【カムカムエブリバディ】安子の夫は誰?雉真稔と勇のどっち?

朝の連続テレビ小説・NHK朝ドラ「カムカムエブリバディ(かむかむえぶりばでぃ)」は3人のヒロインが登場します。

上白石萌音(かみしらいしもね)さんがえんじる安子、深津絵里(ふかつえり)さん演じるるい、そして川栄李奈(かわえいりな)さん演じるひなたです。

最初に登場するヒロインは上白石萌音さん演じる橘安子(たちばなやすこ)。

のちに安子はるいを出産しますが、ここで気になるのは安子の夫(*^^*)旦那さんは誰なのでしょうか??

第1週目の予告では、安子がラジオ英語講座を聞くきっかけとになる、キャスト俳優の松本北斗さん演じる雉真稔(きじまみのる)に安子は恋をします♪

ですが稔には村上虹郎さん演じる勇(いさむ)という弟がいて、勇はずっと安子の同級生。そして安子に好意を持っています。

安子の夫となるのは稔【みのる】?それとも勇【いさむ】?

今回は朝ドラ「カムカムエブリバディ」で安子の夫は誰なのか?原作ネタバレをご紹介していきます。

先のストーリー展開を知りたくない人は閲覧注意です。

今すぐU-NEXTに登録【31日間無料体験】

▼今なら朝ドラ「カムカムエブリバディ」の見逃し配信動画を31日間無料で見放題で視聴できます▼

※登録から31日の間に解約すれば一切料金が発生しません。無料期間内に『おかえりもね』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

※U-NEXTでしたら、初回登録時に無料で1000ポイントもらうことができます。そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能です。

※U-NEXT経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

U-NEXTでは、以下の作品も視聴可能です。

◆正義の天秤【亀梨和也主演】

◆古見さんは、コミュ症です。

◆オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ

◆きれいのくに

◆いいね光源氏くん

◆腐女子うっかりゲイに告る

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆連続テレビ小説「おかえりモネ」「花子とアン」「おちょやん」「エール」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」など

◆大河ドラマ「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆タリオ復讐代行の2人

◆にじいろカルテ

◆書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~

◆青のSP

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

◆タリオ 復讐代行の2人

「女子高生の無駄遣い」

「きのう何食べた?」

「おっさんずラブ in the sky」

「相棒」シリーズ

「時効警察はじめました」

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2021年8年10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

※登録から31日の間は一切料金が発生しません。無料期間内にドラマ『おかりモネ』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

目次

【カムカムエブリバディ】安子の夫は誰?候補は稔と勇のどっちかの理由は?

カムカムエブリバディのモデルは誰?ラジオ英語講座は実在?

「カムカムエブリバディ」は3人のヒロインが登場します。上白石萌音さん演じる安子。その娘となる深津絵里さん演じるるい。

そしてるいの娘で川栄李奈さん演じるひなたです。なのでひなたは安子の孫になります。

この3人の家族の100年に及ぶ人生を描いた朝ドラ。最初に登場するのは安子です。

ヒロインの橘安子(たちばな やすこ):上白石萌音

1925年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」で生まれる。
御菓子司「たちばな」の看板娘で、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。
ラジオ講座をきっかけに英語を学び始める。

夫の候補①雉真稔(きじま みのる):松村北斗(SixTONES)

家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。
地元で有名な名家・雉真家の跡取りで英語が堪能な好青年。
稔との出会いが安子の運命を動かしていく・・・。

夫の候補②雉真勇(きじま いさむ):村上虹郎

安子の小学校からの同級生で甲子園を目指している野球少年。
兄の稔を尊敬している。
安子へ好意があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。

引用元 NHK公式サイト

安子の夫となるのは、この兄弟だけ?と思いますよね。実はこれには理由があります。

安子の娘、るいの苗字が雉真なのです!なのでどちらかと安子は結婚すると思います(≧∇≦)

安子が恋心を抱く、兄の稔なのか?それとも安子に好意がある弟の勇なのか?

ネタバレをご紹介していきます。

【カムカムエブリバディ】安子の夫は誰?ネタバレ原作は?

カムカムエブリバディの意味とは?タイトル由来はカムカム英語?

「カムカムエブリバディ」で公開されているストーリーの原作ネタバレです!

稔との出会い

1925年3月22日。和菓子屋「たちばな」で安子(上白石萌音)は生まれました。1933年安子は尋常小学校の3年生になりました。

そんなある日、まだ庶民にとっては高嶺の花だったラジオがたちばなの工場にやってきます。

安子が水田屋とうふの娘、きぬ(小野花梨)とたちばなで話していると、同級生の雉真勇(村上虹郎)が野球仲間を連れて店にやってきました。

野球の試合に勝った記念にと、仲間にたちばなの御菓子をおごるために来たのです。

勇は大きな繊維会社の息子のため裕福。いつも安子のことを「あんこ」と呼び、安子の前でいいところを見せたい様子。

1939年、安子は14歳になり高等小学校を卒業し家業の手伝いをしていました。

ある春の日ひとりの青年が、家族への手土産を買うためにやってきます。

安子はあんこが絶品だと、おはぎを勧めました。小さいときからず~っと食べてきて、飽きないのだから間違いない、と力説。

青年はクスっと笑い20個もおはぎを買って帰りました。

そして夏が来てラジオから流れる、甲子園大会の実況に夢中なたちばなの職人たち。職人に変わって安子が配達にでかけます。

大きなお屋敷に着いた安子は、そこでおはぎを20個買ってくれた青年に再会♪

君の言ったように絶品のあんこだった

青年は夏休みで帰省中の大学生。なんと勇の兄、稔(松村北斗)でした。たちばなのおはぎを気に入った稔の父が、大事な客に出すために注文したのでした。

そこに道を尋ねに外国人が来ます。英語でスラスラ答える稔。どうして英語が話せるのか、不思議そうにしている安子に稔はこう伝えます。

明日の朝、6時30分にラジオつけてみて

ラジオ英語講座

放送されていたのは「実用英語会話」。安子は毎朝紙と鉛筆片手に実用英語会話という英語講座を聞くようになりました。

ある日書店で稔に会った安子。「ラジオ聞きました!」とメモした英語を読みますが、骨董品のキュァリオをキュウリと間違え、恥ずかしい思いをします(*^^*)

次の日。安子は稔と河川敷にいました。自転車に乗れない安子に、稔が教えてくれることになったのです。

その後稔はジャズが流れる喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」に連れて行きました。

父親が経営する雉真繊維の製品を、いつか欧米と取引するため英語を勉強しているという稔。

マスターの柳沢定一(世良公則)がかけるルイ・アームストロングのレコードに合わせ、かすかに鼻歌を歌う稔に安子はどんどん惹かれていきます(≧∇≦)

夏祭りの日。安子は稔と出かけます。稔がちょっと離れたとき、安子の前に勇が現れます。

兄さんはいずれ雉真の社長になる人。あんころ屋の女なんか釣り合わうもんか!

呆然と立ち尽くす安子。戻ってきた稔に「いろいろとありがとうございました。楽しかったです」と頭を下げ安子は走り去りました。

数日後勇がたちばなにやってきて、ヒドイことを言ったと安子に謝ります。そして翌朝1番の汽車で稔が大阪に戻ることを告げます。

翌朝いつものように実用英語会話を聞いていた安子。突然家を飛び出し、自転車で何度も転びながら駅に向かいます。

駅に入ろうとしていた稔を見つけ、声をかける安子。手紙を書いてもいいかと、たどたどしい英語で尋ねます。

「Off course 僕も返事を書くよ」の返事に安子は笑顔になりました。

縁談

こうして安子と稔は文通を始めます。戦争が激しくなり、敵国のことばとして実用英語会話は終了してしまいました。

たちばなには安子の兄、算太(濱田岳)という跡取り息子がいますが、家業に興味がなくダンスをしたいと家を出ています。

その算太が働いていたダンスホールが閉鎖になり戻ってきますが、この先もダンスを続けると言う算太に、父親の金太(甲本雅裕)も戻らせない、と啖呵を切ります。

そしてまた家を出て行った算太ですが、方々で借金を重ね、借金取りに追われていました。

「もううちの人間じゃない」金太は怒りと悲しみに震えます。

12月。安子に見合い話がきます。年が明ければ安子は16歳。金太は算太の代わりに婿をとって安子に店を継いでほしかったのです。

母の小しず(西田尚美)は無理しなくていいと気遣います。

安子は「今日中に戻ります」と手紙を残し、大阪の稔のアパートに向かいました。

驚く稔に配達に来た、と嘘をつく安子。映画を見たりそばを食べたりして、夕方稔に見送られ汽車に乗ります。

とめどもなく溢れ出る涙。その涙は止まらず、岡山に着いても立ち上がれないほど嗚咽しています。

夜も遅くなり家族が心配していたところに安子が帰宅します。その後ろには稔の姿が!

稔は安子の様子がおかしいことに気づき急行列車で追いかけてきて、安子は縁談を受け入れるつもりで、稔に最後に会いに来たのだと知りました。

憮然とする金太。どうしても安子にはたちばなを継いでほしいのです。稔にどういう関係なのか聞きます。

稔は正式におつきあいしたい、と答えますが、小しずは雉真繊維の跡取りが、そんな簡単に結婚を決めれるのかと心配します。

でも稔と歩いていきたいという、安子の気持ちは決まっていました。

稔は家に戻り、勇とキャッチボールをします。勇は気づいてないと思うけど・・・と前置きし安子のことが好きだと告げます。

いずれ安子を苦しめることになるのは、わかっているはずなのに兄さんらしくない

そう言うと渾身の力でボールを投げました。

稔の縁談

1942年、戦争がどんどん激しくなり、庶民の生活も苦しくなってきました。

3月になり勇が東京の大学に進学し、入れ替わりに稔が雉真家に戻ってきました。雉真繊維では軍服の生産が追い付かず、工場拡張のため大東亜銀行から資金を調達するつもりでいます。

大東亜銀行からは無利子無担保で融資すると言われていますが、その条件が頭取の娘と稔の結婚。

父親の千吉(段田安則)からその話を聞かされた稔は「心に決めた人がいる」ときっぱり断ります。

その相手が小さな御菓子屋の娘と知り絶句する千吉と美都里(YOU)。千吉から頭を冷やせと言われてしまいます。

雉真家から電話で御菓子の注文が入り、安子は稔が頼んだと思いドキドキしながら雉真家に向かいます。

ところが現れたのは美都里。敵意を露わにし稔と知り合ったいきさつを聞き、暮らしの足しにして、とお金を安子に押し付け、冷たい目で「二度と稔に近づかないで」と言い放ちます。

どうやってお金を返そうか迷う安子を見ていられず、きぬは稔に相談。稔は興奮して美都里のもとに行き、その紙幣をたたきつけました。

「これはどういうことですか!」

千吉は家を出て、たちばなの婿になる覚悟があるのか問いかけます。戦争で砂糖も手に入りにくく、菓子屋がどんどん潰れていく世の中。

家族を養っていけるのかと聞かれ、稔は言い返すことができません。

店の近くで安子をみていた稔を金太は店に呼びました。稔の葛藤を感じ取ったのです。

「いっとき安子を苦しめることになっても、ちゃんと話してやってほしい」そう言い稔に頭を下げます。

稔は迷いましたが、安子にこう伝えます。

「時間はかかるかもしれないけど、待っててほしい」

安子は悲しそうに微笑み、稔からもらった和英辞典を稔に押し付け立ち去りました。

千吉の親心

算太に召集令状が届きます。小しずは涙を拭きながら精一杯のお弁当を作り見送りました。ほかの職人たちにも次々と召集令状が届き出征していきます。

砂糖などの材料も手に入りにくくなり、たちばなの商売は縮小していきます。

雉真繊維は工場を拡張し、軍関係の衣料品を手広く納品していました。

勇は銀行が融資してくれたのは、稔の縁談があったからだと知り、稔に殴りかかります。

「兄さんだから諦めたのに」そう言い安子を傷つけた稔を殴る勇。稔は「もうどうだっていいんだ・・・」と泣いています。

さらに戦況が悪化し、稔も出征することになりました。出征の前に縁談をまとめたかった千吉。

勇は千吉に家のための結婚は自分がする、と申し出ます。そして安子に会ってほしいと。

千吉も出征する稔のことを思いました。

夕方どこか気落ちしている、見かけない客がたちばなに訪れます。材料がなくおはぎが作れないと安子は謝ります。

祖父の杵太郎(大和田伸也)の初七日のため、正月用にとっておいた小豆と砂糖で作った大事なお汁粉を、その客に振舞う安子。

甘いもので少しでも元気になってほしいと思ったのです。

11月。稔は出征の前に祝言をあげるため岡山に戻ってきました。

駅まで迎えに来た千吉は、稔を朝丘神社に連れて行きます。そこには神社の前で手を合わせる安子の姿が。

毎日この時間に稔の無事を安子が祈っていると、千吉は勇から聞いていたのです。先日やってきた気落ちした客は千吉でした。

千吉は安子の優しい人柄と、たちばなの堅実な経営を知り稔の幸せを願ったのです。

残念ながら現在の原作はここまでです。ん~~~まだ稔と勇、どっちと結婚するのかわかりませんね(;^^)

ここまでの流れだと夫は稔の気がします。

安子の夫はどちらなのでしょうか?

以降では、ネタバレが公開されましたので、どっちと結婚するのか?ネタバレしていきます。

【カムカムエブリバディ】安子の夫は誰?稔と勇のどっちか考察予想は

おかえりモネの次の朝ドラはカムカムエヴリバディ!ストーリーなどまとめ

「カムカムエヴリバディ」最初のヒロイン、安子の夫となるのはまだ正確にはわかっていません。

個人的には稔だと思っています。

結婚相手が稔であることがわかりました!

安子(上白石萌音)と稔(松村北斗)は、結婚することになりました。「たちばな」を訪れて安子の姿を見た千吉(段田安則)は、安子こそ稔を支えてくれる相手だと確信し、進めていた銀行の頭取の娘との縁談を断って2人の結婚を許したのです。杵太郎(大和田伸也)の忌中のため、ごく簡素ではありましたが、祝言をあげることに。稔の出征まで2人が一緒に過ごせる時間は限られるなか、この上なく幸せな時間を過ごしていました。

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/92570973

1943年冬に稔は出征します。

そして安子は1944年9月に娘を出産。あの神社での再会から、勇とすぐに結婚するとは考えにくいです。

そしてもうひとつ。それは娘の名前です。名前は「るい」。喫茶店で安子と稔が一緒に聴いたルイ・アームストロングの「ルイ」からつけられました。

稔との思い出の曲の演奏者であるルイ・アームストロング。もし勇と結婚したのなら、勇に失礼ですよね(;^^)

なので安子は稔と結婚すると思います。

【カムカムエブリバディ】安子の夫は戦死する?

そしてその後のあらすじとして公開されている原作のストーリーでは、戦後たちばなの再建に立ち上がった金太を、安子も手伝うとあります。

原作のその後のあらすじには、稔が出てこないので、もしかしたら稔はすぐに戦死してしまうのかもしれません・・・ (T_T)

予告でも安子と娘の2人のシーンが多く、父親がいないシングルマザー?という印象です。

松村北斗さんファンにとっては外れてほしい予想ですが・・・。

もし稔が戦死してしまうとしたら、勇が近くで安子を見守っていくという展開になるのでは??と思います。

最悪、勇も戦死・・・なんて展開も考えられる戦争パートです。

ということで、安子の夫となるのは個人的に松村北斗さん演じる雉真稔だと思います!

カムカムエブリバディ安子の夫は雉真稔と勇どっち?のまとめ

未満警察3話ゲストキャスト!あみ役の上白石萌音やネタバレの原作あらすじも

「カムカムエヴリバディ」は3人のヒロインが登場します。

最初のヒロインは上白石萌音さん演じる橘安子。安子の娘となる雉真るいは深津絵里さんが演じます。

安子の娘の苗字が雉真なので、安子の夫は雉真兄妹の稔か勇になりますね。

原作では結婚が描かれていないので、私なりに考察した結果、兄の稔が夫!という結論になりました。

娘の名前が安子と稔の思い出の演奏者、ルイ・アームストロングのるいからつけられたこと。

そして稔が出征する前に再会し、その後すぐに勇と安子が結婚するとは考えにくいからです。

多分夫となるのは稔だと思いますが、心配なのはその先。予告動画などを見ても、戦後は安子と幼いるいしか出てきません。

もしかしたら稔は戦死してしまうのかも・・・。

お互いに逆境を乗り越えた大恋愛だったのに・・・と思うと切ないですね (T_T)

「カムカムエヴリバディ」は11月1日からの放送です!どうぞお楽しみに♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる