運命に似た恋1話の感想は車ドンにキュン?斎藤工がエロくてカッコいい

スポンサーリンク

NHKで始まった大人の純愛ラブストーリー「運命に似た恋」。

正直あまり期待しないで、斎藤工さん目当てで見始めたのですが、なかなかこれが良かったんです。

そんな「運命に似た恋」第1話の感想をまとめました!

運命に似た恋第1話のあらすじとは?

カスミ(原田知世)は離婚歴があり、高校生の息子・ツグミ(西山潤)と二人暮らし。富裕層向けの配達クリーニング店で懸命に働き、何とか生計を立てていた。ある日カスミは配達先で、ユーリ(斎藤工)というデザイナーの男に出会う。カフェの内装や家具、小物などあらゆるデザインに挑戦し、若手No.1と目される存在。彼はなぜかカスミに馴れ馴れしく、ちょっかいをかけてくる。パーティーにも誘われ、警戒するカスミは断るが…。

引用元:http://www.nhk.or.jp/drama10/unmei/html_unmei_story.html

カスミが子供のころに会って一緒に過ごした年下の少年。カスミは母親を病気で亡くして傷ついていた時に少年に癒される。少年もカスミに淡い恋心を抱いていたよう。

しかし、2人は別れることになる。少年は「いつかカスミを迎えに行く」といい、カスミは少年に髪飾りを渡す「いつか返してね」と言って。

この回想シーンがステキなんですけど、カスミが45歳で出会ったイケメン斉藤工っが、おそらくこの時の少年っていうわかりやすい展開。

まだ謎に包まれていますが、この時の少年じゃないかと思わせる演出。

こんな偶然あるかーいって感じだけど、アラフォー、アラフィフ女子は、自分に置き換えてドキドキできるドラマかも。好みはあると思うけど、斉藤工カッコよかった!!!

個人的には斉藤工さんって関ジャニの 丸山隆平さん主演の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の時から好きなんだけど、絶対悪い男って感じなんだけど、魅かれちゃうタイプですよね~。

第一話はそんな偶然出会ったイケメンユーリが、カスミにちょっかい出してくるけど、カスミは少年だと気付かずに誰だろう??と思う。

これからどう2人の仲が進展していくのか楽しみ。北川悦吏子さんが脚本なので、見やすくて、面白く見れる内容でした。さすが北川さん、女子をドキドキさせてくれるドラマに仕上げてくれますね。

来週第2話は、早速カスミとユーリのキスシーンが!!次週予告ですでにドキドキ!!早く見たい!!!

 

斉藤工がエロい!!車ドンにドキドキ?

スポンサーリンク

斉藤工って、エロいな~って思ってたけど、このドラマはそのエロさをいかんなく発揮って感じです。

北川さんが斉藤さんがどんな人か想像して書いた役柄って感じで、齋藤工さんのイメージ通りの役。

かねてから、トーク番組で明かしていた車ドン。来ました!でも原田知世さんは「え、なに!?(今更壁ドン??)」って反応で、意外にも笑っちゃう展開でした。

個人的には、見ている方が恥ずかしくなるくらい、もっとちゃんとした、ドキっとする壁ドンならぬ、車ドンをやって欲しかったな~って。

そして夜のドラマだとなかなか冒険するNHK。

山口紗弥加さん演じるマホとユーリは体だけの関係っていう設定だけど、そういうシーンもばっちり。なかなかエロいシーンぶっこんでくれました。

金曜の夜に1人で女子がドキドキできるからちょうどいいかもしれないですね。

 

原田知世がかわいい!!

正直、原田知世さん、ちゃんと老けてました(^_^;)でも、良い歳のとり方してて、自然で透明感があってかわいい45歳(役では)でした。

アラフォー世代としては冬になると見たくなる映画「私をスキーに連れてって」のかわいかった彼女を懐かしく思いますが、そのままかわいらしい、大人の女性なったな~って感じです。

昔から原田声が好きなんですけど、彼女の声って色っぽくて魅力的なんですよね~。

なので斉藤工さんのエロさと、原田知世さんの魅力が合わさって、これがなかなか良いのかもしれません。

第一話では、バツイチのカスミは元旦那が若い女の元へ行ってしまって離婚。それなのに、カスミにお金をせびりに来るんだけど、お金渡しちゃうんです。

別に自分は裕福な訳じゃないのに。なんだかダメな女。このダメっぷりがどうなるのかも今後楽しみですね。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。Intro-Introと申します。どうぞよろしくお願いいたします。

    恋敵(ライバル)として描かれる原田知世さんと山口紗弥加さんなんですが、実際仲ってどうなんでしょうね?例えば控室が別とか、監督やプロデューサー、或いは北川さんから『絶対に口を利かないように!』とか言われてるんだろうか?というのを思う事があります。舞台なんかでは実際にそういう事が良くあるようです。作劇上ブラッシュアップさせるためというのもあるでしょうし、実際にそういう感情にさせておいて、それを作劇の反映させるというのもあるでしょうし、実際にそういう舞台を見たことがありまして、エピソードを知った際に納得したものです。実際の仲がどうかは別として、、、作劇とは別に、その辺が妙に気になる所ではあります。

  • 無視ですか、、、まぁ思うに撮影中、以後は一切口を利かないんではなかろうかとは思いますけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です