ドラマ大好き人間によるキャスト、あらすじ、感想、見逃し動画配信情報などのネタバレ情報

  1. 相棒

角田課長ネタバレ!相棒で暇か?の役柄と階級や卒業についてや過去エピソードも

相棒17は次回11月7日の放送が第4話です!

何と主人公の杉下右京(すぎしたうきょう)と「暇か?」でお馴染みの角田(かくた)課長が対立するらしんです!!

持ちつ持たれつで、何だかんだ上手くやってきた右京と角田が一触即発状態とは何が起こるんでしょうか?

角田課長を演じるのは山西惇(やまにしあつし)さん!

今回は、山西惇さんが演じる角田課長の役柄や、過去のエピソードについて紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

相棒の「暇か?」の角田課長とは?役柄や階級は?

相棒17第3話ネタバレ感想は森本レオがアルツハイマー?

角田六郎(かくたろくろう) 山西惇

警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課 課長・警視
暴力団の取り締まりや麻薬捜査などを行う組対五課の課長。特命係が組対五課の奥の一室に位置しているため、「ヒマかっ?」というお決まりのフレーズを口にしながらフラリと現れては、コーヒーを飲みながら右京たちと雑談を交わす。その会話の中で発した何気ない一言が、事件解決の重要なヒントになることも。数少ない「特命係」の理解者。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/cast/

いつも軽ーいノリの角田課長の階級は何と警視!!結構偉いんですねー(^^♪

土曜ワイド劇場時代の相棒から登場しているレギュラー出演者の一人で、「暇か!?」と言いながら毎回特命係の部屋でコーヒーを飲みながら右京たちと雑談しているシーンが恒例です!

顔に似合わず、パンダのマイカップでコーヒーを飲んでいるんですよね(笑)

組織犯罪対策課の課長で、部下の大木と小松と共に、暴力団組織の摘発の捜査をしており、特命係の2人もちょくちょく手伝わされているんです!

いつもは飄々とした角田課長も、いざ暴力団と対決するような状況になると、性格が一辺し怖ーい一面を見せるときもあるんですよねー|д゚)

敵ばかりの警視庁の中で、特命係の数少ない理解者と言っても良い存在です!

 

角田課長がメインの過去エピソードは?

 

スポンサーリンク

 

そんな角田課長がメインとなったストーリーが、シーズン15の第9話に有りました!

タイトルは「あとぴん〜角田課長の告白」

産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。光田は組対五課長・角田(山西惇)の中学時代の同級生で、20年前に家族のもとから姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。角田の思いを汲んで捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、産廃場の近所の住民から、光田が現場監督の仁藤(相島一之)という男から暴力を受け、金をせびり取られていたという情報を得る。いっぽう、角田から除け者扱いされていた亘(反町隆史)は独自の調査で、光田と仁藤の繋がりを掴む。34年前、光田は近所の工場火災の写真で賞を取ったのだが、その火事は保険金目当ての自演放火で、仁藤は放火犯として逮捕された工場主の息子だという。結果として光田の写真が、仁藤の家族を破滅させるきっかけを作ったのだった。その後、角田が仁藤に、「あとぴん」というあだ名で呼ばれていた恩師の小林がこん睡状態にあると告げると、仁藤はあっさり光田殺しを自供する。しかし、右京は、真犯人は別にいると感じていた。

角田の同級生は、なぜ、誰に殺されたのか?
犯行を自供した男の真意とは…!?
角田を翻弄する時を超えた難解な事件に、特命係が立ち上がる!!
ゲスト:相島一之

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou15/contents/story/0009/

角田課長の中学生時代の同級生が殺される事件が発生。その同級生のあだ名が「てんもん」

由来は夜空の星が好きだからみたいです。

そして事件に関わる、中学時代の恩師のあだ名が「あとぴん」 

由来は写真を撮ると全てピントが後ろにずれるから(笑)

角田は中学時代写真部に所属しており、その顧問が「あとぴん」で仲の良かった同級生が「てんもん」なんです。

「どうして、てんもんは死んだのか?」角田のその言葉に特命係は事件解決に乗り出します。

実は、てんもんが中学時代に賞を取った写真は合成写真で、顧問のあとぴんは不正を見抜いていました。

その後、てんもんはあとぴんの娘と結婚。しかし過去の不正を、大人になってもあとぴんに見張られているような気がして衝突し、耐え切れず家族の元から姿を消してしまったてんもん。

真犯人は、てんもんの妻でもなく、仁藤でもなく、途中で登場した喫茶店のマスターでした。

星の写真を撮っていたてんもんを、「自分たちの不正な取引を見られた」と思い殺してしまったんです(/ω\)

しかし、何故てんもんは合成写真の不正の一件以来辞めていた星の撮影を再開したのか?

それは角田課長がてんもんに、あとぴんの余命が幾ばくも無いことを伝えたからでした。

あとぴんに星の写真を見せてあげようとして、殺されてしまったと思うとかなり切ないですよね・・・

そして、角田課長は、てんもんのフィルムを見てコンクールの写真が合成であることを見抜くも、てんもんの家族にはその事実は一生伏せておくべきだと思いました。

密かにてんもんを探し出し、心の重荷を解いてあげる一方で、自ら家族に会いたいと思うまで、てんもんと連絡を取っている事は家族には黙っていたんです。

その事を右京に尋ねられた角田課長は・・・

「警部殿、買いかぶり過ぎだ。俺にそんな頭があるかよ。本当にピントがずれているな!あとぴんと同じだ!!」

そんな角田課長の友を想う優しさや、カッコよさが光るストーリーでした!

もっと詳細が気になる方は、以下の記事もご覧くださいね(^^)/

相棒15第9話のネタバレは角田課長とあとぴんの真相が泣ける?娘役は誰?

 

 

第4話のストーリーは?角田課長卒業しちゃうの?

相棒青木年男ネタバレ!3人目の特命係の過去エピソードまとめ

引き続き、第4話のストーリーと予告を見てみましょう!

賭博捜査をめぐって右京と角田が一触即発!
正義の暴走が取り返しのつかない悲劇を招く

組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づき、源馬が裏で手引きしているのではないかと疑う。組対五課の角田(山西惇)は、戦友のような源馬をかばい、手を引くよう釘を刺すが、右京は捜査を続ける。そんな中、賭博業者との癒着で源馬をマークしているという生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)と久我(崎本大海)が、特命係に協力を要請してくる。右京は、二人への協力を約束するが、亘は「角田課長を裏切れない」と言って、源馬の内定捜査から降りる。さらに、裏では特命係の廃止を目論む副総監の衣笠(杉本哲太)も暗躍していて…!?
亘や角田とも不協和音が生じ孤立を深める右京
それでも信念に従い賭博をめぐる不正の真相を追究
信頼できる仲間を失った右京が行き着く先は…!?

ゲスト:中野英雄 長谷川公彦 崎本大海

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

 

「お前は人材の死神だな・・・」

自らの信念に基づき捜査を続ける右京と、盟友を守りたい角田が対立!!

二人の間に決定的な亀裂が入ってしまいそうです( ゚Д゚)

そして、来週の予告を見た視聴者からはこんな不安の声もあがっています。

 

 

 

 

 

 

 

まさか、角田課長まで卒業??と予告をみて感じた視聴者が多かったみたいですね!

六角精児さん演じる米沢守も居なくなり、角田課長の部下大木役の志水正義さんが亡くなったことで不安に思ってしまったのかもしれませんよねー。

しかし、私は角田課長は卒業せずに、このまま出続けると思います・・・いや思いたいです!!

はっきりとした根拠はないのですが、相棒って卒業って思わせておいて、違うってことたまにやります。

例えばこの人とか。

相棒月本幸子(鈴木杏樹)卒業なしで降板回避?拳銃はモデルガンで一安心!

「暇か!?」が聞けなくなると思うと寂しいので( ;∀;)

鈴木杏樹さんパターンだったら良いな~と思います。

まとめ

相棒17大木刑事【志水正義】がいなくて寂しいけど登場?

今回は山西惇さんが演じる、組織犯罪対策課の角田課長について紹介しました。

第4話のゲスト中野英雄さんと共に山西惇さんがかなり活躍しそうなストーリーのようです!

孤立した杉下右京はどうなるのか?角田課長は卒業??

気になる事目白押しの相棒17第4話!見逃せませんよねー( *´艸`)


相棒の最近記事

  1. 相棒17第5話ネタバレ感想は木村了の演技が上手い!松田洋治が真犯人?

  2. シャブ山シャブ子17歳がホラーで怖い!相棒17第4話ネタバレ感想

  3. 角田課長ネタバレ!相棒で暇か?の役柄と階級や卒業についてや過去エピソードも

  4. 相棒17第3話ネタバレ感想は森本レオがアルツハイマー?

  5. 相棒17第2話ネタバレ感想は成宮寛貴登場!真犯人はアライグマの血で偽装?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP