 

そんな気になるドラマ「グッドドクター」第10話最終回結末はOA後に更新していきます!

 

ドナーを待つ少女と脳死になった少女

美咲という少女が、両親と川原で休日を楽しんでいます。

しかし、両親が目を離すと美咲の姿は無く・・・

湊は、がんで入院している院長の司賀を心配。

そんな湊に「患者が待っているから行け」という司賀。

すると川でおぼれた美咲が、病院に運ばれてきました。

一命は取り留めるも、意識は無く、自発的な呼吸が出来ていない状態。

「残念だが、この状態では目を覚ます可能性は低い」と説明する間宮。

それを聞いた両親は「意識が戻るかもしれないから治療を続けて欲しい」と懇願するのでした。

一方、伊代の容態は思わしくなく、肝臓と小腸の同時移植が必要な状況になっていました。

「私に命を預けて欲しい!」という高山に、「どうか伊代を助けて欲しい」とお願いする姉の汐里。

湊は「絶対、絶対僕たちが助けます!」と伊代の手を握っていました!

しかし・・・「そんな無謀なオペは許可できない!」

経営陣の小野寺の一言で、伊代の同時移植出術の許可は出ず(/ω\)

高山が必死に訴えるも、認めてもらえません。

理事長の東郷は複雑な気持ちのようですが、病院の経営の事を考えると何も口を挟めないのでした・・・

「希望があるなら信じたい」夏美は脳死について調べています。

美咲の両親は「きっとすぐ目を覚ましてくれるはず!」と望みを捨てていませんが、美咲の検査結果は非情なものでした。

「ほぼ脳死で間違いない。心臓は持ってあと一週間」

夏美は、その事実を両親に報告できず辛そうな顔を見せます・・・

そんな夏美に湊は、「辛いなら僕が治したいです。まだ一週間もあります。まだまだ出来ることはたくさんあります!」と励ますのでした。

その頃、伊代も悩んでいました。

「ドナーを待つ。誰かが亡くなるのを待つって事でしょ。ドナーを待つなんて。それでいいのかな?」

そして夏美は意を決して、美咲の両親に真実を告げます。

「率直に申し上げて、脳死の状態。目が覚めることはありません。美咲ちゃんの心臓はあと一週間ほどで停止します」

「美咲ちゃんのために何ができるか一緒に考えたい」と言う夏美は、同じような家族の体験談をまとめたノートを手渡しました。

しかし母親には、夏美の言葉が冷酷に感じてしまいます(/ω\)

「臓器提供・・・何言っているんですか。娘の心臓は動いている。娘を殺せっていうんですか?明後日七歳の誕生日なんです。美咲はまだ生きているんです。こんなもの必要ありません!」

母親は担当を変えて欲しいと申し出て、代わりに湊が担当になる事に。

その夜、美咲の母親は「私のせいで美咲は・・・」と自分の事を責め泣き崩れます(/ω\) 黙って見守るしかない夫。

子供を失いかけた夫婦を演じた、村川絵梨さん、近藤公園さんが本当に素晴しかったと思います。

 

美咲の誕生日パーティー!

スポンサーリンク

翌朝、担当医として湊は美咲に挨拶に来ました。

他の患者と同じように、脳死の美咲に接する湊。

夏美が「こんな状態で引き継がせてごめんね」と詫びると・・・

「いつか僕も瀬戸先生の力になりたいと思っていた。力になれて嬉しいです!アイスを食べるととても元気になります。辛いときは僕が半分もらいます。半分個です!」と夏美にアイスを分けてあげました!(^^)!

湊に会いに来た東郷。

「伊代さんの手術は簡単に決められる事じゃない」と言う東郷に「僕は絶対伊代ちゃんを助けたいです!」と訴えます。

やはり東郷は理事長として、伊代を助けたいと思っているようですね!

理事長であることを隠し、伊代から病院の話を聞きに来ました。

「ここは私の家みたいなもの。ここに入院しているみんなそう。皆とっても優しいよ。この病院じゃなかったら、今まで頑張れたか分からない」

この話を聞き、東郷はどう動くのでしょうか??

深夜12時、日付が変わり「七歳の誕生日おめでとうございます」と美咲の病室に現れた湊は、花の絵をプレゼント。 

「どうしてそんな風に接してくれるのか?」という美咲の父に、「美咲ちゃんに楽しんでもらいたいからです」と言う湊。

そして父親に、夏美が作ったノートを渡します。

両親は改めて、美咲の事を二人で思い出していました。

「この先美咲が居ない人生なんて考えられない。どうしても耐えられない・・・」

2人が出した決断は??

翌日、「先生にお願いがあるんです」と湊に言う父親。

夏美が湊に呼ばれて、美咲の病室を訪ねると・・・

両親と湊が美咲の誕生日のため、病室を飾っていました!

美咲の誕生日会をしたいと言う両親。夏美も喜んで参加します。

「ご報告させて下さい。妻と話し合い、美咲の臓器を提供する事に決めました。新堂先生に言われて気付いた。悲しむだけじゃなく一緒にできることがあるではないかと」

夏美の作ったノートを読んで、父親は考えを変えてくれました!

「ここにはまだ私たちがやれることが書いてあった。希望を与えてくれたのに、ごめんなさい」と夏美に詫びる母親。

湊「たくさん、たくさんお祝いしましょう!」

看護師と医者たちも集まり、美咲の誕生会がスタート(*´▽`*)

誕生会も大詰め、美咲への手紙を母親が読み始めました。

「美咲へ、あんなに元気だった美咲がこんなことになるなんて。神様に何度もお願いしました。早く目を覚まして欲しい。でもね、神様は叶えてくれませんでした。そんなとき、病気で困っている人に、美咲の体の一部を分けてあげられることを知り、分けてあげることに決めました。美咲、嫌だったらごめんね。痛かったらごめんね。これからは離れ離れになってしまうけど、遠く離れてもずっとずっと美咲のこと愛しています。七歳の誕生日おめでとう。最後にパパとママの子供に生まれてきてくれて本当にありがとう」

美咲を抱きしめる両親(/ω\)

そんな二人の姿を見て、「両親の思いに応えなければいけない」と誓う夏美と湊。

夏美は湊に感謝の言葉を伝え、湊も「はい!!」と答えるのでした(;^ω^)

 

臓器移植手術は成功?

「臓器提供者が見つかった」と改めて理事会で頭を下げる高山。

しかし小野寺は「手術は出来ない」とやはり認めてくれません。

すると「待ってください!」東郷が声をあげてくれました!

東郷「彼女の手術はこの病院でやります!」

小野寺「そんなことをすれば融資の話は打ち切る」

東郷「たった一人の命が救えるなら、この病院が無くなっても構いません。理事長は私。最終判断は私が行います。手術を行ってください!」

その言葉に応えるように、高山は手術の成功を約束!

東郷を演じる中村ゆりさん、カッコ良かったですね(^^♪

ドナーが見つかるも、やはり手術をためらう伊代。

湊が優しく語ります。

「その子は一人では生きていけなかった。大人にしてあげられなかった。でも伊代ちゃんの中で大人になることができます。それはとてもすごい事、誇らしい事。伊代ちゃんだから出来る事」

その言葉で、伊代は移植手術を決意しました。

手術の日、美咲と最後の別れをする両親。「頑張ってね」と語り掛けます!

臓器摘出の執刀をするのは夏美。摘出手術の前に、黙祷がささげられます。

そして移植を受ける伊代も、汐里からお守りをもらい、手術に臨む。

手術の様子を見守る東郷と副院長の猪口。

無事、摘出した肝臓を伊代に移植。

汐里から摘出した小腸を伊代に移植しようとした際、伊代の肝臓に問題が発生!

「免疫抑制剤によるアナフィラキシーショック」だという湊。

難航する手術を必死にこなす高山と湊と夏美。果たして手術の行方は??

数時間後、伊代は目を覚ましました!

手術は無事成功ですヽ(^o^)丿

汐里「よく頑張ったね!」

伊代「お姉ちゃんすっごい顔してる。ありがとうお姉ちゃん。湊先生が担当医で本当に良かった」

湊「どういたしまして!」

一方、美咲の両親も「よくがんばったね」と美咲の顔を拭いてあげます。

予定通り無事移植されたことを報告する夏美。

「新しい場所で今も生き続けています!」という夏美の言葉に、両親は嬉しそうに頷いていました!

小腸、肝臓の同時移植成功はニュースでも大きく放送され、間宮が嬉しそうに会見をしていました( ´∀` )

その光景をテレビで見ている湊と司賀。

「医者である限りずっと学ぶべきことがある」という司賀の言葉に、「もっと立派な小児外科医になりたいです!」と答える湊!

高山と東郷は二人で病院を歩いています。

病院の経営を心配する高山に「あなたは仕事を続けてくれればいい」と言う東郷。

副院長の猪口は辞表を提出。「融資の相談があると思う。東郷記念病院をよろしく」と電話で話していましたね。これで病院の経営も安定するかもしれません!

板尾創路さん、最後はカッコ良く決めてくれました(*^▽^*)

「新堂、よくやった!」と湊を褒める高山。

「はい、ありがとうございます」とグーを差し出す湊。

ためらいながらも、高山はグーを差し出しませんでしたね(笑)

そして時が経ち、美咲の両親には手紙が届きました。

「ドナーのお父さんとお母さんへ」

「いま私は毎日噛みしめて過ごしています。そして決意したことが有ります。いつか私も小児外科医になりたいと思います。お子様がつないでくれた命。私はこれからも一緒に生き続けます」

その文面を読み「元気で生きているんだね」「そうだな」と嬉しそうに両親は涙を浮かべていましたね(≧▽≦)

病院の屋上にいる湊。そこに夏美が現れます。

「新堂先生一緒に食べない?」

「おにぎり、食べたいです!!」

夏美がおにぎりを渡すと・・・

「違います。これは僕が好きなおにぎりじゃありません。白がいいです」

しかし夏美に勧められ食べてみると・・・

「とっても美味しいです!」

青い空の元、おにぎりを食べる二人。

「全ての子供が大人になれますように・・・」という思いを忘れず、今後も小児外科医として湊は進んでいく事でしょう。

 

まとめ 美咲の母の手紙に感動!

ベタな展開だなーと思いながらも、やっぱり感動しちゃいましたね(^^♪

特に美咲の母の手紙のシーンとか号泣(≧▽≦)

村川絵梨さんの演技良かったです!

そして何と言っても、山﨑賢人さんの演技が素晴らしかったですね!

最初は全く期待していなかったのですが、始まってみると毎週涙、涙で見逃せないドラマの一つになっていました!

これは続編を作ってもよさそうですよね?

心温まる医療ドラマだったので、また湊に会いたいです!(^^)!

 

 

 

グッドドクターの肝硬変って!?

 

スポンサーリンク

 

いきなり第9話のラストで飛び出した「肝硬変」。

ツイッターでも話題でした。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに肝硬変とは

B型やC型肝炎ウイルス感染、アルコール、非アルコール性脂肪性肝炎などによって肝臓に傷が生じますが、その傷を修復するときにできる「線維(コラーゲン)」というタンパク質が増加して肝臓全体に拡がった状態のことです。

肉眼的には肝臓全体がごつごつして岩のように硬くなり、大きさも小さくなって きます。顕微鏡でみると肝臓の細胞が線維によって周囲を取り囲まれている様子が観察できます。そこで肝硬変になると、肝臓が硬いために起こる腹水や食道静 脈瘤と、肝臓機能が低下するために起こる肝性脳症や黄疸が問題となります。

引用元:http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/kankouhen.html

 

肝硬変そのものを治療できる薬剤はほとんどありません。

B型肝炎ウイルスが原因の場合には、エンテカビルやテノホビルルジソプロキシルフマル酸塩(TDF), テノホビル アラフェナミド(TAF) という抗ウイルス薬を内服することによって肝機能の改善が期待できます。
C型肝炎ウイルスが原因の場合には、肝機能が良好な肝硬変(代償性肝硬変と言います)に対して、インターフェロン単独治療、インターフェロン・リバビリン併用治療、ペグインターフェロン・リバビリン併用療法、さらに2014年以降にはChild-Pugh分類Aに限られますが、インターフェロンフリーの経口剤治療が健康保険で認められています。またChild-Pugh分類Bの患者さんでも使用可能な経口剤治療が欧米では使用されており、今後日本でも使用可能となることが期待されています。
肝硬変では分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)が低下するため、これを薬として補充することによって肝臓でつくられるアルブミンなどのタンパク質が改善します。
肝移植:腹水や黄疸が一般的な治療によって改善しない場合には、基準を満たせば肝移植を受けられるようになりました。

引用元:http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/kankouhen.html

肝硬変とは、本来は柔らかい組織である肝臓が、線維化と呼ばれる変化をきたした結果として肝臓全体が硬くなる状態を指します。

肝硬変を引き起こしうる原因は、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスを代表とするウイルス性疾患、長年のアルコール摂取、自己免疫の異常、薬剤など多岐にわたります。

肝硬変を発症した初期であれば、必ずしも明確な自覚症状はありません。しかし肝硬変の状態が悪化すると、出血や腹水、意識変容などの重篤な症状が現れ、命に関わる可能性がでてきます。

肝硬変が進行すると、多くの場合、元の健康な肝臓には戻りません。さらに、病初期の肝硬変から肝不全、肝臓がんといった非常に重い病態に陥ると、よりいっそう治療は困難になります。したがって、肝硬変を来しうる原因疾患を特定し、早期の段階から適切な治療介入を行うことが大切です。

引用元:https://medicalnote.jp/diseases/%E8%82%9D%E7%A1%AC%E5%A4%89?utm_campaign=%E8%82%9D%E7%A1%AC%E5%A4%89&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo

なんか、難しいですが(^_^;)

治療できる薬剤がない・・・と言うのが、ドラマでの緊迫感がわかりますね。

移植しかない、深刻な状態のいよちゃん。

最終回でどのような結末を迎えるのか注目です。

 

グッドドクターの見逃し動画を無料視聴する方法とは?

1週間期間限定無料配信

ドラマオンエアのあと1週間以内なら、期間限定(※)ですが無料でTverやFODで視聴することができます。

Tverで無料視聴はこちらから

FODで無料視聴はこちらから

※期間限定とは「グッドドクター」の放送終了後から、次の回が始まる前までの1週間のこと

 

1週間を過ぎてしまった場合!

忙しい毎日・・・見ようと思っていたのに、1週間が過ぎてしまった! なんていうこともありますよね〜。

でも大丈夫! 1週間が過ぎてしまっても、まだ無料で動画視聴できる方法があるんです!

それはFOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムでの視聴です!!

FODで見逃し動画全話を無料したい人はこちらです!

グッドドクター最終回と全話動画を無料視聴したい人はこちら!

今なら無料で視聴できるキャンペーン中ですので、見逃した方は是非視聴してみてください。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です