予告殺人ネタバレ!原作犯人とキャストあらすじ【アガサクリスティ】

テレビ朝日でアガサ・クリスティ作品の第4弾となるスペシャルドラマが放送されます!

アガサ・クリスティの作品の中でも人気の高いミス・マープルシリーズの「予告殺人」です。

主演は沢村一樹(さわむらいっき)さんと大地真央(だいちまお)さん♪

2017年3月の「そして誰もいなくなった」、2018年3月に放送された「パディントン発4時50分」と「大女優殺人事件」に続く第4弾です。

沢村一樹さんは「そして誰もいなくなった」と「大女優殺人事件」で演じた警視庁捜査一課、特別捜査係の相国寺竜也として3度目の登場(^ ^)

なんとこの作品では、相国寺に恋の予感が???

そんなアガサ・クリスティ原作のドラマ「予告殺人」についてまとめてみました!

最後の原作の犯人など結末真相の簡単なネタバレあります!!

更に詳しいネタバレを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

予告殺人の犯人ネタバレを原作結末から【アガサクリスティ】

もちろん、閲覧注意です♪

 

 

目次

アガサクリスティの予告殺人とは?

黒井戸殺し動画見逃し無料視聴はこちら!4月14日放送【三谷幸喜&アガサクリスティ】

アガサ・クリスティの「予告殺人」は、1950年に刊行されたミス・マープルシリーズの長編4作目となる小説です。

[amazonjs asin=”4151300384″ locale=”JP” title=”予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)”]

アガサ・クリスティの作品の中では、短編と長編含め32作品にも登場する、探偵好きな独身老婦人がミス・マープル。

2007年には馬淵順子として岸恵子さんが演じられました。

このときに「予告殺人」もドラマ化され、岸恵子さんのほかにはしのえみさん、永井大さん、高橋恵子さんなどが出演されています。

この「予告殺人」は、ミス・マープルシリーズでは最も人気に高い作品、アガサ・クリスティならではの緻密なトリックと息をもつかせぬ展開。

ある朝新聞広告欄に載った殺人のお知らせー!

この予告は本物なのか?

実際にこの予告通りに起こった殺人事件・・・誰がなんのために???

予告殺人の犯人ネタバレを原作結末から【アガサクリスティ】

沢村一樹さん演じる相国寺は、ドラマのオリジナルキャラで、切れ者だけどちょっと変わり者な警部。

そして大地真央さんも前回の「そして誰もいなくなった」でキャストの一人を演じていましたが、今回は主演を演じます。

脚本はベテランの長坂秀佳さん、「刑事野呂盆六シリーズ」や「十津川警部シリーズ」「棟居刑事シリーズ」などでおなじみですね。

前回の「大女優殺人事件」と「そして誰もいなくなった」も長坂秀佳さんの脚本。

監督は「相棒」なども手がけている和泉聖治さん、チーフプロデューサーは「トットちゃん!」「やすらぎの郷」などの五十嵐文郎さんです。

平成最後となるアガサ・クリスティ作品のドラマとなった「予告殺人」。

 

ではキャストをご紹介しましょう!

ドラマ「予告殺人」のキャストは?

 

 

主な登場人物です(^ ^)

相国寺竜也(しょうこくじ・りゅうや):沢村一樹

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

【公式】白衣の戦士!(水曜ドラマ)さん(@hakui_ntv)がシェアした投稿

警視庁捜査一課・特別捜査係の警部。
事件に関する下調べには余念がなく、現場においてはどんな些細な証拠も見逃さない鋭い観察眼を持つ。
鮮やかな推理で数々の事件を解決する一方で、現場を再現して検証してみないと気が済まないというこだわりも見せ、また独特の空気感と特徴的な喋り方で、周囲の人間を翻弄する。

現在放送中の「白衣の戦士」など、2019年だけでもドラマ3作品、さらに単発ドラマを合わせるとこれが6作品目となる沢村一樹さん、休む暇もなさそうですね〜。

アガサ・クリスティ作品の中でもこの「予告殺人」は視聴者も身近に感じながら見れる作品だと思います

とコメント。さらに今回なんと恋をするということで、相国寺がどんな人にどんな恋心を抱くのか、注目していただきたい!と語っています。

さて、どの女優さんに恋をするのでしょうか?やっぱり大地真央さん???

黒岩怜里(くろいわ・れいり):大地真央

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

大地真央 Mao Daichiさん(@daichimao_official)がシェアした投稿

“小径の館”の美しき当主。
周囲からは“レーリィ”と呼ばれている。
館に友人や居候、下宿人を住まわせ世話をする愛情深い女性。
突然送られてきた殺人予告にも動じることなく、逆に面白がるような素振りを見せるが、実際に殺人が起こり、捜査が進められていくにつれ、数奇な生い立ちと不思議な人間関係が明らかになっていく。

元宝塚のトップスターだった大地真央さん♪63歳とは思えないお美しさです。

最近では「相棒17」「ぬけまいる〜女三人伊勢参り」などに出演。

昨年の「越路吹雪物語」では主演となる越路吹雪さんを演じられました。

今回大地真央さんが演じるレーリィは、ずっと何かを演じながら生きている少し切ない女性。

結末がわかっていても、展開がとても気になるアガサ・クリスティ作品。最後まで推理をしながら楽しんでいただけたら

とコメントしていました。

 

 

多々良伴平(たたら・ばんぺい):荒川良々

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

大人計画さん(@otonakeikaku_official)がシェアした投稿

警視庁捜査一課・特別捜査係の刑事。
八丈島東署時代に、相国寺とコンビを組んで事件を解決(『そして誰もいなくなった』)。
その縁で警視庁捜査一課に転属し(『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』)、ともに事件を解決する。

とっても個性的な荒川良々さん、個人的にかなりお気に入りの俳優さんです(^ ^)

現在放送中の「いだてん」にも今松役で出演、4月20日から放送予定のドラマ「俺のスカート、どこ行った?」にも出演。

荒川良々さんも前作品で沢村一樹さんとコンビを組んでいましたが、今回も同じ役で登場します。

おふたりのコンビに期待ですね!

大女優殺人事件ネタバレ!原作やキャストあらすじなどまとめ【アガサクリスティ】

月見兎左子(つきみ・うさこ):芦名星

警視庁捜査一課・特別捜査係の刑事。通称“ピョン子”。

女優のほかにもモデルやバラエティ番組などで活躍していましたが、2006年の映画「シルク」で日本人ヒロインにオーディションで選ばれてから、女優業に専念するようになりました。

最近では「グッドワイフ 」「京都タクシードライバーの事件簿」などに出演。

「予告殺人」では物語の発端となる殺人事件の捜査に乗り出す刑事を演じます。

名前に兎(うさぎ)があるので、あだながピョン子なんですね(笑)かわいいです。

立花詩織(たちばな・しおり):北乃きい

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

北乃きいさん(@kie.kitano.official)がシェアした投稿

画家。通称“リッカ”。小径の館の離れにあるアトリエで絵を描いている。

2006年の朝ドラ「純情きらり」で寺島しのぶさんのさんの少女時代を演じたのが、もう13年前になるんですね〜かわいかったです(^ ^)

ここ数年あまり女優業はされていなかったみたいですね。どうしたんでしょうか?

でも現在放送中の朝ドラ「なつぞら」にもうすぐ登場します!

そんな北乃きいさんが演じるのは画家の立花詩織。

あれ?相国寺が恋する相手ってもしかして???

 

 

鬼瓦胖六(おにがわら・ばんろく):村田雄浩

渋谷東署の名物警部。通称“鬼バン”。
小径の館で死亡した車井の現住所が渋谷東署の管轄だったため、現場にやってくる。
相国寺とは旧知の仲。

16歳で劇団ひまわりに入団したという村田雄浩さん、現在59歳なので芸歴は43年!

ボウリングが上手なことでも有名ですよね。

名バイプレイヤーのお一人として、いろんなドラマで活躍しています。

今回は相国寺とは旧知の仲という名物警部を演じます。

土田寅美(つちだ・とらみ):室井滋

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

月刊MOEさん(@moe_web)がシェアした投稿

怜里の古くからの親友で、小径の館に住んでいる。通称“ドラ”。
怜里の亡くなった妹・楼里とも仲が良かったため、怜里と楼里のことを間違えて話すことも。

キャスト引用元 参考リンク

「菊次郎とさき」「花子とアン」「黒革の手帖」など、いろんなドラマで存在感を示している室井滋さん。

最近では「警視庁捜査一課長」「三匹のおっさん」などに出演されています。

この「予告殺人」では大地真央さん演じるレーリィの親友、土田寅美を演じます。

なんだか室井滋さんが演じるというだけで、怪しさが漂っていますが(笑)殺人事件とどのように絡んでくるのでしょうか。

以上が主要となる登場人物です。

さて、この中に予告殺人をした犯人はいるのでしょうかー?

ではドラマのあらすじをご紹介しましょう!

ドラマ予告殺人のあらすじとは?

パディントン発4時50分の犯人のネタバレ!アガサクリスティー原作の結末は?

引用元 https://www.youtube.com/watch?v=DaekNv74QrU

のどかな田舎町にある古風な洋館・小径の館。
そこの当主である黒岩怜里(大地真央)は、ある朝タウン紙『あさひタイムズ』の片隅に『殺人のお知らせ 10月29日金曜日 於・小径の館 お仲間のお越しをお待ちします』という広告を発見する。

 その日の夜に、自分の館での殺人を予告するという謎の広告に目を輝かせた怜里は、さっそく親友で同居人の土田寅美(室井滋)に報告。家政婦のミッチー(ルビー・モレノ)にも「今日は忙しくなりそうよ!」とパーティーの準備を急がせる。

 小径の館での殺人予告は町のあちこちでも噂になり、夜のパーティーには住人たちが続々。
牧師の八矢(村杉蝉之介)とその妻・万智(山口香緒里)、館の居候・桃畑鳩児(山本涼介)・雉香(吉川愛)兄妹、『あさひタイムズ』編集長の芥川(鈴木勝大)とその母・芙美子(和泉ちぬ)、ヤメ検弁護士の武類(国広富之)とその妻・桜子(田島令子)、そして館で暮らす画家の立花詩織(北乃きい)といった面々が館に集まり、まさにパーティーが始まろうとしたその時――突然室内が真っ暗になり、銃声が3発鳴り響く! 

次に灯りがともったときに客人たちの目に映ったのは、純白のドレスを真っ赤に染めて立ち尽くす怜里と、その傍らに倒れる見知らぬ男・車井(大浦龍宇一)の死体だった!

 予告通り殺人が実行されたことで、翌朝の新聞には大きな見出しとともに事件のことが大々的に報じられる。
警視庁捜査一課・特別捜査係の相国寺竜也(沢村一樹)と多々良伴平(荒川良々)がさっそく現場に向かうと、そこには、渋谷東署の名物警部、“鬼バン”こと鬼瓦胖六(村田雄浩)の姿が。運転免許証から被害者・車井の身元が割れ、現住所の管轄である渋谷東署の鬼瓦たちが臨場してきたというのだ。

 現場検証の後、被害者の足取りを追った相国寺らは、車井が怜里のことを「昔から知っている」と言っていたことを知る。
そのことを確かめるため、怜里と寅美に会った相国寺と月見兎左子(芦名星)は、この館に住む人たちのことや怜里の亡くなった妹・楼里のことを聞かされる。

怜里と周囲の人々との不思議な関係が明らかになっていく中、第二の殺人が起こってしまい…!?

 捜査を進めていくにつれ、少しずつわかっていく複雑な人間模様。相国寺たちが真相に近づくとき、怜里と彼女を取り巻く人間たちの衝撃的な過去が明かされる!

引用元 参考リンク

不思議な運命に翻弄される人間模様。レーリィの数奇な生い立ちとは???

だんだん犯人が知りたくなってきませんか?

ドラマではまだ誰が犯人なのかわかりませんが、原作の犯人は読んだ人であればご存知ですよね。

原作の犯人とは???

次は思いっきりネタバレです!

予告殺人原作あらすじ結末と犯人ネタバレ【閲覧注意】

 

 

犯人のネタバレです!!

原作も新聞に殺人予告の広告が載り、実際に予告通り殺人が起こることから始まります。

それはある田舎にある「リトル・バドックス館」で6時30分に殺人が起こるというものでした。

リトル・バドックス館の女主人、レティシア(大地真央)と知り合いの村人たちが興味津々で訪れてきます。

そこで殺害されたのは地元のホテルで働くスイス人の若い男性のルディー(大浦龍宇一)。

そして次に殺されるのがレティシアの親友、ドラ(室井滋)!わたしの犯人イチオシだったのですが・・・(笑)さらに第3の殺人が!!

そんなときレティシアの過去の秘密がわかります。

ここで犯人のネタバレ!!!

犯人はレティシアなのです!

そして誰もいなくなった(アガサ)前編後編の見逃し無料動画閲覧サイトは?

レティシアは以前資産家のランダルの秘書をしていて、ランダルは自分の死後財産は妻に、妻が亡くなっていればレティシアに、という遺言を残していました。

そしてレティシアも亡くなっていたら、財産はランダルの妹の子供たちにいくことになっています。

実はレティシアはすでに亡くなっていて、財産目当てで妹のシャーロットがレティシアになりすましていたのです。

シャーロットは親友のドラにだけは本当のことを言っていましたが、素直なドラは度々シャーロットと呼んでしまうなど、ちょっとシャーロットをイライラさせるところがありました。

では最初のホテル従業員ルディーはどうして殺害されたのかー?

実はまだ本物のレティシアが生きていた頃彼の働くホテルに泊まったことがあり、ルディーはシャーロットの秘密を知っていたのです。

ルディーはお金を借りるつもりでシャーロットに近づきますが、身の危険を感じたシャーロットによって殺害されてしまいました。

本当に犯人だけをざっくりとご説明しましたが、まだまだ怪しい登場人物もたくさん登場し、手に汗握る展開が続きます。

いま一度ミス・マープルの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

[amazonjs asin=”B000CIXJW6″ locale=”JP” title=”ミス・マープル完全版DVD-BOX 1″] [amazonjs asin=”4488105467″ locale=”JP” title=”ミス・マープルと13の謎【新訳版】 (創元推理文庫)”] [amazonjs asin=”4488105459″ locale=”JP” title=”ミス・マープル最初の事件 (創元推理文庫)”]

ちなみに、ここまでの内容はごく簡単な内容なので、更に詳しいネタバレあらすじを以下にまとめてあります。

予告殺人の犯人ネタバレを原作結末から【アガサクリスティ】

是非是非ご覧ください。

まとめ

そして誰もいなくなった(アガサ)の感想やツイッターの評判は面白い?原作との違いは?

4月14日(日)よる9時からドラマスペシャル「アガサ・クリスティ『予告殺人』」がテレビ朝日系で放送されます!

このアガサ・クリスティシリーズ前作に引き続き、沢村一樹さん演じる相国寺警部も登場。

共演は大地真央さんです。

大地真央さんのコメントにもあるように、犯人がわかっていても楽しめるのがアガサ・クリスティのすごいところ。

さて、ドラマの犯人は原作と同じなのでしょうか?

平成最後のアガサ・クリスティ作品、ぜひみなさんも推理をしながら楽しんでください!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる