ドクターXできんちゃんの由来は?原守が謎のあだ名で呼ばれる理由はなぜ?

スポンサーリンク

人気ドラマシリーズ「ドクターx ~大門未知子~」で鈴木浩介さん演じる原守(はらまもる)医師がなぜか「きんちゃん」と呼ばれていますよね?

私「けんちゃん」だと思っていたのですが(^_^;)「きんちゃん」という呼び名です。

では、原守はいつから「きんちゃん」と大門に呼ばれているのか?どうして?なぜ?

その辺りをまとめていきたいと思います!

 

 

ドクターxで原守の役柄とは?

原 守(はら・まもる)(43)………鈴木 浩介

「東帝大学病院」の外科医。「帝都医科大学付属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。

ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などに勤務。前副院長・久保東子の指名で「東帝大学病院」に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。ゆとり世代の医師たちの教育係を命じられ、日々ストレスを溜めていく。

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/cast/

第1期から出演し続けている実はいなくはならない存在です。

人が良くて、なんだかんだで、時々大門のアシストをやらされる一面も。

上記の人物説明にもありますが、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ飛ばされてしまった過去も(^_^;)かわいそうな男です。

でもそんな彼は悪い奴じゃなくて、個人的に結構好きです(笑)

そしていつも自分の名前を主張しているのに、未知子が一向に名前を覚えず「誰だっけ?」と「きんちゃん」を連発。

その理由は一体何なのでしょうか?

 

ドクターxで原守がきんちゃんと呼ばれる由来や理由は?

 

スポンサーリンク

 

第1シーズンから出演しているのに、いつも名前を覚えてもらえずに「誰だっけ?」と言われるかわいそうな原守。

始めて「きんちゃん」と呼ばれたのはシーズン3。

先ほどご説明しましたが、未知子の手術に協力したせいで旭川の関連病院へ転勤。その後久々に再会したのに、原守のことをすっかり忘れていました。

未知子のせいで、ヒドイ目にあったのに(笑)

そして「あ!ケーキ屋のきんちゃんだ」と原守の顔を見て、突然謎の名前を呼ぶ大門。

大門は、幼なじみの「ケーキ屋きんちゃん」と勝手に勘違いして、間違って呼んでいたんです。

それ以降も再び「ケーキ屋のきんちゃん!」

     ↓

次は「きんちゃん!」だけ。

     ↓

現在では「きんちゃん」が定着(笑)

ちなみに、普通だと「ケーキ屋」なら「けんちゃん」ですよね(^_^;)

って、昔すぎて知らない人も多いと思いますが、かつての子供向けドラマの人気シリーズ「けんちゃんシリーズ」の「ケーキ屋けんちゃん」と言えばピンとくる年代の人もいるかもしれません(笑)

おそらくこのドラマシリーズのパロティみたいな感じだと思います。

全然関係ないですが(^_^;)動画貼っておきます♪

話が脱線してしまいましたが(^_^;)大門の天然が面白すぎる由来でした。

ちなみにツイッターでは、本物のケーキやきんちゃんの登場を待ち望む声も。

ケーキ屋きんちゃん、確かに気になりますね(笑)

全然違う、似ても似つかない眼鏡のイケメンとかだったら、面白いですね~。

そんな「ケーキやけんちゃん」の登場も密かに期待しています!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です