仮面同窓会犯人黒幕は誰か原作ネタバレ!瀧本美織【美郷】のラストに戦慄?

フジテレビの「オトナの土ドラ」枠の新ドラマ「仮面同窓会(かめんどうそうかい)」6月1日からスタートします。

溝端淳平(みぞはたじゅんぺい)さん主演では雫井脩介(しずくいしゅうすけ)のミステリー小説が原作となっているのですが・・・超怖いラストと戦慄の真相が待っています。

原作小説を読んだのですが、黒幕(犯人)にラストびっくりして、そして衝撃のラストに鳥肌が立ちました(>_<)

美郷(瀧本美織)が黒幕?と言う噂があるのですが、真実はどうなのでしょうか??

今回はドラマ「仮面同窓会」の原作小説のネタバレを結末、犯人と黒幕、戦慄のラストまでご紹介していきます。

ドラマの結末、ラストを知りたくない人は見ないように閲覧注意してください。

 

 

目次

「仮面同窓会」の原作小説は?

仮面同窓会ネタバレ!原作脚本家キャストあらすじ【溝端淳平主演】

雫井脩介(しずくいしゅうすけ)さんの同名ミステリー小説が原作となっているこのドラマ。

[amazonjs asin=”4344425111″ locale=”JP” title=”仮面同窓会 (幻冬舎文庫)”]

雫井さんの作品は以下のように多数が映像化されています。

これまでにこんな作品が映像化されています。

テレビドラマ

2005年 火の粉(原沙知絵)
2005年 虚貌 顔のない殺人者(渡瀬恒彦)
2014年 ビター・ブラッド(佐藤健)
2016年 火の粉(ユースケ・サンタマリア)

映画

2007年 クローズド・ノート(沢尻エリカ)
2007年 犯人に告ぐ(豊川悦司)
2018年 検察側の罪人(木村拓哉)

映画から、ドラマまで、かなりの数のしかも大作ばかりです。

同じ「オトナの土ドラ」枠では、ユースケサンタマリアさん主演の「火の粉」がかなり好評だったので今回の「仮面同窓会」の期待できると思います。

と言うか、私読んだのですが、かなり面白いです!!!しかーーーし、ラスト結末がすごいことになっているので以降のネタバレ、覚悟してご確認ください。

 

仮面同窓会の原作ネタバレは?犯人黒幕とラストが戦慄!

 

 

住宅設備機器を扱う営業マンの新谷洋輔(溝端淳平)。
高校卒業後故郷を離れ、過去に蓋をして生きてきたが、それには2つの理由があった。18年前に兄を事故で亡くしたこと、そして同級生たちと高校時代に受けた暴力教師による体罰…この忌まわしい記憶から逃れるためだった。しかし洋輔は仕事でミスをして異動となり、再び地元へと帰ってくることになる。

ある日、帰宅途中にストーカーに追われていた女性を助けた洋輔。その女性は、高校時代の憧れの同級生・竹中美郷(瀧本美織)だった。偶然の再会を喜ぶ洋輔に、美郷は近々開かれる高校の同窓会に行かないかと誘う。過去から逃げ出したい洋輔だったが、美郷との出会いに少しテンションが上がり、同窓会に出席することに。

そこで再会したのは、かつて行動を共にしていた幼馴染の皆川希一(佐野岳)、大見和康(木村了)、片岡八真人(廣瀬智紀)。街を離れて以来、彼らと逢うことを避けてきた洋輔だったが、再会した瞬間から一気に学生時代のノリに帰っていく。
その会場には、憎き体罰教師・樫村(渡辺裕之)も出席していた。樫村の顔を見て、再び洋輔の胸中には過去のトラウマが蘇ってしまう。

同窓会終了後、希一、和康、八真人の3人は、彼らのたまり場として使っている廃パチンコ店に洋輔を誘う。そこで希一が驚きの提案をする。「樫村を拉致し、廃工場に放置して怖がらせる」いういたずらの計画だった。子供じみた提案に難色を示す洋輔だったが、「過去にケリをつけよう」と説得する3人の雰囲気と勢いにのまれ、渋々計画に参加することに。しかしその計画は、予期せぬ方向へと突き進んでしまうことに…。

引用元:公式リンク

以下の4人の青年たちが高校時代に体罰を受けた教師の樫村(渡辺裕之)に復讐をしようと誘拐を計画したことから大事件が勃発します。

 

 

新谷洋輔(溝端淳平)

皆川希一(佐野岳)

大見和康(木村了)

片岡八真人(廣瀬智紀)

おっと・・・4人のキャストは高校時代も演じるんですね!!!すごい。

そんな4人の大人たちは、元々は樫村(渡辺裕之)を怖がらせるただのいたずらのはずでした。

しかし・・・以降で原作小説のネタバレをご紹介していきます。

 

いたずら誘拐のはずが・・・殺人に発展

 

 

誘拐という犯罪行為を計画したものの、あくまで怖い思いをさせるだけの目的でした。

体罰を受けていた体育教師の樫村(渡辺裕之)に恨みを持つ4人が、樫村を拉致して廃工場に連行、暴力は振るわずただ相手に恐怖を与えるというもの。

犯行当日、樫村をテープでグルグル巻きにして拉致、からかったりして復讐を成し遂げた4人はそのまま樫村を放置して帰ります。

目隠しをした樫村に高校時代の体罰でさせられた「天突き体操」をさせてみんなで大笑いして、からかい、怖がらせただけで、放置して逃げた4人。

でもそれでも「誘拐」「監禁」で立派な犯罪です。4人はバレないように綿密な計画を立てたものの、ビクビクします。

しかし・・・ことは、衝撃の展開を迎えます。

ところが翌日樫村が近くの溜池で遺体となって発見。

4人は、驚きます。

しかも発見場所は、樫村を放置した場所から1、2キロ離れた場所で、ため池でした。

 

誰が教師樫村を殺した犯人?4人は互いに疑い合う

仮面同窓会のやまと役は廣瀬智紀で川栄李奈と結婚?出演ドラマは?

樫村を廃工場に放置したものの、自分でほどいて逃げられるようにしておいた4人。

なのに、ため池で死亡って!?

誰が殺したのか??

一体誰がー?自分で逃げれるはずだったのに、誰かが樫村を殺害したとしか考えられなかった。

誰もいかない廃工場、やっぱり4人の中の誰かが怪しい・・・。

そう、この計画は4人しか知りません。

 

しかも廃工場も不動産業をしている希一の持ち物なので、誰も知らない場所です。

絶対4人の誰かが怪しい・・・と4人は互いに疑いあいます。

4人はそれぞれ、殺人をしそうな理由や動機がありました。

洋輔(溝端淳平)→ 二重人格疑惑があり、誰かと会話をしているように独り言を話したりする。

希一(佐野岳)→ 計画の言いだしっぺ。性格も荒く危険な人物。

和康(木村了)→ 温厚だがで、一番あり得ないようだか、樫村に「かず」という名前を聞かれてしまった

八真人(廣瀬智紀)→ 洋輔の親友であり、優しい人物だが、高校時代の彼女が樫村のせいで自殺したという噂があった

 

それぞれに怪しい要素があり、カズは「洋輔に殺されるのでは??」と恐怖したりします。

竹中美郷(瀧本美織)と付き合う洋輔(溝端淳平)

仮面同窓会エンディング主題歌はHYDEのANOTHER MOMENT!発売日は?

洋輔は樫村への復讐計画の少し前に偶然再会した高校時代の憧れの女子竹中美郷(瀧本美織)とラッキーにも付き合うことになります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

話題の制服姿✨ #絶賛学生服 #女子高生 #弧狸山高校の思い出 #瀧本美織 #東海テレビ #オトナの土ドラ #フジテレビ#第一話#今夜

【公式】仮面同窓会(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 –

再会した時、美郷はストーカー男であるジョージに怯えていて、そんな美郷を助けたことがきっかけでした。

美郷と付き合うことになって有頂天の洋輔でしたが、樫村の死で幸せからどん底に突き落とされることになります。

 

洋輔(溝端淳平)の二重人格の謎とは?兄の死の過去ネタバレ

仮面同窓会見逃し配信動画を無料視聴する見放題公式

そんな洋輔ですが、時々何者かと一緒に話している様子。

二重人格???洋輔と付き合うようになった美郷も疑っていました。

そんな洋輔には、子どものころ、仲の良い兄を事故で無くした過去がありました。

それは、洋輔が小学校6年生の時、2つ上の兄と八真人(やまと)と希一などと一緒に池で遊んでいました。

兄は立ち小便をしていた時に落ちて水死してしまったのでした。

最初に発見したのは八真人(やまと)でしたが、洋輔が駆けつけた時には池に落ちて動いていませんでした。

 

八真人(廣瀬智紀)の元カノ自殺の過去とは?

 

 

八真人が高校時代からイケメンで、性格もやさしくモテる男子でした。

そして高校一の美女であった日比野真理と付き合っていました。

しかし日比野は、樫村に強姦されて自殺したという噂がありました。

あくまで噂だったので、真実はわかりませんが、洋輔は八真人が元カノの復讐で樫村を殺したのでは??を疑っていました。

そして八真人に問い詰めたところ、否定。

なんと八真人は本当は高校時代竹中美郷(瀧本美織)のことが好きだったのでした。

竹中美郷(瀧本美織)は日比野の親友で、最初は竹中美郷(瀧本美織)に呼び出されて、告白だと思って出向いた八真人。

しかし美郷は親友日比野のために八真人を呼び出したのでした。

八真人は美郷が自分に気がないと思い、流れで日比野と付き合うことになったと洋輔に告白。

そして日比野が自殺する前に、日比野とは別れていて、それほど日比野のことを好きでなかったので、復讐するほどの思いはなかったと言いました。

それでも、八真人への疑いが晴れない洋輔でした。

 

「鉄の結束」とカズの殺害

洋輔は美郷をストーカーしていた謎の男であるジョージ(永井大)と樫村の死体が発見された現場のため池で再会します。

びっくりする洋輔でしたがジョージを問い詰めると美郷に依頼されて、池に近づく人物を見張っていたとのこと。

美郷は事件の関係者ならば、現場の池に戻ってくるのでは??と言う予想をたてて、ジョージに頼んだとのこと。

しかし少し頭のおかしい普通ではない、ストーカー男のジョージ。2人はかみ合わない会話をして別れます。

そして美郷にどうしてジョージとストーカーであるのに話をするのか??問い詰めますが、美郷は何も考えないで、利用していたよう。洋輔はジョージに近づかない方が良いと助言します。

そんな時、樫村が殺害された時間帯に、和康(カズ)がバイトをしていたというアリバイが立証されます。

殺害当時、1人で部屋にいて、二重人格の疑いのある洋輔が怪しいということで、カズと一希からは罪を認めるようにと説得されます。

でも、もちろん身に覚えのない洋輔は当然殺害を認めません。

そんなとき洋輔は初めて「鉄の結束」という言葉を聞きます。

実は洋輔以外の3人は留年し、そのときに3人で結束していました。

洋輔は1人、3人よりも早く高校を卒業したこともあり、ひとり蚊帳の外だったのです。

そんなある日、何者かに刺されて和康(カズ)が殺害されてしまいます。

洋輔はカズが殺害された時、眠っていたが、突然、部屋にやってきた美郷に洗面台に血の跡があると言われびっくりします。

そして2人で証拠を消し美郷が「2人で一緒にいたことにしよう」と言い、アリバイを証言してくれることになりました。

 

二重人格の謎とは?衝撃の兄の真実

部屋でぶつぶつ独り言を言っていた洋輔を「二重人格では??」と疑っていた美郷は突然洋輔の部屋に入り、洋輔に止められながらも、部屋の中を探します。

そして押入れの中を開けてびっくり!!

1人の男がいたのでした。

それは・・・なんと洋輔の兄でした。

洋輔には16歳の時に事故で亡くなった兄の雅之がいましたが、実はその上にもうひとりの兄がいたのです。

兄がやったと思った洋輔は、兄を問い詰めますが知らないという兄。

いつも誰かと会話をしていた洋輔。死んだ兄との会話なのか??と思っていたのですが、なんと生きている上の兄でした。

上の兄は弟(洋輔の兄)の死後落ち込み、なんと引きこもりになってしまいました。

そして、洋輔が家族に頼まれて兄の面倒を見ることに。

1人暮らしの洋輔の家の押し入れに、兄は棲みつき、夜になると行動して飲食をしたりしていました。

そんな兄といつも会話をしていた洋輔。

兄は洋輔を盗聴していたので洋輔の行動は全てお見通しだったのでした。もちろん、樫村への復讐計画も。

洋輔はこの兄がカズを殺害したのでは??と思っていましたが、兄は否定しました。

 

殺人の黒幕犯人は衝撃!!!

 

 

では、樫村やカズを殺害した犯人は誰なのでしょうか?

洋輔はやはり一希や八真人が怪しいと思い、樫村を誘拐拉致した場所に一希と八真人を呼び出し問い詰めようとします。

そして美郷(瀧本美織)には、2人と話をつけに行ってくると言い、もし自分が戻ってこなかったら、警察に通報するように頼みました。

そして廃工場で3人で話を始め、洋輔はある衝撃の真実を知ります。

八真人の彼女だった日比野(吉田志織)を和康を含めた3人で強姦した。

3人の「鉄の結束」とはこの秘密のことだったのでした。

八真人の彼女だった日比野に一希は魅かれていました。

そして想いは通じないとしても、自分のものにしたいと思った一希は、死んだカズと八真人とともに日比野の強姦計画を立てます。

日比野は卒業前に飛び降り自殺をしていますが、3人に強姦された後、樫村からも性的暴行を受けていて、精神的ショックから自殺をしたのでした。

では、どうしてやさしい性格の八真人が一希の希望を叶えるために、ヒドい強姦計画に参加したのか??洋輔はパニックでした。

そんな時衝撃の出来事が起こります。

一希たちの告白のあと、そこに美郷とストーカー男と洋輔の兄の3人が乱入。???

実はストーカー男のジョージは、留年した3人の同級生でした。

しかもジョージは父親と不倫相手を串刺しにして殺害した、という都市伝説を持っている男で、日比野の兄だったのです。

もうお分かりですね。日比野の仇をとるために、美郷とジョージが樫村と和康を殺害したのです。

グレーゾーンだった洋輔と八真人を試すために、ふたりでこんなことを仕組んだのでした。

結局洋輔はシロで、八真人はクロということがわかりました。

八真人と希一を縛り上げ、洋輔にふたりを沈めろ、と言う美郷とジョージ。

美郷は、一希たちに日比野がヒドいことをされたと言う事実なのはわかっていましたが、そのメンバーに洋輔がいたのか??わかりませんでした。そのことを探るために、洋輔に近づいたのでした。

そして一希の告白を盗聴器で聞いていた美郷は、洋輔がヒドイことをしていないとわかり、復讐のターゲットが定まったのでした。

なんと黒幕は美郷(瀧本美織)という衝撃すぎる展開!!!

洋輔は美郷たちに「八真人はやさしい奴だ。助けてやって欲しい。一希に言われて断れなったんだ」と八真人をかばいます。

しかしそんな洋輔に衝撃の真実を話す兄。

ところでどうして洋輔の兄がここにいるのか?

それにはこんな理由がありました。事故で亡くなった雅之は、八真人の弱みを握ったことで支配下に置きます。

それに我慢できなくなった八真人が雅之を川に突き落としたのでした。

ところがその瞬間を見ていたのが希一、今度は希一に逆らえなくなったのです。

ふたりを沈めなければ一緒に沈めるぞ、と脅された洋輔はそれでも手をかけることはできません。

もちろん、兄の雅之も悪いのですが、雅之を殺害した犯人は八真人だったのです。その八真人の犯行を見ていたのが一希。

なので、八真人は一希に何も逆らえないまま、一緒に留年したり、彼女の強姦に加担したのでした。

 

戦慄のラストとは?後味悪すぎ救いがない!!

 

 

その真実を知っても、もちろん人殺しなんてできない洋輔。

ふたりを沈めなければ一緒に沈めるぞ、と脅された洋輔はそれでも手をかけることはできません。

でも八真人にも「お前に殺られんなら仕方ない。もう疲れた」と言われ、重しをつけた希一を兄が、そして八真人を洋輔が突き落とします。

これが驚愕のラスト!なんていうか、救いのないラストです(T_T)

もちろん、八真人は悪いですが、兄の雅之にも、希一にも弱みを握られながら、生活していたと思うとちょっと同情します。

そして、最後は「もう、疲れた」って(>_<)

そして2人を復讐で殺害して物語は終了という衝撃すぎるラストでした。

読み終わってみると、一番怖いのは、殺人鬼を操作してた美郷が超怖い!!!と思いました。

そしてそんな怖い女を清純派の瀧本美織さんがどう演じてくれるのか?個人的には楽しみです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる