カムカムエブリバディ結婚相手役のキャスト俳優は松村北斗!

2021年11月から始まったNHK朝の連続テレビ小説・朝ドラ「カムカムエブリバディ(かむかむえぶりばでぃ)」。

この物語は、三世代の女性たちが紡ぐ100年のファミリーストーリーで、朝ドラ史上初の3人のヒロインが登場します。

3人のヒロインは上白石萌音(かみしらいしもね)、深津絵里(ふかつえり)さん、川栄李奈(かわえいりな)さんで、親子3代を演じ、リレー方式で主人公を演じるんです。

そして、最初のヒロインは上白石萌音(かみしらいしもね)さんで演じるのは橘安子(たちばなやすこ)です。

今回は多くの人が気になるヒロインの結婚相手役のキャスト俳優が誰なのか?原作ネタバレから予想していきます。

今後、結婚相手役の候補として登場するのが、初恋相手の雉真稔(きじま みのる)。俳優の松村北斗(まつむらほくと)さんが演じています。

ということは、松村北斗さんが結婚相手??と思ったら、松村北斗さんじゃない可能性が。もう一人候補が。

それは、雉真稔の弟の雉真勇(きじまいさむ)。安子の幼馴染で、村上虹郎(むらかみにじろう)さんが演じます。

公開されているネタバレあらすじを確認したところ、結婚相手の候補は、この兄弟の2人のどちらか??

なんと兄弟で三角関係に!?

今回は朝ドラ「カムカムエブリバディ」のヒロイン安子の結婚相手役のキャスト俳優は誰なのか?ネタバレしていきます。

今すぐU-NEXTに登録【31日間無料体験】

▼今なら朝ドラ「カムカムエブリバディ」の見逃し配信動画を31日間無料で見放題で視聴できます▼

※登録から31日の間に解約すれば一切料金が発生しません。無料期間内に『カムカムエブリバディ』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

※U-NEXTでしたら、初回登録時に無料で1000ポイントもらうことができます。そしてこのポイントで「NHKまるごと見放題パック」は990ポイントで購入可能になっているので、ポイントを使い実質無料で購入可能です。

※U-NEXT経由で「NHKまるごと見放題パック」に登録することで1話から最新話までの見逃し動画を無料で視聴が可能です。

U-NEXTでは、以下の作品も視聴可能です。

◆正義の天秤【亀梨和也主演】

◆古見さんは、コミュ症です。

◆オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ

◆きれいのくに

◆いいね光源氏くん

◆腐女子うっかりゲイに告る

◆高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」の「富豪村」「くしゃがら」「DNA」

◆連続テレビ小説「おかえりモネ」「花子とアン」「おちょやん」「エール」「澪つくし」スペシャル版「おしん」「ひよっこ」「カーネーション」「ちりとてちん」など

◆大河ドラマ「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「篤姫」「江 姫たちの戦国」など

◆タリオ復讐代行の2人

◆にじいろカルテ

◆書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~

◆青のSP

◆話題のタイBLドラマ『2gether』『TharnType/ターン×タイプ』『WHY R U?』など多数配信

◆タリオ 復讐代行の2人

「女子高生の無駄遣い」

「きのう何食べた?」

「おっさんずラブ in the sky」

「相棒」シリーズ

「時効警察はじめました」

その他さまざまなジャンルの作品が視聴可能です。本ページの情報は2021年8年10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

※登録から31日の間は一切料金が発生しません。無料期間内にドラマ『おかりモネ』の動画を見放題で無料視聴できます。

U-NEXThttps://video.unext.jp/

目次

カムカムエブリバディ結婚相手役のキャスト俳優は誰?松村北斗と村上虹郎との三角関係?

まずは、カムカムエブリバディのストーリーを簡単に紹介します。

カムカムエブリバデイのネタバレあらすじは?

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日に岡山の和菓子屋「たちばな」に生まれた安子(上白石萌音)。
家族や周囲の人々に愛され育ち、やがてラジオ英語講座に出会う。そして恋に落ち、結婚。さまざまな試練が安子に降りかかるなか、いつも安子を支えたのはラジオ英語講座と「たちばな」のあんこだった。
そして安子の娘、二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪から始まる。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出したるい。自分のことを誰も知らない新天地・大阪で新たな人生を歩んでいく。ひょんなことから道頓堀の小さなクリーニング店で、住み込みで働くことになる。
大阪での新しい景色や出会いが、るいの日常を鮮やかに彩り、人生を切り開いていくのだった。
るいの娘で三代目ヒロインひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まる。
昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。
そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

安子、るい、ひなたと、三世代の女性たちが紡いでいく、100年のファミリーストーリー。

連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。

引用元:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/452283.html

朝ドラ「カムカムエブリバディ」は、上白石萌音さん演じる橘安子からスタート、娘、孫と3代がそれぞれ主人公になってバトンを渡していくストーリー。

3人のヒロインと「ラジオ英語講座」との関りを軸に、様々な人生模様が描かれるようです。

脚本家の藤本有紀さんのオリジナルストーリーなのですが、実際の「ラジオ英語講座」番組や実在の英語講座の人気講師が登場し、実話も随所に盛り込まれているようです。

カムカムエブリバディ結婚相手のキャスト俳優が松村北斗か村上虹郎の理由は?

そしてこれからヒロイン安子は初恋をして、結婚して子供が生まれます。

そんな安子の結婚相手役の俳優の候補が雉真稔役の松村北斗さんと雉真勇役の村上虹郎さんです。

でもどうしてこの2人が候補なのでしょうか??

上白石萌音さん演じる橘安子の娘を演じるのは深津絵里さんです!

そして深津絵里さんが演じるのが「雉真るい」なんです。

なので、おそらく2人のどちらかが安子の結婚相手役だと思います。

結婚相手は稔であることがわかりました!!!!

安子(上白石萌音)と稔(松村北斗)は、結婚することになりました。「たちばな」を訪れて安子の姿を見た千吉(段田安則)は、安子こそ稔を支えてくれる相手だと確信し、進めていた銀行の頭取の娘との縁談を断って2人の結婚を許したのです。杵太郎(大和田伸也)の忌中のため、ごく簡素ではありましたが、祝言をあげることに。稔の出征まで2人が一緒に過ごせる時間は限られるなか、この上なく幸せな時間を過ごしていました。

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/92570973

以降では、公開されているネタバレをご紹介していきます。結婚相手役のキャスト俳優を予想していきます。

カムカムエブリバディ結婚相手役のキャスト俳優のネタバレは初恋から三角関係?

それでは、具体的にヒロイン安子のわかっているストーリーをご紹介していきます。

ヒロイン安子は、和菓子屋の家に生まれ、看板娘として店にも立ちます。

1925年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」で生まれる。
御菓子司「たちばな」の看板娘で、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。
ラジオ講座をきっかけに英語を学び始める。

そんな安子の結婚相手であり初恋相手が雉真稔です。

結婚相手役は雉真稔(松村北斗)

家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。
地元で有名な名家・雉真家の跡取りで英語が堪能な好青年。
稔との出会いが安子の運命を動かしていく・

最初はもしかして結婚相手かも?と思ったら勇は、違っていましたね(^^;

結婚相手役の候補②雉真勇(村上虹郎)

安子の小学校からの同級生で甲子園を目指している野球少年。
兄の稔を尊敬している。
安子へ好意があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。

そんな2人との出会い、関係のネタバレを以降でご紹介します。

幼なじみと初恋の相手

1925年に和菓子屋「たちばな」の娘として生まれた安子は、今までの朝ドラと比較して早いペースで尋常小学校の3年生になります(^^;

自宅には庶民にとって高嶺の花だったラジオがやってきて、安子は家族でラジオを楽しんでいました。

同級生の雉真勇(後に村上虹郎さんが演じます)も安子が店番をしている時にお店にやってきて、仲間にたちばなの御菓子を奢っていました。

勇は大きな繊維会社の息子のため裕福でした。いつも安子のことを「あんこ」と呼びからかっているのですが、安子の前でいいところを見せたい様子。

そうです、このころから勇は安子が好きだったんですね。でも安子はその気持ちに気付いていない様子でした。

勇は、好きな子をからかってしまうタイプの男子ですね。とってもかわいいですね♪

そして更に瞬く間に安子は1939年、安子は14歳になります。ここで第話にして、上白石萌音さんが登場です。

高等小学校を卒業し家業の手伝いをしていた安子。

そこである春の日、お店にいた安子の前に現れたイケメンが・・・そう雉真稔(松村北斗)。

安子は稔に、あんこが絶品だと、おはぎを勧め、小さいときからず~っと食べてきて、飽きないのだから間違いない、と力説します。

稔はクスっと笑って20個もおはぎを買って帰りました。この時は名前も知らなかった雉真稔(松村北斗)ですが、後に2人は再会します。

雉真稔からラジオ英語講座について教えてもらう

夏が来てラジオから流れる、甲子園大会の実況に夢中なたちばなの職人たち。

職人のかわりに安子が御菓子の配達にでかけ、ある大きなお屋敷に到着!

そこで稔と再会し「君の言ったように絶品のあんこだった」と言われ、稔が夏休みで帰省中の大学生で、なんとなんと勇の兄であることを知ります。

そんな中、道を尋ねに外国人がやってくるのですが、その外国人と英語でスラスラと会話する稔。

どうして英語が話せるのか、不思議そうにしている安子。すると稔はこう言います。

明日の朝、6時30分にラジオつけてみて。

放送されていたのは「実用英語会話」でした。

そしてこの日から、安子は毎朝紙と鉛筆片手に実用英語会話という英語講座を聞くようになったのでした。

その後、2人は交流するようになり、自転車の練習に付き合ってもらったり、一緒に喫茶店に行ったりします。

初めてのデートが・・・

そして稔に惹かれていく安子。

そしていろいろあり、夏まつりデートに出かける2人。

稔が少し離れてしまった時、安子の前には、弟の勇が登場します。そして

兄さんはいずれ雉真の社長になる人。あんころ屋の女なんか釣り合わうもんか!

勇ヒドイ・・・。しかし安子が好きだから意地悪なことを言ってしまったんですね。

そんなことを知らない安子はショックを受けます。

そして、戻ってきた稔に「いろいろとありがとうございました。楽しかったです」と頭を下げ走り去ってしまうのでした。

その後、勇は安子に会いに行って、ヒドイことを言ってしまったことを謝り、稔が翌朝一番の記者で大阪戻ることを伝えます。

安子は、家を飛び出し、自転車で何度も転びながら駅に向かい、駅に入ろうとしていた稔を見つけます。

そして、手紙を書いてもいいか??と、たどたどしい英語で尋ねます。

すると・・・「Off course 僕も返事を書くよ」の返事に安子は笑顔になるのでした。

2人の恋愛を引き裂くお家事情

安子と稔は文通をスタートします。そんな中、戦争が激しくなり、敵国のことばとしてラジオの実用英語会話は終了してしまいます。

そして、安子に見合い話がきます。年が明ければ安子は16歳です。たちばなには安子の兄、算太(濱田岳)という跡取り息子がいますが、家業に興味がなくフラフラしていました。

金太は算太の代わりに婿をとって安子に店を継いでほしかったからでした。

母の小しず(西田尚美)は無理しなくていいと安子の気持ちを気遣います。

しかし安子は、ある決意をして、大阪の稔のアパートに向かいます。

いきなりの安子の訪問に、驚く稔に配達に来た、と嘘をつく安子。

映画を見たりそばを食べたりして、夕方に稔に見送られ汽車に乗り、帰宅します。

そして・・・とめどもなく溢れ出る涙。その涙は止まらず、岡山に着いても立ち上がれないほど嗚咽しています。

そう、安子は家のために、お見合いをする決意をして、稔に最後に会いに行ったんですね。しかも稔には事実を告げずに。

安子が自宅に帰宅しますが、その後ろには稔の姿が!?

稔は大阪での安子の様子がおかしいことに気づいて、急行列車で追いかけてきたのでした。

そして、安子が縁談を受け入れるつもりで、稔に最後に会いに来たのだと知ったのでした。

憮然とする金太は、稔にどういう関係なのか??聞きます。

稔は正式におつきあいしたい、と答えます。しかし、小しずは雉真繊維の跡取りが、そんな簡単に結婚を決めれるのか??と心配します。

しかし稔と歩いていきたいという、安子の気持ちは決まっていました。

そして稔はこの事実を弟の勇に告げます。

稔は家に戻り、勇とキャッチボールをします。勇は気づいてないと思うけど・・・と前置きし安子のことが好きだと告げます。

いずれ安子を苦しめることになるのは、わかっているはずなのに兄さんらしくない。そう言うと渾身の力でボールを投げました。

安子のことが好きな勇・・・複雑ですよね。

そして、時は1942年。戦争がさらに激しくなり、庶民の生活も苦しくなってきました。

3月になり勇が東京の大学に進学。そして、入れ替わりに稔が雉真家に戻ってきました。

雉真繊維では銀行から資金を調達のために、頭取の娘と稔の結婚することが条件になる事態に。

父親の千吉(段田安則)から頭取の娘との結婚の話を聞かされた稔は「心に決めた人がいる」ときっぱり断ります。

しかし、その相手が小さな御菓子屋の娘と知り絶句する千吉と美都里(YOU)。

もちろん、反対されます。

稔の母親の美都里は厳しい口調で「二度と稔に近づかないで」と言われてしまいます。

稔と安子のために勇が・・・

しかしその話を聞き両親を責める稔ですが・・・

千吉は家を出て、たちばなの婿になる覚悟があるのか問いかけます。戦争で砂糖も手に入りにくく、菓子屋がどんどん潰れていく世の中。

家族を養っていけるのかと聞かれ、稔は言い返すことができません。

自分だけの力で生きていけるのか??というと、何も言い返せないのでした。

しかし稔は迷いましたが、安子にこう伝えます。

「時間はかかるかもしれないけど、待っててほしい」

安子は悲しそうに微笑み、稔からもらった和英辞典を稔に押し付け立ち去るのでした。

その後、勇は銀行が融資してくれたのは、稔の縁談があったからだと知り、稔に殴りかかります。

「兄さんだから諦めたのに」そう言い安子を傷つけた稔を殴る勇。

稔は「もうどうだっていいんだ・・・」と泣いています。

さらに戦況が悪化し、なんと稔も出征することに。

そして出征する前に縁談をまとめたかった千吉。

勇は千吉に家のための結婚は自分がする、と申し出ます。そして安子に会ってほしいと。

千吉も出征する稔のことを思いました。

11月には、稔は出征の前に祝言をあげるため岡山に戻ってきました。もう、縁談を受け入れることにしたんですね。

そして、駅まで迎えに来た千吉は、稔を朝丘神社に連れて行きます。

そこには神社の前で手を合わせる安子が。

実は、毎日この時間に稔の無事を安子が祈っていることを、千吉は勇から聞いていたのでした。

千吉は自分が稔の親であることを告げずにお店に行き、安子の優しい人柄と、たちばなの堅実な経営を知り、稔の幸せを願い、安子と稔の関係を許したのでした。

それも勇のおかげですね。

この流れだと稔と安子はこのまま結婚!だと思いますよね。しかし、公表されているストーリーはここまででこの先はわかりません。

そして稔を結婚し、稔の出征まで、幸せな時間を過ごすのでした。

以降では、結婚相手が誰なのか?考察していきます。

カムカムエブリバディ結婚相手役のキャスト俳優のその後のネタバレは?

この後、わかっている「カムカムエブリバディ」のストーリーのネタバレは、昭和19年9月14日に女の子「るい」を出産。

そして戦争が終わり、たちばなの再建に立ち上がった金太を、安子も手伝うんです。

ここで結婚については触れられてなく、父親が誰なのか?わかっていません。

しかし、稔の父親が安子を認めてくれたシーンは昭和18年の11月です。

るいが生まれていたのは、その1年くらいなので、そこから稔と破局して勇と結婚して、子供を出産というのは、普通に考えてあり得ないと思います。

なので、おそらく結婚相手は、多くの人が予想しているだろう松村北斗さん演じる雉真稔だと思います。

そして公開されている原作のその後のあらすじには、その後、稔が出てきません。

もしかしたら稔はすぐに戦死してしまうのかもしれません。

ドラマスタート前から、何度も流れている予告でも、安子と娘るいの2人のシーンが多く、父親がいないシングルマザー・母子家庭のような雰囲気。

もし稔が戦死してしまうとしたら、勇が近くで安子を見守っていく??最悪の場合、勇も戦死という、可能性もあり、安子には壮絶な出来事が待ち受けていそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる