真昼の悪魔で難波のラストはどうなる?中村蒼の原作の結末のネタバレは?  

 

田中麗奈さん演じる悪女が怖すぎると話題のドラマ「真昼の悪魔」。

このドラマで怖い女・葉子(田中麗奈)の悪事を暴こうと奮闘するも、今のところ葉子にいいように弄ばれていわゆる「やられっぱなし」の難波(中村蒼)さん。

難波はの結末はどうなるのでしょうか?

「 真昼の悪魔」の原作の小説とドラマの両方から「難波のラスト」に焦点をあてて最終回をネタバレ予想をしてみました!

 

目次

「真昼の悪魔」の難波とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/9943″]

難波聖人(なんばまさと)

作家志望。葉子が担当する患者。病院内で起こる奇怪な事件に葉子が関わっていると疑い、病院内を嗅ぎ回る。その不審な行動が病院中の医師の反感を買い、病院中が敵に回り始める。

この役を演じる『中村蒼』は医療サスペンスドラマ『アリスの棘』でも病院内で起こる事件に巻き込まれる役を演じており、この経験値が活かされる相性の良いキャスティングとなる。

演:中村蒼

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて史上初中学生でグランプリを受賞し芸能界入りする。翌年の2006年には俳優デビュー。

深夜ドラマではあるが2007年には『BOYSエステ』で主演に選ばれる。その後は映画では主演、ドラマでは端役やゲストといった形を中心にキャリアを重ねる。

近年は、メジャーな枠のドラマでストーリーに大きく関わる脇役に選ばれることが多く『無痛〜診える眼〜』『せいせいするほど、愛してる』等で難しい役をインパクト抜群に演じきり演技力が高く評価されている。

引用元:http://castory.jp/dramas/38

小説ではドラマとは違って、難波は大学生という設定です。

ツイッターでは「葉子の悪事を追求するメインキャストであるにもかかわらず、やられっぱなしなんて情けない!」という声もあり、まさに今後の巻き返しに期待したいキャストなのです!

 

「真昼の悪魔」第5話までの難波のストーリーとは?

 

 

難波は盲腸で大河内葉子という悪魔の棲みつく病院に入院することになりますが、作家としての好奇心も手伝って、清掃員芳賀(篠原篤)とともに病院内の不審死を調べていきます。

しかし葉子にみつかり、健康なのに手術された上に精神病棟に入れられてしまいます。

さらには味方だと思っていた芳賀には裏切られてしまいます。

そのうえ、階段から突き落とされて傷口がまた開いたり、いまのところ「やられっぱなし」の状態です(^_^;)本当に、ひどい目にあっています(>_<)

ツイッターでの難波の評判も悪く、以下の通りです。

難波は行動がポンコツだからな〜

 

真昼の悪魔は難波さんの詰めの甘さがちょっと。何でそうなっちゃうんだ君は。葉子に都合良い世界すぎる…。

 

難波さんの敗因は 絆の確認ができていない他人を味方と信じすぎる事と 自力で出来る部分を努力せず人をあてにしすぎる事・だな 逆に葉子先生の勝因は 人を使うときは利害を等価交換し、ほぼ自力で何とかしているって所と言える。 喧嘩は冷静さを無くしたら負け

 

難波のやり方が下手すぎてイライラする

 

警察行って全て話した方がいいと思うんだけど難波くん

 

大人の土ドラ火の粉からはまってて、今、真昼の悪魔やってるけど怖すぎる。 サイコすぎ、、、 けど難波があほすぎて、イライラする…… まあドラマだから仕方ないけど

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/9714″]

しかし、真昼の悪魔第5話のラストシーンで難波のベッドは空っぽになっています!

そう、脱走に成功したのです!!!(あんまり病院を脱走って言いませんけれど(笑)!)

みなさん、とうとう難波が、やってくれましたよ!

起死回生って今回の難波のためにある言葉かもしれません(笑)

さらに予告編ではすごい展開になっていて、難波の復讐劇が繰り広げられています!

今度は難波が悪魔になったみたいで違和感があるほどです!

その凄すぎる模様を見てみましょう!

 

まず、難波はシャベルで吉田部長(鈴木省吾)を殴ろうとします。

「お久しぶりです、吉田先生、そのせつはどうも!」と言いながら!

ひえ~!これは別人としか言いようがないのでは?

 

次に葉子をベッドに縛り付けて「今度は僕があなたを殺します!」と言って

葉子に襲い掛かります!

今度は難波が「真昼の悪魔」に大変身ってか?

 

さらに再会した芳賀に対して「だまれ!」ときつく一喝します。

もうキャラ崩壊としかいいようがありません・・・

真昼の悪魔第1話、第2話での純朴な難波はどこへいっちゃったの?

ツイッターでも難波の変貌にいままでにない盛り上がり方を見せています!

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/8048″]

キター!!!!!!!!!!!! 逆襲の難波!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

難波くんの大逆襲!!

 

来週いよいよ難波くんの逆襲か?

 

意外な原作の結末とは?

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/9973″]

ネタバレになりますが、原作のストーリーを簡単にお話しします。

原作でも難波は芳賀と協力して葉子を探ります。

そして葉子の悪事の証拠をつかむところまでたどりつくのですが、やはり芳賀に裏切られます。

そして精神病棟に入れられてしまいます!

ひょえ~!ドラマと全く同じストーリー!

 

しかし神父様(伊武雅刀)に助けを求めて難波はなんとか退院出来るのです。

そう、小説では神父様が芳賀の味方になるのです!

神父様はすぐに芳賀があやしいとにらんで問い詰めます。

すると芳賀は「そうでもしなければ退屈じゃないですか、白けた時代に生きているのだから。」とまるで葉子(=悪魔)のようなことを言います。

小説のラストには芳賀の悪魔性について詳しく書かれています。

芳賀は小説では葉子以上の悪魔として描かれているんです。

そんな悪魔にいいように利用されたなんて難波さんかわいそう!

難波は神父様のおかげで普通の大学生に戻り、結局小説では善は悪の前には無力だという悲しい事実を示唆しています。

そして難波のいなくなった病室にやはり新しい男性の患者さんが入ってきてやはり好奇心にみちた雰囲気で「前のひとはどうして退院したのですか?」と聞くところで終わるのです。

このまま悪は繰り返されるのでしょうか?

結局「真昼の悪魔」である葉子の悪事は暴けないまま終わる模様です。

難波ファンとしては、ちょっとつまんない・・・!

 

ドラマの結末はどうなる?

 

 

原作では神父様の力を借りて退院する難波なのに、ドラマでは自力で脱走しています(笑)

また、原作ではこんな狂気に満ちた行動(葉子や吉田への復讐)をとらないのに、難波自身にも悪魔が乗り移ったかのような豹変ぶりです。

 

いくら恨みがあるとはいえ、ヒーローのやることとは思えませんが・・・

今度は難波が神父様に怒られたりして(笑)

 

難波の元パートナー芳賀ですが、いまのところ小説のような葉子を超える悪魔には見えません。

なにしろ葉子を崇拝しているし、言いなりにもなっています。

しかし、もしかしたらということはあり得ます。

 

葉子の言いなりになっているように見せかけておいて、実は逆に葉子を操作するのが芳賀の目的だとしたら!!!

芳賀がそこまでのタマだとしたら、考えるだけでぞっとする展開ですね。

 

ドラマの結末は、病院を脱走した難波がどう巻き返してくるか?にかかっていると思います。

原作と違って、難波は神父様の力を借りずに退院(脱走?)できましたが、それでも神父様と難波は最終回は力をあわせるのではないか、と予想します。

 

だってもう、まともな人間って神父様だけだもの!

渡来先生(福田ゆみ)も葉子を疑っているけど、頼りになりそうではないです、だって一回は難波を見て見ぬふりしていましたからね!(真昼の悪魔第4話)

 

いまは接点がないですが何かで知り合って2人で最強タッグを組むのではないでしょうか?

しかしそうなったら葉子はもちろん芳賀も敵にまわすことになります。

芳賀はもしかしたら葉子より手ごわかったりして・・・

 

小説では葉子にも芳賀にもやられっぱなしで終わる難波だけど、個人的にはドラマではがんばってほしいな!って思います。

ただ、気になるのは神父様は脳腫瘍です。

葉子がわざと知らせずに放置しているので、体調が急変することも予測されます。

だから葉子の悪事を暴くなら早めに行動しないと間に合わないと思うのです!

もちろんその後神父様には適切な治療を受けていただきたいと思っています!

 

神父様がラストに亡くなるとか後味悪くて絶対嫌です!

 

まとめ

[blogcard url=”https://dorama-netabare.com/archives/9920″]

難波のラストは神父様と協力して葉子を追い詰める、というふうに予測しましたが、葉子だけでなく不気味な芳賀のこともきっちり成敗してもらいたいです。

葉子の悪事だけ暴いても、芳賀という悪魔を野放しにしていては犠牲者がいなくなるということはあり得ません。

しかしただ追い詰めても葉子も芳賀も無感情の悪魔です。

たとえ法で裁けたとしても悪の根絶とは言えません。

そうなると、最後の切り札はやはり葉子の父の最後の言葉「悪魔というわりにはまだまだ甘いな。」を小説家である難波が読み解けるか?にかかっていると思われます。

難波は葉子に命令されて、一度は読み解いたふりはしましたが、きっと本当の意味を葉子にまだ言っていないはずです。

葉子は父親の最後の言葉を異常に気にしています。

もうココにかけるしかないのではないでしょうか?!

葉子の氷の心を溶かせるのは父親以外には考えられません。

難波には次回から怒涛の巻き返しをはかってもらいたいと期待します。

(ただし自分が悪魔になっちゃダメだよ!)

せっかく病院を脱走できたのですから、もう絶対葉子につかまらないようにしてほしいところです。今度つかまったら絶対殺されちゃうと思うので!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる