松永三津モデルネタバレは浮気相手?スカーレットの弟子役

朝ドラ「スカーレット(すかーれっと)」にもうすぐ新キャストが登場します!

現在は青年ふたりがお弟子さんですが、そのふたりがいつもケンカばかりしていて、八郎(松下洸平)の邪魔になってしまいそう(^_^;)

ということで、どうやら別のお弟子さんがやってきそうで、女性です。この女性ですが、モデルがいる実在の人物なのでしょうか?

そして、そのお弟子さんになるのが、松永三津(まつながみつ)という若い女性で、演じるのは黒島結菜(くろしまゆいな)さん(^^)

とってもかわいらしい女優さんですが、なんと!八郎の浮気相手になるとか!?

そこで松永三津のモデルや、今後のネタバレについてご紹介させていただきます!八郎の浮気相手って本当???

最後ネタバレです(≧∇≦)

目次

スカーレットで松永三津【まつながみつ】を演じる黒島結菜のプロフィールは?

松永三津役は黒島結菜!スカーレット弟子役キャストは?

名前 黒島結菜(くろしま ゆいな)
生年月日 1997年3月15日(22歳)
出身地 沖縄県

沖縄で生まれた黒島結菜さん。中学生のときにイメージガールコンテストで「沖縄美少女図鑑賞」を受賞し芸能界に入りました。

カルピスウォーターやNTTドコモ、ブルボン、カゴメなど多くのCMに出演。また2013年からは女優としても活動しています。

NHK連続テレビ小説の出演は今回が2回目。2015年の「マッサン」にエマ(優希美青)の友人として登場していました(^^)

また大河ドラマにも「花燃ゆ」と「いだてん」に出演。「花燃ゆ」はカルピスウォーターのCM出演が話題となったころで、高杉晋作(高良健吾)の妻・高杉雅役で出演しています。

「いだてん」ではハードル走で素足で走った村田富江を演じています。

ドラマの主演作品は「一番電車が走った」「時をかける少女」「アシガール」など。

「アシガール」は足の速い女子高生が、タイムスリップをして戦国時代にいってしまう、というSFファンタジー。

https://twitter.com/jidaigekich/status/1214138560921530368

このドラマで共演した伊藤健太郎さんも、もうすぐ「スカーレット」に登場します(≧∇≦)

さて、なんの役でしょう?

教えちゃいますね!  喜美子と八郎の息子、武志です。大きくなった武志を演じます。

こちらもどうぞお楽しみに♪

そんな黒島結菜さんが演じる松永三津について、黒島結菜さんはこんなコメントを。

4年ぶりに“朝ドラ”の現場に立つことになり、うれしい気持ちでいっぱいです。

突然現れて、多くの影響を与えていく重要な役どころなので、気を引き締めてやらねばと思っています。

楽しみにしていただけるとうれしいです。

かなり重要な役どころとなりそうですね~。

さて、黒島結菜さんが演じる松永三津とはどんな人物なのでしょうか?

 

 

スカーレットで松永三津【まつながみつ】は弟子になる?八郎の浮気相手って本当?

スカーレット八郎の浮気相手キャストは黒島結菜?不倫で昼ドラ展開?

松永三津(まつなが みつ):黒島結菜

喜美子が結婚ののちにかまえた、陶芸の工房に弟子入りする若い女性。

東京の美術大学を卒業後、全国の焼き物の産地を訪ね歩いてきた。

ものおじしない、まっすぐな性格。

三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こすことに。

引用元 公式サイト

もしや八郎の浮気相手かも?ってことは、キラキラした美少女で登場?と思いきや、ちょっと格好は違っていました(^_^;)

「まんぷく」の要潤さんが演じた忠彦のお弟子さんを思い出しました(笑)

そんな松永三津ですが公式サイトの人物紹介によると、どうやら川原家に波乱を起こすことになるようです。

さて、かわはら工房の弟子となる三津は、本当に八郎の浮気相手となるのでしょうか?

いやいや、八郎に限って・・・とわたしは思いましたが、八郎も作陶に悩んでいる状況。

少し離れかけた夫婦の絆も父親、常治(北村一輝)の死によってふたたび取り戻すことができましたが、さてこれからこの夫婦はどうなっていくのでしょうか?

ネタバレの前に、松永三津のモデルについて調べてみました。

 

 

松永三津にモデルはいるの?本当に弟子で浮気相手だった?

黒島結菜の演技は下手か上手どっち?出演ドラマはマッサン?

朝ドラ「スカーレット」のヒロイン川原喜美子(戸田恵梨香)のモデルは、女性陶芸家の草分けである神山清子さんです。

清子さんの夫も同じ陶芸家の神山易久さん。

ドラマと同じように同じ職場で知り合ったおふたりは、結婚して一男一女に恵まれました。

最初に工房で作陶を始めたのは清子さんの方で、信楽焼で作った食器が展覧会で賞を受賞。清子さんの名前が注目されるようになりました。

お弟子さんもそのころから清子さんにつくようになったそうです。

そして易久さんものちに会社を辞め、同じ工房で作陶をするようになります。

清子さんの父親の援助で寸越窯を作り、夫婦で作陶をしていましたが、やがて易久さんに支援者が現れます。

地位もお金も手に入れた易久さん。男性にとってやっぱり次は女、となるんですね~。

その易久さんの浮気相手となったのが、清子さんのお弟子さんであった女性です。

夫婦で展覧会に出品するも受賞するのは清子さんの方で、やがて易久さんは清子さんの才能にイライラするように。

そんなころふたりの不倫が世間にもバレ、清子さんの前でも平気でいちゃつくようになったそうです。

易久さんは清子さんに窯への立ち入りを禁ずるなど、清子さんを辛い立場に追い込みますが、見かねた長男の賢一さんが離婚を勧め、やがてふたりは離婚。

易久さんはその浮気相手と一緒に家を出ていったそうです。

ということで、八郎のモデル、易久さんは喜美子のモデルである清子さんのお弟子さんと不倫関係になります。

そして易久さんと清子さんは離婚し、易久さんはその浮気相手とともに家をでていきました。

史実どおりだとすると、やはり三津は八郎の浮気相手で、やがて喜美子と離婚してふたりで川原家を出ていくことになりますね。

では今後のネタバレをご紹介しましょう。

松永三津は八郎の浮気相手?今後のネタバレは?

スカーレット武志のモデルは驚きの最期?息子たけしは神山賢一?

NHK連続テレビ小説「スカーレット」1月8日(水)から黒島結菜さん演じる松永三津が登場します!

ネタバレです!

結局あのケンカばかりしているお弟子さんふたりには、辞めてもらうことにしました。

それと入れ替わるように、懐かしい知り合いに連れられ、やってきたのが松永三津(黒島結菜)。

この懐かしい知り合いというのは、丸熊陶業での絵付けの師匠だったフカ先生(イッセー尾形)のお弟子さんのおふたりです(^^)

夙川アトムさんと三谷昌登さん♪なつかし~(≧∇≦)

川原家にやってきた三津は弟子にしてほしいと言いますが、そんな余裕はないと断りました。

でも全く引き下がらない三津(^_^;)

三津が必死に弟子入りをお願いしていたとき、川原家には黒い影が忍び寄って・・・。

その影とはクビにした二人の元弟子たち!なんと八郎の研究記録を記したノートを盗んだのです(>_<)

犯行現場を目撃した三津はふたりを追いかけます!さすがアシガール!じゃないか(笑)

無事ノートを取り返した三津。三津は新しいものに意欲的な女性で、喜美子は八郎の刺激になると考えました。

喜美子は三津を弟子にすることを八郎に提案し、八郎もそれを受け入れます。

喜美子の予想は的中し、三津は八郎にいろいろとアイディアを提案するようになります。

喜美子も八郎に発想の転換をしてはどうかと助言しますが、八郎はそれを否定。このころから八郎は釉薬の知識を身に着けたり、自由に作陶する喜美子の才能にちょっと複雑な思いを持つようになっていたのです。

そして三津が弟子になって2か月。川原家の家族にもすっかり打ち解けたころ、大量の食器注文が入りました。

個展の作陶に悩む八郎を思い、喜美子は個展の出品をやめないかと提案します。

その言葉に迷っていた八郎ですが、三津から東京では洋食器が流行っていると聞きます。

調べたところ、現在わかっているネタバレはここまででした。

八郎は全く新しい作品として、信楽焼で洋食の食器をを作りそうですね。

喜美子の才能を超えられない自分の作陶に悩む八郎。やがてそれは嫉妬となって夫婦の間に亀裂を生じさせるのでしょうか。

そんなときにポンポンとアイディアを出してきて、八郎を前に進めてくれる弟子の三津がやってきます。

これってやっぱり。。。フ・リ・ン。。。な展開になるのでしょうか。

史実どおりだと八郎と三津は不倫関係になり、やがてふたりは川原家を出ていくことになります。

みなさんも思いますよね~?あのまじめで不器用な八郎が浮気?そしてあんな大恋愛の末に結ばれた喜美子と八郎が離婚???

まだちょっと想像できませんが(^_^;)、これからそんな雲行きになっていくのかもしれません。

史実どおりだと、大きくなった息子の武志が離婚の後押しをすることに。大きくなった武志は伊藤健太郎さんが演じます。

これから登場する黒島結菜さんと伊藤健太郎さんが、喜美子と八郎を離婚へと導くのでしょうか?

ちょっとゆる~く展開してきたように思う「スカーレット」(^_^;)、これから大きく変わっていくのかもしれませんね。

黒島結菜さんの登場が楽しみです♪

松永三津【まつながみつ】のモデルとネタバレまとめ

スカーレット武志の子役は又野暁仁!息子の幼少期役の出演作品は?

朝ドラ「スカーレット」にもうすぐ新キャストとなる、黒島結菜さん演じる松永三津が登場します(≧∇≦)

新作の作陶に悩む八郎の刺激になれば、と喜美子は三津の弟子入りを受け入れますが、もしかしたらその刺激は作品作りだけではなく、八郎の心も刺激してしまうのかもしれません。

喜美子夫婦のモデルとなる神山夫婦も、夫の易久さんが清子さんの才能に嫉妬(?)そしてお弟子さんと浮気をし、家を出ていきました。

現在わかっているネタバレでは、十分三津は八郎の浮気相手になりそうな存在(^_^;)

さて、喜美子と八郎はこれからどうなっていくのでしょうか。また喜美子の妹、直子(桜庭ななみ)と百合子(福田麻由子)にもいろいろと展開がありそうです。

新キャストとともに、川原家三姉妹の今後に注目していきます!

追記!ネタバレ!松永三津は八郎の浮気相手で離婚原因?

スカーレット見逃し配信動画を1話~全話視聴するお得な方法とは?

ネタバレです!

最初に回答しちゃいますね(≧∇≦)

松永三津(黒島結菜)は、離婚の原因ではありません。そして八郎(松下洸平)と喜美子(戸田恵梨香)は、もっと後になりますが離婚します。

三津からヒントをもらった八郎は、個展を開催し成功しました。

八郎は三津から「才能がある人は、無意識に人を傷つける」という言葉を聞き、納得するのでした。三津も彼氏が才能ある人物で、それが苦しくて別れた過去を持っていたのです。

ある日八郎は喜美子に穴窯を作ってみないか、と相談します。喜美子の出したい色を成功するには穴窯が必要だと。

費用もかかるということで悩みますが、自宅の庭に穴窯を建設。火を入れてみましたが、理想とする1200度には到達しません(>_<)

https://www.instagram.com/p/B70DDFBpePi/

3日がかりで焼くため、3人で交代で火の見張りをすることにしました。喜美子の番のとき、なかなか温度が上がらず八郎に相談しに工房に行ったとき、喜美子は八郎に寄り添うように寝ている三津を見てショックを受けました。

何も言わずそっと工房を離れた喜美子。結局1回目の穴窯は失敗に終わります。

一方工房で寝ていたふたり。目を覚ました三津は、そっと寝ている八郎の唇に顔を寄せますが。。。突然目を覚ます八郎。八郎は何事もなかったかのように、三津に接しました。

きっと八郎は三津の気持ちに気づいたんでしょうね。わざとに知らないふりをして、お互い気まずくならないようにしたんだと思います。

でも八郎への思いが募りすぎた三津は、川原家を出ていくことに決め、ふたりのやっていることは古い、という嘘を言って出ていきました。

男だったら良かったのに

そう言い残して去っていきました。とてもつらかったんでしょうね。喜美子も好きだし、川原家も好き。八郎を忘れるには、出ていくしかないですもんね。

こうして三津は去っていきました。ということで、三津と八郎は浮気をしていませんし、もちろん離婚の原因でもありません。

ドラマのモデルである神山易久さんは、お弟子さんとの不倫の末家を出ていきましたので、ここは大きく違いましたね。

そして2度目の穴窯。これも失敗に終わりました。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1221569274927550464

喜美子は3度目に挑戦しようとしますが、八郎が資金面から今回はやめた方がいいと忠告。喜美子も悩みますが、だんだん喜美子の顔が険しくなっていきます。

八郎は喜美子が諦めてくれるものだと思っていましたが、どうしてもやりたいと頭を下げる喜美子。

武志を連れて出ていくわ

そういうと八郎は本当に武志を連れて出て行ってしまいました。

ずっとふたりとも険しい顔してましたよね~。ガンコな喜美子に愛想をつかしたのかな?八郎。そして八郎が去って行っても穴窯が頭から離れない喜美子。

ここで夫婦生活は破綻してしまいました(>_<)

ということで、八郎と喜美子の離婚原因は、八郎の浮気ではありません。八郎ファンのみなさん、よかったですね♪

落ち込む喜美子を見かねた百合子(福田麻由子)が、武志と一緒に大阪に行ってはどうかと提案。ふたりは大阪に行き、ちや子(水野美紀)たちとの懐かしい再会を楽しみました。

残念ながら荒木荘は取り壊されていましたが。。。

こうしてみんなからパワーをもらった喜美子。信楽に戻ってまた穴窯に挑戦します。

ですがその後失敗の連続で、7度目の挑戦をしようとしましたが、いよいよ資金がなくなってしまいました。

このころ世間では八郎が家を出たことがわかり、その原因が三津にある、という嘘の噂が広まっていて、喜美子のところに仕事の依頼が途絶えてしまったのです。

そのころ八郎は、窯業研究所の柴田(中村育二)の知人の窯で仕事をしていました。ですが、この噂を聞いた柴田が八郎に京都に行くことを勧めます。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1220122242589372416

ですが捨てる神あれば拾う神あり。以前引き出物の注文をくれたひろ恵(紺野まひる)が、そんな喜美子に同情し大量注文を持ってきてくれました。

こうして7度目の挑戦をすることになった喜美子。これまでの失敗から、今度は2週間窯を燃やし続けるという作戦を立てます。

そんなとき、ようやく(^_^;)、信作(林遣都)と百合子が結婚することに(≧∇≦)信作はずっと八郎と交流が続いていて、信作から喜美子の作戦を聞き愕然とします。

八郎は喜美子を訪ね、その作戦をやめるように説得。2週間も燃やし続けたら窯が崩れるかもしれないし、火事になる可能性もあるからです。

喜美子は僕にとって女。男と女。頼むから危険なことはせんといてほしい

八郎の本当の胸の内です。ここで喜美子が諦めたらな、またふたりで一から出直すこともできたかもしれません。

でも喜美子は陶芸に憑りつかれていました。

うちは・・・陶芸家になる!

完全に夫婦が崩壊した瞬間でした。

https://www.instagram.com/p/B6USLSzKAJI/

そして喜美子の7度目となる穴窯挑戦。最後の夜に睡魔に襲われた喜美子。気づくと穴窯の一部が崩れ炎が出ていました。

マツが慌てて火を消しにきますが、喜美子はもっと燃やす!と、まるで鬼のよう(^_^;)

ですが出来上がった器は、えにも言われぬ美しい色に。喜美子の夢がかなった瞬間でした。

ちや子の記事で喜美子は名前が知られるようになり、借金も全部返済し個展を開くようになります。

穴窯の成功から7年。喜美子は40歳に、そして武志は高校2年生になりました。ここで伊藤健太郎さんの登場かと思います。心優しい青年に成長。

View this post on Instagram

#明日はニクの日 #とんかつ

A post shared by 伊藤健太郎 (@kentaro_official_) on

進路を決めかねていた武志。実は武志には信作を通して、ずっと八郎から手紙が届いていました。いつも最後に「会いたい」と書かれた手紙が。

思い切って八郎に電話をし、会う約束をしました。

そして八郎にあったその晩、喜美子に京都の美術大学に進学し陶芸家を目指すこと、そして喜美子の穴窯を継ぐ気はないことを気遣いながら報告。

この京都の美大は八郎がいた大学です。

それから武志は必死に勉強し、無事大学に合格。いよいよ川原家を出ることになりました。

武志は八郎が今名古屋の会社にいることと、八郎に会ったことを喜美子に教えます。そして以前「母ちゃんは陶芸家として成功したけど、大切なものを失った」と発言したことを謝罪して旅立って行きました。

大切なもの、とは八郎のことです。八郎は喜美子が初めて穴窯で成功したとき、その作品を見に来て立ちすくんでいました。そして夫婦ノートに「すごいな」と書き残し去って行きました。

喜美子が個展の芳名帳を見ると、そこには八郎の旧姓「十代田八郎」という名前がありました。

喜美子は八郎に離婚届けを送ります。

それからマツが静かに他界。八郎が手を合わせに川原家を訪れます。八郎が家を出てから10年以上過ぎていました。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1222293843955081222

喜美子は武志がもうすぐ大学を卒業すること、卒業後は窯業研究所で1年間修業して陶芸家を目指すことを話しました。

これまで養育費を送ってくれたことに感謝し、もう必要ないと告げます。八郎もこれまで武志を育ててくれたことに感謝を伝えます。

こうして八郎は名古屋へと戻って行きました。

喜美子と八郎の夫婦の話はこれで終わりです。離婚原因は浮気ではありませんでした。

お互い憎しみ合うこともなく、時間をかけ静かに離婚。八郎も最後まで穏やかで優しい人物でしたね。

ということで、喜美子と八郎の離婚の原因は三津ではありませんでした。

八郎が変わったのではなく、喜美子が変わってしまったのでしょうね。陶芸に憑りつかれた陶芸家に。

夫婦の話はこれで終わりましたが、まだ喜美子には試練が待っていそうです(>_<)

今度はどんなことが起こるのでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる