カムカムエブリバディは実話?元ネタは人気英語講師?

NHK朝の連続テレビ小説・朝ドラ「カムカムエブリバディ」が2021年11月1日からスタートします。

「おかえりモネ」のモネの次は、上白石萌音(かみしらいしもね)さんが主人公の安子(やすこ)を演じます(^^)/

この物語は、安子、るい、ひなたといいう三世代の女性が紡ぐ100年のファミリーストーリーで、るいを深津絵里(ふかつえり)さん、ひなたを川栄李奈(かわえいりな)さんがリレー方式で主人公を演じることも話題になっていますね。

そんな朝ドラ「カムカムエブリバディ」は実話なのか?元ネタがあるのか?気になる方も多いはず!

朝ドラは、ヒロインが過去の実在の人物で実話のストーリーが展開されることが多く、今回のヒロインの「橘安子(たちばなやすこ)」「雉真るい(きじまるい)」「雉真ひなた(きじまひなた)」どうなのでしょうか??

3人の女性のかたわらにあるラジオ英語講座がストーリーのきーになりそうな感じです。

今回は「カムカムエブリバディ」は実話なのか?元ネタがあるのかネタバレご紹介したいと思います。

今すぐU-NEXTに登録【31日間無料体験】

▼今なら朝ドラ「カムカムエブリバディ」の見逃し配信動画を31日間無料で見放題で視聴できます▼

※登録から31日の間に解約すれば一切料金が発生しません。無料期間内に『おかえりもね』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

※U-NEXTでしたら、初回登録時に無料で1000ポイントもらうことができます。そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能です。

※U-NEXT経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

U-NEXTでは、以下の作品も視聴可能です。

◆正義の天秤【亀梨和也主演】

◆古見さんは、コミュ症です。

◆オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ

◆きれいのくに

◆いいね光源氏くん

◆腐女子うっかりゲイに告る

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆連続テレビ小説「おかえりモネ」「花子とアン」「おちょやん」「エール」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」など

◆大河ドラマ「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆タリオ復讐代行の2人

◆にじいろカルテ

◆書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~

◆青のSP

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

◆タリオ 復讐代行の2人

「女子高生の無駄遣い」

「きのう何食べた?」

「おっさんずラブ in the sky」

「相棒」シリーズ

「時効警察はじめました」

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2021年8年10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

※登録から31日の間は一切料金が発生しません。無料期間内にドラマ『おかりモネ』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

目次

カムカムエブリバディは実話?元ネタは?

橘安子のモデルは誰?夫のネタバレも

カムカムエブリバディは実話じゃない?実在しないヒロイン?

「カムカムエブリバディ」は安子、るい、ひなたという三世代の女性たちが紡いでいく100年のファミリーストーリーです。

大正14年、岡山生まれの橘安子を上白石萌音さんが演じます。

その娘・るいを演じるのが深津絵里さん。舞台は昭和30年代の大阪です。

そしてるいの娘のひなたを川栄李奈さんが演じます。

物語は昭和40年代の京都から始まり、平成令和を駆け抜けるストーリーになっているようです。

橘安子は、和菓子屋の家に生まれ、和菓子屋の看板娘に!しかし戦争の時代になり、様々な困難が安子を襲い・・・安子には波乱万丈の人生が待ち受けています。

そして安子の娘、孫にバトンが渡されていきます。

そんな三人のヒロインのエピソードは実話なのか?

実は「カムカムエブリバディ」は原作のないオリジナルストーリーです。なので、3人のヒロインは架空の人物で、主人公に関してはモデルになっている人物はいないんです。

脚本家・藤本有紀さんによる、ラジオ英語講座とあんこ、野球、ジャズ、さらに時代劇を題材にした完全オリジナルストーリーなんですよね!

すごい組み合わせですよね(笑)

野球は甲子園を目指す野球少年が登場したり♪

時代劇はこんな謎の「マツケン」ならぬ「ももけん」が登場したり(笑)

どんなストーリーが展開するのか、楽しみですよね。

 

カムカムエブリバディは実話と元ネタも一部ある??

オリジナルストーリーであることがわかり実話でないとわかった「カムカムエヴリバディ」なのですが・・・

題材の中の「ラジオ英語講座」に関しては実話の部分もあります!元ネタは「ラジオ英語講座」と言ってもよいかもしれません。

そして、ヒロインは実在しませんが、実は実在のNHKラジオ英語講座の人気講師が登場します。しかもこの人気講師は・・・「カムカムエブリバディ」のキーパーソンになるそうなんです。一体どういう仕掛けがあるのか?楽しみですね。

タイトルの「カムカムエブリバディ」に関しても「ラジオ英語講座」が由来になっているようですからね。

このラジオも重要なアイテムになるということです。

それでは以降で、「カムカムエブリバディ」の元ネタでもある「ラジオ英語講座」について、またキーパーソンの英語講師についても、詳しくご紹介していきたいと思います。

カムカムエブリバディで実話が展開?元ネタのラジオ英語講座とは?

【カムカムエヴリバディ】雉真稔役は松村北斗!ジャニーズの実力派

「カムカムエブリバディ」の主人公・安子、るい、ひなたのそばにはいつもラジオ英語講座があるという設定で描かれていきます。

気になるラジオ英語講座とは?

1925年、NHKのラジオ放送がスタートした四か月後に岡倉由三郎(おかくらよしさぶろう)を講師に迎えてスタートした「英語講座」のラジオ放送のことです。

ちなみに主人公の安子が生まれたのも1925年という設定ですね!

岡倉由三郎が目指したのは英文学に触れる目的とした教養としての英語でした。

一般家庭に普及し始めたラジオ受信機から、英語講座の人気は徐々に広がっていきます。

その後、英語講座も複数の番組が作られ、1934年にはネイティブスピーカーを起用した、自然な会話のやり取りを内容とした「夏期英語講座」も始まりました。

活気づくラジオ英語講座でしたが、戦争が激しくなるにつれて、英語は敵国の言葉とみなされて規制が厳しくなっていくことに。

そして1941年、真珠湾攻撃の朝に放送された「基礎英語」を最後にいったんラジオ英語講座は終了してしまいました。

1945年に終戦を迎えると、日本各地に連合国軍が駐留したことで国民の間で英語を話す必要性が高まっていきます。

その状況を受けて、ラジオ英語講座は次々と復活をしていくんです!

1946年、「英語会話」の講座にある人物が抜擢されました。

後に「カムカムおじさん」と呼ばれ、全国に大勢のファンを生み出すことになる平川唯一(ひらかわただいち)です!

平川唯一が講師を務めた「英語会話」は、オープニングに流れる「カムカムエブリバディ」が庶民の心をつかみ「カムカム英語」と呼ばれて人気を博したんです。

ここで出てきました「カムカムエブリバディ」(^^)/

そうなんです、平川唯一さんが先ほどご紹介した「カムカムエブリバディ」のキーパーソンとなる人気講師ですね。

このオープニングで流れたテーマソングが、このドラマのタイトルにつながっているんですよね。

と言うことで、ヒロインたちは実在しないのですが、英語講座の歴史や流れ、人気講師平川唯一さんのラジオ英語講座の内容など、実話のストーリーも随所に入ってくるのでは?と思われます。

カムカムエブリバディでタイトルが実話に繋がる?ラジオ英語講座のテーマソングとは?

タイトルの由来にもなっている「カムカムエブリバディ」というテーマソング!

国民の皆が知っている「証城寺の狸囃子」の曲に合わせて「カム・カム・エブリバディ」と歌われていました(^^♪

「証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)」は皆さんご存じですよね?

「しょう しょう しょうじょうじ しょうじょうじのにわは つ つ つきよだ みんなでて こいこいこい」

という歌です。聞けば皆さん「あ〜」って思いますよね!

以下、もちろん、ご本人ではないのですが、当時の唄を再現されている方の動画がありました。

雰囲気が伝わってきますね。

この「カムカムエブリバディ」が流れると、多くの人々がラジオの前に座ったそう。

そんなリスナーたちを平川唯一は「カムカムベイビー」と呼びとても大切にしたみたいですね。

このカムカム英語の人気もあり、ラジオの総聴取世帯数は570万戸、聴取率は22.4パーセントにもなり、ラジオテキストの発行部数も50万部にのぼったそうです。

当時の時代背景から考えるとすごい数字だと思います(^^)/

敗戦で暗かった日本をラジオの力で明るくしたいと平川唯一!

「カムカムおじさん」として世の人々に親しまれることになりました。

そんな平川唯一は、今回「カムカムエブリバディ」に実在の人物として登場します。

演じるのは歌手のさだまさしさんです。

歌手として「精霊流し」「関白宣言」など多くのヒット曲を出しているさだまさしさんですが、意外にも今回朝ドラ初出演!

ご本人はやっと朝ドラの主題歌を歌える?と期待したのに大違いだと笑ってしまったそう(^^;)

しかし連続テレビ小説で日本を明るくするお手伝いが出来たら幸せ。お声がけいただき光栄ですとも語っていましたね。

そんなさだまさしさんが演じる「カムカムエブリバディ」に登場する実在の人物・平川唯一についても以降でもう少しご紹介したいと思います。

カムカムエブリバディの平川唯一の実話とは?人気英語講師の史実

カムカムエブリバディのモデルは誰?ラジオ英語講座は実在?

平川唯一は岡山県上房群津川村(現在の高梁市)出身で1902年生まれです。

農家の次男として生まれ、16歳のときにアメリカに出稼ぎに行った父を兄とともに追いアメリカに渡り、苦労の末ワシントン州立大学の演劇化を首席で卒業。

卒業後は教会の副牧師になり、1935年にご結婚もされています。

このころには、俳優としてハリウッド映画や、劇場に出演されていたこともあったみたいですね。

その後1935年34歳のころに帰国し、NHKの国際部主任アナウンサーになりました。

1945年に退社後は、終戦の玉音放送で英訳を担当するという重要な役割も担います。

そして1946年から始まった「英語会話講座」で「カムカムおじさん」として人気を博すことになります!

彼の英語は赤ちゃん言葉のように、繰り返し英語を話すのが特徴で、身近な人とリアルな会話を教材にすることで、生きた英語が学べるという信念を持っていました。

「英語会話講座」は約5年と放送期間は決して長く続いたわけではありませんが、全国でファンクラブが設立された平川唯一は、日本に英語ブームを巻き起こした草分け的存在と言っても過言ではないかもしれませんね。

その後も世田谷の自宅でカムカムクラブを開いておしゃべり英語の普及に努めるなど活躍し、1993年に91歳でお亡くなりになっています。

そんな平川唯一に関しては様々な書籍が発売されています!

 

 

この機会に「平川唯一」さんの世界に触れてみるのも良いかもしれません。

カムカムエブリバディは実話?元ネタは?まとめ

カムカムエブリバディの意味とは?タイトル由来はカムカム英語?

今回は「カムカムエブリバディ」は実話なのか元ネタについてご紹介しました。

主人公の三人は脚本家のオリジナルキャラクターで実在の人物ではありません。

しかし劇中に登場する「ラジオ英語講座」は実在しているので「ラジオ英語講座」を元ネタにした実話を交えたストーリーとして描かれていくのだと思います。

そしてラジオ英語講座に携わった人物・平川唯一をさだまさしさんが演じます!

そんな「カムカムエブリバディ」は11月1日スタートです。

三代にわたるヒロインの活躍を是非皆さんご期待ください(^^)/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる