ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 予告殺人【アガサクリスティ】

予告殺人の犯人ネタバレを原作結末から【アガサクリスティ】

2019年4月14日の日曜日にテレビ朝日でアガサ・クリスティ作品の第4弾となるスペシャルドラマ「予告殺人」が放送されます!

アガサ・クリスティ作品の中でも人気の高いミス・マープルシリーズの中でも上位に入る人気の作品です。

主演は沢村一樹(さわむらいっき)さんと大地真央(だいちまお)さんで他のキャストも豪華なことになっていて、テレビ朝日の力の入れ具合がわかります。

そんなドラマ「予告殺人」の犯人って誰なのでしょうか?

アガサクリスティの原作小説のあらすじネタバレからドラマ「予告殺人」の犯人は誰なのか?と真相、結末をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「予告殺人」のキャスト登場人物とあらすじとは?

予告殺人ネタバレ!原作犯人とキャストあらすじ【アガサクリスティ】

まずはキャスト陣の紹介です。

相国寺竜也(しょうこくじ・りゅうや)

沢村一樹
警視庁捜査一課・特別捜査係の警部。事件に関する下調べには余念がなく、現場においてはどんな些細な証拠も見逃さない鋭い観察眼を持つ。鮮やかな推理で数々の事件を解決する一方で、現場を再現して検証してみないと気が済まないというこだわりも見せ、また独特の空気感と特徴的な喋り方で、周囲の人間を翻弄する。

黒岩怜里(くろいわ・れいり)

大地真央
“小径の館”の美しき当主。周囲からは“レーリィ”と呼ばれている。館に友人や居候、下宿人を住まわせ世話をする愛情深い女性。突然送られてきた殺人予告にも動じることなく、逆に面白がるような素振りを見せるが、実際に殺人が起こり、捜査が進められていくにつれ、数奇な生い立ちと不思議な人間関係が明らかになっていく。

多々良伴平(たたら・ばんぺい)

荒川良々
警視庁捜査一課・特別捜査係の刑事。八丈島東署時代に、相国寺とコンビを組んで事件を解決(『そして誰もいなくなった』)。その縁で警視庁捜査一課に転属し(『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』)、ともに事件を解決する。

月見兎左子(つきみ・うさこ)

芦名星
警視庁捜査一課・特別捜査係の刑事。通称“ピョン子”。

立花詩織(たちばな・しおり)

北乃きい
画家。通称“リッカ”。小径の館の離れにあるアトリエで絵を描いている。

鬼瓦胖六(おにがわら・ばんろく)

村田雄浩
渋谷東署の名物警部。通称“鬼バン”。小径の館で死亡した車井の現住所が渋谷東署の管轄だったため、現場にやってくる。相国寺とは旧知の仲。

土田寅美(つちだ・とらみ)

室井滋
怜里の古くからの親友で、小径の館に住んでいる。通称“ドラ”。怜里の亡くなった妹・楼里とも仲が良かったため、怜里と楼里のことを間違えて話すことも。

もちろんですが・・・上記メンバーの中に犯人がいますよ♪

そしてあらすじです。

 のどかな田舎町にある古風な洋館・小径の館。そこの当主である黒岩怜里(大地真央)は、ある朝タウン紙『あさひタイムズ』の片隅に『殺人のお知らせ 10月29日金曜日 於・小径の館 お仲間のお越しをお待ちします』という広告を発見する。
 その日の夜に、自分の館での殺人を予告するという謎の広告に目を輝かせた怜里は、さっそく親友で同居人の土田寅美(室井滋)に報告。家政婦のミッチー(ルビー・モレノ)にも「今日は忙しくなりそうよ!」とパーティーの準備を急がせる。
 小径の館での殺人予告は町のあちこちでも噂になり、夜のパーティーには住人たちが続々。牧師の八矢(村杉蝉之介)とその妻・万智(山口香緒里)、館の居候・桃畑鳩児(山本涼介)・雉香(吉川愛)兄妹、『あさひタイムズ』編集長の芥川(鈴木勝大)とその母・芙美子(和泉ちぬ)、ヤメ検弁護士の武類(国広富之)とその妻・桜子(田島令子)、そして館で暮らす画家の立花詩織(北乃きい)といった面々が館に集まり、まさにパーティーが始まろうとしたその時――突然室内が真っ暗になり、銃声が3発鳴り響く! 次に灯りがともったときに客人たちの目に映ったのは、純白のドレスを真っ赤に染めて立ち尽くす怜里と、その傍らに倒れる見知らぬ男・車井(大浦龍宇一)の死体だった!
 予告通り殺人が実行されたことで、翌朝の新聞には大きな見出しとともに事件のことが大々的に報じられる。警視庁捜査一課・特別捜査係の相国寺竜也(沢村一樹)と多々良伴平(荒川良々)がさっそく現場に向かうと、そこには、渋谷東署の名物警部、“鬼バン”こと鬼瓦胖六(村田雄浩)の姿が。運転免許証から被害者・車井の身元が割れ、現住所の管轄である渋谷東署の鬼瓦たちが臨場してきたというのだ。
 現場検証の後、被害者の足取りを追った相国寺らは、車井が怜里のことを「昔から知っている」と言っていたことを知る。そのことを確かめるため、怜里と寅美に会った相国寺と月見兎左子(芦名星)は、この館に住む人たちのことや怜里の亡くなった妹・楼里のことを聞かされる。怜里と周囲の人々との不思議な関係が明らかになっていく中、第二の殺人が起こってしまい…!?
 捜査を進めていくにつれ、少しずつわかっていく複雑な人間模様。相国寺たちが真相に近づくとき、怜里と彼女を取り巻く人間たちの衝撃的な過去が明かされる!

引用元:引用リンク

なんと・・・いつも犯人役が多い大浦龍宇一さんがいきなり殺されてしまう!!!(笑)

じゃあ、誰が犯人!?って感じだと思います。

以降で、原作小説のネタバレから犯人と真相、結末をご紹介していきます。

 

「予告殺人」の犯人は誰?原作ネタバレあらすじは?

 

スポンサーリンク

 

予告通り殺人事件勃発!

原作もドラマと同様に新聞に殺人予告の広告が載り、実際に予告通り殺人が起こります。

それはある田舎にある「リトル・バドックス館」で6時30分に殺人が起こるという内容でした。

リトル・バドックス館の女主人、レティシア(大地真央)と知り合いの村人たちが「犯人が誰なのか当てるを楽しむゲームが開催されるのでは??」と興味津々で訪れてきます。

そして6時30分に電気が突然消えます。そしてドアを乱暴に開けて入ってきた男が「手をあげろ!」と叫びます。

そして3発の銃声が響き渡り・・・最初はおふざけだと思っていた村人たちは、静まり返ります。

そして明かりがつき、村人たちは遺体を見つけるのでした。

殺害されたのは地元のホテルで働くスイス人の若い男性のルディー(大浦龍宇一)。

ちなみにルディーのガールフレンドに聞いたところ、「(ルディは)依頼されて強盗のふりをしに行くだけ」と言っていたと証言。

なので、暗闇で「手をあげろ!」と言ったんですね。

なので、何者かに強盗のふりをさせられて殺害されたことがわかります。

 

レティシア(大地真央)の過去と秘密とは?

 

スポンサーリンク

 

またここでレティシア(大地真央)の秘密が発覚。

レティシアは過去に資産家のランダルゲドラーの秘書をしていました。

ランダルゲドラーは自分の死後財産は妻に、妻が亡くなっていればレティシアに、という遺言を残していました。

と言うことで・・・妻が亡くなったことで、レティシアが莫大な遺産を継ぐことになりました。

なので、レティシアに命を狙われる危険があることがわかります。

ちなみにレティシアが死んだ場合、レティシアの遺産は資産家ダンダルゲドラーの妹のソニアの双子の子どもに渡ることに。

なので、レティシアの命をソニアの双子の子どもたちが狙っているのでは??と言うことになります。

ちなみに双子の子ども達の顔は村の人達は誰も知りません。犯人が誰なのかわからず、怯える恐怖(ー_ー)!!

正体を隠してこの双子の子供たちが村人の中に潜んでいる可能性もあります。

 

第2の殺人、第3の殺人勃発!

そして第2の殺人が!次に殺されたのがレティシアの親友、ドラ(室井滋)!

なんと、レティシアの薬瓶の中身が毒物にすり替えられていて、それを知らずにその薬を飲んでしまったのはドラ。

たまたま自分の薬をなくしていたドラが飲んでしまったのでした。

こうして第2の殺人はレティの身代わりで殺されたということになりました。

さらに第3の殺人が起きます!3人目の被害者となったのは、養鶏業者のマーガトロイド。

第一の殺人の夜、立ち位置の関係でマーガトロイドだけは応接間の様子を目撃できていました。

そして後日、彼女はふいにある村人と重要なことを思い出し「彼女はそこにいなかった」と言う会話をします。

犯人を知っていた??と思ったのですが、その後マーガトロイドは殺害されて、彼女が何を知っていたのか?わからないままとなってしまいました。

 

驚きの真犯人とは?

 

スポンサーリンク

 

そして・・・犯人のネタバレです。犯人はレティシア(大地真央)でした。

ランダル・ゲドラーの秘書として働いていたレティシアは病気だった妹(シャーロット)の面倒を見るために、ランダルの秘書を辞めました。

その後、妹のシャーロットは病死したとされていましたが・・・なんと実は亡くなっていたのは姉で秘書だったレティシアの方でした。。

死因は肺炎なので、別にレティシアが殺した訳ではありません^^;

病気だったシャーロットは手術が見事成功し、病気は治っていました。

このことから、レティシアが死んでしまったら、財産はランダルの妹の子供たちにいくことになってしまい、自分たちに遺産は入らない!!!

そう思った妹のシャーロットは財産目当でレティシアになりすましていたのです。

シャーロットは引きこもっていたので、友人知人の類はいないため、見事遺産を手に入れることができる予定でした。

しかしシャーロットは親友のドラ(室井滋)にだけは本当のことを言っていたシャーロット。

素直なドラは度々「シャーロット~」と呼んでしまったりして、ちょっとシャーロットをイライラさせていました。

またドラがボケてしまっていたこともあり、このままでは、うっかり自分の秘密をしゃべってしまうのでは??と思い、ドラを殺害しました。

ちなみに最初のホテル従業員ルディーはどうして殺害されたのかー?殺害動機は??

実はまだ本物のレティシアが生きていた頃、彼の働くホテルに泊まったことがあり、ルディーはシャーロットの過去と秘密を知っていたのでした。

ホテルでシャーロットを見かけたルディーは「シャーロットさんですよね~。懐かしいなあ~」と声をかけました。

このことから、ルディーによって自分の正体をバラされるのではないか?もし秘密を知ったら弱みを握られて、口止め料として金を永遠にむしりとられるのではないか?

ルディーはお金を借りるつもりでシャーロットに近づいてきますが、身の危険を感じたシャーロットが殺害。

また第三の殺人のマーガトロイドは、偶然マーガトロイドの事件に関する会話を聞いてしまったルティシアになりすましたシャーロットが、自分のことがバレてしまったと思い、突発的に殺害してしまいました。

以上、殺人事件の犯人と真相、結末を簡単にご紹介しました。

 

まとめ

ドラマ「予告殺人」の原作小説からの犯人の正体いかがだったでしょうか?

原作小説通りだと、犯人は大地真央さん演じる黒岩怜里(くろいわれいり)です。

ただ細かい真相は原作と変える可能性があります。

以前放送された「大女優殺人事件」でも設定を変えてきていて話題になっていました。

大女優殺人事件の感想と評判は風疹をジキ熱にした理由が不明?タイトルがダサい?

なので今回も何か設定を変えてきて、アガサクリスティ作品ファンを驚かせるかもしれません。真相を知っていても是非是非ドラマ版もお楽しみください。

予告殺人【アガサクリスティ】の最近記事

  1. 予告殺人の犯人ネタバレを原作結末から【アガサクリスティ】

  2. 予告殺人ネタバレ!原作犯人とキャストあらすじ【アガサクリスティ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

朝ドラまんぷくおすすめ記事

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

いだてん 東京オリムピック噺【大河ドラマ】

アーカイブ

カテゴリ

PAGE TOP